映画・映画館

2019年01月12日

「ぼけますから、よろしくお願いします。」初日に鑑賞

1月12日(土)「相生座・長野ロキシー」(長野市権堂町)で「ぼけますから、よろしくお願いします。」を鑑賞しました。
現在、90歳の認知症の母と、介護する98歳の耳の遠い父の生活を、一人娘の信友監督が撮影・監督したドキュメンタリー映画です。

10時半からの初回の上映の後に、信友直子監督の舞台挨拶が行われました。
相生座には、早朝からチケットを求める列ができました。
ロキシー1で上映された映画には、2階席や補助席も含めて270名が参集しました。
KIMG3427 (3)

大きな拍手に迎えられて登壇した信友監督は、「地元の呉市では、知り合いも多くて大勢集まってくださるのは当たり前です。長野市でこれだけ大勢の皆様が集まってくださって、今日は自己最高記録です」と話し始めました。

監督は現在の家族の様子を伝えました。
「映画撮影後、母は脳梗塞となり入院。その後再発して、現在も入院中です。母の介護をしていた父は一人で暮らしています。これまで介護が生きがいでしたので、それがなくなりちょっと心配です。今年のお正月は、帰省して父と二人でお雑煮を食べました」と語りました。
先日、呉市の映画館で、娘である監督と一緒に舞台に立った父親は、「私の人生はもうすぐ終わりますが、娘の人生はこれからです。どうか皆さん、娘の将来を見守ってください。お願いします」と、観客に深々と頭を下げたそうです。

またこれまで映画を観た方の感想を色々聞いた監督が、印象に残っているとして紹介した、先輩の感想は「介護を通して、親はもう一度子育てをしている」という言葉だそうです。

全国で大きな反響がある映画ですが、長野県内では、これから順次上映されます。
相生座では、2月1日までの上映予定です。
今日の映画・舞台挨拶の模様は、「長野放送」がニュースで伝えました。

naganoetokino1 at 21:40|PermalinkComments(0)

2019年01月09日

初日舞台挨拶「ぼけますから、よろしくお願いします。」

1月12日(土)「相生座・長野ロキシー」(長野市権堂町)で「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督、初日舞台挨拶が行われます。

KIMG3256 (2)

権堂アーケード通りに立つ看板。
KIMG3257
1月12日(土)10:30の回上映後、信友直子監督の舞台挨拶。

広島県呉市で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。

娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。

大反響だったテレビドキュメンタリーをもとに、追加取材と再編集を経て映画化された作品です。

naganoetokino1 at 08:53|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

権堂町「相生座・長野ロキシー」で小津作品『浮草』鑑賞

権堂町の映画館「相生座・長野ロキシー」で上映中の「小津4K巨匠がみつめた7つの家族」を鑑賞しました。
作品は、旅回りの一座を描いた『浮草』(1959年)でした。
映画の中で、一座が滞在したのが「相生座」という芝居小屋でした。
小津の第2の故郷という三重県で撮影したという作品。会話の中に、桑名、津の一身田、和歌山の新宮などが出てきました。

修復版の映像は美しく、音声も完璧で、同館では2K上映でしたが満足できました。
外に出ると1年前に復活した「相生座」のネオンが美しく輝いていて、映画の余韻を楽しむことができました。この劇場で、小津作品を観ることができる幸せを感じました。
DSC05911 (2)

「東京物語」「浮草」は12月14日(金)まで上映しています。

2017年12月ブログ「相生座で会社創立100年の行事

naganoetokino1 at 19:51|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

権堂町の映画館で「縄文にハマる人々」を鑑賞

10月9日(火)「相生座」で「縄文にハマる人々 世界で最も美しい謎」を観ました。

上映時間102分が、あっという間に感じられるような構成。これまでの常識を覆されるような面白さ。「もしかしたら、日本の絶頂は縄文時代だったのかもしれない。」と、本当に思わせる内容でした。

入場者プレゼント(数量限定)で、特製クリアファイルをいただきました。
KIMG2545 (2)

相生座 10:00〜11:50
相生座 16:35〜18:25
10月13日(土)から時間変更 。映画は10月18日まで。

映画に登場する遺跡・博物館は、長野県内が7か所で全国最多でした。
「浅間縄文ミュージアム」「平出遺跡・平出博物館」「岡谷美術考古館」「諏訪市博物館」中ッ原遺跡」「茅野市尖石縄文考古館」「井戸尻考古館」
また実際に訪れてみたくなりました。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

権堂町「相生座」で6日(土)から「縄文にハマる人々」

10月6日(土)から「相生座」で「縄文にハマる人々 世界で最も美しい謎」の上映が始まります。10月18日までです。
相生座 10:00〜11:50
相生座 16:35〜18:25
10月13日(土)から時間変更
縄文1万数千年を追う、夢と情熱のドキュメンタリーです。
img20181005_21475369


img20181005_21483899


naganoetokino1 at 09:00|PermalinkComments(0)

2018年07月31日

長野相生座「モリのいる場所」8月10日まで上映延長

長野松竹相生座」(長野市権堂町)で上映中の「モリのいる場所」は8月10日まで上映されます。

当初は7月7日から27日まででしたが、好評で1週間延長して8月3日まででした。
更に1週間延長して8月10日(金)まで上映されます。

「モリのいる場所」(〜8/10)
ロキシー2
14:45〜16:35
まだご覧でない方は、是非、ご覧ください。

息子で脚本家の小林雄次が書いたノベライズ『モリのいる場所』もロビーに置いていただいてあります。皆様、どうぞよろしくお願いします。
5d23d5bb


naganoetokino1 at 21:23|PermalinkComments(0)

2018年07月28日

「原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」

7月28日(土)から「長野相生座・ロキシー」で「原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」が上映されます。

昨年も公開された映画です。大きな反響がありました。
下記のように昨年同様に、宮尾哲雄監督(須坂市出身)の舞台挨拶もあります。

7月28日(土) 10:30〜 16:00〜
7月29日(日) 10:30〜 16:00〜
8月11日(土) 10:00〜
上映後、舞台挨拶

戦時紙芝居の実演(上映前30分から実演)
7月28日(土)、29日(日)

戦時資料展示
上映期間中、ロビーにて戦時資料を展示

宮尾氏は長野放送(NBS)で長年、記者やディレクターをされた方です。
先日、偶然、宮尾監督とお会いしたら、私の事をご存知でした。
以前に、善光寺世尊院釈迦堂で釈迦涅槃図の絵解きをした時、取材してくださったそうです。

是非、多くの方にご覧いただきたいドキュメンタリー映画です。

naganoetokino1 at 08:01|PermalinkComments(0)

2018年07月22日

相生座で「モリのいる場所」 8月3日まで上映延長

長野松竹相生座・ロキシー」(長野市権堂町)で公開中の「モリのいる場所」は8月3日まで上映されます。

当初は7月7日から27日まででしたが、好評で1週間延長されました。
「モリのいる場所」(7/23〜7/27)
相生座 12:25〜14:15
相生座 19:00〜20:50
まだご覧でない方は、是非、ご覧ください。

2018年7月ブログ「モリのいる場所 上映初日トークイベントは満員御礼

息子で脚本家の小林雄次が書いたノベライズ『モリのいる場所』もどうぞよろしくお願いします。
5d23d5bb


naganoetokino1 at 23:00|PermalinkComments(0)

2018年07月10日

毎日新聞「シネマ日和」で紹介された「モリのいる場所」

7日(土)に「長野相生座・長野ロキシー」で開催された「モリのいる場所」の上映とトークショー。
沖田修一 監督と小林雄次(「モリのいる場所」ノベライズ本著・長野市出身)がゲストでした。
7月7日ブログ「『モリのいる場所』上映初日トークイベントは満員御礼」をどうぞ。

その時の模様を、映画ライター窪田美佐子氏が、10日(火)の毎日新聞「シネマ日和」のコラムで取り上げてくださいました。
コラムでは、沖田監督と小林雄次の舞台挨拶を取り上げています。
監督は「オリジナル作品に大勢のお客さんがいらしていることに感激しています。また映画を作って、ここに戻って来られたらうれしいです」
小林雄次は「長野市で育ったので、とても縁のある長野相生座・ロキシーです」

またノベライズ本を「映画とは視点を変え、映画に登場する人々から見たご夫妻を描いているので、こちらも一読の価値あり」と紹介。そして「本を読んでからもう一度、いとおしく、あたかい、あの人たちにスクリーンで会いたいと思っている」と感想を書いてくださっています。

コラムの最後は、5年ぶりに再会した沖田監督、6年ぶりに再会した小林雄次に、これからの活躍を期待するという温かい言葉で結ばれていました。

7日に始まった映画「モリのいる場所」は7月27日(金)まで、相生座で上映されています。是非、多くの皆様にご覧いただきたく思います。
ノベライズ本『モリのいる場所』もよろしくお願いします。

naganoetokino1 at 18:01|PermalinkComments(0)

2018年07月08日

「相生座」柳下美恵氏の ピアノ&シネマ 拝聴・鑑賞

7月8日(日)「長野相生座・ロキシー」で夕方5時半から、サイレント映画ピアノ生伴奏付き上映会があり鑑賞しました。

外の広場では、「相生座ガーデン 長野の食卓」を開催。長野県産のビールやワインを楽しむ屋外バーが開店していました。
DSC04846 (2)

柳下氏のサイン入りのポスターがお出迎え。一人ずつにこの表紙のプログラムが配布されました。
DSC04847 (2)

ピアノ生演奏はサイレント映画ピアニストの第一人者、柳下美恵氏。
イタリアで演奏した「ボローニャ復元映画祭」から帰国したばかりと紹介されました。
柳下氏は始まる前に、映画の内容などをわかりやすく解説してから始めました。

『海底王キートン』 1924年/アメリカ/59分
『ロイドの要心無用』 1923年/アメリカ/66分

どちらの作品も初めて観ました。テンポの早い映画に、臨場感あふれる生演奏。
映画に引き込まれながら、音楽にも引き込まれました。
これまで体験したことのないような、無声映画の醍醐味でした。

柳下氏は、4月末に長野郷土史研究会の行事に参加してくださいました。
その時、相生座で演奏するかもしれないとお聞きして、楽しみにしていました。
終了後は、出口でお一人ずつに挨拶されていて、そのお姿にも感動しました。
柳下氏の、今後益々のご活躍をお祈りしています。

naganoetokino1 at 22:16|PermalinkComments(0)

「モリのいる場所」上映初日トークイベントは満員御礼

7月7日(土)「長野相生座・ロキシー」(権堂町)で「モリのいる場所」の初回の上映後、トークイベントがありました。沖田修一 監督と小林雄次(「モリのいる場所」ノベライズ本著・長野市出身)がゲストでした。

入り口に大きな案内板が立てられ、チケット売り場には行列ができました。
帰りに見ると、看板には「満員御礼」の札が貼られていました。
DSC04806

観客は2階席までいっぱいになり、一斉に笑い声があがったり、会場は一体感に包まれました。小林雄次(右)の司会で、沖田監督は撮影の舞台裏などを語りました。会場からの2名の方の質問にも丁寧に答えました。
DSC04809 (2)

トークの後、ロビーでは二人のサイン会が行われ、長い列ができました。
小林雄次の著書『脚本家という生き方』も販売されて、その本に沖田監督がサインを求められる場面もありました。
DSC04813

36815680_464967303952349_3284575960443125760_n
私は松本で観た後、2回目の鑑賞でしたが、また新しい発見がありました。
5月20日ブログ「イオンシネマ松本で『モリのいる場所』を鑑賞」をもどうぞ。

是非、多くの皆様にご覧いただきたい映画です。
「モリのいる場所」は、7月27日(金)まで上映されます。

naganoetokino1 at 08:54|PermalinkComments(0)

2018年07月06日

7日 相生座「モリのいる場所」沖田監督と小林雄次トーク

長野市権堂町の「長野相生座・ロキシー」で、7月7日(土)から27日(金)まで公開される「モリのいる場所」。

7日の13:20からの上映後に、「トークイベント」が開催されます。
ゲストは沖田修一 監督と小林雄次(「モリのいる場所」ノベライズ本著・長野市出身)

トークイベントのチラシです。前売り券は6日(金)までです。
(拡大してご覧ください)
img017 (2)

当日は、相生座ロビーで『モリのいる場所』ノベライズ本の販売があります。
皆様、どうぞ相生座にお出かけください。

naganoetokino1 at 22:23|PermalinkComments(0)

2018年07月05日

8日「相生座」でサイレント映画ピアノ生伴奏付き上映会

8日(日)に「長野相生座・ロキシー」(権堂町)で「サイレント映画×即興ピアノ 柳下美恵のTHE ピアノ&シネマ @長野相生座・ロキシー」が行われます。

柳下氏はサイレント映画ピアニストの第一人者。国内外で広く活躍されています。
モノクロの映像とピアノの生演奏のコラボレーションです。

7月8日(日)17: 30〜19:50(途中休憩10分) 開場 17:10

『海底王キートン』 1924年/アメリカ/59分
『ロイドの要心無用』 1923年/アメリカ/66分

長野ロキシー1(264席/自由席)

当日券 一般1,800円 学生1,400円 シニア1,100円
前売券 一般1,500円 学生1,000円

柳下美恵氏は、相生座の100周年キックオフイベントでも演奏されました。
2016年12月ブログ「相生座100周年キックオフイベント

私はご縁があって4月末に柳下氏にお会いして、親しくお話しさせていただきました。
上映会は大変貴重な機会です。是非大勢の皆様にご参加していただきたく思います。

naganoetokino1 at 19:33|PermalinkComments(0)

2018年06月20日

7日 「相生座」限定のトークイベント「モリのいる場所」

7月7日((土)から「相生座」(権堂町)で始まる「モリのいる場所」(動画、音声が出ます)。画家の熊谷守一氏の、一日を描いた映画です。
初日7日に「トークイベント」が開催されます。
沖田修一監督と、長野市出身の小林雄次(ノベライズ本『モリのいる場所』の著者)のトークです。

「相生座」のロビーに貼られたトークのお知らせ。(拡大してご覧ください)
DSC04495 (2)

沖田監督は、『横道世之介』以来のご来館。
息子で脚本家の小林雄次は、2012年10月ブログ「ウルトラマン ハヤタ隊員役の黒部進さんトークショー」で司会を務めて以来の来館。

相生座前で、黒部進さんと並んでサインをする小林雄次。(2012年10月15日)
56d30da2

小林雄次は『ウルトラマンマックス』(2005年)で初めてウルトラマンの脚本に参加。今年、テレビ東京系で7月7日(土)スタートの『ウルトラマンR/B(ルーブ)』の脚本も書いています。

皆様、どうぞ「モリのいる場所」初日上映の「相生座」へお出掛けください。

2018年6月ブログ「相生座『モリのいる場所』監督と小説版著者のトーク

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

相生座でチベットを知る「ラモツォの亡命ノート」鑑賞

17日、「相生座」(権堂町)で、「ラモツォの亡命ノート」を鑑賞しました。
6月16日(土)〜22日(金)まで1週間の上映です。
DSC04488

チベット人女性のラモツォさんの亡命生活に密着したドキュメンタリー映画。
主人公のラモツォさんは、夫が北京五輪開催にチベット人が感想を述べた映画を作って、中国警察に逮捕され、やむなくインドへ亡命。4人の子どもさんの母親でもあります。
千葉県出身の小川真利枝監督(34歳)は、現在、市内在住の方です。

ロビーでは、2008年の北京五輪で、聖火リレー出発地を辞退した善光寺や長野駅前の様子を伝える様子を撮影した、フォトジャーナリストの野田雅也さんの写真が展示されています。
DSC04496

厳しい状況の中、前向きにたくましく生きるラモツォさんの姿に感動する作品です。
現在のチベットの実態を知ることができました。

「長野市民新聞」(16日)によると小川監督は、ラモツォさんのその後を伝える続編を製作中だそうです。「これからも社会の片隅で見落とされがちな人たちを浮き彫りにしていきたい」と意欲を語っています。
3年前からご自身が暮らす長野市では初となる公開で、上映は22日(金)までです。
お若い方々にも、是非、見ていただきたい作品です。

naganoetokino1 at 21:10|PermalinkComments(0)

2018年06月16日

相生座「ラモツォの亡命ノート」16日 監督の舞台挨拶

相生座」(権堂町)で、6月16日(土)から22日(金)まで公開される「ラモツォの亡命ノート」。チベット人女性のラモツォさんの亡命生活に6年間密着したドキュメンタリー映画です。

初日16日(土)10時半からの上映後、小川真利枝監督の舞台挨拶があります。
小川監督は、現在、長野市東和田在住。
(拡大してご覧ください)
img013

関連イベントもあります。
・チベット料理販売
6月16日(土)劇場前広場にて「キキソソチベット食堂」
チベット料理販売12:00〜(1時間程度)

・写真展「2008年のチベットと長野 あれから10年」開催】
上映期間中、劇場ロビーにて野田雅也さん(フォトジャーナリスト)の写真展を開催。

16日の「長野市民新聞」の「ながの人模様」には、小川監督が取り上げられています。
また「信濃毎日新聞」の北信版にも紹介されました。

naganoetokino1 at 07:15|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

相生座「モリのいる場所」監督と小説版著者のトーク

長野市権堂町の「相生座」で、7月7日(土)から公開される「モリのいる場所」。

初日7日の13:20からの上映後に、「トークイベント」が開催されます。
ゲストは沖田修一 監督と小林雄次(「モリのいる場所」ノベライズ本著・長野市出身)

長野市出身の小林雄次は、私の息子です。沖田監督は、日芸の1年先輩の方です。
舞台裏のお話がたくさん聞けそうです。
皆様、どうぞ「モリのいる場所」ノベライズをご覧になって、映画をご覧ください。

トークイベントのチラシです。(拡大してご覧ください)
2142


6月5日ブログ「7月7日『モリのいる場所』相生座でトークイベント

naganoetokino1 at 21:35|PermalinkComments(0)

2018年06月11日

相生座で「タクシー運転手 約束は海を越えて」鑑賞

長野市権堂町の映画館「相生座」で、「タクシー運転手 約束は海を越えて」を観ました。
「韓国動員1200万人突破の記録的大ヒット!」と書かれたポスター。
DSC04380 (2)
韓国で1980年5月18日から25日に起きた光州事件。

民衆の反政府蜂起で、デモ参加者は20万人。軍が市民を暴徒として銃撃を浴びせました。

戒厳令下の光州を取材し、全世界にその実情を伝えたドイツ人記者。

その彼をタクシーに乗せ、光州の中心部に入った運転手と記者との交流を描いた、実話をもとにした作品です。




監督は、広州事件を若い世代に伝えたいと制作したそうです。その役目を十分に果たしていると感じました。若い世代だけではなく、老若男女に観ていただきたい作品です。

相生座では同作品を、6月22日(金)まで上映しています。

DSC04381 (2)


naganoetokino1 at 20:30|PermalinkComments(0)

2018年06月05日

7月7日「モリのいる場所」相生座でトークイベント

長野市権堂町の「相生座」で、7月7日(土)から公開される「モリのいる場所」。

初日7日の13:20からの上映後に、トークイベントが開催されます。
ゲストは沖田修一 監督と小林雄次(「モリのいる場所」ノベライズ本著・長野市出身)

小説版『モリのいる場所』(朝日文庫、定価 670円(税込)A6判並製 252ページ)
ee25cbd8


5月20日ブログ「松本市で『モリのいる場所』を鑑賞

小説版『モリのいる場所』の著者・脚本家の小林雄次は、私の息子です。
皆様、どうぞトークイベントにお出かけいただき、小説版『モリのいる場所』もよろしくお願いします。

naganoetokino1 at 20:50|PermalinkComments(0)

2018年05月20日

松本市で19日から全国公開の「モリのいる場所」を鑑賞

5月20日(日)「イオンシネマ松本」で、19日(土)から全国公開された『モリのいる場所』を鑑賞してきました。
長野市では、7月7日から「相生座」(権堂町)で上映されます。

電車で降り立った松本駅お城口。駅前は草間彌生さんカラーであふれていました。
DSC04006

正面の大看板には、左に「PARCO」公園通り直進250M。右に「松本市美術館」駅前通り直進950M。
DSC03998 (2)

看板の下には「イオンモール松本」「イオンシネマ松本」の案内。
「公共交通機関が便利。松本駅お城口2番乗り場からタウンスニーカー東コースで日ノ出町下車すぐ」
DSC03998 (3)

草間彌生さんカラーのタウンスニーカーに乗り「秀峰学校前」で下車した「イオンシネマ松本」。
KIMG1455

『モリのいる場所』は、岐阜県中津川市出身の画家、熊谷守一(1880〜1977年)の日常を描いた映画です。沖田修一監督。
岐阜新聞には「山努さんが熱い思い語る」と初日舞台挨拶の模様が載りました。その中で沖田監督は「見たことのない映画の1本になったら嬉しい」とアピールしたそうです。

94歳の画家の一日をとらえた作品は、笑いあり、涙あり、感動ありで、予想を裏切らない面白さでした。確かにこれまで「見たことのない映画」と言えます。
熊谷夫妻の魅力が存分に伝わる映画を、長野市でまた見たいと思いました。

小説版『モリのいる場所』(小林雄次著・朝日文庫)を読んであった私は、その面白さを倍増して味うことができました。「イオンモール松本」の書店には、たくさん並んでいました。
著者、小林雄次のブログ」より。「小説は全17章。画家・熊谷守一(モリ)を取り巻く人間、生き物、無機物、さまざまな視点から、モリの日常を描き出しました。
庭に棲む<蟻>の視点から描かれるモリの冒険の章(四章)、映画でも独特の存在感を放つ<知らない男>の章(十五章)は、特にオススメです。」「映画と併せて、モリの世界をより深くご堪能ください」
b0905d28

5月4日ブログ「モリのいる場所 7月7日〜相生座で上映
3月12日ブログ「映画公開、小説版発売を前に熊谷守一美術館を見学
3月12日ブログ「東京国立近代美術館で『没後40年熊谷守一展』を見学

naganoetokino1 at 22:27|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

相生座・長野ロキシーで『大英博物館 北斎』始まる

12日(土)から「相生座・長野ロキシー」で始まった『大英博物館プレゼンツ 北斎』を観ました。

2017年5月〜8月に大英博物館で開催された展覧会。大行列となったその展覧会の展示を、スクリーンで体感できるドキュメンタリーでした。
DSC03914 (2)

DSC03915 (2)

北斎と言えば、地元長野では小布施です。大英博物館の展覧会には、小布施からも屋台の天井絵が出展されました。最後に、天井絵が紹介されましたが、残念ながら小布施の名前は出ませんでした。
でも外国の方から見た北斎の魅力は、日本人にとっては新鮮でした。
北斎の偉大さを改めて知ることができ、この機会に是非、長野の皆さんにもご覧いただきたい作品です。

naganoetokino1 at 15:47|PermalinkComments(0)

2018年05月04日

『モリのいる場所』7月7日〜相生座(権堂町)で上映

画家、熊谷守一を描いた映画『モリのいる場所』が、5月19日に全国で公開されます。長野市では「相生座」(権堂町)で7月7日から上映されます。

私は3月に「熊谷守一美術館」を訪ね、「熊谷守一展」も鑑賞しました。
東京近代美術館の「没後40年 熊谷守一展」のパネル。(3月12日撮影)
901bf9ae

また映画に合わせた、小説版『モリのいる場所』(小林雄次著・朝日文庫)はすでに発売されていて、私はすでに読みました。映画の上映を楽しみにしています。
b0905d28


3月12日ブログ「熊谷守一美術館を見学
3月12日ブログ「東京近代美術館で『没後40年 熊谷守一展』

naganoetokino1 at 09:23|PermalinkComments(0)

2018年04月12日

13日(金)10時半『紅い襷〜富岡製糸場物語』最終上映

3月17日から「相生座」(長野市権堂町)で上映された『紅い襷〜富岡製糸場物語〜』
パンフレットとチラシ。
33f060fd

私は初日に観ましたが、4月13日(金)が最終上映となりました。
3月17日ブログ「『紅い襷〜富岡製糸場物語〜』を相生座で初日初回に鑑賞

『紅い襷〜富岡製糸場物語』
4月13日(金)
10:30〜12:15

長野市松代出身の横田英が主人公。長野市民として誇りと感動を味わえる映画です。
13日(金)は、1回だけの上映です。
まだご覧になっていない方は、最終上映を是非ともご覧ください。

naganoetokino1 at 21:43|PermalinkComments(0)

2018年03月17日

「紅い襷〜富岡製糸場物語」を相生座で初日初回に鑑賞

17日(土)長野市権堂町の「相生座」で始まった紅い襷〜富岡製糸場物語の初回に鑑賞しました。

17日は12時40分からが初回でした。
KIMG1100 (2)
上映時間 1時間50分
17日(土) 12:40〜14:30   16:45〜18:35
18日(日)〜23日(金)  13:00〜14:50  18:50〜20:40
3月24日(土)から時間変更

パンフレットとチラシ。
DSC03164

1月に大宮で1度観てありましたが、主人公の横田英の地元、長野で観るのは、また違った感動でした。

歴史や記録に基づいているので、長野市内の子どもさんたちにも是非ご覧いただきたい映画です。4月13日まで公開されています。親子でお出かけください。

naganoetokino1 at 21:59|PermalinkComments(0)

横田英の地元「相生座」で「紅い襷〜富岡製糸場物語」

長野市の皆さんに内容をお伝えしたいと思い、1月7日に大宮まで行って鑑賞してきた映画紅い襷〜富岡製糸場物語
2018年1月7日ブログ「MOVIXさいたまで『紅い襷〜富岡製糸場物語』鑑賞

その映画が、3月17日(土)から全国最古級の映画館「相生座」(長野市権堂町)で始まります。4月13日まで。

上映時間 1時間50分
17日(土) 12:40〜14:30   16:45〜18:35
18日(日)〜23日(金)  13:00〜14:50  18:50〜20:40
3月24日(土)から時間変更

主人公は長野市松代出身の工女・横田(和田)英。
横田(和田)英の手記『富岡日記』と取材資料をもとに、忠実に描かれている作品。
活動写真初上映から120年が経つ「相生座」で観る、松代出身の女性が主人公の映画。
長野市の皆様には、是非ともご覧いただきたい映画です。

横田(和田)英(1857〜1929)は、松代藩主横田数馬の次女。
代官町(長野市松代町松代)に生まれる。
明治6年(1873)16歳で松代地方の工女を引き連れ、富岡製糸場に入場。
フランス式繰糸技術を伝習。一等工女となって帰郷。

明治7年(1874)松代西条村に造られた、日本最初の民間蒸気製糸場(後の六工社)の教婦として創業に尽力。
明治41年(1908)〜大正2年(1913)富岡製糸場の生活や六工社創立当時を追想して『富岡日記』を執筆。当時の新しい女性の生き方が映し出された貴重な記録です。
明治44年(1911)『吾が母の躾』を著す。

横田英の生家「旧横田家住宅」は重要文化財になっていて、映画の最後で紹介されます。

naganoetokino1 at 11:14|PermalinkComments(0)

2018年01月23日

25日 長野放送「長野相生座・ロキシーの100年と今」

1月25日(金)夜7時からの「NBS長野放送」の「フォーカス∞信州」。
映画に愛を込めて〜長野相生座ロキシーの100年と今」を放送します。

昨年12月25日、長野市権堂町にある映画館「長野相生座・ロキシー」は、運営する長野映画興業が、100歳の誕生日を迎えました。

2017年12月ブログ「満席となった相生座 活弁・演奏ライブ上映

会社創立100年イベントで復活したネオン。(2017年12月25日小林竜太郎撮影)
01edb0b6


番組では、「長野相生座・ロキシーを1年以上に亘り取材し、その歴史と今に迫る。」と宣伝しています。

naganoetokino1 at 13:57|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

「MOVIXさいたま」で『紅い襷〜富岡製糸場物語』鑑賞

1月7日(日)「MOVIXさいたま」で6日(土)から12日(金)まで上映中の「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」を鑑賞しました。
KIMG0826

紅い襷〜富岡製糸場物語〜』は群馬県富岡市が、富岡製糸場世界遺産3周年を記念して製作した映画です。主人公は、長野市松代出身の横田英です。

この映画が、長野市の「長野松竹相生座・長野ロキシー」で3月17日(土)〜3月30日(金)まで上映されます。
2017年12月25日ブログ「『紅い襷』 相生座で上映決定

「MOVIXさいたま」は、さいたま新都心駅に隣接する商業施設「コクーンシティ」にあります。この一帯には片倉工業の工場がありました。

「富岡製糸場」の歴史はこちらをご覧ください。
明治5年(1872)明治政府が「富岡製糸場」を建設。
明治26年(1893)民営化されて「三井富岡製糸場」となる。
昭和14年(1939)に片倉工業に合併。「片倉富岡製糸場」となる。
昭和62年(1987)3月操業停止。115年にわたる生糸生産の幕を閉じる。
平成17年(2005)片倉工業は、富岡製糸場の全建物を富岡市に寄贈。
同年、国指定文化財(史跡)指定。平成18年(2006)重要文化財指定。
平成26年(2014)世界遺産、国宝へ登録。

片倉工業と富岡製糸場の解説パネルです。(拡大してご覧ください)
KIMG0838

冬物バーゲンが始まった施設の中には、映画の宣伝コーナーがありました。
KIMG0842

7日の映画には、老若男女の観客が大勢集まりました。
長野市松代出身の横田英が大活躍する内容です。長野市民にとっては、誇りに思える素晴らしい映画で感動しました。
長野上映は、全国で最も古い映画館「相生座」で、3月17日(土)〜3月30日(金)まで上映されます。是非、多くの市民の皆様にご覧いただきたく思います。

なお2月4日(日)〜2月10日(土)には、「深谷シネマ(埼玉県)」で上映されます。こちは全国唯一、酒蔵を改装した映画館です。

naganoetokino1 at 20:26|PermalinkComments(0)

2017年12月26日

25日 満席となった「相生座」活弁・演奏 ライブ上映

25日夜6時半から「相生座」(権堂町)で、会社創立100周年の行事が行われました。会場のロキシーは、平日の夜にも関わらず250名程が参集して満席となりました。

復活したネオンサイン。左上には「会社創立100年」と「活弁ライブ」の文字。
100年前に同館で上映された2作品の活弁ライブ上映が行われました。
CIMG4457

最初に長野映画興業株式会社の代表取締役社長の久保田純朗氏が登壇。
今回の行事が実現した経緯と思いを熱く語りました。
長野郷土史研究会の小林竜太郎の『長野のまちと映画館 120年とその未来』もお手に持って紹介してくださいました。

続いて、7年ぶりに同館に招かれたという活弁士の澤登翠氏が登壇。
作品は97年前に同館で上映された『チャップリンのスケート』(20分)。
20分間の休憩の後、95年前に同館で上映された『東への道』(105分)。

名作『東への道』は、手に汗握る展開。無声映画の醍醐味を味わいました。
弁士の澤登氏は会場全体を巻き込む、見事な語りを披露されました。
息の合ったカラード・モノトーン3名の皆さんの生演奏も素晴らしかったです。

満場となった映画館は、長野地域の文化度の高さを表しているようでした。
私にとっては、多くの皆様と時間や思いを共有できたと感じた至福のひとときでした。

naganoetokino1 at 14:02|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

松代出身の横田英が主人公『紅い襷』相生座で上映決定

9月15日ブログ「長野市でも上映して欲しい横田英が主人公の『紅い襷』

その私の願いが実現するニュースです。
小林竜太郎のツイッターより「3月17日(土)〜長野相生座・ロキシーにて上映決定

紅い襷〜富岡製糸場物語〜』は群馬県富岡市が、富岡製糸場世界遺産3周年を記念して製作した映画です。主人公は、長野市松代出身の横田英です。
横田英については、こちらをご覧ください。
6月25日ブログ「長野市松代出身の横田英が主人公の映画『赤い襷』完成

相生座では、3月17日(土)〜3月30日(金)まで上映されます。
是非、多くの長野県内の皆さんに知っていただきたい映画です。
松代の皆さんとご一緒に、映画を盛り上げていきたいと思います。

naganoetokino1 at 23:03|PermalinkComments(0)

25日 創立100周年を迎えた「相生座」6時半〜記念上映

25日、映画館「相生座」(権堂町)は会社創立100周年という記念すべき日を迎えました。
それを記念して、25日、今夜6時半から、「無声映画活弁ライブ上映」が行われます。

小林竜太郎は次のようにブログに書いています。
ブログ「『120周年と100周年』 相生座の記念すべき年

長野映画興業株式会社 代表取締役社長の久保田 純朗氏が、行事に至った経緯と思いを語っています。
23日の私のブログ「無声映画活弁ライブはタイムマシン上映


naganoetokino1 at 09:57|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives