祭り・行事

2023年02月11日

3年ぶりの本格的な例祭「青麻社」(横沢町)に参拝

2月11日(土・祝)善光寺西の横沢町の鎮守、八幡社境内の「青麻(あおそ)社」で神事がありました。コロナ下で本格的な開催は、2020年以来3年ぶりでした。13時〜15時で行われ、14時頃に家族で参拝しました。昨日降った雪は5僉今日は最高気温が8,5度まで上がり、すっかり融けました。
青麻社は中風(ちゅうふう、ちゅうぶう、ちゅうぶ)除けとして、信仰を集めてきました。

まず横沢町の鎮守、八幡社にお参りしました。
1676097071259


続いて境内の中風除け「青麻社」に参拝。齋藤宮司さんのお祓いを受けました。
1676097071067

地元の方が講をつくっていて、講に入ると、お札や縁起物、甘酒がいただけます。
2/9「信濃毎日新聞」によると、2/5に講や町役員約20名が、縁起物のまゆ玉づくりをしました。小丸山公園付近で笹400本を刈りました。そのまゆ玉をお受けしました。
1676097071789

青麻社は、昭和28年(1953)仙台市にある全国総本社の青麻神社から分霊しました。最盛期には県外も含めて1300人ほどの講員がいましたが、現在は300人余りとのことです。講長の青山益司さんは「この時季ならではの祭り」と参拝を呼び掛けました。
(2/9「信濃毎日新聞」より)

今日は「長野ケーブルテレビ」の取材がありました。
お受けしたお札、お守りなど。
DSC_4466

2020年2月「大勢の参拝者で賑わった横沢町の青麻社

naganoetokino1 at 21:15|PermalinkComments(0)

2023年02月03日

2/5(日)善光寺門前町の稲荷社で行われる初午

2/5(日)は初午(はつうま)です。初午は、2月最初の午の日に行われる稲荷社の縁日です。

善光寺門前町では、5ヶ所の稲荷社で行われています。二の午の日などに行う神社もあります。どの神社も、どなたでも参拝することができます。

菊屋稲荷(緑町)。長野市役所第2庁舎の西隣り。
地域の信者の方々によって守られています。(2021年2月)
菊屋稲荷社


千石稲荷社。(南石堂町)長野駅北西の千石街。
長野駅前周辺商店街の商売繁盛と住民の健康安全を祈願。さらに近年は「街がスポーツを育て、スポーツが街を活性化させる」ということで「AC長野パルセイロ」の活躍を応援して必勝祈願をしています。
千石稲荷社


仲町稲荷社(西後町)善光寺表参道の西後町交差点を西に入る。
地元の商店主などによって守られています。
仲町稲荷社


2021年2月ブログ「初午に参拝 菊屋稲荷、仲町稲荷、千石稲荷

竹山稲荷社では、2/19(日)午前9時半から行われます。店頭に貼られた案内。
場所は長野電鉄権堂駅の東方。西鶴賀町の地域の人々によって守られています。
DSC_4407 (1)


樋下(ひのした)稲荷社(三輪7丁目)長野大通りの淀ヶ橋交差点から西に入る。
淀ヶ橋の地域の人々によって守られています。日程が分かりませんが、また分かったらブログでお知らせします。


naganoetokino1 at 20:16|PermalinkComments(0)

2023年02月02日

2/3 善光寺節分会を長野ケーブルテレビが生中継 3年目 自宅から善光寺の豆まきに参加

2/2「善光寺Twitter」によると、今年も「2月3日(金)の節分会生中継」が行われます。
一昨年、昨年同様、INC長野ケーブルテレビが協力。YouTube配信、地上波でのライブ放送を行います。
(現在、山門設置のカメラ2台が本堂前と仲見世側を、交互に切り替えて配信中です)
2月3日(金) 
13時25分〜  僧侶による解説
13時30分頃〜 追儺式
13時50分頃〜 豆まき 

善光寺では「ぜひご自宅からご参加ください」と呼び掛けています。

3年ぶりに回廊で豆まきが行われる善光寺本堂。
DSC_4137


昨年、一昨年はコロナ禍で、回廊での豆まきは行われませんでした。
今年は、回廊で両導師、式衆、参加者で豆まきが実施されると発表になっています。(特別ゲスト、来賓などの参加はなし)

naganoetokino1 at 15:38|PermalinkComments(0)

2023年02月01日

3年ぶりに豆まき 善光寺&権堂秋葉神社の節分会

2/1(水)長野市は朝から陽が射しています。
最低気温は−7.4度(05:15)、朝8時になっても −6.1度です。でも今日は気温が上がって予想最高気温は7度。

長野県は1/31「医療非常事態宣言を解除し、医療特別警報に切り替えました

2月3日(金)には、各地で節分会が行われます。
長野市では善光寺と秋葉神社で、3年ぶりに豆まきが行われます。
善光寺節分会
13:30〜 本堂で追儺式。その後、回廊にて両導師、式衆、参加者で豆まきを実施。
特別ゲスト、来賓などの参加はなし。参加者の行列はなし。

なお善光寺では2021年、2022年の節分会を、本堂内からライブ配信しました。INC長野ケーブルテレビの協力で行い、YouTubeと地上波でライブ配信されました。

秋葉神社(長野市権堂町)節分追儺祭
14:15〜同神社や同町の関係者約80人の行列が権堂アーケード東側の「台東食品」から神社まで歩く。
14:30〜追儺祭
15:30、15:45 の2回 豆まき(神社社務所ベランダから)

豆まきが行われる秋葉神社の鳥居と手水舎。脇には2022年9月30日に開店した「綿半スーパーセンター権堂店」があります。(2022年10月8日)
98d0054f


naganoetokino1 at 11:04|PermalinkComments(0)

2023年01月19日

西宮神社の初えびすに参拝「お種銭」をお受けしました

1月19日(木)午後、西宮神社の初えびすに参拝しました。長野市の最低気温はー3,1度、最高気温は8,2度まで上がりました。陽射しが嬉しいお天気でした。

神社入り口には芳名カード記入所があり、初めて「お種銭」を受ける参拝者は名前を記入します。
ダウンロード


西宮神社(岩石町)の拝殿。間隔を取って、並んで参拝しました。
DSC_4201


「お種銭」は、拝殿の西側にある「お種銭貸出し所」でお受けします。昨年までの参拝者は、事務局からいただいた年賀はがきを持参しました。それが芳名帳の代わりです。
DSC_4204


境内にある「豊田稲荷社」。「起業稲荷」と呼ばれて信仰を集めています。
DSC_4199


お受けしてきたお種銭の袋の中には百円玉が入っています。私は財布に入れて御守りにしていて、来年までには使います。来年は、また倍額にしてお受けします。
DSC_4208

20日(金)は先着2千名に空くじなしの福引があります。早朝7時から多くの参拝者の行列ができることでしょう。本日は、各局のテレビで放送されました。「お種銭」は5千体用意されているそうです。インタビューでは、景気回復やコロナ収束、健康を願う声が聞かれました。

naganoetokino1 at 22:37|PermalinkComments(0)

2023年01月18日

西宮神社(岩石町)で今年も商売繁盛「お種銭貸し出し」

1月19日(木)、20日(金)は「西宮神社」(岩石町)の「初えびす」です。
1年間の開運招福、商売繁昌、家内安全などを祈願する人々で賑わいます。

権堂アーケード通りには、幟がたくさん並んでいました。左手は映画館「相生座」。
(2022年1月17日)
DSC_4191


初えびすと言えば、昭和34年から始まった恒例の「お種銭貸し出し」です。
えびす様からお金をお借りして、それを元にして1年間仕事に励みます。そして翌年には御礼の参拝をして、倍にしてお返しし、また新たにお借りします。こうしてえびす様とご縁を結びます。

「お種銭貸し出し」は、今年も新型コロナウイルス感染対策のため、事務局から発送された年賀はがきが、受け付け用紙となります。参拝の際には必ず持参するようにと呼びかけています。
19日(木)午前10時〜午後8時
20日(金)午前7時〜お種銭終わり次第終了

開運御神酒・福だるま・えびす札などがもれなく当たる「開運福引き」は、
20日(金)7時〜先着2千人に進呈

naganoetokino1 at 20:19|PermalinkComments(0)

2023年01月09日

9日 篠ノ井(長野市)&信濃国分寺(上田市)八日堂参拝

1月9日(月・祝)成人の日の長野市の最低気温ー3.7度、最高気温7.4度。
8日は薬師如来の縁日。1月8日は初薬師で、各地で縁日が行われています。
1日遅れで、2ヶ所の薬師如来に参拝しました。

宝昌寺(長野市篠ノ井御幣川)の境内にある薬師堂。御本尊は、甲冑を付け薬壷と鉾を持った甲冑薬師如来です。2020年は台風19号の水害で中止。その年以来開扉されませんでしたが、今年は4年ぶりに開扉されたということです。
1673246550155


八日堂縁日で賑わう信濃国分寺(上田市)の本堂。同寺では、7日(土)〜9日(月)まで開催して、分散参拝を呼びかけていました。本堂前には、行列ができていました。
DSC_4090

大きな提灯が下がる本堂内。お賽銭箱が3つ用意されていて、横に並んで手を合わせました。
DSC_4088

開運・厄除けの蘇民将来符の頒布所前にも行列ができていました。お参りした後、並んで求めようとしたら、売り切れてしまい、最後の1個でした。ありがたく受けてきた蘇民将来符です。
DSC_4113

この後、生島足島神社(上田市)と北向観音(上田市別所温泉)にも足を延ばして参拝してきました。上田市は長野市よりも気温が上がり、気持ちよく晴れた祝日でした。

naganoetokino1 at 21:10|PermalinkComments(0)

2023年01月06日

伊勢社(長野市川中島)の御旅屋(おたや)祭に参拝

1月5日(木)の深夜から6日(金)の午前中に行われる御旅館(おたや)祭。長野市の南部、川中島平の中心に位置する川中島町御厨(みくりや)の伊勢社で行われる恒例の行事です。「戸部のおたや」として、親しまれています。

6日の午前中に参拝しました。この付近の小学校はまだ休みのようで、子ども連れの姿も多く見かけました。(1/6「NHK長野ニュース」長野県内の小中学校で、今日3学期の始業式だったのは55%でした)

鳥居の前から参拝の行列ができていました。
DSC_4055

3年目のコロナ禍ですが、2人ずつ並んで、整然と拝殿にお参りしていました。
DSC_4053

神社前の通りは、車が通行止めとなっていて露店がたくさん並び、縁起物のだるまを求める人々で賑わっていました。
DSC_4046

鏡餅、甘酒代などを各戸から集めて、地域の人々が守っているお祭りです。
かつては篠ノ井や松代からも、子ども連れで歩いて参拝していました。私もその一人で、昔を思い出しながら参拝しました。

『長野市誌 民俗編』によると、昔は西山からも大勢参拝者がいたということです。また上高井郡小布施町の大神宮でも1月14日、15日に「おたや」と呼ぶ縁日がありました。今は、小布施の安市(やすいち)といって名物の行事になっています。

naganoetokino1 at 12:00|PermalinkComments(0)

2023年01月04日

1月5日深夜から6日昼まで賑わう 戸部のおたや

「戸部のおたや」は、長野市の南部、川中島平の中心に位置する川中島町御厨(みくりや)の伊勢社で行われる恒例の行事です。お祭りの賑わいは、5日(木)の深夜から6日(金)の昼頃まで。西友川中島店の駐車場が、おたやの臨時駐車場となっています。

御厨は戸部村と布施村が明治8年に合併して付けられた新しい地名です。
「御旅館(おたや)」とは俗称で、正式には「伊勢社」のこと。伊勢神宮の神職、御師(おし)が来て滞在した所です。この「伊勢社」は鎌倉時代以前からの古社。
5b79397a


昔から近郷近在の人々が、縁起物のだるまを買います。門前の道路は車が通行止めとなり、露店が立ち並び賑わいます。
3c9507c2


2021年1月6日「コロナ禍 川中島御厨の伊勢社で御旅屋(おたや)祭

naganoetokino1 at 17:47|PermalinkComments(0)

2022年11月09日

権堂アーケード通りに幟 西宮神社の「えびす講」近づく

11/8の長野市の最低気温は2,6度、最高気温は15,7度。長野市は晴れて、月食はよく見ることができました。
11/9の長野市の最低気温は4.2度、最高気温は16.2度と上がりました。
市内では紅葉も進んで、晩秋の気配です。

権堂アーケード通りに立つ「えびす講」の幟。(2022年11月5日)
権堂アーケード

西宮神社」(長野市岩石町)の「えびす講」は11月18日(金)〜20日(日)

松本源之助社中による奉納江戸里神楽(国の重要無形民俗文化財指定)
えびす講祭典中(11月18日から20日 毎日11時半、15時)
FhE0s9_agAEeSf8
 

第116回 えびす講煙火大会」は、11月23日(水)に開催されます。

naganoetokino1 at 19:59|PermalinkComments(0)

2022年09月30日

10月1日 妻科神社で3年ぶりに盛大に行われる秋まつり

10月1日(土)は妻科神社の秋祭りです。コロナはいまだ収束していませんが、今年は3年ぶりに杜花火が奉納されます。

妻科神社の秋祭りのポスター。杜花火は午後8時から奉納されます。
令和2年に発見された大絵馬が、拝殿内に掛けられていると書かれています。
(拡大してご覧ください)
46066


妻科神社には元々、拝殿内に大正9年(1920)の御柱祭大絵馬と、大正4年(1915)の正遷宮祭の大絵馬が掛けられていました。
これに加えて令和2年(2020)11月に、嘉永7年(1854)と、明治29年(1896)の御柱祭の大絵馬が発見されました。

それまで門前町では、武井神社の万延元年(1860)の大絵馬が最古でした。妻科神社の大絵馬の発見によって、門前町の御柱祭の始まりが、嘉永7年だったことが分かりました。

詳しくは、「長野郷土史研究会」の近著『善光寺を守る諏訪の神と御柱』に、小林一郎会長が書いています。

naganoetokino1 at 10:30|PermalinkComments(0)

2022年09月26日

10月1日 奉納花火、地口灯籠が彩そえる妻科神社秋祭り 

善光寺門前町では、秋祭りの季節です。
9/16 加茂神社(長野市西長野)で秋祭りが行われました。
「INC長野ケーブルテレビ」は、INCニュースで3年ぶりに、子ども神輿が巡回したと伝えました。西長野こども育成会が主体となって、子ども18名が参加たということです。
境内には露店が何軒も出て、賑わっていました。また盛大に花火も打ち上げられました。
加茂神社の奉納花火は、諏訪神社、飯縄神社と共に「まちの神社の秋祭り 奉納花火」として「長野百景」に数えられています。

妻科神社(長野市妻科)では、10月1日(土)に秋祭りが行われます。
祭に賑わいを添える、秋祭りの風物詩「地口灯籠」が、境内や沿道に飾られます。
また境内での奉納花火も行われます。
昨年2021年の奉納花火は、コロナ禍のため「夏目ヶ原親水公園」(平柴)近くから行いました。
神輿、神楽、子ども神輿、引き太鼓はコロナ感染予防のため中止となっています。

善光寺三鎮守のひとつ、妻科神社。
35b957b0


「地口(じぐち)灯籠」について(妻科神社秋祭りニュース 令和4年9月1日)
妻科神社では、3年ぶりに地口川柳の募集を行いました。271句の中から入賞句が選ばれて、秋祭りに行灯に書かれて、祭に彩を添えます。
今年の句題は3つ。それぞれ最初と末尾の字が決まっていて、句を作ります。
「御柱祭」お(オ)ーい(イ)「2028」に(ニ)ーち(チ)「円安」え(エ)ーす(ス)

「2028」とは、6年後に妻科神社が行う御柱祭の年です。
善光寺の門前では四社が持ち回りで行っています。前回、妻科神社では平成16年(2004)に行われました。次回は2028年に開催される予定で、24年ぶりとなります。今から祭りニュースで告知されています。

naganoetokino1 at 20:36|PermalinkComments(0)

2022年09月19日

「山家神社」(上田市真田町)で初めて開催された御柱祭

今年は7年に1度の、諏訪大社の御柱祭の年です。
長野郷土史研究会では、このたび前回の全国各地の御柱祭を行った神社の調査をして、本を出版しました。『善光寺を守る諏訪の神と御柱 付・全国各地方の御柱一覧

山家神社(上田市真田町長)では、9月18日(日)、今回初めて御柱祭を行いました。
私どもの調査では、前回の平成28年に、上田市は9ヵ所で開催していました。

「abn長野朝日放送」は、「abnステーション」(9/19)でその様子を伝えました。
上田市の神社が初めての御柱祭開催
押森慎宮司(38)が、2006年から8年間、諏訪大社上社に奉職した関係で、上田にもその文化を根付かせたいと考えたそうです。

同じ上田市の「子檀嶺(こまゆみね)神社」の柱を譲り受けて3分の1にしました。
それを地域の住民が力を合わせて300m曳行しました。

ニュースでは、子どもたちが嬉しそうに参加する姿が印象的でした。
「これから歴史がつくられていくんじゃないかなと期待してます」
「気持ちがいいですね。郷土愛を育んでもらいたい」
宮司さんは「過疎化が進んで、お祭りもなくなって、地域がどんどん縮小していってしまうと思ったこういったお祭りで起爆剤として魅力ある地域を作っていきたい」と語りました。
今後も7年目ごとに実施したいということです。

子檀嶺(こまゆみね)神社(上田市武石)の御柱。(2017年1月7日訪問時の写真)
df286e0d

a1bb0b82


naganoetokino1 at 21:30|PermalinkComments(0)

2022年09月12日

10日に行われた善光寺を守る「水内大社」の御柱祭

9月10日(土)善光寺の東、城山の健御名方富命彦神別神社(通称 水内大社・城山県社)で、24年ぶりに御柱祭が行われました。

善光寺門前では、四社で持ち回りで行っています。
善光寺三鎮守の妻科神社(妻科)、武井神社(岩石町)、湯福神社(箱清水)と、健御名方富命彦神別神社 通称 水内大社・城山県社(箱清水)の四社です。

中央通りのセントラルスクゥエアで12時20分から出発式が行われました。240名程の行列は、水内大社に向けて柱を運びました。
DSC08283

馬に乗って善光寺大本願の前を通る齋藤吉睦宮司。
DSC08311

仁王門をくぐった善光寺木遣りの行列。
DSC08313

善光寺仲見世を進む行列。
DSC08317

15時頃、水内大社に着き、大勢の人々が見守る中、建御柱が行われました。
DSC08320

善光寺の東に建つ、健御名方富命彦神別神社(水内大社・城山県社)の拝殿。最後に16時40分から神事が行われ、善光寺からは林明晋 寺務総長が参列されました。長野郷土史研究会の小林一郎会長と私もお招きいただき、玉串を捧げました。

入り口には「大勧進」「大本願」と書かれた善光寺の提灯が掛けられていました。
DSC_3174

全ての行事が終了した後の御柱。8mの杉の木で樹齢60年。寄進者は荒井澄雄さん。
堂々とそびえたつ御柱は、先端に冠落しがされ、薙鎌が取りつけられました。
DSC_3179

以前から私のブログをご覧になって、絵解きの行事に参加してくださっている埼玉の若者も、駆けつけて応援してくださいました。ご参加ありがとうございました。

御柱祭の帰りの夕暮れ。長野県立美術館前の噴水では、家族連れが遊んでいました。
その奥の木々が茂る森が、御柱の建った水内大社です。足を延ばしてお参りください。
DSC_3180




naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2022年09月11日

「菊屋稲荷」秋祭りでお受けした ご神木の夫婦木札

9月10日(土)は長野市役所第2庁舎西側の「菊屋稲荷」(緑町)の秋祭りでした。

夕方6時ごろの菊屋稲荷前。提灯のあかりが辺りをやさしく包んでいました。
DSC_3189

鳥居と拝殿。お参りすると、ビールやジュースとおつまみセットをいただきました。
奥の建物が、長野市役所第2庁舎。
DSC_3186

いわれが書かれたパンフレット。
DSC_3192

DSC_3190今年のお祭りに合わせて講の皆さんが、境内のご神木で木札を作りました。宮司さんのお祓いを受けていて、身に着けていると、商売繁盛・家内安全の霊験があるということです。

夫婦の木札をお受けしてきました。
熱心な講の皆さんが、温かく迎えてくださるお祭りです。

naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)

2022年08月31日

健御名方富命彦神別神社(水内大社・城山県社)で御柱祭

今年は諏訪大社の御柱の年です。善光寺門前では、四社で持ち回りで行っています。
善光寺三鎮守の妻科神社(妻科)、武井神社(岩石町)、湯福神社(箱清水)と、健御名方富命彦神別神社(通称 水内大社・城山県社)の四社です。

今年は健御名方富命彦神別神社(水内大社・城山県社)の番で、24年ぶりに開催されます。

善光寺の東に建つ、健御名方富命彦神別神社(水内大社・城山県社)の拝殿。善光寺本堂の背後にあった年神堂が、神仏分離によって移され、明治12年に創建されました。

DSC_3137

9月10日(土)出発式 12時20分(セントラルスクエア)
一之柱 建御柱 15時30分頃
二之柱 建御柱 16時10分頃
水内大社御柱祭 ポスター


すでに中央通りには、通行止めの案内板が立っています。
セントラルスクエアを出発した行列は、仲見世を通り、善光寺六地蔵東側を通過します。
45141


地元の皆様、沿道から応援しましょう。

naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)

2022年08月28日

権堂町の町名由来の「往生院」で施餓鬼会・弁才天祈願

28日(日)午前10時から、権堂町の往生院で恒例の施餓鬼会・弁才天祈願があり、参列しました。コロナ禍ですので法話はなく、法要のみが1時間ほど行われました。

往生院は、かつて善光寺が火災に遭った時、仮堂になりました。仮堂を「権堂」とも言いますので、それが町の名前になったと言われています。

権堂アーケードに面した往生院の入り口。境内には善光寺七福神のひとつ、弁才天がまつられています。
DSC_3127 (1)

厳かに法要が営まれ、読経の後、祈願者の名前が読み上げられました。
DSC_3130

お堂の外でも、大勢の方が静かに法要に参列していました。
45037

法要終了後、弁才天堂の前で読経があり、この後、扉は閉じられました。
45035

大切に守っていきたい歴史ある権堂町と、町名由来の往生院。法要は、無事に執り行われました。

naganoetokino1 at 21:30|PermalinkComments(0)

2022年08月27日

1年の無事を祈って「ススキ箸」でいただいたお赤飯

8月27日(土)の朝、武井神社(東町)の御射山祭(みさやまさい)でお受けしたススキの箸(神萱箸)で、お赤飯をいただきました。

今年も、健康で過ごせますようにと祈って、いただきました。
DSC_3115


26日にお受けしたススキの箸とお赤飯。箸は家族分をいただきました。
DSC_3113

最近出版した『善光寺を守る諏訪の神と御柱』(光竜堂)では、小林一郎が御射山祭について詳しく解説しています。ご覧いただければ幸いです。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2022年08月26日

8月26日 武井神社(東町)「御射山祭」でススキ箸

8月26日(金)武井神社(東町)の御射山祭(みさやまさい)にお参りしました。
3年目のコロナ禍ですが、御神輿や露店はありませんが、神事は毎年行われてきました。夕方6時から参拝者は、ススキの箸をお受けします。

武井神社は善光寺を守る三鎮守のひとつです。拝殿内では、夕方6時から神事が行われます。その準備がされていました。(2022年8月26日 夕方5時過ぎ)
DSC_3105

武井神社の鳥居。
DSC_3103

鳥居の脇には、氏子町の提灯が掲げられていました。
DSC_3102

お受けしたススキ箸の穂とススキの箸(神萱箸)。お赤飯もいただきました。
早めにお参りしましたので、社務所でお受けしました。
翌27日の朝、この箸でお赤飯をいただくと、一年中、健康で過ごせると言われています。
写真の左下がススキの箸。右下はお赤飯。
DSC_3107

今年のススキは、とても立派でした。早速、神棚に飾りました。
ススキの箸も太くてしっかりしています。明日の朝には、この箸でお赤飯をいただきます。

使った箸は、折って捨てなければいけないとも言われています。
小林一茶の句に、「へし折し芒(すすき)のはしも祭り哉」があります。

naganoetokino1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2022年08月23日

高校生ボランティアの協力で善光寺門前町の「地蔵盆」

8月23日(火)、善光寺や門前町と、周辺の地域で恒例の「地蔵盆」が行われました。日頃から子どもたちを守ってくれるお地蔵の縁日です。

門前町の栽松院(問御所町)では、地蔵菩薩の縁日が復活しました。
協力したのは高校生ボランティアです。子どもたちを楽しませようと、5つの体験を用意しました。(8/23 長野市民新聞)

中央通りに面した栽松院の門。「子育地蔵尊」と書かれた赤い提灯が掛けられて、子どもたちを出迎えました。(写真 小林竜太郎)
44867

境内では、高校生手作りの輪投げや射的が行われました。
44860_0


近くの延命庵(問御所町)でも、赤い提灯が掛けられ、子どもたちが手を合わせていました。
44871

コロナ禍ですが、子どもたちの成長を願って、無事に地蔵盆は行われました。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2022年08月22日

善光寺と周辺の地蔵盆『長野』平成30年の調査から

8月23日(火)に長野市で行われる「地蔵盆」は、長野市の特色ある伝統行事です。

地蔵盆は京都で盛んに行われていますが、長野郷土史研究会の小林一郎会長によれば、京都の文化が北陸を経由して長野市周辺に入って来たのではないかということです。

本会では、平成16年(2004)から、地蔵盆に注目して実情を調べ、当日は行事の勉強会を行い、実際に案内や参加をして継承に力を注いできました。

平成30年(2018)に行われた長野市内の地蔵盆。
調査の結果、この年、市内全体では28ヵ所(内善光寺境内で12ヵ所)で行われていたとまとめました。(長野郷土史研究会機関誌『長野』311号)
DSC_3085 (1)

その後、もう1ヵ所を知りました。
2019年9月「三峯神社(御幸町)のお地蔵様でも行われていた地蔵盆
更に長野市民新聞(2018年8月21日)には、8月24日に新諏訪の十二地蔵で毎年行っているとありました。

善光寺門町の栽松院(問御所町)の地蔵盆。(2018年8月23日)
今年も行われます。こちらをご覧いただき、大人の方も是非、御参拝ください。
善光寺と門前町で子どもたちの成長を願う地蔵盆

985a9d88

コロナ禍前の地蔵盆の様子です。
2018年8月23日の善光寺境内と門前町の地蔵盆

naganoetokino1 at 09:30|PermalinkComments(0)

2022年08月21日

善光寺と門前町で子どもたちの成長を願う「地蔵盆」

8月23日(火)は善光寺境内と門前町で、恒例の地蔵盆が開催されます。

問御所町の栽松院と、延命庵で次のような地蔵盆が行われます。
どちらも午後5時から8時までです。
延命庵の数珠回しは、今年は行われません。
44329
栽松院は曹洞宗で、延命庵は浄土宗です。

宗派が違う、2つのお寺が、同じチラシで参加を呼びかけるのは初めてのことです。

コロナ禍ですが、子どもたちにとって、楽しい思い出となる地蔵盆になりますように願っています。

naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)

2022年08月11日

12日 長野のお盆の風物詩「お花市」3年ぶりに開催

お花市」は、お盆前の8月12日に、盆花を販売する行事です。
コロナ禍で2年間、開催されませんでしたが、今年は3年ぶりに行われます。

8月12日(金)午後5時から8時

例年、中央通りの末広町から善光寺交差点間を歩行者天国にして開催します。
コロナ禍で、今年は歩行者天国は取りやめます。
中央通りの3ヵ所と、セントラルスクゥエアが会場となります。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2022年08月06日

3年ぶりの「長野びんずる」華やぐ権堂アーケード通り

8月6日(土)「長野びんずる」はコロナ禍の中、3年ぶりに開催されました。
私は「INC長野ケーブルテレビ」のびんずる中継を見ました。トイーゴ広場では三味線の生演奏が行われ、権堂町の子どもたちも一緒に太鼓などで演奏していました。

8時半過ぎに急に降り出した雨。でも終了の9時まで踊りは続き、無事に終了しました。
最後にコロナ退散を祈って、花火が打ち上げられました。

同日午後、権堂アーケード通りにある映画館「相生座」で映画を鑑賞しました。
権堂アーケード通りは、びんずるに向かう浴衣姿の人や、家族連れが行き交い、普段と違う華やかさが感じられました。
DSC_2985

権堂の鎮守、秋葉神社。いつも開かれていてお参りができます。
DSC_2956

秋葉神社の鳥居と手水舎。奥が1978年に開業し、2020年に閉店した「イトーヨーカドー長野店」跡に建築中の、「綿半スーパーセンター長野店」(2022年秋オープン予定)。
DSC_2955

建築中の「綿半スーパーセンター長野店」と、長野電鉄「権堂駅」入り口。
DSC_2954


naganoetokino1 at 21:15|PermalinkComments(0)

2022年08月05日

3年ぶりの「長野びんずる」長野ケーブルテレビが生中継

8月6日(土)「INC長野ケーブルテレビ」は、「<生中継>長野びんずる大中継2022」を行います。

「長野びんずる」は、新型コロナのため2年間中止でしたが3年ぶりに開催されます。
実行委員会では「おうちでびんずる」を楽しんでほしいとしています。

INC長野ケーブルテレビでは、タートから終了まで会場から生中継します。
地上11chで、8月6日(土)午後6時15分〜

また「INC公式YouTubeチャンネル」でも配信します。

「長野びんずる」の歴史
始まりは昭和46年(1971)8月7日。
「びんずる踊り」は森菊蔵作詞、真木陽作曲、岩井半四郎振り付け。
踊りの指導やお披露目は、長野市民会館に岩井半四郎を招いて行われました。

長野県内の上田市、松本市の夏祭りも、2年中止となり、今年は開催されます。
第51回 上田わっしょい」昭和47年(1972)開始。2022年7月30日(土)
第48回 松本ぼんぼん」昭和50年(1975)開始。2022年は8月6日(土)
第52回 長野びんずる」は、県内の市民祭の先駆け的な祭りです。

naganoetokino1 at 20:00|PermalinkComments(0)

2022年08月03日

「蟻の市」8月5日・6日開催、「かるかや縁日」は延期

長野駅近くの南石堂町商店振興組合が開催する夏祭りが「蟻の市」。

コロナ禍で一昨年、昨年は中止されましたが、8月5日(金)・6日(土)に3年ぶりで開催されます。(長野市民新聞 8/2)

祭りの規模は感染予防のため、従来の5分の1に縮小。
本来は南石堂商店街の駐車場で開催していましたが、スーパー西友南石堂店南側の空き地で開催。時間は午後3時〜9時。

県の感染警戒レベルが「6」になった場合は中止ということです。

なお北石堂町商店街が、かるかや山西光寺の協力により、同寺境内で8月5日(金)に開催予定だった「かるかや縁日」は、9月3日(土)に延期となりました。

naganoetokino1 at 14:30|PermalinkComments(0)

2022年07月21日

コロナ禍 短冊に願いを込めて 町の中の小さな七夕飾り

長野市では季節の行事は月遅れで行われます。7月の七夕も、本来8月7日です。
長野市では、権堂アーケードで七夕祭りが盛大に行われてきました。コロナウイルスのまん延で、2年間七夕飾りは中止となっていましたが、今年も中止となりました。

権堂では昭和23年に「権堂七夕祭り」という名称で始まりました。
その後、昭和47年に「長野七夕祭り」と名称が変わりました。
長い歴史のある、伝統行事となっていました。
今年行われていれば「長野七夕祭り」は第50回の節目でした。

今年、権堂の七夕祭りは行われませんが、トイーゴパーキング(上千歳町)の出入り口に、小さな七夕が飾られています。子どもたちの願いが書かれた短冊が結ばれています。
43537


7/21長野県では、新型コロナウイルスの感染者が過去最多となりました。
県では2ヵ月ぶりに「医療警報」を出して、注意を呼び掛けています。
ちょうど夏休みに入るこの時期。子どもたちが短冊に託した願いが叶うことを祈っています。

naganoetokino1 at 09:30|PermalinkComments(0)

2022年07月15日

8月6日「第52回 長野びんずる」3年ぶりに開催を予定

コロナ禍で2年連続中止となっていた「第52回 長野びんずる」は、今年は8月6日(土)に開催される予定です。

ただ全国的に急速にコロナの感染が広まっています。
昨年は感染拡大防止のため、5日前に中止となっています。
今年も実施可否の最終判断は、7月29日(金)に行います。

新田町交差点付近で踊る長野びんずるの連。(2018年8月4日)
315add81


長野びんずるの始まりと中止
開 始 昭和46年(1971)8月7日。
中 止 昭和60年(1985)地附山の地滑り災害のため中止。
     令和2年(2020)新型コロナ感染拡大防止のため中止。
     令和3年(2021)新型コロナ感染拡大防止のため中止。

松本市や上田市でも、令和2年、3年と新型コロナで中止となっていました。
「松本市民タイムス」(6/1)によると、「第48回 松本ぼんぼん」は従来の4分の1の規模、5千人以下で開催する予定です。
また「第51回 上田わっしょい」は、7月30日(土)に開催予定です。

naganoetokino1 at 13:30|PermalinkComments(0)

2022年07月04日

少し遅れて 善光寺三鎮守の「湯福神社」で茅の輪くぐり

7月4日(月)に少し遅れましたが、湯福神社(箱清水)の茅の輪をくぐってきました。同社では、毎年6月28日に「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の神事があり、恒例の「茅の輪くぐり」が行われます。当日、参列できない方のために、しばらく置いてあります。半年分の穢れをはらい、夏を元気に乗り切ろうという願いを込めて参拝しました。

拝殿前の茅の輪。最近は茅がないので、湯福講の皆さんが笹の葉で作ります。
DSC_2842


6月28日の茅の輪くぐりの模様は、INCケーブルテレビのニュースで放送されました。最近は、善光寺近くの城山小学校の生徒さんが参列しています。その日も、子どもさんたちが神妙な顔つきで、くぐっていました。

湯福神社は、武井神社(東町)、妻科神社(妻科)と共に善光寺三鎮守のひとつです。境内の入り口の左右には、善光寺の「大勧進」「大本願」と書かれた石碑があります。
右には「大勧進」と刻まれています。
DSC_2839

左には「大本願」と刻まれています。
DSC_2838

三鎮守はいずれも諏訪系の神社です。善光寺を守っているのは諏訪の神です。
長野郷土史研究会では、8月に『善光寺を守る諏訪の神と御柱 付・全国各地方の御柱一覧』の本を出版します。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2022年06月26日

28日湯福神社で半年分の穢れをはらう「茅の輪くぐり」

今年も湯福神社(長野市箱清水)で「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の神事があり、恒例の「茅の輪くぐり」が行われます。

湯福神社「夏越大祓、茅の輪くぐり」
6月28日(火) 午後2時〜
湯福神社境内

812fd4b9



naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives