善光寺七名所ー七清水

2017年08月17日

花岡平「霊山寺」謙信物見の岩・岩井堂観音・一盃清水

お盆が終わった17日、調査のために花岡平の「霊山寺(りょうざんじ)」(箱清水)を訪ねました。

善光寺の裏手にある同寺は、大正時代に長野市長沼から水害を逃れて同地に移ってきました。同寺にはたくさんの史跡があります。16日は送り盆で賑わった寺も、翌日は静かでした。冠木門から見た本堂。
DSC01701

寺の駐車場脇の500基ほどの「五輪塔群」。
善光寺は中世に、全国からの信徒が五輪塔をまつる習慣がありました。
善光寺周辺から発掘された五輪塔が、一カ所にまとめてまつられています。
DSC01766 (2)

墓地の栗岩家墓の横に建つ「栗岩英治顕彰碑」。
栗岩英治(1878〜1946)明治〜昭和時代前期の郷土史家。
郷里長野県の地方史研究に専念。昭和4年県史編纂委員となり「信濃(しなの)史料」刊行の基礎をつくった。著作に「諏訪研究」「善光寺物語」など。
長野郷土史研究会初代会長・小林計一郎が影響を受けた方です。
DSC01714 (2)

境内にある「川中島戦士の首塚」。川中島の戦いの時、この地は上杉方の陣地でした。打ち取った武田方の武将の首をまつったのが左手の首塚です。
DSC01753

「岩井堂観音」「弘法大師硯水」「謙信物見の岩」。境内の裏山を登る途中の石柱に書かれていて、丁石のように案内の役目をしています。(拡大してご覧ください)
DSC01719 (2)

登った所にそびえ立つ「謙信物見の岩」。ロッククライミングの練習にも使われています。(使用する時は、霊山寺に許可を得ます)
DSC01738

その岩穴にまつられているのが「岩井堂観音」。
DSC01733

かつてこの辺りには清水がありました。岩井堂で修業した弘法大師が、杖で地面を突いたところ清水が沸きだしたといい、弘法大師が硯の水に用いたという伝説があります。これが善光寺七清水のひとつ、一盃清水です。現在、その場所は分かりません。
今では、境内に湧き出ている霊泉水を、一盃清水と呼んでいます。
DSC01706 (2)

花岡平からの眺め。雲は多かったのですが、久しぶりに気温は32度となり暑い一日でした。
DSC01763

小林会長と私は、今、「善光寺四十九名所」を本にまとめようと準備をしています。
今日は、七池のひとつ、狐池も訪ねました。これで全ての写真撮影を終えました。

naganoetokino1 at 22:32|PermalinkComments(0)

2015年08月04日

NHK長野ラジオ「ゆる〜り信州」で涼を呼ぶ話題「七清水」

8月4日(火)に、NHK長野放送局のNHKラジオ第1の「ゆる〜り信州」で話題になったのが「七清水」でした。
同番組の「ゆる〜り談議」のコーナーで「長野郷土史研究会」の小林竜太郎青年部長が、絵解き「牛王麿」の後に、「七清水」を紹介しました。「牛王麿」は、北海道の函館から船に乗って善光寺に参拝した牛のお話。

江戸時代に少しずつ作られたのが「善光寺四十九名所」。
七寺(院)、七社(七宮、七林)、七橋、七池(七井)、七清水、七塚、七小路の7つ。
7×7=49となります。明和2(1765)年ごろには出そろいました。

でも異説が多く、文献によって取り上げる名所が違っています。
ですから四十九カ所は限定はできません。
今日、紹介した七ヵ所は、箱清水、一盃清水、瓜割清水、柳清水、傾城清水、鳴子清水、夏目清水。

小林竜太郎がお勧めの清水として紹介したのが、新諏訪町の瓜割清水。
あまりの冷たさに、冷やした瓜が割れてしまうほどなので名が付いたという清水。
郷路山の麓にあって、今も冷たい水が流れています。
CIMG1180瓜割清水(郷路山下)

CIMG1183瓜割清水郷路山下拡大

箱清水は、元NHK長野放送局があった地籍。箱清水の地名の起こりともなった「箱池」。
ただ、現在は蓋がされてしまっています。(撮影は2005年)
CIMG1245箱清水

番組では紹介されませんでしたが、瓜割清水はもう1ヵ所あります。
新諏訪町の諏訪神社の境内にあるのも「瓜割清水」。
CIMG1176瓜割清水脇諏訪神社拝殿

「有利和理之見津」と読めますが、これは変体仮名で、「うりわりしみつ」と書かれています。
拡大してご覧ください。
CIMG1169瓜割清水(諏訪神社脇)

次回の小林竜太郎の番組出演は、8月25日(火)だそうです。

naganoetokino1 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月02日

善光寺七清水のひとつ、柳清水

連日の猛暑。
今日は「第38回 長野びんずる」。交通規制などにご注意ください。
この暑さなので、少しでも涼しい話題。

善光寺四十九名所」は江戸時代に少しずつ作られたもの。
明和2(1765)年ごろには出そろいました。
でも異説が多く、文献によって取り上げる名所が違っています。
ですから49カ所は限定できません。
「善光寺四十九名所」とは、
七寺(院)、七社(七宮、七林)、七橋、七池(七井)、七清水、七塚、七小路の7つ。7×7=49となります。

その中の「七清水」。
今日ご紹介するのは、その内の「柳清水」。
場所は善光寺の北西にある「往生寺」(往生地)。
坂を登ったところにある「往生寺」の入り口。
古くから「絵解きの寺」としても知られています。
往生地入り口


寺の入り口に立つ説明板。
看板





生い茂った草をかき分け西の方角に進むと、緑色の水をたたえた池があります。これが柳清水の源泉です。
かつては地域の人々に供給された水。
今ではその役目を終え、静かに水をたたえています。

naganoetokino1 at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives