店舗

2019年02月07日

善光寺門前「ナノグラフィカ」(西之門町)で写真展鑑賞

7日に、善光寺門前の「ナノグラフィカ」(西之門町)で開催中の、吉田智彦氏の写真展『淋しさのかたまり〜一万日連続登山に懸けた父親の肖像〜』を鑑賞しました。

「1万日連続登山記録達成寸前に他界した東浦奈良男の姿」
1万日連続登山を目指して、9738日(足掛け27年)登り通して86歳で逝った東浦奈良男さんの生きざまのすごさに、圧倒されました。
ナノグラフィカの入り口付近に展示された写真。
KIMG3690 (2)

11日(月・祝)まで開催。11:00〜17:00。

10日(日)は、11:00〜20:00。
トークイベント18:00〜20:00 2,500円食事付・要予約

11日(月・祝)は、11:00〜17:00。 
トークイベント15:00〜17:00 1,500円おやつ付き・要予約
電話 026-232-1532(ナノグラフィカ)

16日からは上田市柳町通りの古民家ブックカフェ「コトバヤ」で開催するそうです。

naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2019年02月06日

弥生座「座の会」で池内紀昭氏「新聞に見る文章の流儀」

毎月第1水曜日に開催されている「門前茶寮・弥生座」(大門町)の「座の会」。
今年最初の 2月6日(水)6時から開かれた第157回例会に出席しました。

午後6時からの卓話は、元長野朝日放送専務の池内紀昭氏。
朝日新聞社会部デスクだった池内氏のお話は「新聞に見る文章の流儀ーコラムから音楽評まで」。同会での池内氏の卓話は、「新聞『軟派文章』私論」「コラムニストの手法」に続く第3弾でした。

新聞各紙のコラム、人物の紹介、音楽評などを題材にして解説しました。
また同じ日の各紙の記事の内容を比較したり、特色を紹介したりしました。
これまで漠然と読んでいた記事が、池内氏の解説をお聞きすると、違って見えてきます。いつもながらの引き込むお話で、あっというまに1時間は過ぎてしまいました。
楽しくて魅力的な時間でした。

終了後、席を移して懇親会。マスコミ関係者が多いので、感想がたくさん出ました。
千葉県や、軽井沢、須坂市からお見えの会員もいました。
おいしいお食事を囲んで、とても穏やかな、和やかな新年の始まりの会でした。

善光寺門前、大門町の御本陣藤屋前。6日は「長野灯明まつり」の初日でした。
6時からの座の会が始まる前に撮影しました。
KIMG3682

大門町の石畳に切り絵の灯籠が並んで、幻想的な雰囲気でした。
6日〜11日(月・祝)の18:00〜21:00に展示されます。
KIMG3676

善光寺本堂などの建物のライトアップは、18:00〜21:00まで。
大勧進や大本願はじめ各宿坊では「宿坊ゆめ茶会」も行われます。
門前は17:00〜22:00まで、車は通行止めとなっています。「交通規制」がありますので、ご注意ください。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2019年01月17日

長野駅前みやげ店跡に不動産仲介「ピタットハウス」開店

2018年2月28日閉店した長野駅前のみやげ店「長門屋」跡には、不動産仲介の「ピタットハウス」が入ることになりました。(信濃毎日新聞 2019.1/17)

2018年2月28日に閉店した長野駅前のみやげ店「長門屋」跡は、これまで空いたままになっていました。(同年2月25日小林竜太郎撮影)
fb39b061

不動産仲介の「東邦不動産プラザ」(長野市)が、全国展開する不動産仲介とフランチャイズ(FC)契約を結びました。「ピタットハウス」は、「スターツコーポレーション」(東京)を持ち株と会社とするスターツグループの不動産仲介店ネットワーク。1月現在、全国に643店を展開。年数十店のペースで新規出店しています。

東邦不動産プラザは、アパート、マンション、事務所などの不動産仲介・管理業務を手掛けています。今回、県外での知名度がある「ピタットハウス」のブランド力を生かして仲介事業を強化します。

長野駅前に1月23日(水)に出店する「ピタットハウス長野駅前店」は、FC1号となります。1月23日には他に上田市、松本市に、長野市内の別の2店舗は年内にそれぞれピタットハウスの店舗に転換します。

スターツコーポレーションの会長は、村石久二氏(須坂市出身)です。

2018年2月28日ブログ「すべて幕を閉じた善光寺門前町 長野駅前の個人のみやげ店

naganoetokino1 at 20:00|PermalinkComments(0)

2019年01月03日

2019年初売り「ながの東急」「駅ビルMIDORI長野」

「信濃毎日新聞」(1/3 )の「百貨店などで初売り 福袋を求めて行列」で、長野市と松本市の初売りの様子を伝えました。

JR長野駅ビル「MIDORI長野」の2日の初売りには、昨年を100人上回る約1300人が並んだとのことです。また「ながの東急百貨店」の2日の初売りは、1万円の福袋400個が開店から1時間で完売したと報じました。

「MIDORI長野」は、長野新幹線金沢延伸に合わせて、2015年3月7日オープン。

「ながの東急百貨店」は、昭和33年(1958)11月10日創立。
新田町交差点角の現「みずほ銀行長野支店」(問御所町)の場所にありました。
昭和37年に百貨店の認可を受け、32年11月6日許可を得た「丸光百貨店」に次いで、長野市で2番目のデパートとなりました。その後、店舗の名称は「丸善銀座屋」から「ながの丸善」に変更。

昭和41年(1966)11月26日、問御所町から現在の長野駅前に移転。
今年は、長野駅前に移転して51年目となります。

昭和45年9月1日東急グループに入り「ながの東急百貨店」に名称変更。
昭和61年11月「長野大通り」沿いに「別館シェルシェ」を増築しました。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年12月23日

平野珈琲で「ヴィンテージ コーヒーツール展」イベント

善光寺門前の古民家をリノベーションした「平野珈琲」(長野市立町)でのイベントをご紹介します。

「ベルリンからやってきたヴィンテージ コーヒーツール展」
須坂市のアンティークショップKINUの店主、高島さんがベルリンのマーケットで見つけたという古いコーヒー関連の器具を展示販売しています。
それぞれコメントが付いていて、品々の歴史に思いを馳せることができました。
KIMG3232
2018.12.13(木)〜
2019.1.14(月)
場所 平野珈琲
展示 見学無料

イベント
「ベルリンカフェレポート」
12.23(日)18:00〜20:00
2019.1.13(日)18:00〜20:00
参加費 2000円(ベルリンロースターのコーヒー付き)
申込 参加日・お名前・人数・TELを平野珈琲まで


naganoetokino1 at 16:40|PermalinkComments(0)

2018年12月10日

善光寺門前「藤屋御本陣」(大門町)の藤の会に出席

11日(火)「THE FUJIYA GOHONJIN 藤屋御本陳(ザ・フジヤゴホンジン)」の「藤の会」に出席しました。

藤屋御本陣の玄関。江戸時代は大名の参勤交代の際の定宿でした。そこで「御本陣」と今でも呼ばれています。現在の建物は大正14年完成。国の登録有形文化財指定。
KIMG3174 (2)

「藤の会」は女将さんの藤井奎子氏のお仲間の集まりで、長い歴史がある会です。私は2009年から参加させていただいています。

6時から3階で開かれた会。
コース料理をいただきながら歓談しました。

奎子氏は「会は長く続けることが大切だと思っています。どうぞまたお出かけください」とご挨拶されました。

帰り際には、雨が降り出しました。
今年の長野は暖かく雪に変わりそうもありません。




naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2018年12月06日

今年最後の座の会で茅野實氏「蝶の採集から環境経営へ」

12月5日(水)夕方6時から「弥生座」(大門町)の「座の会」に出席しました。
156回例会は元八十二銀行頭取の茅野實氏で演題は「蝶の採集から環境経営へ」。

KIMG3163茅野氏の自分史を語るシリーズの3回目でした。

茅野氏は蝶にあこがれていた子ども時代から、八十二銀行頭取時代に「長野県環境保全協会」を立ち上げた経緯までを丁寧に語りました。

蝶採集を通して自然の中で感じた思いが、環境保全の活動の原点となっていることがよく分かるお話でした。

また今まで「門外不出」だったという、国内外で採集された蝶の標本も3箱お持ちになって、詳しく解説されました。

人生を振り返りながら語った茅野氏の環境への思いは、大変説得力があり、すばらしい内容でした。

1時間の卓話の後は、席を移して懇親会でした。
星野和彦氏が、先ごろパリや東京銀座で行った写真展の会場で使われたDVDの映像が紹介されました。

自分史を語る(1)は、幼少期から八十二銀行頭取時代までのお話でした。
2017年12月ブログ「今年最後の座の会卓話 元八十二銀行頭取 茅野實氏

自分史を語る(2)2018年7月ブログ「座の会で茅野實氏 田中康夫元県知事選をふりかえる

naganoetokino1 at 09:42|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

6月閉店した「東口飯店」跡地にホテルかマンション計画

今年6月に閉店した長野駅東口の「福建菜館・東口飯店」の解体工事が始まりました。

2018年6月15日ブログ「長野市東口の中華料理店、東口飯店6月17日で閉店

11月5日の「新建新聞」によると、跡地には新たにホテル誘致かマンションの建設が計画されているということです。
開発計画に乗り出しているのは、マリモ(広島市)。
同社は、現在、長野市南石堂町に店舗兼マンションの再開発を進めています。
2018年10月11日ブログ「11月30日再開発で一旦閉店する西友長野石堂店

東口飯店の跡地は、「ホテルサンルート長野東口」の裏手に当たります。
中央3階建ての建物が東口飯店。接する右手が「ホテルサンルート」。一番奥のマンションは、駅東口から徒歩3分という15階建ての「サーパスシティ長野駅前」。
(2018年6月16日撮影)
DSC04472

来年には近くの長野朝日放送前の道路を挟んで、大型公園施設がオープンします。
同社は、ホテル誘致とマンション建設の両面で計画を詰めているところだそうです。

解体される東口飯店前の通りは右手。中央の建物が長野朝日放送で、道路を挟んで大型公園の建設が行われています。右手にはマンション「サーパスシティ長野駅前」。
(2018年6月16日撮影)
DSC04477


naganoetokino1 at 21:19|PermalinkComments(0)

2018年11月08日

座の会で藤井大史郎氏「藤屋が大切にしていること」

11月7日(水)「弥生座」(大門町)の第155回「座の会」に出席しました。私は当日、茅野市仏教会の招きで、茅野市で絵解きを行いました。電車の関係で、少し遅れて参加しました。

大本願駐車場の向かい側にある弥生座。(2018年10月4日撮影)
DSC05776 (4)

「座の会」は、お客様による異業種交流会です。
毎回、卓話があって、今回は御本陳藤屋17代当主の藤井大史郎氏でした。

2006年春に、老舗旅館から結婚式場・イタリアンレストランとして営業を転換した「THE FUJIYA GOHONJIN」。
藤井氏は変革の歩みや、価値観を共有するという会社全体の取り組みなどについて、プロジェクターを使ってお話しました。最後の質問にも、丁寧に答えてくださいました。

私は、以前に藤屋さんの新入社員研修会などで、善光寺縁起の絵解きや歴史をお話させていただきました。「歴史を学んでお客様をお迎えしようという藤屋さんの姿勢は、素晴らしいことです」と紹介しました。
配布された冊子には、同店の歴史も書かれていました。
KIMG2949

その後は、席を移して懇親会。藤屋さんの益々のご発展を、皆で祈念して乾杯しました。食べてしまうのがもったいないような合鴨のロースの東寺巻など、美しく手の込んだ献立の数々でした。食材も牡蠣や鰤、わかさぎの他、柿や栗など季節のものも取り入れてありました。

2018年10月29日ブログ「日経で紹介された善光寺門前藤屋、持続の秘訣
DSC04901 (2)


naganoetokino1 at 10:33|PermalinkComments(0)

2018年10月29日

日経で紹介された 善光寺門前「藤屋」の持続の秘訣

「日本経済新聞」の長野版に、「THE FUJIYA GOHONJIN」(大門町)が取り上げられました。
善光寺門前の藤屋 御本陣から結婚式場・飲食店へ(老舗の研究 持続の秘訣)

2006年から350年以上続いた宿泊業を休止。ウエディング、レストランに転換。
その理由は、善光寺門前が滞在地から通過地に変わったこと。善光寺を訪れる人が団体から個人客になったこと。
大正14年(1925)建築の木造3階建の建物は、国の登録有形文化財。
DSC04901 (2)

外観も内部もアール・デコ調。
f5d2f3d8
藤井大史郎代表は「藤屋の営みの中で宿泊には戻っていきたい」と抱負を語っています。地元では今でも「御本陣藤屋」の名前で通っていて、善光寺門前の顔となっています。


naganoetokino1 at 21:23|PermalinkComments(0)

2018年10月12日

11月11日 閉店する「ながの東急百貨店」プレイガイド

ながの東急百貨店」のプレイガイドは、11月11日(日)午後7時で閉店となります。
プレイガイド閉店のお知らせ

11月11日で閉店する「ながの東急百貨店」正面左手のプレイガイド。
CIMG6263


naganoetokino1 at 22:32|PermalinkComments(0)

9月28日で閉店 イトーヨーカ堂脇「長野電鉄権堂売店」

9月28日(金)でイトーヨーカ堂の一角、長野大通り沿いにあった長野電鉄 権堂売店が閉店しました。「権堂売店 閉店のお知らせ

9月28日に閉店した、長野大通りの権堂バス停脇にあった「長野電鉄権堂売店」。
CIMG6265


naganoetokino1 at 22:29|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

再開発で11月30日一旦閉店する「西友長野石堂店」

長野駅から徒歩5分の「西友 長野石堂店」のHPに「お知らせ」が載りました。
「店舗建て替えのため、11月30日(金)18時で一旦閉店。
2021年夏頃には、装いも新たにオープンします。」

表参道に面した西友長野石堂店ビル。(2018年5月撮影)
DSC03942 (2)

西友長野石堂店ビルの隣りは、すでに解体された近畿日本ツーリストビル跡。
2つのビル跡に、再開発ビルが建ちます。(2018年9月撮影)
52caf428

2018年9月7日ブログ「南石堂再開発 14階建てビルに商業施設とマンション
この時点では、西友長野石堂店ビルは現店舗がいつまで営業を続けるか正式に発表していませんでした。年内には同ビルを解体したい意向とのことでした。

11月末閉店が発表されて、いよいよ年内には、ビルの解体が始まるようです。

naganoetokino1 at 22:18|PermalinkComments(0)

2018年10月07日

北石堂町の「アゲイン」に「サンキューマート」が出店

ショッピングプラザアゲイン」(北石堂町)に、10月20日から「サンキューマート」が出店します。「アゲイン」の地下1階にあった「コムサイズム」が、今年8月26日に閉店しています。その後、空きスペースになっていました。

長野駅から善光寺に向かう、善光寺表参道(中央通り)に面した「ショッピングプラザアゲイン」。(2018年9月3日撮影)
DSC05349 (2)

日本経済新聞(10/2)「サンキューマート 信州再進出 長野市中心部に

サンキューマートは商品が390円(税別)均一であることが特徴。
アクセサリーなどの雑貨や服などを取り扱います。

長野県内には2010年までJR長野駅前に店舗がありました。
「従業員不足のため」(同社)、同年に閉店。
しかし長野市は需要自体は見込めるといい、再出店に至ったそうです。

サンキューマートは東京や大阪を中心に店舗展開。
出店は「長野アゲイン店」で47店目。

naganoetokino1 at 09:38|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

弥生座「座の会」信毎論説主幹の丸山貢一氏の卓話

10月3日(水)夕方6時から、善光寺門前の「弥生座」(大門町)の異業種交流会「座の会」に出席しました。第154回例会卓話は信濃毎日新聞論説主幹の丸山貢一氏の「『非常時』と新聞」でした。
DSC05776 (3)

丸山氏は信毎が非常時において経験してきた歴史をたどりながら、現在のジャーナリズム、新聞はどうあるべきかを語りました。
最後に、平成17年(2005)2月同社主筆となり、平成26年(2014)4月に退任された、故中馬清福氏の遺言を紹介しました。
「時代の空気に新聞は何度も合わせてきた過去がある。われわれは神棚に桐生悠々を祭り上げるのではいけない。命を懸けて貫いたジャーナリズム。そういう覚悟をまさに今、若い方々に問いたい」
この不穏な時代に、分かりやすく真摯に語られた丸山氏のお話は、心に響くものでした。

座の会には、マスコミ関係の会員が大勢います。終了後、その方々の感想もお聞きすることができ、そこから学ばせていただくこともできました。
久しぶりに東京から出席された方、転勤で長野へ着任されたばかりの方、入会されたばかりのお若い方もいて、交流を深めることができました。

naganoetokino1 at 20:22|PermalinkComments(0)

2018年09月05日

「座の会」卓話で「1時間で振り返る宇宙138億年」

9月6日(水)夕方6時から、善光寺門前の「弥生座」の異業種交流会「座の会」に出席しました。
第153回例会の卓話は「1時間で振り返る宇宙138億年」。
元朝日新聞モスクワ支局長の伊澤紘樹氏のお話でした。

伊澤氏は参加者に配布した「一家に1枚 宇宙図2018」を使って、話を始めました。
「宇宙図2018」は、文部科学省が発行している「一家に1枚」のポスターのひとつです。小中高などで、子どもさんたちに配られているそうです。
KIMG2349

私はこれまで関心がなかった分野で、最初はちんぷんかんぷんでした。
伊澤氏は、プロジェクターを使って、専門的な内容を詳しく解説しました。
ここ数年で関心を持ち、学ばれたという伊澤氏の熱意と意欲はお見事でした。
座の会は、知らない分野のお話を聞くことができる会だと、改めて思いました。

時事通信社長野支局長の阿部正人氏からは、転勤のご挨拶がありました。
2016年11月に着任されたばかりで卓話をされました。「安倍政権の行方ー憲法改正、次期衆院選は?」を大変分かりやすくお話いただきました。
企業にお勤めの会員が、転勤で交代されるのも座の会の特色です。

席を移した宴席では、宇宙の話で盛り上がりました。

naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)

2018年08月26日

「長野アゲイン」の「コムサイズム」8月26日 閉店

本日8月26日(日)で、「ショッピングプラザアゲイン」(北石堂町)の地下に入っていた「コムサイズム」が閉店することになりました。

なお「アゲイン」の1階にあった「カフェコムサ」は、平成28年(2016)に「ながの東急百貨店」の3階に移転しています。

その移転は、駅前のビル「ウエストプラザ長野」に入っていた「平安堂長野店」が「ながの東急百貨店」の別館シェルシェに移転するのに合わせてのことでした。

3階にあるコムサカフェは、別館2階、3階に入った平安堂と、3階の連絡通路で直結しています。

2016年7月ブログ「ながの東急 駅前開店50周年の目玉 平安堂の誘致

naganoetokino1 at 09:02|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

長野出店の「ノセメガネ」に引き継ぐ「メガネのいとう」

5月31日閉店した「メガネのいとう」(南石堂町)から、2度目のお葉書が届きました。「アフターメンテナンスとメガネ等データ引き継ぎのご案内」です。

2018年10月に、二線路通り(北石堂町)にオープン予定の「ノセメガネ」(松本市大手)が引き継ぐそうです。
もし情報の移管に同意できない時は、2018年9月14日までに「お問合せ窓口」までご連絡ください、となっていました。
「お問合せ窓口」は0120-933-606
受付時間 日曜日・祝日を除く、10:00〜18:00

5月31日で閉店した「メガネのいとう」(2018年5月18日撮影)
DSC03940

現在、二線路通りにある「しみづ屋」(北石堂町)の後に、「ノセメガネ長野本店」がオープンします。
「ノセメガネ」は昭和12年創業。
上土町本店、駅前店、イオンモール松本店、イオン豊科店、アイシティ21店などを展開。

閉店した「メガネのいとう」側からみた二線路通り。中央の「しみづ屋」後に、「ノセメガネ長野本店」がオープンします。
DSC03935 (2)


2018年5月ブログ「届いたお葉書 創業98年『メガネのいとう』5月末に閉店

naganoetokino1 at 19:55|PermalinkComments(0)

2018年07月05日

座の会で茅野實氏 田中康夫元長野県知事選をふりかえる

7月4日(水)19時から「弥生座」(大門町)の「座の会」に出席しました。

152回例会卓話は元八十二銀行頭取の茅野實氏(85)で演題は「壊れた目覚まし時計」。前回の茅野氏の卓話は、平成29年(2017)12月6日に、幼少期から八十二銀行頭取時代までのお話でした。
2017年12月ブログ「今年最後の座の会卓話 元八十二銀行頭取 茅野實氏

今回は、長野県知事選で田中康夫氏を推すまでに至った経緯と、知事就任後の評価、田中知事からの離反までのお話でした。

平成12年10月の知事選での田中氏の大勝利を、「民主主義の目覚まし時計」と評価した茅野氏。平成18年6月に信濃毎日新聞に、県民に向けて意見広告を掲載。「鳴りやまぬ『目覚まし時計』をもう止めましょう」と呼び掛けました。
茅野氏はご自身の関わりや思いを、A4のレジュメ2枚にまとめて話しました。
協力した会員の労もねぎらいながら、包み隠さず誠実に語ったお話は心に響きました。

1時間の卓話の後は、席を移して懇親会でした。
どの席も、田中県政の思い出話で盛り上がっていました。

翌7月5日(木)「朝日新聞」長野版に、茅野氏の「阿部県政 私の見方」が載りました。
知事選の告示は7月19日。3期目をめざす現職の阿部守一氏の評価を、県政にかかわる3人に聞くシリーズの第1回目です。
茅野氏は「田中康夫元知事の『生みの親』として知られ、県政に影響力を持ってきた」と紹介されています。田中県政については、昨日お聞きしたばかりでした。「座の会」は、いつもタイムリーな卓話を取り上げてくださると、改めて感謝しました。

naganoetokino1 at 11:48|PermalinkComments(0)

2018年07月01日

5月新装「竹風堂 長野駅前店」7月1日から喫茶オープン

5月28日、長野駅前の末広町交差点角にオープンした「竹風堂長野駅前店」。
7月1日(日)から2階喫茶がオープンしました。

販売は8:00〜19:00
喫茶は9:00〜18:00です。

甘味やドリンクが中心で、栗おこわの食事はありません。
長野駅前店限定のメニューもあるそうです。

5月28日ブログ「長野駅近く 朝8時開店の竹風堂長野駅前店オープン」 をどうぞ。

naganoetokino1 at 18:57|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

5月29日で閉店した上千歳通り「ヌボー生花店」権堂店

千歳町通りの「ヌボー生花店」(本店・北尾張部)の権堂店。

ながの東急百貨店まで一直線に続く千歳町通り。奥が昭和通り方面。手前が権堂アーケード方面。ヌボー生花店権堂店は、通りに面した右手前の店舗でした。
DSC04445 (2)

店舗前の張り紙によると、「5月29日で閉店」となっていました。(右手前)
DSC04442

同店は、「国際21店」や「駅ビルMIDORI長野」などにも店舗があります。
また平成27年(2015)1月31日まで営業していた「トラットリア ジョイア」跡に、花と緑のレストラン「ブラーノ」をオープンさせています。

naganoetokino1 at 00:03|PermalinkComments(0)

2018年06月15日

6月17日 長野駅東口の中華料理店「東口飯店」閉店

長野駅東口の中華料理店「東口飯店」(栗田北中)が、6月17日(日)で閉店することになりました。

閉店のお知らせ」によると、昭和44年(1969)の開店以来、50年余にわたり営業してきました。

「東口」の名前が付いたお店は、東口の顔でもありました。(2018年6月16日撮影)
DSC04469

DSC04471


naganoetokino1 at 21:30|PermalinkComments(0)

2018年06月07日

151回「座の会」北原広子氏 日本語パートナーズ体験談

6月6日(水)善光寺門前の「弥生座」の異業種交流会「座の会」に出席しました。

第151回例会の卓話は、ライター・通訳翻訳業の北原広子氏。
「タイの日本語教育事情と学校生活〜日本語パートナーズ事業参加の経験から〜」
 
北原氏は昨年、国際交流基金が東南アジア諸国で日本語を教える現地の人たちを支援する日本人派遣事業「日本語パートナーズ」の一員に選ばれました。
1年間、タイのバンコクの学校でタイ人の日本語講師のアシスタントをしました。
タイの学校と日本語教育の現状を、プロジェクターで写真や資料を映しながら話しました。

私は所用があって、後半だけ聴講しました。
タイの学校のお話は体験した方しか語れない内容で、大変興味深かったです。
終了後、席を移して懇親会が行われました。

naganoetokino1 at 13:07|PermalinkComments(0)

2018年05月28日

長野駅近く、朝8時開店の「竹風堂長野駅前店」オープン

5月28日(月)栗菓子の「竹風堂」(本店・小布施町)の「長野駅前店」がオープンしました。HPによると、アクセスは「長野駅善光寺口2階から歩廊づたいに約4分、エレベーターで地上に。末広町交差点角(旧糀屋本店様跡地)」
旅行中のお若い女性や、背広姿の男性などが次々に訪れて、今までとは違う駅前の風景でした。

「信濃毎日新聞」には、カラーで一面広告が載りました。
また「abn長野朝日放送」は夕方の「abnステーション」で、楠原キャスターが店舗を訪れて、開店したことを放送しました。長野県内に13店舗あり、長野市内には6店舗目と紹介しました。

お祝いの花が飾られた竹風堂長野駅店。
長野駅方面に向いた新店舗の入り口。北側にも入り口があります。
DSC04140 (2)

営業時間 販売 8:00〜19:00 飲食 10:00〜19:00(7月1日から)
休業日 1月1日

1階の売店には栗菓子や栗おこわの横に、ジェラートがあり、その場で食べられます。
早速、10種類の中から、一番人気という栗のジェラートをいただきました。
(シングルかダブル、コーンかカップを選べます)

2階の喫茶は、7月1日にオープンします。
abnの放送では、長野駅前店だけにしかないメニューも準備中とのことでした。

3階の末広ホールでは、オープニング特別展示「田中清光 水彩デカルコマニー展」を開催中。(入場無料、〜6/14まで)

5月23日、24日と内覧会が行われました。その模様は、こちらをどうぞ。
5月23日ブログ「文化的拠点として期待される竹風堂長野駅前店の内覧会

naganoetokino1 at 21:57|PermalinkComments(0)

2018年05月23日

文化的拠点として期待される「竹風堂長野駅前店」内覧会

5月28日(月)、「竹風堂長野駅前店」はオープンします。
それに先立ち23日、24日(午前10時〜午後4時)に内覧会が行われています。
23日(水)の内覧会に行ってきました。

昨年まで「糀屋本店味噌醤油醸造所」があった場所に完成した同店舗。
白壁で瓦屋根だった「糀屋本店」の面影を伝えるような「竹風堂」の新店舗です。
CIMG5518

入り口に掲げられた看板。歴史ある「糀屋本店」の覆い屋根が使われています。
DSC04043 (3)

北国街道に面した入り口。周囲には雨や雪、陽ざし除けとなる雁木が施されています。
「竹風堂オリジナルジェラート」の看板。奥が善光寺方面。右手は長野駅。
CIMG5519

1階は栗菓子や栗おこわを販売。ジェラートはその場の長椅子で食べられます。
2階は喫茶で、内覧会の客には、お茶かジュースと栗菓子のサービスがありました。
3階は多目的貸ホール。田中清光水彩デカルコマニー展(入場無料)を開催中。

その3階から見下ろした末広町交差点。奥が善光寺、右手が長野駅。
CIMG5520 (2)

2階喫茶室の天井には、「糀屋本店」の太い梁が1本使われていました。
また座り心地の良い椅子やテーブルが置かれ、北欧の照明器具が使われています。
オープン後は午前8時から午後7時まで営業。(飲食は午前10時から午後7時)

随所におもてなしの心が行き届いた新店舗です。長野駅前の立地ですし、長野の文化的拠点として、地元だけでなく、多くの観光客に利用されることを期待しています。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

23日、24日「竹風堂長野駅前店」オープン前に内覧会

竹風堂」(小布施町)は、昨年から長野駅前に新店舗を建設していました。
その「竹風堂長野駅前店」は、5月28日(月)に正式オープンをします。
それを前に、近隣の各戸にお便りが配布されました。

特別ご披露
ご招待日 5月23日(水)、24日(木)午前10時〜午後4時
DSC03962 (2)

お便りの内容は次の通り。
1階「店舗」は、メインの栗菓子、栗おこわの販売。その他イタリア・カルピジャーニ社の設備による本格的ジェラートもおたのしみいただけます。
2階「喫茶室」は、ドリンク中心で、栗おこわのお食事はありません。
3階「末広ホール」は、多目的ホールで、個展、趣味の発表会、コンサート、講演会、お茶会などさまざまにご利用いただけます。
店内はエレベーターはもとより、各階のトイレットをはじめバリアフリーとなっています。今後は駅界隈の新しい顔としてご期待に応えるべく励んでまいります。

なおオープニング特別イベントとして3階「末広ホール」では、田中清光水彩デカルコマニー展が開催されます。(入場無料)

開店準備が進む、末広町交差点角の「竹風堂長野駅前店」。(5月18日撮影)
DSC03952 (2)

昨年まで、この場所には「糀屋本店味噌醤油醸造所」がありました。
同店は、創業元治元年(1864)という、白壁の堂々とした建物でした。
その面影を伝えるかのような竹風堂の新店舗。長野駅前の文化の拠点としても期待されます。

2017年5月27日ブログ「末広町交差点角に2018年5月にオープンする竹風堂

naganoetokino1 at 06:00|PermalinkComments(0)

2018年05月18日

5月30日 「いきなりステーキ長野駅前店」オープン

長野駅前の末広町通りに建つ複合施設「Nacs末広」。
1〜4階は商業施設、5〜14階は「ホテルサンルート長野」が入っています。
「フロアガイド」はこちらです。

左のビルは「ドンキホーテ長野駅前店」が入る「ウェストプラザ長野」。
「Nacs末広」の2階は、「JR長野駅・MIDORI長野」とペデストリアンデッキで結ばれています。(5月18日撮影)
DSC03958 (2)

「Nacs末広」の1階に入っていた「イタリアントマトcafe Jr 長野駅善光寺口店」が閉店。その後に、5月30日(水)「いきなりステーキ長野駅前店」がオープンします。

開店準備中の同店。「近日OPEN」と書かれています。
DSC03960 (2)

全国に出店している「いきなりステーキ」。立ち食いや、行列のイメージがあります。
長野市には、すでに「いきなりステーキ川中島店」があります。
郊外店が多いと思っていましたので、長野駅前出店は意外な感じがします。
今後、長野駅前に出店する店舗も変わってくるのかもしれません。

naganoetokino1 at 21:40|PermalinkComments(0)

届いたお葉書 創業98年「メガネのいとう」5月末に閉店

17日、善光寺表参道沿いの「メガネのいとう」から、お知らせの葉書が届きました。
諸般の事情により今年5月31日(木)に本店(南石堂町)、川中島店(川中島御厨・平安堂となり)が閉店するというお知らせでした。

二線路通りを出た、向かい側のビルが「メガネのいとう」。(2017年6月撮影)
e9ef22ba

同店は、今年で創業98年という老舗の眼鏡店です。
メガネのいとうの沿革
大正9年(1920) 長野市南石堂町に伊藤桂介氏が「ゼニヤ時計店」を創業。
大正14年(1925) 長野市南石堂町1423番地に移転。
メガネ、時計、貴金属の伊藤時計店となる。
昭和35年(1960)メガネ専業となり、株式会社伊藤眼鏡店を設立。
現在地(南石堂町1426番地)に移転。
昭和39年 (1964)コンタクトレンズ診療所を本店内に併設。
昭和44年(1969) 長野市問御所町に中央店開店。
昭和57年(1982) 伊藤良助社長が就任。
昭和63年(1988)本社屋新装。
平成7年(1995) 長野市川中島に川中島店開店。

「メガネのいとう」が入るビルから南に続く3棟のビルには、再開発計画があります。すぐ左のビルは「西友長野石堂店」、その左は3月に移転した「近畿日本ツーリスト」が入っていたビル。
b8b7ed34


2018年3月ブログ「3月10日に南石堂町から岡田町に移転した近畿日本ツーリスト
2017年6月ブログ「メガネのいとう脇の小路の青果店、若松屋商店の閉店

「メガネのいとう」は、私が高校生の時からお世話になっていたお店です。
付近では再開発計画がありますので、新ビルに同店は入るかと思っていました。
創業100年を目前にしての閉店。大きな時代の流れを感じる、老舗の閉店です。

naganoetokino1 at 09:59|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

5月28日 長野駅前にオープンする「竹風堂長野駅前店」

栗菓子製造販売の「竹風堂」(小布施町)が、長野駅前の末広町交差点角に建築中の「竹風堂長野駅前店」。店舗に貼られた案内によると、オープンは5月28日(月)。当日の「信濃毎日新聞」朝刊の全頁広告をご覧くださいと書かれています。

末広町交差点の南西角に新築された同店舗。(2018年4月21日撮影)
DSC03419

長野駅側(東)から見た同店舗。
DSC03415

案内によると、同店舗は喫茶のみで、栗おこわの食事はやらないそうです。
食事は、長野駅前の「ながの東急百貨店」の本館2階の「茶寮 さろん・ど・まろん」や、「善光寺大門店」「アップルライン店」「松代店」などをご利用ください、と書かれています。

北国街道沿いで、歴史を伝えていた「糀屋本店味噌醤油醸造所」の趣のあった建物の後に新築された同店舗。長野駅前の顔として、全国からのお客さまを迎える店になって欲しいと思います。

今までに、このブログで取り上げた同店舗の情報。
2017年5月20日ブログ「解体される末広町交差点角の糀屋本店味噌醤油醸造所
同年5月25日ブログ「長野駅前 末広町交差点角に来春5月オープンする竹風堂
同年11月2日ブログ「竹風堂駅前店 新築工事始まる
2018年3月23日ブログ「末広町交差点角に5月下旬オープン 竹風堂駅前店

naganoetokino1 at 14:55|PermalinkComments(0)

2018年03月23日

末広町交差点に5月下旬オープン「竹風堂 長野駅前店」

竹風堂」(小布施町)が長野駅前の末広町交差点に建設中の新店舗。

竹風堂長野駅前店(南石堂町)は「栗だより 春のお便り」によると、5月下旬オープンです。

それによると、「新店舗はJR長野駅ビル2Fから歩廊伝いに徒歩約4分、エレベーターで降りた末広町交差点前に御目見えします。この店の特色は、本店ほかの大方の直営店と同様に、「午前8時開店」と同様に、蒸かしたての栗おこわの折詰をお求めいただけることです。どうぞご期待ください。」と書かれています。

建設中の新店舗、長野駅前店。(3月8日撮影)
937d8ccd


naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives