2018年02月20日

神社総代会(中条)で御柱祭のお話と善光寺参りの絵解き

2月17日(土)長野県神社総代会上水内支会の西山部会総会にお招きいただきました。

会場は長野市立中条公民館。
総会の前の10時から11時まで、講演させていただきました。
会場には総代さんや、宮司さん、来賓の方など100名程がお集まりでした。

演題は前半が「小川、中条地区の御柱祭」。一昨年、12月に夫、小林一郎と調査した東北信の御柱を、プロジェクターで紹介しながらお話ししました。

続いて後半は「絵解きで伝える善光寺参り」。次の4話を語りました。
亡くなった後、すぐに善光寺に参拝するという紀州新宮のお話。
大阪から唐傘につかまって飛んできた但馬の国の男のお話。
鎌倉時代の終わりに、火災に遭った善光寺を再建する時、空を飛んできた柱。
能登の国から一生に一度と、善光寺参りにやってきた小僧さんのお話。
善光寺の門前に伝わる、牛に引かれて善光寺参りのお話。

大変、熱心にお聴きいただき、たくさんの励みになる感想もいただきました。
お招きいただいた皆様、ありがとうございました。

naganoetokino1 at 20:29│Comments(0) 絵解き・講演会 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives