長野郷土史研究会

2023年03月14日

3月11日 塚田佐 元長野市長の葬儀に小林会長が参列

3月11日(土)に、元長野市長の塚田佐氏の葬儀が「ホテル国際21」(長野市県町)で執り行われました。長野郷土史研究会の小林一郎会長がお参りさせていただきました。

塚田氏は2月22日に、86歳でお亡くなりになりました。

「信濃毎日新聞」(3・12)によると、政財界の関係者ら約千人が参列したということです。弔辞は荻原健司長野市長が読み、加藤久雄前長野市長や参院議員の橋本聖子氏らが来賓として参列。阿部守一長野県知事が一般参列したと、報じました。


塚田氏は昭和60年(1985)それまで3期務めた柳原正之氏が引退されて、初当選。
平成元年(1989)再選、2期目。平成5年(1993)再選、3期目。平成9年(1997)再選、4期目。平成13年(2001)に引退。新人の鷲沢正一氏当選。

平成10年(1998)に開催された長野冬季五輪招致や大会の開催などに尽力されましたが、平成13年(2001)に刊行された『長野市誌』の事業などにも力を尽くされました。

また永年に渡って「長野郷土史研究会」の会員として、私どもの活動を応援してくださいました。歴史や文化にも造詣が深く、心の大きな支えでした。衷心よりご冥福をお祈りいたします。

naganoetokino1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2023年03月11日

小林一郎会長講話 関東大震災で地元長野が果たした役割

3 /11「長野郷土史研究会」は長野駅近くの南千歳町公民館で、令和5年度の総会と記念講話を行いました。

10時半から開いた総会では、小林一郎会長が「これまでコロナ禍で、Zoomやネット配信で行事を行ってきた。今までご縁のなかった方と新しくつながるという利点はある。しかし今日は、役員の皆さんが早くから生き生きと準備をされている姿を見て、直接お会いできる嬉しさを改めて感じている」と挨拶しました。

議事は承認されて、新しい年度がスタートしました。

続いて役員各人が挨拶をしました。ちょうど3、11で、震災の話が出ました。
昨年、陸前高田市で避難訓練に参加した方、震災直後から被災地と文通をした方、震災直後にボランティアに行った方などがいました。また歴史を引き継ぐことの大切さや、歩いて新たな発見をしたなどの話もありました。

続いて小林会長の記念講話「関東大震災から100年 長野市周辺が果たした役割」がありました。大正12年9月1日、午前11時58分に起こったマグニチュード7.9(一説には8.2または8.3)の地震。写真や図を使って、地元長野が、その時、どのような状況だったかを詳しく話しました。

会員以外に、一般の方にも公開して行いました。
1678515372679

各駅での救護活動、長野駅での救護、日赤長野支部の救護班の派遣などを解説。
その時、避難者の宿泊所として、明行寺(権堂町)、康楽寺(東町)、西方寺(西町)が無料で提供されたことも紹介しました。

講話は、長野市民新聞の取材がありました。

naganoetokino1 at 22:26|PermalinkComments(0)

2023年03月09日

3・11に学ぶ「関東大震災から100年 長野市周辺が果たした役割」

長野郷土史研究会」では、3月11日(土)に総会を開催します。それに合わせて総会記念講話を行います。

3月11日で東日本大震災から12年です。
関東大震災(1923年9月1日)からは、今年で100年になります。
東京から地方へ逃れる人々と、身内の安否を確認しようとして上京しようとする人々で、長野市周辺の駅はごったがえしました。
当時の長野市で行われた被災者への支援などを学びます。

「関東大震災から100年 長野市周辺が果たした役割」
3月11日(土)11時〜12時
講師 小林一郎(長野郷土史研究会会長)
会場 南千歳町公民館(長野駅から徒歩5分 南千歳公園北側)
参加無料

長野郷土史研究会まで事前にメールでお申し込みください。
kyodoshi@janis.or.jp  TEL070-4026-1252(16時〜19時)

naganoetokino1 at 22:32|PermalinkComments(0)

2023年02月28日

雪の少ない冬 一茶のふるさと信濃町柏原「一茶記念館」

長野郷土史研究会」の小林一郎会長は、信濃町の「一茶記念館」の運営協議会の委員を務めています。27日(月)13時から令和4年度の運営協議会が行われ、出席しました。

今冬は、雪が少ない冬だったそうです。
2/27 10時の積雪は64僉気温は0.8度でした。

ブログで調べたら、昨年は例年にない積雪で、会議があった 2/25 10時は−2.4度、積雪は151僂任靴拭
2022年2月25日「例年にない雪 一茶のふるさと信濃町柏原 一茶記念館

信濃町には「黒姫童話館」「野尻湖ナウマンゾウ博物館」もあります。

コロナ禍でしたが、県内外から小中学校の団体での見学があったということです。
雪が少ない冬とは言え、黒姫童話館も4/4まで休館中です。本格的な春の訪れが待ち遠しい信州です。

naganoetokino1 at 10:48|PermalinkComments(0)

2023年02月21日

長野郷土史研究会の「ネット古文書講座」を公開しました

長野郷土史研究会」では、ネット古文書講座を開催しています。4回シリーズの最終回を、公開しました。

信越鉄道敷設の請願書を読む 第4回

初心者の方にも分かりやすく、1字1字解説しています。

お手元に、紙の資料 (古文書と解読)を用意してお聴きください。
紙の資料は、郵送で4回分まとめてお送りします。

詳細と資料のお申し込みは、こちらをご覧ください。

naganoetokino1 at 20:16|PermalinkComments(0)

2023年02月16日

NAGANO検定 第9回プロジェクトチーム会議に出席

長野市のご当地検定は、「NAGANO検定」です。
2月15日(水)10時から第9回のプロジェクトチーム会議が長野商工会議所で行われました。
「長野郷土史研究会」の小林一郎会長と私はアドバイザーとして協力しています。二人で出席しました。

令和5年度のジュニアツアーなどについて協議しました。
一昨年、昨年とコロナ禍でツアーは開催されませんでしたが、今年度は松代地区を巡ろうと考えています。活発な意見が交わされました。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2023年02月02日

2/2 第3回長野市文化財保存活用地域計画協議会に出席

長野市は「長野市文化財保存活用地域計画協議会」を令和4年2月3日に発足させました。その委員として会議に出席しています。会長は後藤治氏(工学院大学理事長)、職務代理者は梅干野成央氏(信州大学工学部准教授)。私は活用部会のメンバーです。

2月2日(木)10:00〜12:00、長野市役所第一庁舎7階第3委員会室で第3回の市文化財保存活用地域計画協議会があり出席しました。委員は15名で14名が出席。

藤澤教育次長、後藤会長の挨拶に続いて、後藤会長の司会で議事が行われました。

1.地域計画作成のこれまでの経過と今後の予定
2.保存・活用に関わる措置、取り組みの確認
3.関連文化財群(修正案)の確認
4.計画本文素案(序章〜第3章)の確認

それぞれの委員の立場から、意見や質問、提案が出されました。

具体的な事業・アイディアがたくさん紹介されましたが、私は「地域と学校の教員を結ぶコーディネーターの設置」を是非進めて欲しい等の意見を出しました。

2020年10月に設立された「 国立文化財機構文化財防災センター」の紹介もありました。

次回の会議は5月に開催されます。

naganoetokino1 at 15:00|PermalinkComments(0)

2023年01月26日

NAGANO検定 第8回プロジェクトチーム会議に出席

長野市のご当地検定は、「NAGANO検定」です。1月25日(水)10時から第8回のプロジェクトチーム会議が長野商工会議所で行われました。
長野郷土史研究会」の小林一郎会長と私はアドバイザーとして協力しています。二人で出席しました。
1/25(水)長野市の最低気温は−9.0度、最高気温はー4.6度で、真冬日でした。7時の積雪は13僉

令和5年度のジュニアツアーなどについて検討しました。
一昨年、昨年とコロナ禍でツアーは開催されませんでした。

これまで2回行われた親子ツアーに、長野郷土史研究会は協力しています。
2018/7/22「大室古墳群・象山地下壕 わくわく親子体験名所ツアー
大室古墳群の古墳館で解説する小林一郎会長。
a65d5a99

2019/6/30「わくわく親子体験ツアーで善光寺参り絵解き図の絵解き
善光寺事務局講堂で善光寺参り絵解き図の絵解きをする私。
ba9fbd8d


今回は、是非、実現させたいと熱心に話し合いました。


naganoetokino1 at 10:00|PermalinkComments(0)

2023年01月07日

7日「ネット古文書講座」音声解説を収録・公開しました

長野郷土史研究会」は、YouTubeの音声解説で古文書講座を行っています。講師は本会の小林一郎会長です。

昨年末から始まったのは「信越鉄道敷設の請願書を読む」の4回シリーズです。

本日、2回目を収録して、公開しました。
信越鉄道敷設の請願書を読む 第2回

マイクを使って自宅で収録中の小林会長。初心者の方にも分かりやすく、1字1字解説します。
DSC_4063 (1)


お手元に、紙の資料 (古文書と解読)を用意してお聴きください。
紙の資料は、郵送で4回分まとめてお送りします。

いつからでも、学習を始めることができます。また何回でも繰り返しお聞きいただけます。興味のある方は、どうぞお申し込みください。

naganoetokino1 at 21:14|PermalinkComments(0)

仕事始め 今年も県立長野図書館で調査を始めました

令和4年(2022)「長野郷土史研究会」の小林一郎会長と私は、2冊の本を出版しました。今年の年賀状には写真でその本を紹介して、今後も調査・研究をしていく決意を書きました。

令和4年に出版した『善光寺を守る諏訪の神と御柱』と『善光寺御開帳年表』。
img20221222_16400288


現在、小林一郎会長と、長野市のえびす講に合わせて行われている煙火大会の歴史を調査中です。

1/6(金)に「県立長野図書館」(長野市若里)で本を探し、信濃毎日新聞のデーターベースで検索をしました。明治時代の新聞は、活字が読みにくく、必要な記事を探すのは大変な作業です。一人が検索できる時間は2時間です。

県立長野図書館は若里公園内にあります。同じく公園内にあるホクト文化ホールは、催し物がなくて、静かでした。
DSC_4059

1/6(金)の長野市の最低気温は−4.7度、最高気温は5.3度。
夕方、静まり返った若里公園。右手がホクト文化ホール。
DSC_4060

今年は、他にも新たな絵解きや講演を依頼されていて、そちらも調査中です。
昨年から「水内大社の大絵馬プロジェクト」も始動しています。いただいたご縁を大切にしながら、丁寧に取り組んでいきたいと思います。

naganoetokino1 at 09:15|PermalinkComments(0)

2022年12月20日

長野郷土史研究会 古文書講座Zoomで開講式 小林会長が語る「自身で読み、自身で歴史を解釈してほしい」

長野郷土史研究会」のネット古文書講座。今回は「信越鉄道敷設の請願書を読む」の4回シリーズです。

12月19日(月)夜8時〜30分間、Zoom(ズーム)で開講式を行いました。
初めての取り組みでしたが、受講生14名の内、4名が参加してくださいました。
私が司会を務めて、講師の小林一郎会長が文書を取り上げた趣旨や、学び方を語りました。

今年は鉄道開通150年の節目です。
小林会長は、今回の史料を選んだ理由として「鉄道開通については『長野市誌』にも書いてあります。でもそれは書いた人の解釈です。受講生の皆さんには、ご自身で古文書を読んで、その歴史を知って欲しいと考えました」と語りました。民間の請願の力を熱く語りました。

20分程の解説の後には、受講生からの質問にも答えました。
「今回の文書は、崩し字がなくて読みやすいと思うのですが、どのように学んだらよいですか」

小林会長は、「明治に書かれた文書なので、漢字とカタカナが混じっています。カタカナはこれまでやってきませんでしたが、「合字(ごうじ)」といって2つの字を1字で表記するものがあります。これから読んでいく文の中で学んでいきましょう」と答えました。

今回が全く初めてというお若い方には、「古文書に関心を持ってもらったことを嬉しく思います」と語りました。

これまで対面で行っていた古文書講座を、コロナ禍でYouTubeの音声で行ってきました。今回のZoomで、また世界が広がりました。今後も、機会を増やしていきたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今からでも、お申込みいただけます。
詳しい内容はこちらをご覧ください。

お申し込みはメールでお願いします。 kyodoshi@janis.or.jp
問い合わせ TEL070-4026-1252(平日16〜19時)

講座の音声1回目は、12/19からインターネット(YouTube)で公開しています。
これから2、3、4回目を順次公開していきます。いつでも好きな時に、パソコン、スマホなどでお聴きいただけます。また繰り返し何度でも聴き学べます。


資料代(振替用紙かネット送金で、到着後に支払い)
4回分で3,800円(送料込) 資料は4回分まとめて郵送します。
※音声は当面の間公開します。本会ホームページから、どなたも無料でお聴きいただけます。

naganoetokino1 at 20:55|PermalinkComments(0)

2022年12月13日

初心者向け「ネット古文書講座」受講生を募集してます  民間の熱意が伝わる文書 

長野郷土史研究会」ではネット古文書講座「信越鉄道敷設の請願書」を読むを4回シリーズで開催します。 講師は本会の小林一郎会長です。

明治26年(1893)出版の『長野土産』に描かれた、開業から5年後の長野駅前。
まだ電気が通っていませんが、電信柱が立ち、電信線が張り巡らされています。
長野駅 (002)

長野県の鉄道は、明治21年(1888)5月1日に直江津〜長野間が開業して始まりました。しかしその前には、民間による鉄道敷設の動きがありました。
当時の人々がどのような思いで鉄道敷設を願ったのか、その請願がどのように明治政府に届けられたのかを、読み解きます。
民間の熱意が伝わってきます。明治時代の文書で、ほとんど崩し字はありません。

講座の音声は、1回目は2022年12月19日(月)よりインターネット(YouTube)で公開します。
2023年2月末にかけて、2、3、4回目を順次公開します。いつでも好きな時に、パソコン、スマホなどでお聴きください。繰り返し何度でも聴けます。

資料代(振替用紙かネット送金で、到着後に支払い)
4回分で3,800円(送料込) 資料は4回分まとめて郵送します。

※音声は当面の間公開します。本会ホームページから、どなたも無料でお聴きいただけます。

お申し込みはメールでお願いします。 kyodoshi@janis.or.jp

問い合わせ TEL070-4026-1252(平日16〜19時)

初企画(ご参加は任意です)
Zoom(ズーム)で、今回の古文書講座の開講式を行います
12月19日(月)20:00〜20:30

今回の古文書講座を学習するにあたってのポイントや歴史的背景を、講師の小林一郎会長が生でお話しします。希望者は簡単な会話もできます。資料申し込みの方に、メールで、視聴のためのリンクを事前にお知らせします。

この講座のお知らせは、12/10 「週刊長野」に記事で紹介していただきました。

naganoetokino1 at 21:18|PermalinkComments(0)

長野郷土史研究会 機関誌『長野』321号を発送しました

11月29日(火)「長野郷土史研究会」は機関誌『長野』321号を、全国の会員の皆様に発送しました。


表紙には、今年初めて御柱を行った山家神社(上田市真田町)の御柱。
表紙デザインは近藤弓子氏。毎号かわる切り絵はケショウザクラ。

img20221212_10095907
岩井備中守信能の生年について(その二)
志村平治
小平萕翁の俳諧紀行『行輿記』
矢羽勝幸
善光寺御開帳に参詣した人々
小林一郎
善光寺御開帳にやってきたサーカス
小林玲子
今、改めて提唱したい「松代大本営」ではなく「長野大本営」と呼ぶべきと
土屋光男
続・伝統ある地区名を生かして運営される長野市の小学校教育ー南部11校の市立小を例にー
小林竜太郎
志賀直哉『豊年虫』
栢木希望
村上義清の話あれこれ(二)
志村平治
出版『千曲川堤防決壊 長沼の災害記録』
長野県に修史事業の再開等を要望
須坂市上中町法然堂「孝子善之丞感得御絵伝」修復・複製が完成
水内大社の大絵馬プロジェクト発足
クイズ はじめ一歩 古文書の読み方をYouTubeの音声で解説中
8月の新刊『善光寺を守る諏訪の神と御柱』
諏訪善光寺が、諏訪大社から移された仏像を公開


本会は新入会員を募集しています。「長野郷土史研究会」のHPからどうぞお申し込みください。

naganoetokino1 at 21:04|PermalinkComments(0)

2022年10月26日

曽我兄弟遺跡保存会「虎御前の足跡」を小林会長ご案内

10/26 長野市の最低気温は1,8 度(6:28)と、この秋一番の冷え込みでした。最高気温は昨日より3度程上がって16,7度(14:01)。真っ青な秋晴れの一日でした。

本日、小田原の「曽我兄弟遺跡保存会」(久保寺公雄会長、川久保和美副会長)の12名の皆さんが、研修ツアー「虎御前の足跡を訪ねて」で、長野へお見えになりました。

長野郷土史研究会」の小林一郎会長と、小林竜太郎青年部長が、善光寺界隈の史跡をご案内しました。
虎が塚(岩石町)の前で、小林会長から解説を聞く皆様。兄の曽我十郎の愛人だった虎御前は尼となって善光寺にやって来て、兄弟の菩提を弔いました。(写真:小林竜太郎)
虎が石

その近くにある虎が住んだという虎石庵の場所には、かつて民家がありましたが、今は空き地となっています。後ろの覆いが掛かっているのは、武井神社(東町)の崇敬会館。
虎石庵

その虎石庵にまつられていた曽我兄弟のお位牌や仏像は、現在、善光寺東隣の寛慶寺(東之門町)に移されています。小林会長は、同寺の本堂もご案内しました。

皆様は、その後、虎御前の足跡を訪ねて、北佐久郡立科町へ向かわれました。
立科町には古くから伝えられる虎御前の伝説にまつわる井戸「虎御前 姿見の井」があります。

「曽我兄弟遺跡保存会」は長い歴史のある会で、大変熱心に解説をお聞きいただきました。会からは曽我兄弟の見事な絵が入ったタオルと、名産品の曽我の里の梅干や銀杏をいただきました。大変ご馳走さまでした。
貴会の益々のご発展をお祈りしています。

2022年3月1日ブログ「曽我兄弟の仇討ち 十郎の愛人・虎御前ゆかりの地

naganoetokino1 at 20:21|PermalinkComments(0)

2022年10月25日

11/6「NAGANO検定」に向けプロジェクトチーム会議

長野市のご当地検定は、「NAGANO検定」です。10月25日(火)10時から今年度第6回のプロジェクトチーム会議が長野商工会議所で行われました。
長野郷土史研究会」の小林一郎会長と私はアドバイザーとして協力しています。二人で出席しました。

11月6日(日)の「第10回NAGANO検定」「第7回NAGANO検定ジュニア」は、長野駅から徒歩10分の「JA長野県ビル」(長野市北石堂町)で開催します。すでに申し込みは終了しています。

当日は、長野市内だけでなく県内外各地から受検します。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策を万全にして行われます。
会議では、その対策と役割分担を確認しました。

naganoetokino1 at 13:18|PermalinkComments(0)

2022年10月17日

信毎で紹介された『善光寺を守る諏訪の神と御柱』

長野郷土史研究会の小林一郎会長と共著で出版した『善光寺を守る諏訪の神と御柱』が、10/17 信濃毎日新聞の文化欄で紹介されました。

記事と写真はこちらからご覧いただけます。
善光寺と諏訪信仰、密接な関係 長野郷土史研究会の小林さん夫妻 書籍出版

DSC_3007


2022年8月ブログ「出版『善光寺を守る諏訪の神と御柱』善光寺と諏訪の関係

長野郷土史研究会 書籍申し込み」から、どうぞお申し込みください。

naganoetokino1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2022年10月02日

「NAGANO検定研修会」会場受講とYouTubeで配信

10月2日(日)9時から「NAGANO検定研修会」が、長野商工会議所5階で開催されました。「長野郷土史研究会」は、実行委員会のアドバイザーとして10年間、関わってきました。本日、私はスタッフして参加しました。

長野郷土史研究会の小林一郎会長が講師を務め、「公式テキストブックで学ぶ長野市の歴史」の題で、11時まで学びました。

会場受講のほかに、YouTubeでも配信されて自宅で受講された方もいました。

また最後に、これまで3回合格した方を表彰する、マイスター認定式が行われました。今回は1名の方に、小林一郎会長から認定証が授与されました。

第10回NAGANO検定、第4回NAGANO検定ジュニア」は、11月4日(日)に開催されます。

このたび10周年記念問題集『NAGANO検定ベストセレクト100問』(1000円+税)が発売されました。過去問題から100問を厳選して、解説が付いています。

平成25年(2013)に創設された「NAGANO検定」のテキストブック改訂版。(右)
左が、10周年記念で発刊された『ベストセレクション100問』。
DSC_3355


naganoetokino1 at 13:42|PermalinkComments(0)

2022年09月29日

INCながのニュースで『善光寺を守る諏訪の神と御柱』

INCながのニュース(9/28)で「『善光寺を守る諏訪の神と御柱』を出版」と紹介していただきました。

「善光寺信仰と諏訪信仰の関係を書いた本『善光寺を守る諏訪の神と御柱』がこのほど出版されました。制作したのは、地域の歴史を調査し街づくりなどに関わる「長野郷土史研究会」の会長・小林一郎さん、副会長の玲子さん夫妻です。」

私たちへのインタビューと共に、9/1に行われた善光寺東の城山の水内大社の御柱祭の模様も放送されました。
水内大社の拝殿前に建てられた2本の御柱。(2022年9月10日)
DSC_3179


naganoetokino1 at 10:30|PermalinkComments(0)

2022年09月28日

28日18時〜「INCニュース」で放送される御柱の本出版

INC長野ケーブルテレビの「チャンネルINC」は、地元のニュースを放送しています。

28日(水)のニュースでは、このたび「長野郷土史研究会」が出版した『善光寺を守る諏訪の神と御柱 付・全国各地方の御柱一覧』を取り上げていただきました。

「諏訪除き全国最多・市内64社で御柱祭 長野郷土史研究会が本出版」
放送は、18時 再放送は19時〜24時の毎正時です。

先日、アナウンサーの阿部夏美さんが自宅までお越しいただき収録していただきました。
長野の皆様、どうぞご覧ください。

DSC_3007


naganoetokino1 at 11:39|PermalinkComments(0)

2022年09月23日

長野郷土史研究会 「善光寺御開帳年表」最新版を公開 

長野郷土史研究会」は、「善光寺御開帳年表 長野の人々の期待と思い出の記録」を公開しました。この内容は、本会が2022年8月に会員向けに発行した、同名の冊子にも掲載されています。このたび一般の方々にも周知したいと考え、公開しました。

『善光寺史研究』(本会初代会長・小林計一郎著)に掲載の御開帳年表を再調査。明治15年以降の御開帳の期間は、すべて信濃毎日新聞の記事をひとつずつ確認しました。

御開帳はコロナ禍で1年延期。令和4年(2022)88日間(4/3〜6/29)開催された善光寺の本堂。回向柱は9月末まで建っています。(2022.9.10撮影)
9gatu 10hi

善光寺御開帳年表(居開帳)

江戸時代の善光寺出開帳年表

善光寺御開帳は、地元の人たちにとってわくわくする期待と、そして思い出を残してきた、文化としての側面があります。以下に、それをまとめました。
善光寺御開帳とサーカス

長野県信濃美術館・長野県立美術館 御開帳中の展覧会 一覧

長野市立博物館 御開帳中の特別展 一覧

naganoetokino1 at 10:08|PermalinkComments(0)

2022年09月05日

10月2日「NAGANO検定研修会」YouTubeでも配信

長野市のご当地検定は「NAGANO検定」です。
今年は「第10回NAGANO検定」と、「第7回NAGANO検定ジュニア」が開催されます。

期日 11月6日(日)10時から
場所 JA長野県ビル
申し込み期間 10月5日(水)まで
img20220903_20224777
なお「検定研修会」は次のような日程で開催されます。
10月2日(日)9時から
場所 長野商工会議所
受講料 無料
申し込み期間 9月16日(金)まで

<NAGANO検定研修会>
演題:「公式テキストブックで学ぶ長野市の歴史」
講師:小林 一郎(長野郷土史研究会 会長)

<NAGANO検定ジュニア研修会>
演題:「楽しく学ぼう 私たちの長野市のこと」
講師:佐々木 章氏(元通明小学校 校長)

なおNAGANO検定研修会は、YouTubeでも配信します。
NAGANO検定ジュニア研修会は、対面式のみです。

どうぞHPから、お申し込みください。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2022年08月16日

市内3書店で販売 新刊『善光寺を守る諏訪の神と御柱』

このたび「長野郷土史研究会」では、『善光寺を守る諏訪の神と御柱 付・全国各地方の御柱一覧』小林一郎、小林玲子著 光竜堂(A5判、224頁、税込 2420円)を出版しました。

現在、長野市内の「平安堂長野店」(ながの東急百貨店別館シェルシェ2階)と、「書肆 朝陽館」(新田町)、「北長野書店」(中越)で販売しています。

また「長野郷土史研究会書籍郵送申し込み」か、メール kyodoshi@janis.or.jp でもお申し込みいただけます。
税込2420円、送料は1冊180円で、2600円です。
お申込みいただくと本をお送りします。
代金は、本が到着後、銀行振り込みか、郵便局の振替用紙にて後払いでお願いします。

DSC_3007
表紙・裏表紙
妻科神社と武井神社の大絵馬部分
表紙デザイン
近藤弓子氏

内 容
善光寺と諏訪信仰のかかわりや、善光寺周辺の御柱祭の伝統の特色などを解説。

前回平成28年に建てられた長野県と全国の御柱(本家の諏訪地域を除く)232ヵ所をくまなく紹介.しています。
(目次をご覧ください)

1660695693057


naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2022年08月12日

出版『善光寺を守る諏訪の神と御柱』善光寺と諏訪信仰

令和4年は、1年遅れで開催された善光寺御開帳と、諏訪大社の御柱祭が重なりました。地元長野の方でも、善光寺本堂前の回向柱を御柱と言い間違えるなど、柱の混同が見られました。

この記念すべき年に「長野郷土史研究会」では、『善光寺を守る諏訪の神と御柱 付・全国各地方の御柱一覧』小林一郎、小林玲子著 光竜堂(A5判、224頁、税込 2420円)を出版しました。

現在「平安堂長野店」(ながの東急百貨店別館シェルシェ2階)と、「書肆 朝陽館」(新田町)、「北長野書店」(中越)で販売しています。

また「長野郷土史研究会書籍郵送申し込み」か、メール kyodoshi@janis.or.jp でもお申し込みいただけます。
税込2420円、送料は1冊180円で、2600円です。
お申込みいただくと本をお送りします。
代金は、本が到着後、銀行振り込みか、郵便局の振替用紙にて後払いでお願いします。

善光寺と諏訪信仰のかかわりや、善光寺周辺の御柱祭の伝統の特色などを解説。また前回の平成28年に建てられた長野県と全国の御柱(本家の諏訪地域を除く)232ヵ所をくまなく紹介しています。

表紙・裏表紙には妻科神社と武井神社の大絵馬部分
表紙デザイン:近藤弓子氏

DSC_3007
目 次
善光寺と諏訪信仰
長野市中心部の諏訪信仰
善光寺門前4社の御柱祭と大絵馬
回向柱と御柱

諏訪信仰と御柱祭
諏訪の神話

諏訪信仰の全国各地への広まりと、全国の御柱祭
北信・中信・東信の御柱祭
江戸・明治時代の絵に描かれた県内各地の御柱

平成最後 各地方の御柱
長野県(北信・東信・中信)
全国の御柱

御柱一覧表
御柱分布図

naganoetokino1 at 15:12|PermalinkComments(0)

2022年08月04日

『善光寺御開帳年表 長野の人々の期待と思い出の記録』

善光寺御開帳は、4月3日(日)から6月29日(水)まで88日間開催されました。
8月2日「長野郷土史研究会」では、小冊子『善光寺御開帳年表 長野の人々の期待と思い出の記録』小林一郎、小林玲子著 編集協力:小林竜太郎(A5判 16頁)を会員の皆様に発送しました。

表紙・裏表紙は『地震後世俗語之種』(国立国会図書館蔵の写本)
絵:権堂村名主 永井善左衛門幸一 表紙デザイン:近藤弓子氏

表紙 仲見世から山門前の賑わいの様子。むしろで囲まれているのは見世物小屋。
「御開帳盛んにして 御山内繁昌の図」
DSC_2979

裏表紙 下が仁王門で、仲見世とその周辺(堂庭)の賑わいの様子。
DSC_2980

目次 善光寺御開帳の歴史、善光寺御開帳年表(「居開帳」)、江戸時代の善光寺出開帳年表、御開帳とサーカス、長野県信濃美術館・長野県立美術館 御開帳中の展覧会、長野市立博物館 御開帳中の特別展、御開帳に奉納された灯籠など、今に続く出来事の始まりなどを調査して収録しました。
明治15年以降の御開帳の期間や、サーカスの記録は、信濃毎日新聞の紙面によります。

発行の趣旨 コロナ禍で1年延期された御開帳。歴史上最長だった88日の期間。
・無事に幕を閉じたこの機会に、御開帳の始まりから令和4年までの年表を作る。
・善光寺で行われた御開帳(居開帳)と、全国に出向いて行った出開帳の2つを分かりやすく記録する。

調査後の願い
御開帳というと、子どもの頃のサーカスを思い出す方が大勢いて、その話で盛り上がります。さらに上の世代では平和博覧会や、産業文化博覧会の思い出を懐かしく話す方もいます。

元々御開帳とは、前立本尊の公開と共に、普段では見られない貴重なものを見られる機会でもありました。御開帳は地元の私たちにとって、わくわくするような期待と、そして思い出を残してくれました。それは長野の文化となって今に続いています。今後は御開帳の原点に戻って、文化としての側面を大切に守っていかなければと思います。

naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2022年06月20日

「善光寺御開帳」と「御柱」2冊の本の出版に向けて

1ヵ月延長となって、6月29日まで開催されている「善光寺御開帳」です。
梅雨入りした長野ですが、連日、真夏のような暑さが続いています。6/19の最高気温は31,3度、6/20は29,9度でした。

「長野郷土史研究会」では、「善光寺御開帳」と「御柱」の本を出版しようと、ただ今原稿執筆中です。どちらも今年、開催の長野の大きな行事です。

「善光寺御開帳」の冊子は、会員の皆様に8月の初めにお届けします。
調べてみると、今まで知らなったことや、忘れさられていた事にも出会えます。私は御開帳に合わせて行われたサーカスなども調査中です。
それを今、記録しておくことはとても大切なことです。
会員の皆様、もうしばらくお待ちください。

6/27(月)追記
「御柱」の本の出版は、8月後半の予定です。
本日、長野も梅雨明けしました。連日の暑さですが、最後の校正を頑張っています。

naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2022年05月21日

長野郷土史研究会ネット古文書講座「善光寺縁起を読む」

コロナ禍の中、「長野郷土史研究会」では、2018年から新しい形式の古文書講座を始めました。お申込みいただくと、古文書資料を郵送します。それをご覧いただきながらインターネット(YouTube)で音声解説をします。
長野郷土史研究会YouTubeチャンネル」をどうぞ。

講師は長野郷土史研究会の小林一郎会長です。

受講方法
まず本会まで、電話かメールでお申し込みください。
(電話 TEL 070‐4026‐1252(平日6〜19時)か、メール kyodoshi*janis.or.jp )
*をアットマークに変えてください。

資料代 4回分の資料で3800円(古文書コピー、解読、変体仮名の一覧表、郵送料込み)
講座の音声は、1回目を公開中。6月末にかけて、2、3、4回目を順次公開します。
いつでもお好きな時に、繰り返し何度でもお聴きいただけます。

講座では、嘉永2年の『善光寺道名所図会』から善光寺縁起の部分を読みます。善光寺のいわれを、ふりがなの多い読みやすい文字で、わかりやすい文章にまとめてあります。

古文書講座は、「週刊長野」(5/21)の情報ルームに掲載されました。

naganoetokino1 at 10:00|PermalinkComments(0)

2022年04月21日

23日 善光寺「中日庭儀大法要」生中継に解説を担当

4月3日(日)〜6月29日(水)まで「善光寺御開帳」が開催されています。
4月23日(土)には、浄土宗の大本願による「中日庭儀大法要」が行われます。

INCケーブルテレビはその模様を生中継します。またYouTubeでも同時配信されます。
INCライブカメラ」からご覧いただけます。

中日庭儀大法要の中継は10時30分からです。

長野郷土史研究会副会長の私、小林玲子が解説で出演します。
厳かで華やかな法要の模様を、テレビやパソコン、スマホでご覧ください。

なお天台宗の大勧進による「中日庭儀大法要」は、5月7日(土)に行われます。

naganoetokino1 at 08:30|PermalinkComments(0)

2022年02月25日

例年にない雪 一茶のふるさと信濃町柏原「一茶記念館」

長野郷土史研究会の小林一郎会長は、信濃町の「一茶記念館」の運営協議会の委員を務めています。25日(金)午前中に令和3年度の会議が行われ、出席しました。

本日、午前10時の信濃町は−2.4度、積雪は151僂任靴拭
「是がまあ 終(つい)の栖(すみか)か 雪五尺」一茶(七番日記)
5尺は約150僉まさにその5尺です。

一茶記念館。まん延防止等重点措置のため、臨時休館中です。(小林一郎撮影)
DSC00480

同館の裏にある俳諧寺(一茶俤堂)。明治43年(1910)建立された茅葺きのお堂。かつては句会が催されました。右脇の雪の中に動物が見えます。
俳諧寺(一茶おもかげ堂)

今年の冬は例年にない大雪ですが、車の通る道路は、きれいに除雪されていたということです。春の雪解けも、もうすぐです。雪が解けたら、是非、訪れてみたい一茶のふるさとです。長野市街地から車で45分程。
全国の皆様、御開帳にお越しの折には、信濃町にもお出かけください。

同町には、黒姫童話館、野尻湖、「ナウマンゾウ博物館」など見どころがたくさんあります。
私が昨年訪れた2021年8月に30周年を迎えた「黒姫童話館

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2022年01月26日

小林一郎会長「松代の殿様も参拝した善光寺御開帳」延期

全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
それに伴って、お受けしている様々な講演や講座などが中止や延期になっています。

1月29日(土)に予定されていた「長野郷土史研究会」の小林一郎会長の講演「松代学講座」の第1回「松代の殿様も参拝した善光寺御開帳」は、延期されました。

開催日程は未定ということです。

naganoetokino1 at 09:23|PermalinkComments(0)

2021年12月30日

長野郷土史研究会 小林一郎会長「東北信の御柱」を配信

長野郷土史研究会」の小林一郎会長の講演が、動画で配信されされました。
11月26日(金)に「八十二別館」で収録されたものです。
講座をオンラインでお聴きください。

youtube「長野県図書館協会 動画チャンネル」
(主催 NPO長野県図書館等協働機構・長野県図書館協会)
東北信の御柱

令和4年は、7年目ごと寅と申年に開催される「諏訪大社」の御柱祭です。
諏訪信仰は長野県下や全国各地に広まっていて、各社でも御柱祭が行われます。
「長野郷土史研究会」では、各地の御柱祭の調査を、何年にも渡って行ってきました。
このたび配信された講演「東北信の御柱」もその一端です。
来年春には調査してきた御柱を、1冊の本にまとめようと準備をしています。
どうぞご期待ください。

小林玲子が訪ねた平成28年 北信・東信の御柱」もご覧ください。

naganoetokino1 at 09:30|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives