2007年03月31日

サッカー・野球チームの善光寺合同参拝

3月最終日の今日行われた「AC長野パルセイロ」20名と「信濃グランセローズ」25名とその関係者の「善光寺合同参拝」。
総勢50名を超える皆様を、私たち「歴史の町長野を紡ぐ会」の6名で、長野駅から善光寺本堂までをご案内しました。

信濃グランセローズ」は、この春設立した長野県初のプロ野球球団。
信濃グランセローズ後援会」のホームページをご覧ください。
一方「AC長野パルセイロ」は、前身が1990年設立の「長野エルザサッカークラブ」。アマチュアサッカー界の最高峰であるJFL(日本フットボールリーグ)への昇格、そして最終目標である「Jリーグ」加盟に向けて活動しているチーム。

長野駅新幹線乗降口」に集合した両チームの皆さん。
赤いウィンドブレーカーをお召しの木田監督を中心にした「信濃グランセローズ」の皆さん。黒いスーツ姿は「AC長野パルセイロ」の皆さん。
私は長野駅が善光寺から「18丁」(約2キロメートル)の場所にできたことを説明。「善光寺に近づくにつれて、一つずつ数字が減っていく「丁石」を見ながら歩きましょう」と呼びかけました。
長野駅








長野駅前の「如是姫像」前。
「さあ、如是姫様の向いている方向、善光寺に向かって出発しましょう」
如是姫








表参道を歩く皆さん。
この後、「かるかや山西光寺」本堂に上げていただき、
御本尊の親子地蔵の前で、ご住職夫人から激励していただきました。
しんきん前歩く







「厳しい修行をすれば、必ず目標が達成される」という「出世大仏」。
その大仏様がまつられた「十念寺」(西後町)では、ご住職と副住職がお経を詠んで迎えてくださいました。仏式のお祓いの後、両チームにお札も授与されました。
大仏







大勢の参拝者でにぎわっていた「善光寺」に到着。
仲見世では商店の方々が、声援を送ってくださいました。
修復中の「三門」をくぐり、本堂に向かう皆さん。
善光寺









表参道を歩きながら、楽しく交流させていただいた1時間半。
「このお店は来たことがあります」
「長野へ来たなら、まず善光寺へ行きなさいと地元の方に言われました」
「去年は5回参拝しました」
「千葉出身ですが、子どもの頃善光寺へ来て、お戒壇巡りをしたのを思い出しました」
「大阪出身ですが、善光寺は世界遺産になるべきお寺ですよね」
おやきや、おそばの話でも盛り上がりました。

これまでご縁のなかった、お若いスポーツ選手の皆さんとの出会い。
素敵な出会いをいただいて、すっかり両チームが身近になりました。
「皆さんのご活躍を、長野市民、長野県民の一人として応援しています」と最後のご挨拶を締めくくりました。

千年以上にも渡って全国から参拝者をお迎えしてきた門前町長野。
急なことにも関わらず、チームの皆さんを温かく迎えてくださった表参道の「かるかや山西光寺」さんと「十念寺」さんにも心から感謝した一日でした。



naganoetokino1 at 23:51│Comments(0)TrackBack(0)歴史の町長野を紡ぐ会 | 人・出会い

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives