建物・施設

2019年07月24日

7月10日 バリアフリー化されてオープン「芹田公民館」

7月9日「芹田総合市民センター」(長野市若里)が竣工して、「長野市立芹田公民館」が10日からオープンしました。昨年5月から建物裏手の駐車場に新築中でした。当面は公民館のみが移転して、11月末までに旧公民館を解体、駐車場を整備して、長野市芹田支所、芹田地区住民自治協議会事務局が移転します。

芹田地区(16区)の人口26,735人、世帯数12,742(平成31年4/1現在)
16区は川合新田、母袋、上千田、中千田、北市、南市、荒木、北中、栗田、七瀬、七瀬中町、七瀬南部、南俣、日詰、若里西町、若里中央。

JR長野駅東口から続く東南の地域です。長野県民文化会館(ホクト文化ホール)、オリンピック施設のビッグハット、若里市民文化ホール、県立図書館、長野赤十字病院、NHK長野放送局、長野朝日放送、テレビ信州、信州大学工学部など、県内の中核的な施設があります。また若里公園は市民の憩いの場となっています。

7月9日に竣工した「芹田総合市民センター」。建物にはエレベーターや授乳室が設置され、180人収容の講堂や、学習室、和室、料理室、工作室などが整備されました。
DSC06449 (2)

芹田公民館の「郷土の歴史」では、小林一郎会長(長野郷土史研究会)が講座を担当しています。

これまでの公民館は解体され、その後に駐車場が整備されます。
DSC06451

信州大学工学部の前の通りに面した旧公民館(左手)と、新公民館(奥)。
DSC06452


naganoetokino1 at 21:18|PermalinkComments(0)

2019年07月20日

長野県内の4ヵ所 18件が国の登録有形文化財に指定

7月19日に開催された文化審議会で「長野市、中野市、生坂村に所在する4か所計18件の建造物が国の有形登録文化財に指定されます

NHK長野(7/19)「県内の国の有形文化財18件登録

「光林寺」(長野市篠ノ井小松原)
「山門」は、江戸時代後期の文政9年(1826)の建立。
「鐘楼」は、天保元年(1830)の建立。
「経蔵」は、慶応元年(1865)の建立。内部には「輪蔵」があります。

「小坂家住宅」(長野市村山)
名主や堰守などの要職を務め、明治から平成に掛けて国会議員も輩出しました。
「主屋」は、江戸時代末期の建築。
「米蔵」は、安政2年(1855)の建築。
他に「裏倉庫」「農機具庫」「味噌蔵」「長屋門」「「裏門」「土塀」。

「旧平林家住宅」(東筑摩郡生坂村)は庄屋を務めていた農家の家。
「主屋」「東土蔵」「西土蔵」「南土蔵」「物置」「南門」

「旧片山家住宅」(中野市安源寺)
小内八幡神社の境内にある宮司の住居。
「主屋」(小内八幡神社の社務所)

長野県内にある国の登録有形文化財はこれで551件(建造物550件、美術工芸品1件)となります。

光林寺は桜の名所です。私は2度お招きいただき、絵解きを行いました。
同寺が、立派な「観経曼荼羅(当麻曼荼羅)」を所蔵しています。
2010年2月25日ブログ「桜の名所、篠ノ井小松原の古刹、光林寺
2011年4月27日ブログ「被災地に思いを馳せた光林寺の桜吹雪
2011年7月30日ブログ「光林寺で極楽往生の観経曼荼羅の絵解き

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年07月03日

長野電鉄「本郷駅」(長野市三輪)改札口を1階に改修

日本経済新聞(7/3)は、長野電鉄の本郷駅(長野市三輪)をバリアフリー化すると報じました。数年前から、長野市三輪地域の住民自治協議会から、利用者の高齢化も伴って、バリアフリー化求める声が上がっていたそうです。

同駅の現駅舎は、昭和44年(1969)3月に完成しました。今年でちょうど50年が経っています。2階に事務所や発券機、改札口があります。外の階段で2階に上がって改札をしてから、1階のホームへ降ります。

長野電鉄の本郷駅。すぐ脇に踏切があり、手前左手には美和神社があります。
DSC00611

「本郷ステーションデパート」と書かれています。かつては1階に花屋、2階には喫茶などの店舗が入っていました。
DSC00613

工事は今年8月から実施。来年3月をメドに利用できるようになる見通しです。改装後は、2階にある事務所や発券機、定期券の購入窓口は1階に設置する計画です。また改札口からホームへ直接通じるスロープを導入します。

同駅は、長野県立大学や長野女子高等学校の最寄り駅となっています。

私たち長野郷土史研究会では、5月28日に本郷駅前の美和神社に集合して、「善光寺四十九霊地 三輪地区めぐり」を行いました。その時、同駅を利用しました。
どうしても階段を上り下りしなければならず、ご高齢の利用者が不便しているのではないかと思いました。利用者にとっては、とてもありがたい改修です。

naganoetokino1 at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年05月19日

子どもたちで賑わう 11日に開園した「長野駅東口公園」

5月11日(土)にセレモニーが行われて開園した「長野駅東口公園」。
通りを隔てて建つ「abn長野朝日放送」は、同日9時半からの「駅前テレビ」で生中継しました。

19日(日)に同公園に行くと、青空の元、大勢の子どもたちが遊具で遊んでいました。
芝生は養生中で、まだ立ち入ることはできません。スプリンクラーで散水していました。
KIMG4719 (2)

19日は「ビッグハット」(若里)で「Sexy Zone LIVE TOUR 2019」があったそうで、シャトルバスが往復していました。また歩いて会場に向かうお若い女性たちが、大勢公園の西側の歩道を歩いていました。

これまで書いた同公園の様子はこちらをどうぞ。
2019年3月3日ブログ「公募により名称決定した『長野駅東口公園』5月完成予定
2019年3月15日ブログ「完成近づく長野駅東口公園 古木の桜3本が満開
2019年4月19日ブログ「5月開園する長野駅東口公園の満開の桜のいわれ

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年05月17日

国宝となる「旧開智学校」と長野県内の近代学校建築

5月17日、国の文化審議会は、「旧開智学校校舎」(松本市)を国宝に指定することを、文部化科学大臣に答申しました。近代学校建築としては国内初の国宝指定。長野県内の国宝としては10件目(建造物6件、美術工芸品4件)です。
旧開智学校」(松本市開智)は、明治9年(1976)の建築です。指定の理由は「重要文化財のうち極めて優秀で、かつ、文化史的意義の特に深いもの」。
(観覧料大人300円・10月1日以降は400円で見学可、詳細はこちら

その他、長野県内には次のような近代学校建築があります。(古い順)
旧長野県師範学校教師館」(長野市上ヶ屋)は、明治8年(1875)11月に建てられました。元は長野市立図書館(長野市長門町)の場所にありましたが、昭和46年に飯綱高原の現在地に移築されました。北野建設が所有しています。明治初期の師範学校で現存するのは、全国でこの建物だけで、県宝です。

旧中込学校」(佐久市中込)は、明治8年(1875)12月の建築です。
国内の学校建築のうち現存する最古級の擬洋風建築物で、国の重要文化財に指定されています。中央の八角の塔は、天井から太鼓を吊るして時を告げたので「太鼓楼」と呼ばれました。
(入場料大人250円で見学可)

旧格致学校」(坂城町)は、明治11年(1878)に建てられ、県宝です。装飾が少なく、質素で落ち着いた擬洋風校舎であるのが特色です。(申し込みで見学可)

私は中込小学校に5年、6年と通っていました。「旧中込学校」は、小学校の敷地にあり、地域の誇りでもありました。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

「清泉女学院大学看護学部」東口キャンパスで初イベント

12日(日)は「国際看護の日」に制定されています。また「母の日」でもあります。
「看護の日」は、看護師として活躍し、看護教育を体系立てたフローレス・ナイチンゲールの誕生日にちなんでいます。

本年4月に長野駅東口に新設された「清泉女学院大学看護学部」(長野市栗田)。
5月12日(日)この「看護の日」と「母の日」に合わせて「駅前ほけんしつ@清泉」というイベントを行います。
地域に開かれた大学、看護学部を目指して、広く一般の参加を呼び掛けています。

今春、新入生を迎えてスタートした清泉女学院大看護学部の長野駅東口キャンパス。(2019年3月31日撮影)
92249693

日 時 5月12日(日)13:00〜16:00(最終受付 15:30)
会 場 同大長野駅東口キャンパス(長野市栗田1038-7)
内 容 血圧測定(大人・子ども)、タッチヒーリング、看護師さんと話そう、折り紙でカーネーションづくりなど 
問合せ 清泉女学院大学 長野駅東口キャンパス 026-219-1650
駐車場がないので、公共交通機関でお越しください、と呼び掛けています。

2019年4月ブログ「長野駅東口に看護学部を新設 清泉女学院大入学式

naganoetokino1 at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年04月26日

26日オープンした「長野駅東口公園」記念式典5月11日

4月26日(金)「長野駅東口公園」(長野市栗田)の工事が完成して囲いが取り外されました。JR長野駅東口から徒歩5分。夕方、園内を歩いてみました。
公募により決定した名称で、「長野駅東口公園」と書かれています。
KIMG4297

手前が休憩施設。奥の信号を渡ると「abn長野朝日放送」。1階には「cafe駅前テラス」(9:30〜18:00 土・日・祝日休業)があります。
KIMG4295 (2)

「あそび広場」にはロープ遊具もあり、早速、近くの子どもたちが親子連れで遊びに来ていました。
KIMG4292 (2)

「芝生広場」には「利用者の皆様へお願い 芝生養生中につき、立ち入りはご遠慮ください」と書かれています。古木の桜の木にはまだ近寄れません。
KIMG4290

園内には男女トイレと多目的トイレも完成していて、使用することができます。夜間には、園内の外周通路に足元灯がつくようです。
「abn長野朝日放送」はオープンした公園を取り上げ「災害時の避難場所となることも想定、仮設トイレになるマンホールを8つ備えるなど防災設備も整えてあります」と報じました。
記念式典は5月11日(土)に開催されます。

2019年3月3日ブログ「公募により名称決定した長野駅東口公園 5月完成予定
20194月15日ブログ「完成近づく長野駅東口公園 古木の3本の桜が満開
2019年4月19日ブログ「5月開園する長野駅東口公園 満開の3本の桜のいわれ

naganoetokino1 at 21:00|PermalinkComments(0)

2019年04月19日

5月開園する「長野駅東口公園」満開の桜の木のいわれ

完成が間近の「長野駅東口公園。園内に咲く満開の3本の桜について、いわれをお聞きすることができました。
2019年4月15日ブログ「完成近づく長野駅東口公園の古木の3本の桜が満開

長野駅東口公園の囲いの中で咲き誇る桜。元々、長野駅東口にあった10数本の桜の内の3本を、この場所に移植したのだそうです。(2019年4月14日)
749dcc69

平成5年の区画整理が始まる時に、全て伐採されることになったそうです。
伐採してしまうのは惜しい。3本だけ残そうということになり、移植することにしました。その場所は、元鉄道病院の敷地があった場所です。
その場所に元々あって、やはり残されたイチョウの木1本(左)の横に、桜を3本並んで植えたということです。

どこでも新しく造成される公園は、若い苗木ばかりでなんだか淋しいです。
でもこの公園の桜の木の周りは、とても生き生きとして見えます。

今月中には、公園のまわりの囲いが取り外されるそうですが、その時には桜は散ってしまうでしょう。地元の方々は、来年こそ、この桜の下でお花見をしようと話しているそうです。開園の式典は、5月11日(土)に行われるそうです。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年04月05日

昨年閉店した「メガネのいとう本店」跡をホテルに改修

「長野経済新聞」(3/25)は「中央通りのメガネのいとう/商業ビルをホテルに改修」と報じています。

2018年5月31日で閉店した「メガネのいとう本店」が入居していた商業ビルは、4月20日の完成を目指して、ホテルに改修中です。

2019年4月3日ブログ「解体中の西友長野石堂店(南石堂町)再開発ビル

右手のビルが、昨年5月に閉店した「メガネのいとう本店」が入っていたビル。
同店舗が営業していた場所が覆われ、改修が行われています。
左手は、西友長野石堂店が入っていた解体中のビル。
2021年夏頃の完成を目指して再開発ビルが建てられます。(2019年3月31日)
DSC06090


naganoetokino1 at 13:55|PermalinkComments(0)

2019年04月03日

長野駅東口に看護学部を新設「清泉女学院大学」入学式

INC長野ケーブルテレビ」(4/3)は、INCながのニュースで「看護学部新設 清泉女学院大で入学式」を伝えました。

2019年3月ブログ「2日 清泉女学院大学看護学部 長野駅東口キャンパス竣工

4月3日(水)「清泉女学院大学・短期大学」は「ホクト文化ホール」(長野市若里)で入学式を行いました。新設の看護学部49名を含む、344名が入学しました。

新入生を迎えた、6階建ての清泉女学院大看護学部の長野駅東口キャンパス(長野市栗田)。看護学部生49名は式後、初めて足を踏み入れ、職員などが出迎えました。
(2019年3月31日)
DSC06061 (2)

なお清泉女学院大学と同じく、今年度初めて看護学部を開設した「長野保健医療大学」(長野市川中島今井)では、4月4日(木)に入学式が行われます。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

解体中の「西友長野石堂店」(南石堂町)再開発ビル

長野駅の近くの善光寺表参道沿いの「南石堂A−1地区再開発計画」。
2つのビルを解体して、ひとつの再開発ビルに建て替える計画です。2021年夏頃に完成予定。2021年春には、善光寺御開帳が開催されます。
業者はマンション業者のマリモ(広島市)で、同社は長野駅東口飯店跡にホテルも建設します。
2019年4月3日ブログ「長野駅東口 マリモが東口飯店跡にホテル建設

解体中のビル。2018年11月30日まで西友長野石堂店が営業していました。
(2019年3月31日)
DSC06085

解体中の覆いには「マンション建設予定地」「複合再開発始動!スーパーマーケット、フラワーショップ、商業施設」と書かれています。ここに地上14階、地下1階の店舗兼マンションが建ちます。
DSC06086 (4)

解体中のビルの一角にあった「千曲園芸」は仮店舗で営業中で、新築のビルに入るようです。
DSC06087 (2)

その北隣の2018年5月31日で閉店した「メガネのいとう」跡は、改装工事中です。
DSC06090


2019年2月10日ブログ「解体が始まった西友長野石堂店 2021年夏ビル完成


naganoetokino1 at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年03月24日

養蚕社をまつる「北中公民館」周辺は県内一高い公示地価

先日、長野郷土史研究会の小林一郎会長が北中公民館で講演をしました。
同館は長野駅東口にあり、区画整理事業でこの場所に再建されました。国土交通省が19日発表した2019年の公示地価によると、長野県内の住宅地で最も価格が高いのが、昨年に続いて公民館南だと発表されました。(昨年より3,5%上昇)
JR長野駅東口から徒歩1分程の北中公民館(長野市栗田)。
KIMG4053

2019年3月19日ブログ「小林会長が善光寺の一茶とその周辺で講演

かつて地域内にあった社や塚は、北中公民館の敷地内に移設されています。
手前のお堂は、子安地蔵尊をまつっています。
KIMG4050

説明板。地蔵盆近くの休日には、地蔵尊祭りが行われていると書かれています。(拡大してご覧ください)
KIMG4049

手前(公民館側)から道祖神、庚申塚、養蚕社(蚕神さん)。北中町では養蚕社を、町の守護神として年2回、蚕神祭を行っていると、書いてあります。かつてはこの辺りも水田と桑畑があり、養蚕が盛んでした。(拡大してご覧ください)
KIMG4052

説明板。(拡大してご覧ください)
KIMG4051

かつて農村地帯だった長野市栗田北中は、長野県内の住宅地で、最も公示地価が高い場所となりました。先日、長野朝日放送は東口周辺を取り上げました。それによると、東口の駐車場は130ヵ所、1500台収容となっています。区画整理事業完了までには、後3年かかるとのことです。

naganoetokino1 at 09:00|PermalinkComments(0)

2019年03月03日

2日 清泉女学院大看護学部「長野駅東口キャンパス」竣工

3月2日(土)長野駅東口に「清泉女学院大学 看護学部介護学科」の長野駅東口キャンパス(長野市栗田)が竣工しました。4月から看護学部(定員76名)がスタートします。

鉄骨造6階建の校舎は「ピラール館」と名付けられました。
スペインに源を発する設立母体創設者の一人、ピラール・ポラスにちなむのだそうです。「ピラール」には柱の意味があり、地域と世界のケアの文化を支える柱たらんとする同学の意気込みを示す名称だそうです。
建物の前にはシンボルツリー(もみの木)が植えられています。
KIMG3830

清泉女学院大学は上野キャンパス(長野市上野)に人間学部文化学科・人間学部心理コミュニケーション学科があります。また清泉女学院短期大学には、幼児教育科・国際コミュニケーショーン科があります。

2019年1月11日ブログ「長野駅東口から徒歩1分と宣伝 清泉女学院大看護学部
2018年4月29日ブログ「清泉女学院大学看護学系大学院修士課程の新設構想
2017年12月22日ブログ「清泉女学院大看護学部東口キャンパス 2018年5月から工事

naganoetokino1 at 18:30|PermalinkComments(0)

2019年03月01日

中央通りに新設された「ながの東急百貨店」駐車場の出口

ながの東急百貨店」(南千歳町)の第一駐車場の、中央通り(善光寺表参道)側の出口ゲートが完成しました。入り口はこれまで通り、千歳町通りのみです。

中央通り(善光寺表参道)側にゲートが新設された「ながの東急百貨店」の第一駐車場。(2019年3月1日 小林竜太郎撮影)
LINE_P201931_221125

これまで同百貨店前の第1駐車場から出るには、一方通行の千歳町通りに出て、長野大通りを左折する車がほとんどでした。
新設された出口ゲートは、まだ周知されていないのか、利用は少ないようです。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年02月19日

覆いが掛けられ解体される「旧メガネのいとう中央店」

現在、善光寺表参道沿いの「県庁緑町線」では、道路を造る工事が行われています。

中央通りに面していた「旧メガネのいとう中央店」(問御所町)の建物に覆いが掛けられました。(2019年2月16日小林竜太郎撮影)
CIMG6902

解体される建物の奥(北)には「アサヒエージェンシー」の本社があり、その向こうは改修中の「セントラルスクウエア」。手前(南)では、「県庁緑町線」の工事が行われています。
CIMG6903

「旧メガネのいとう中央店」の建物が取り壊された後、その南側のすでに取り壊されて空き地となっている旧松書房の跡地には、マンションの建設が計画されているようです。

naganoetokino1 at 13:31|PermalinkComments(0)

2019年02月17日

中央通り側に出口を新設「ながの東急百貨店」の駐車場

小林竜太郎のツイッター」(2/17)によると、ながの東急百貨店の平面駐車場が、中央通り(善光寺表参道)側に出られるゲートを作っています。入り口はこれまで通り、千歳町通りのみです。

中央通り(善光寺表参道)側にゲートを新設中の「ながの東急百貨店」駐車場。
「アゲイン」前に出られます。(2019年2月16日小林竜太郎撮影)
6635 (2)

右手の千歳町通りに面して建つのが「ながの東急百貨店」。これまで同店駐車場は、この通りを挟んで向かい側に出入り口があるのみでした。左手は「二線路通り」で中央通りにつながっていますが、(金)(土)(日)休日は、10:00〜翌4:00歩行者優先で、車は通れません。
DSC04513 (2)

これまで同百貨店の駐車場から出ると、一方通行の千歳町通りに出て、長野大通りを左折する車がほとんどでした。新設の出口ができると、今後かなりの車がこの出口を利用することが見込まれます。

中央通りの歩道を歩く歩行者は、駐車場から出てくる車に注意が必要だと、小林竜太郎は書いています。


naganoetokino1 at 14:00|PermalinkComments(0)

2019年02月14日

城山から若里へ移転「長野市公文書館」4月〜11月休館

「INC長野ケーブルテレビ」は、「INCながのニュース」(2/13)で「長野市公文書館」(長野市箱清水)の移転について報じました。
同館は、平成19年(2007)11月20日に、「長野市城山分室」(旧NHK長野放送局)内に開館しました。約14万7千点の公文書や古文書その他の記録資料を収集・保存しています。

長野市は、建物の老朽化等によって「長野市城山分室」を閉鎖。
同館は、長野日赤近くの「旧フルネットセンター」(長野市若里)に移転することになりました。この場所での開館は3月31日まで。4月1日〜11月下旬まで休館。
「市誌研究ながの」等の書籍の販売は、現在の城山分室で5月31日まで行います。

「旧NHK長野放送局」の建物に入っている「長野市公文書館」。(2018年11月8日)
KIMG2951


2007年11月20日ブログ「勇気をいただいた長野市公文書館 開館記念講演

「城山分室」には、公文書館の他、長野マラソン大会組織委員会事務局なども入っています。旧NHK長野放送局の建物が今後どうなるかは、まだ発表されていません。現在、城山公園一帯の再整備が検討されています。

naganoetokino1 at 20:00|PermalinkComments(0)

2019年02月10日

解体が始まった「西友長野石堂店」2021年夏 ビル完成

西友長野石堂店」(南石堂町)が入っていたビルは、現在解体中です。解体後、再開発ビルが建てられます。西友は2018年11月30日に一旦閉店。新たなビルが完成後、再開します。

建物は地上14階、地下1階の店舗兼マンションで、2021年夏頃に完成の予定です。
完成予定の2021年春には、善光寺御開帳が開催されます。

1、2階に西友が入り、3〜14階に109戸の分譲マンションを整備します。
88台収容のタワー型立体駐車場2棟も建てます。

4階建てのビルを解体後、14階建てのビルが建設されます。(2019年1月)
KIMG3661


2018年11月ブログ「再開発で11月30日一旦閉店する西友長野石堂店」 

解体中の建物は「ハウディ西武」として昭和59年(1984)12月開店。
平成12年(2000)9月に「西友長野石堂店」となり再開業しました。西友は1階のみで営業していました。

naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)

2019年01月27日

長野市立博物館「収蔵資料展」道具を通して知る人の流れ

26日から「長野市立博物館」(小島田町・川中島古戦場史跡公園内)で始まった「道具が語る人の流れ・物の動き」を見学してきました。
KIMG3593

2019年1月26日ブログ「26日〜長野市立博物館 収蔵資料展

27日(日)14時から開催された学芸員の細井雄次郎氏の講座にも参加しました。企画展にあわせ、展示の見所を楽しく、わかりやすく解説する講座でした。教室いっぱいの30名程が参集しました。
細井氏は、プロジェクターを使って、展示されている民具を解説しました。
その後、展示室で解説しました。

「海上安全」と書かれた茶壺。「山城宇治」から「信州長野吉田」に送られてきた茶壺。茶壺のまわりに記された墨書から経路を読み解き、思いを巡らせました。
KIMG3596

同館の常設展示室の民家に、開館当初から置かれていた水がめ。
これまで産地が注目されることはありませんでした。数年前、明治時代に島根県で作られた石見焼きだと分かったそうです。石見焼きは軽井沢、白馬村、旧堀金村の博物館にもありました。かめの底には産地や作者名が書かれています。そこから流通経路や広がりが見えてきます。島根県から研究者も見えて、説明してくださいました。
KIMG3597

その他、産地は他県の千歯扱き(せんばこき)、前挽き鋸、製瓦道具などもありました。

私が関心を持ったのは、漆掻き(うるしかき)道具でした。
長野市近郊に越前の漆掻きの親方と、加賀の門前町(現輪島市)の職人集団が、昭和30年代頃まで来ていたそうです。親方が宿泊していたのは村田屋旅館(長野市南県町)。職人が宿泊したのは、一般の農家でした。
6月〜10月頃まで出稼ぎに来ていた漆掻きの職人たち。
細井氏は、石川県輪島市を訪れて、かつての職人さんにも会ってきたそうです。
KIMG3598

展示品には、漆掻きの親方から、長年、村田屋旅館にお世話になったお礼に贈られた、漆の弁当箱がありました。現在、旅館はありませんが、関係者が経営している隣の食堂「耳より」で、今でも大切に使われているそうです。交流が分かる貴重な品です。
KIMG3599

帰宅後調べると、「長野郷土史研究会」の機関誌『長野』(177号・平成6年9月)に峯村司氏の「水内郡西山へ出稼ぎに来た越前漆掻き」がありました。また『むしくら』(虫倉山系総合調査研究会編)には、漆掻きの仕事が詳しく載っていました。

同館には、漆の林の写真と、本物の漆の木が展示されています。漆掻きの方法を知ることができます。
「道具が語る人の流れ・物の動き」は、3月31日(日)まで開催されています。
常設展も展示が替わっている所があって、興味深く見学できました。
皆様、どうぞお出かけください。

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年01月26日

長野駅東口から徒歩2分「長栄ビル」にレンタルオフィス

長野駅東口に「リージャス長野駅前ビジネスセンター」が3月オープンします。

JR「長野駅」東口より徒歩2分の「長栄長野東口ビル」の1階・2階に位置するレンタルオフィス・コワーキングスペースです。

次のように宣伝しています。
「長野駅」は、北陸新幹線で東京駅から約100分、北陸・金沢駅から約60分となり、信州地区のビジネスの中心となるエリア。今後も発展が期待される長野市。信州エリアを管轄する支店、営業所に最適。

長野駅東口方面から見た右手が「長栄ビル」。左手には「abn長野朝日放送」。右手奥には15階建ての「サーパスシティ長野駅前」。その向こうには長野市が大型公園を造成中です。(2019年1月15日撮影)
KIMG3363

中央が「長栄長野東口ビル」。右手前には「ホテルサンルート長野東口」。
2つの建物の間では、昨年6月閉店した「東口飯店」の解体作業中。
跡地には「マリモ」がホテルかマンション建設を計画しています。
KIMG3360 (2)


小林竜太郎ツイッター」(1/24)より
「レンタルオフィスのリージャスは、新潟市、富山市、金沢市にも既にできていますが、新幹線駅からの近さでは、長野市は一番と言えるでしょう」と述べています。

naganoetokino1 at 09:00|PermalinkComments(0)

26日〜「長野市立博物館」収蔵資料展・27日に解説講座

長野市立博物館」(川中島古戦場史跡公園内)では、1月26日(土)から収蔵資料展「道具が語る人の動き・物の流れ〜この茶壷はどこから来たの?〜が開催されます。

期 間 1月26日(土)〜3月31日(日)
休館日 1/28(月)、 2/4(月)、12(火)、18(月)、25(月)、 3/4(月)、11(月)、18(月)、22(金)、25(月)
会 場 博物館特別展示室
入館料 一般300円、高校生150円、小・中学生100円
土曜日は子どもウェルカムデーにつき小・中学生無料

交通網が現在ほど整備されていなかった頃、長野の地にどのような経路で物がもたらされ、人々が行き交っていたのか、道具に記された文字から探っていくという内容です。

関連イベント 総合講座ほんものゼミナール 
「道具が語る人の動き・物の流れ」
日 時 1月27日(日) 14:00〜
会 場 長野市立博物館
講 師 長野市立博物館学芸員 細井雄次郎氏
企画展にあわせ、展示の見所を楽しく、わかりやすく解説する講座です。


同館は、昭和56年(1981)に開館。長野市が再整備を検討する川中島古戦場史跡公園内にあります。同館のリニューアルも検討課題に上げられています。
平成19年(2007)大河ドラマ「風林火山」放送で、特別展を開催した同館。
大勢の見学者や観光客などで賑わいました。(同年5月4日撮影)
7a95fdd3

2019年1月12日ブログ「長野市が再整備を検討する川中島古戦場史跡公園

naganoetokino1 at 08:00|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

27日(日)オリンピック施設「エムウェーブ」無料開放

1月27日(日)は「長野オリンピック記念アリーナ エムウェーブ」(長野市北長池)が無料開放日です。同施設は平成10年(1998)の長野オリンピック、パラリンピックの会場として建設された建物です。

無料開放日は、滑走代が無料、貸靴代は有料です。
エムウェーブ近辺のコンビニで貸靴券のみ直接レジにて購入できます。
貸靴代610円→510円
[ 取扱店 ] セブンイレブン  大豆島東店、木工団地入口店、南高田店 、屋島店、須坂インター店 、長野西尾張部店
ファミリーマート  長野木工団地店、長野屋島店

19号線沿いに建てられた案内板。
KIMG3183 (2)

愛称の「エムウェーブ」は、アリーナの断面構造が英文字アルファベットの「M」に似ているため。また信州の山並みをイメージした構造。天井の梁には地元長野県産のカラマツ材を使用しています。
エムウェーブの正面。右側に置かれているのは、池田満寿夫のモニュメント。
e8c8caa4

スケートシーズンは、3月10日(日)まで。
今後の無料開放日は2月23日(土)、24日(日)、3月10日(日)です。

初心者向けの教室もあります。(拡大してご覧ください)
2018-19hajimete0118


naganoetokino1 at 20:00|PermalinkComments(0)

2019年01月23日

4年ぶりに再開した「北野美術館」(若穂)で名画を鑑賞

1月23日(水)「北野美術館本館」(長野市若穂綿内)がリニューアルオープンしました。老朽化などに伴い、平成26年(2014)末から休館中でしたが改修工事をして、約4年ぶりの再開です。初日に早速、鑑賞してきました。

北野美術館は昭和43年(1968)に開館した県内初の私立美術館。
所蔵作品は平成27年(2015)12月末に逝去された、北野建設の元会長兼社長の北野次登氏と、次登氏の父で北野建設の前身、北野建築工業を創業した吉登氏のコレクションが土台。所蔵品約600点は、日本画、洋画、彫刻、書、工芸品など多岐にわたっています。

改装された「北野美術館本館」。光が差し込む館内は、明るい雰囲気です。
KIMG3579

同館入り口の標柱の「北野美術館」は善光寺大本願の先代住職、一条智光上人の揮毫。「昭和43年3月17日」と開館日が書かれています。
KIMG3580 (2)

駐車場から向かうと、右手に「湯島天満宮 信濃分社」「北野美術館」の標柱が立っています。
KIMG3575

湯島天満宮 信濃分社」は、北野建設が湯島天満宮(東京文京区湯島)に平成5年(1993)に奉納。平成14年(2002)新たに社殿が造営されました。1日、15日に祈祷を受け付けています。たくさんの絵馬が掛かっていました。
KIMG3576

美術館敷地内の「枯山水の庭園」は、東福寺(京都市)の庭園などを手掛けた昭和を代表する作庭家、重森三玲氏(1896〜1975)の設計です。館内からも開放的なガラス窓を通して見下ろすことができます。
KIMG3581 (2)

始まった「北野美術館 名品展 見せる「美術館」から、魅せる「美術館」へ
期間 1月23日(水)〜5月26日(日)
展示 日本画、国内外洋画、彫刻、書、工芸品の中からセレクト。
重要美術品を含む貴重な作品ほか数々の名品、約90点を展示。
・藤原行成の書「伊豫切(いよぎれ)」(重要美術品)
・円山応挙の日本画「中寿老左右鴛鴦鴨(おしどりかも)」(重要美術品)
・下村観山「松」横山大観「竹」の合作
・島崎藤村「破戒原稿」など。
開館時間 9:30〜17:00 (12月〜2月の間は9:30〜16:30)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
入館料 大人700円、学生500円、中学生以下無料
団体20名以上2割引き・100名以上3割引き

リニューアルオープンに合わせて、子どもたちが芸術作品に触れやすくなるように、中学生以下は無料としたそうです。以前に拝観した懐かしい作品もあって、存分に堪能することができました。
是非、多くの皆さんに訪れていただきたい美術館です。

naganoetokino1 at 18:00|PermalinkComments(0)

長野市「市民プール」屋外9カ所の統廃合計画案を策定

「新建新聞」(1/22)は「長野市 市民プールの施設計画案を策定」と報じました。

長野市は2018年6月15日、市内に9カ所ある屋外市民プールを統廃合する方針を示していました。利用者の減少や老朽施設の多さからです。
2019年6月ブログ「利用者減、老朽化で長野市 屋外プール9ヵ所統廃合へ

新建新聞によると、市の計画案については次の通り。
・計画書は市スポーツ課、行政資料コーナー、各支所、市ホームページで閲覧できる。
市は統廃合を含む施設計画案のパブリックコメントを募集する。(1/25〜2/25)
・計画対象施設は屋外市民プール9施設。
・計画期間は2019年度から28年度までの10年間。
・統廃合の方針では、市内12カ所の市民プールのうち、鬼無里、信州新町、芹田、茶臼山の4カ所を2020年度に廃止
北部、城山、犀南の3カ所は当面存続するが、段階的な統廃合に向けて時期等を検討する
・3カ所の屋内プール「南長野運動公園屋内プール」「アクアウイング」「サンマリーンながの」は通年利用が可能で、利用者数も増加傾向で、統廃合案からは除く。
・廃止とする施設は費用対効果を含めた後利用を検討し、存続するプールは統廃合によって削減された費用の一部を施設の長寿命化や魅力向上に充てる。
・市は交通面や利便性など地域バランスを考慮する。
北部・中部・南部それぞれ3カ所の屋外プールを2カ所ずつ廃止。各地域で屋内1施設、屋外1施設に集約する方針
統廃合案(屋内プール9カ所)
北部区域
・「鬼無里B&G海洋センター市民プール」市民プールとしては統廃合の対象。学校プール等としては存続する方向で教育委員会と協議。B&G財団と今後について協議。
・「北部市民プール」と「城山市民プール」は今後の城山公園の整備方針によって統廃合をあらためて検討し、どちらか一方を廃止。
中部区域
・「信州新町市民プール」市民プールとしては統廃合の対象。学校プール等については教育委員会と協議。
・「芹田市民プール」統廃合の対象。廃止後は地元と協議(公園や屋外スポーツ施設等を検討)
・「安茂里市民プール」利用者が多く、施設も比較的新しいことから、施設の長寿命化を図り存続。
南部区域
・「茶臼山市民プール」統廃合の対象。複合施設内にあり、管理が容易に行えるため、廃止後は通年利用できる屋外多目的スポーツ施設など機能向上を検討。
犀南市民プール」後利用が難しく、茶臼山市民プール廃止後の利用状況をみて段階的に廃止を検討。
青垣公園市民プール」施設の長寿命化を図り存続。

naganoetokino1 at 09:00|PermalinkComments(0)

2019年01月22日

長野市 市営長野駅前立体駐車場(南石堂町)3月末で閉鎖

新建新聞1/21によると、長野市は「市営長野駅前立体駐車場」(南石堂町)を3月末で閉鎖します。老朽化と利用者安全確保のためです。

立体駐車場は、平面駐車場に比べて利用頻度が低く、利用が減って来ていました。
当面は解体せず、今後の利活用は未定だということです。
市は、公共駐車場としてのあり方の再検討を始めます。

同駐車場は平成5年(1993)に完成。14階建てで、185台収容。
営業時間 7:00〜23:00
定休日:無休
料金 入庫後30分迄無料、以降30分毎150円
1泊(21:00〜翌8:00) 600円
トイレ、身障者トイレあり

信濃毎日新聞1/22は、次の通り。
・ 同駐車場を解体して別施設を再整備するか、用地を売却するかなどは未定。
・利用台数は2008年度4万8882台→2017年度3万2615台に減。
・平面の民間コインパーキングに比べて出入庫に時間がかかるのが利用者には難点。
・築25年余りが経ち、車の出入り口の扉が閉まらないといった不具合が起きている。
・維持するには、数千万から数億円の規模の工事が必要。
・市監査委員からも2018年9月に「民間への譲渡や廃止」を検討するよう指南を受けていた。

私も以前に利用しましたが、係員の方が付いていて機械を操作して車を建物内にしまう方式です。敷地内にはトイレがあって便利でした。
市営ですので、他の市営駐車場と同じく入庫後30分間は無料です。

長野駅周辺の市営駐車場」は、現在、4ヵ所あります。
・長野駅前立体駐車場(立体機械式 185台)
・長野駅善光寺口駐車場(パーキングメーター8台)ホテルメトロポリタン前です。
・長野駅東口地下駐車場(地下自走式 198台)最近(土)(日)は混雑します。
・長野駅東口駐車場(パーキングメーター16台)地下駐車場の入り口にあります。

naganoetokino1 at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年01月19日

長野市「もんぜんぷら座」2019年秋頃から耐震補強事業

長野市は「もんぜんぷら座」(新田町)を耐震補強化工事をすることになりました。

長野市中心市街地の昭和通り交差点に建つ「もんぜんぷら座」。
c845e944

「新建新聞」(1/18)「長野市 もんぜんぷら座の耐震化事業
それによると、2019年秋頃には工事を発注。20年度中の完成を目指します。
1976年に建てられた同施設の規模は、地下1階、地上8階建て。
延べ約2万1300屐

2018年2月28日ブログ「もんぜんぷら座 最低限の耐震補強に留める方針
2018年には、当面は今の建物に最低限の耐震補強をして維持する。2020年度末までに最小限の耐震性不足を解消して、当面の耐震性を確保するという方針を出していました。

2016年11月ブログ「長野市 築40年 もんぜんぷら座の在り方を検討する考え

「もんぜんぷら座」の名称と歴史は次の通り。
「善光寺の門前、ぶらりと行きたくなるところ」から付けられた愛称。
大勢の人が集うことを願って「座」と命名されたとのこと。

昭和51年(1976)4月2日 「ダイエー長野店」としてオープン。
平成12年(2000)12月31日に閉店。
平成14年(2002)6月 長野市が取得。
平成15年(2003)6月から長野市と「TMOまちづくり長野」が協働で運営。
1階には、まちづくり会社直営のスーパーマーケットの「TOMATO食品館」が入っています。

naganoetokino1 at 11:07|PermalinkComments(0)

2019年01月11日

長野駅東口から徒歩1分と宣伝「清泉女学院大」看護学部

今年4月に、長野駅東口に看護学部を新設する清泉女学院大(長野市)。
2018年3月に文部科学省へ看護学部の設置認可申請を提出していましたが、10月30日に設置が認可されています。

建設中の「長野駅東口キャンパス」の6階建て校舎が、姿を現しました。
(2019年1月11日、長野駅東口デッキから)
KIMG3425

竣工は2019年2月と予定されています。入学定員76人、収容定員304人。
KIMG3426 (2)

長野駅コンコースの同大の宣伝ポスター。
KIMG3354

長野市では長野保健医療大が、2019年4月に看護学部を開設(川中島町今井原)。
市内で2大学の看護学部が同時にスタートを切ります。

「清泉女学院大」は、2021年4月、看護学部に大学院を新設するという構想も発表されています。
2018年4月ブログ「清泉女学院大 看護学系大学院修士課程の新設を構想

naganoetokino1 at 22:00|PermalinkComments(0)

2019年01月05日

「マンション建設予定地」の看板が建った南石堂再開発

長野駅の近くの善光寺表参道沿いで行われる「南石堂A−1地区再開発計画」。
2つのビルを解体して、ひとつの再開発ビルに建て替える計画です。

再開発ビルの規模はRC造14階建て延べ約1万2800平方m。
1〜2階に西友などの商業施設が入居。3〜14階はマンション(110戸)とする予定です。マンションは、マリモ(広島市西区)が担当します。

西友長野石堂店は、11月30日で一旦閉店しました。
HPでは「2021年夏頃には、装いも新たにオープンします」とありました。
そのビルの一角で営業していた花屋の「千曲園芸」は、12月31日で閉店しました。
いよいよビルの解体が始まるようです。(2019年1月4日撮影)
KIMG3333 (2)

すでに解体されて空き地になっていた近畿日本ツーリストビルの跡には「マンション建設予定地」の大きな看板が建ちました。「マリモ」と書かれています。
KIMG3332

5月31日閉店した「メガネのいとう」が入っていた西友長野石堂店のビルの北側のビルは、そのまま営業を続けます。
KIMG3335 (2)


2018年9月7日ブログ「南石堂再開発 14階建てビルに商業施設とマンション
2018年8月9日ブログ「長野出店のノセメガネに引き継ぐメガネのいとう

naganoetokino1 at 17:17|PermalinkComments(0)

2018年11月04日

八千代市立郷土博物館で「十王図から見た地獄」を見学

11月4日(日)「八千代市立郷土博物館」(千葉県八千代市)に伺いました。

「八千代の十王図から見た地獄」を開催中の「八千代市立郷土博物館」。
KIMG2923 (2)

13時半から阿部美香氏(昭和女子大学非常勤講師)の「閻魔さまからみる地獄と極楽」の講演会が行われました。
定員100名の会場は、熱心な地元の皆さんで満席となりました。
KIMG2932

阿部氏の講演内容は次の通り。
1.閻魔堂の歴史をつくった皇女さまー醍醐寺焔魔王堂の誕生ー
2.閻魔さまもおすすめ!融通念仏ー絵巻と能の宗教空間
3.極楽往生を目指してススムのだー妨げるものと導くものとー
最後に、奈良絵本『ゑんがく』(西尾市岩瀬文庫所蔵)で、浄土往生をめざして霊地を巡礼する猿の夫婦の物語を紹介しました。
充実した内容で、大変勉強になりました。

私は11月25日(日)福島県桑折町で「孝子善之丞感見の曼陀羅」の絵解きを行います。展示されている「地獄極楽図」(円蔵律寺蔵 いすみ市郷土資料館保管)は、その絵と同じ孝子善之丞の地獄極楽めぐりです。
阿部氏は講演会の最後で、私を紹介してくださいました。
私はスクリーンに映した絵で、皆様に絵解きのさわりを口演しました。

展覧会には大変立派な十王図がたくさん展示されています。同展は、11月25日(日)まで開催中です。
KIMG2933 (2)


naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(2)

2018年10月26日

西友ビル跡に21年夏頃 14階建て店舗兼マンション完成

長野市中心市街地の南石堂町で計画されている再開発についての続報です。

2018年10月11日ブログ「再開発で11月30日一旦閉店する西友長野石堂店

信濃毎日新聞(10/23)によると次の通り。
西友長野石堂店が入るビルは、来年1月頃から解体。
その後、新たな建物を建設する工事に入る。
建物は地上14階、地下1階の店舗兼マンションで、2021年夏頃に完成の予定。
近くに仮店舗は置かない。

1、2階に西友が入り、3〜14階に109戸の分譲マンションを整備。
88台収容のタワー型立体駐車場2棟も建てる。

取り壊す建物は3棟。うち1棟は今年7〜9月に解体。
西友は11月30日に一旦閉店。新たな建物完成後、再開。
新たな建物は、中央通り側を現在より2,5m後退させる。

完成予定の2021年春には、善光寺御開帳が開催されます。

左手が取り壊されたビル跡。その右が西友のビル。(2018年9月撮影)
df5fcbf9


naganoetokino1 at 22:30|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives