水彩画家・長尾周二の放浪記

車で日本国内やヨーロッパを放浪して風景などの水彩画を描く画家・長尾周二の放浪記。 現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

長尾周二関連のお知らせ・リンク集

新着ニュース

「長尾周二滞欧11周年記念個展(長尾周二絵画展およびコレクション同時展示)」(仮題)
会場 大西アオイ記念館
会期 2017年11月28日(火)〜12月24日(日) (月曜日休館)
住所 〒761-0302 香川県高松市上林町148番地
電話 087-880-7888        
運営:公益財団法人大西・アオイ記念財団


長尾周二関連のリンク
一般社団法人・アートシップインターナショナル
長尾周二オフィシャルホームページ

友好関係を結んでいただいている団体や事業者のホームページへのリンク集
ARTEC(欧州造形美術振興協会)ホームページ
↑長尾周二がフランスで所属している欧州で最大級の美術作家の団体
◆香川県高松市・歯アート美術館ホームページ
◆東京都立川市・たましんギャラリーホームページ
◆福岡県糸島市・ギャラリー「トレドスシエロス」facebook:http://www.facebook.com/TorreDosCielos
◆愛知県岡崎市のアンティークショップ「La-Trouvaille」ホームページ
静岡県袋井市・南欧料理「ピエーノ」(ぐるなびページ)

新規更新記事はこの次の記事(下)からです。
※間に広告がありますのでご注意ください

怒りと哀しみ、絶望感まで覚えます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1704261
滝を描きたくて先ず島根県雲見の滝、龍頭の滝、八塩の滝等々を訪ね出会った方から岡山県真庭市の神庭の滝を紹介されその後不動滝、五段の滝を訪ねました。
最後に訪ねた五段の滝は滝の風情は素晴らしい滝でした。
しかし滝の上には道路が有り丁度真上に橋が架かって居ました。
滝を観に行く道は荒れて居てゴミの山、昔使って居たで有ろう道は木を伝わないと降りられない程荒れていました。
先ず道路計画の段階で何故美しい滝を避けて造らなかったのか!?
何故山深い場所がゴミの山なのか!!
行政がゴミ減量の元、厳しく選別したり観光地からゴミ箱を撤去したりでゴミ処理費を削減した結果見えない山奥や海岸に大量のゴミが有ります。
海岸や野山には鳥や獣、魚等々人間と同様生態系の中で生きて居ます。
街の歩道や家の中は美しく保たれて居るのでしょうが山や川、海は大量のゴミが散乱しています。
普段食して居る魚もこうした自然の中で育まれ食卓に上がります。
海岸線でも美しく保たれて居る場所は数少ないのですが存在しています。そうした海岸線は市民や行政が感心を持って清掃をして居るからです。
見かねず私は時にゴミで汚れて居る場所を掃除します。そうすると捨てた人々の様子が分かります。
水彩画家・長尾周二1704262
観光地で無くても全国の里山は荒れ放題です。住まなく為った家は朽ち果て竹薮や雑林は見るも無残です。何とか行政や市民も行動して少しでも美しい大地にして欲しいと願って居ます。川上がそんな事に為って居ますから海はゴミ箱状態です。高知県四万十川を描きに行った際にもゴミ集めをしました。三日間現地で制作の合間を利用しました。願わくは少しでもそうした河川や海辺を美しく保って欲しいと願って居ます。
滝は未だ制作に到って居ません。清々しい力強さを感じる滝を描きたいと思って居ます。

釣ったボラはリリースしました。勿論ゴミは買った店やゴミ箱に捨てて居ます。

出雲の神々や自然を愛でる旅が続いて居ます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1704221
銅鐸39個出土した加茂岩倉遺跡の駐車場で泊まりました。朝、この遺跡で農道を建設中に発見された状況を案内して下さった高木さんと出会いました。この地には大岩が在ってその山の山頂近くには矢櫃神社跡に磐座が在ると教えて頂きました。道無き道を訪ね参拝して帰ったのは2時間後でした。竹薮は荒れて居て道を塞ぎ登るのも大変でした。銅鐸や銅剣が大量に出土した近くの神社を訪ねる事はより深く理解する為でも有ります。猪が竹の子を食べた後が沢山有りました。私も2個竹の子を取りました。龍頭が滝で出会った尾道から来られたご夫婦からコーヒーをご馳走して頂いたお礼にその竹の子を差し上げました。高木さんに教わった龍頭が滝や八塩滝、雲見の滝は日本の滝100選に為って居てとても素晴らしい滝でした。
水彩画家・長尾周二1704222
滝を目指して走って先ず神原神社古墳を訪ねました。大和朝廷と深い関わりが有るとパンフレットに記載されて居ました。雲見の滝に向かって居る途中、粟谷神社がありその石碑には吉備津彦命が大和朝廷から出雲平定に差し向けられた際に此の地に立ったと記載されて居て御祭伸は吉備津彦命と有りました。
こうして神社や古墳を訪ねると大和朝廷時代の経緯も分かります。

島根県神々の里を旅しています

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704211
※上の写真をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
粟島神社、美保神社恵比寿様の総本山、須佐神社、出雲大社、日吉神社、荒神谷博物館、島根県立古代歴史博物館と巡りました。
現地を訪ねると想わず閃く事も有ります。
出雲地方はどうやら弥生時代に栄えて居た様です。
古墳も訪ねましたが岡山県や香川県、徳島県より前方後円墳の規模個数が少ないですね。
日御碕灯台近くで泊まりましたが深夜若い二人組がライトを付けてクラクションを何故か鳴らして私は寝入り端に起こされました。
どうやら其処の廃墟はミステリースポットの様でした。仕方なく30分位起きて見ていましたが動く気配が無いので日御碕灯台下の漁港で休みました。
水彩画家・長尾周二1704212
朝、起きて昨夜の怒りが収まらず釣りに行くことにしました。550円でオキアミのブロックを買って付け餌さとこませに使いました。昨日会った地元の釣り人と並んで釣りを楽しみました。私は写真の魚を釣りました。セイゴよりは大きく未だスズキとは呼べないサイズです。約50センチは有りました。2匹目はクロソイ約1・5キロ防波堤で釣れた魚としては立派なサイズです。勿論、高級魚です。しかし私は今回、鍋もコンロも包丁も車に積んで居ませんでしたのでその釣り人に差し上げました。
滅多にない大物を釣り上げました。

台風並み低気圧による嵐の夜が過ぎました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704191
ゴーゴーと風は唸り車は揺れて雨は車の屋根を激しく叩きました。一夜明けて雨は上がりましたが霧は未だ晴れない中大山寺と大神山神社奥宮を参拝して来ました。古の成り立ちを探す旅でも有ります。
水彩画家・長尾周二1704192
白兎の伝説地や古墳群を巡りこの神社を参拝しました。標高が高いので未だ残雪が残る境内を散策しました。約600メートルの石畳はローマの遺跡を想わす位の確りした造りで両脇には小さな水路が有ります。日本国内では一番長い石畳みの道だそうです。霧の杉並木もより雰囲気を醸し出します。
水彩画家・長尾周二1704193
此所も是非もう一度訪れたい一つです。
今日は近くの滝や妻木晩田遺跡を巡り大山が見える場所で泊まります。

北琵琶湖から天橋立へそして岩美町に居ます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704171
※上の写真をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
北琵琶湖湖畔で泊まり敦賀を経由して天橋立に向かいました。
天橋立は3・6キロの松林で繋がっていますが歩いて渡るのは諦めました。
土曜日の観光地、流石に大勢の人が訪れて居ました。

一番の目的は元伊勢神社でした。境内はさほど広くは有りませんが特別な場所だと感じました。
奥宮 真名井神社は古来祀り事をしていた磐座が有ります。古い神社には必ずと言って良いと思います。
水彩画家・長尾周二1704172
その後京都府立丹後郷土資料館を見学しました。65才以上は無料でその恩恵を得ました。
山陰海岸国立公園を堪能し御崎の灯台で泊まりました。
この灯台は標高274メートルの場所に1951年に2年の歳月を要して完成したそうです。私が生まれた時とし同じです。
朝からこの灯台に咲いて居る桜を描きました。
この灯台近くにも平家落ち人伝説が有るそうです。
そして岩美町で岩井温泉に浸かり疲れを取りました。

愛知県に入りました。そして更に西に…

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704151
愛知県には国際免許証取得の為に来ました。豊川市に在る東三河運転免許センターで取得しました。
桜の花が満開で何処を走っても華やかな春を感じます。西尾市でメンバーの山本さんと打ち合わせを済ませて琵琶湖を目指しました。関ヶ原を抜けて伊吹山横を走り北琵琶湖を目指して其所で泊まりです。
杉花粉が終わったと思ったら檜花粉が大量に飛散しているそうでくしゃみと鼻水で苦しいです。
そんな事は々でも良いのですが桜が一斉に満開に為り此所、北琵琶湖でも咲き誇って居ます。
水彩画家・長尾周二1704152
アーティストは只、自分の仕事を続けるしかないし立ち止まる事も休む事も出来ない。ま、趣味の世界で生きて行くしか能が無いと思って居ます。
やっと自分の時間が取れました。5月15日のフライト迄に大作を描きたいと思って居ます。
パネルや材木も車に積んで居ます。
又、古代の物語の里巡りもしたいと思って居ます。

東京での用事が終わって西に向かいました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704121
桜が満開の車窓を楽しみながら走り道志川横で泊まり山中湖湖畔で朝の富士を描きました。5月の連休には桜も咲くでしょうが未だ咲いて居ません。北口本宮富士浅間神社を参拝しました。樹齢400年は有ろうかと思える参道は清々しい空気に包まれて居ました。昼過ぎに河口湖過ぎで再度富士を描きましたが終える頃には雲に被われて富士山は見えなく為りました。
水彩画家・長尾周二1704122
富士市経由で1号線パイパスを走り浜名湖近くの太平洋海岸で泊まりです。昨日夜、スーパーマーケットで弁当やおにぎりの見切り品を買って居ますので明日の朝までの食料は確保しています。
明日の朝の風景が楽しみです。
太平洋の波は何時までも眺めて居ました。波の音を聞きながら休みます。

町田市と多摩市に保全林が有り其所で泊まりました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704091
林の中で2泊しました。なんと近くの木でフクロウが鳴いて居るではありませんか!イタリア・トスカーナ地方に滞在中、私の車から3メートル位の所でフクロウが木に止まって居ました。その事を思いだしました。
狸や猪は何度か出会した事が有りますが梟は初めてです。
水彩画家・長尾周二1704092
東京の桜は盛りで何処でも咲き誇った風景が望めます。
何枚か描きました写真の作品は多摩丘陵からの風景です。
しかし昨日も今日も雨でカラットした青空は見られませんでした。

春爛漫、菜の花やツツジ、モクレン等山にも野にも咲き誇って居ます。

東京に向かって走りました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1704072
高松港から宇野港へ乗りなれたカーフェリーが4月から便数が半減、高松港の乗り場も変わりました。
時の流れは止められません。瀬戸大橋が出来て徐々に利用者が減り続けて居ます。船は大きくなり小豆島航路の物を利用して居ます。
時刻表を見て港に向かいました。
岡山から国道2号線、大阪市内は高速道路を利用奈良経由、阪奈道路、1号線、23号線を使って安城市に着きました。
息子から免許証更新葉書を受け取り更新。
23号線1号線バイパス経由御殿場、龍坂峠を越えて山中湖で泊まりました。
水彩画家・長尾周二1704071
その夜は強風を伴う雨でゴーゴーと言う恐ろしい音と共に車が激しく揺れます。何度か強く揺れる度に目が覚めました。
朝に為って外を見ると残雪が残って居ました。
桜を描きたくて道志道を走り東京に向かい津久井湖に着きました。東京は満開と聞いて居ましたが津久井湖近くは今が見頃です。

今日は此処で制作です。

岡山県に渡って風景を楽しみました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704021
高松駅から岡山駅まで電車に乗ると瀬戸内海が観られます。何度か車窓から見ていて気になる社が在って行って来ました。
弟と2人です。着くと穴場稲荷と有りました。鳥居をくぐり登ると社の上に階段が大きな岩迄在ります。
水彩画家・長尾周二1704022
標高100メートル位登ると山のに突き出て居る岩が在ります。その岩の下の穴に小さな社がありした。其所から望む瀬戸大橋は絶景で来て良かったと満足でした。4月に為って山肌にはツツジの花が咲き始めて居ました。その後王子ヶ岳に車で行って瀬戸大橋が一望出来るニコニコ岩迄行って来ました。
山歩きは気持ちが良いですね。
香川県の山でも桜が咲き始めました。ソメイヨシノは未だですが山桜がピンクに染めて居ます。
春霞が山に海に満ちて居ます。
昨日パネルに水張りして桜を描く準備をしました。

丸亀市に行って来ました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170328
丸亀市に行ったのはギャラリーが在るとの情報で行きました。ブログには全て行ったギャラリーや画廊・美術館の事書いて居る訳では有りませんが今回も含め閉鎖去れて居たりクローズだったりの場合も数多く有ります。丸亀市は讃岐富士と呼ばれて居る飯野山、西に大麻山(象頭山)に囲まれた丸亀市、その後近くの神社を訪ねました。先ず亀山神社創建は1200年前と有りました。讃岐山脈に向かって走りました。古墳が境内に在る宇い神社・興味深い事が書かれて居たのは呉織神社です。中国呉の国から織機や技術者を招いてこの丸亀市に技術を伝えたと有りました。古の時代如何に栄えて居たかと言う証拠でも有ります。その人達を奉る神社だと有りました。三國時代の話です。
その後御山八幡神社等由来も分からない社を訪ねました。巨石を背後に神殿が在ったり岩山が御神体と思われるそれも在りました。
未だ未だ知らない歴史や伝説を訪ねる事は大変興味深い事です。
柏原渓谷そして讃岐山脈にたどり着いて帰りました。神社は殆んど階段で登らなくては為りません。
最後は標高100メートル以上の階段も登りさすがに疲れました。
山に黄色い花が咲いて居ました。ロウバイの花かも知れません。遠く瀬戸内海や屋島が望める峠道で描きました。

さぬき市大串半島長浜での海岸清掃のその後

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1703251
さぬき市の職員が私が集めたゴミを取りに来て下さいました。車のタイヤや自転車のタイヤ等写真でご覧の通り軽トラ一台分の量が有りました。
今まで貯めていたゴミ袋を持参し全て使い果たし作業を終えました。未だ納得が行く程の清掃では有りませんが終えました。
水彩画家・長尾周二1703252
砂浜での作業は思いの他大変で今日の朝は腰が少し辛かったです。
一人で集めたのですか?と市の職員も驚く程の分量でした。

絵を描きに来ている海岸が少し綺麗に為って制作しました。
夕方迄今日もこの海岸に滞在中です。

大串半島に在る漁港の横に砂浜が有ります

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1703231
瀬戸内海国立公園日本の国立公園の中でも最も美しい風景が観られます。
私が香川県に帰って来ると必ず訪れて制作をする場所です。対岸には五剣山が見え昨日も写真の作品を描きました。
その場所は車で渚の浜辺に直接行く事が出来ます。
しかしその浜辺の砂浜には大量のゴミが流れ着いて居て今日は掃除道具を用意して少し綺麗しました。
水彩画家・長尾周二1703232
50・60メートルの浜辺のゴミは想像以上に多く持って行った大小13個のゴミ袋を使い果たし今日は清掃を終えました。
水彩画家・長尾周二1703233
ゴミの中身が一番多いのはペットボトル次が漁具、生活用品・カン・ビンでした。中にはフライパンや注射針も有りました。ゴミを分析すると釣り人や漁業者のマナーも垣間見えます。
こうしたゴミの中で魚が生息する事が困難に為って居ると容易に想像出来ます。海底には流れ着く何倍も有ると思います。
制作だけでは無くて今後も香川県に滞在中、瀬戸内海を少しでも美しく保ちたいと思って居ます。

徳島県に行って来ました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1703211
香川県埋蔵センターに立ち寄った際に18日土曜日、徳島県鳴門市うずしお会館で鳴門板野古墳群国史跡指定シンポジウムのパンフレットを目にしました。
其で徳島県に行って来ました。弟の車ですから車中泊は厳しいのですが序でに新しい風景を愛でる旅も考えて徳島に行きました。

先ずシンポジウムの中で初期ヤマト王権と阿波・鳴門〜まき向・ホケノ山古墳の被葬者(石野博信)の話に興味が有って行きました。
鳴門市や文化庁の職員の挨拶は形通りで然程興味は湧きませんが120名位の聴衆が集まる中約3時間セレモニーと講演を拝聴しました。
讃岐で造られた石棺が鳴門から発掘されたとか徳島の青石が大阪出土の古墳群に使われて居たとか興味深い話も有りました。
しかし、担当者は自分が係わった事が中心でしかも物証が出て来ても中々定説を訂正しない等を感じました。
まき向遺跡を発掘した石野博信さんの話は来て拝聴し良かったとうずしお会館を後にしました。
車を阿南市に向け走らせ四国電力の発電所の見える港で泊まりました。
水彩画家・長尾周二1703212
今回は釣竿も持参です。
海水温が未だ冷たいので当たりが有りません。夜釣りも8時過ぎには止めて車で休みました。日の出と共に釣りを始めましたが相変わらず魚は釣れません。ガスコンロ、鍋、包丁迄用意して来たのですが使わず仕舞いです。
何人もその港には釣り人が来て居てその中の一人と話をしていると高知県室戸岬方面に美しい風景が見られると言われたので走る事にしました。
先ずかもだ岬です。着いて灯台に向かう時に以前来たことが有ると思い出しました。ま、大抵の場所は行った事が有ります。
南阿波サンラインを走りました。走り出して此所も思い出しながら走りました。特に第一展望台と第四展望台は雄大な海岸線が望めます。阿南市迄戻り夕方又、懲りずに釣竿を出しました。餌も残って居たのでそうしました。暗くなって諦め高松に戻りました。

東に走り津田の松原に行きました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1703171
津田の松原で写生しました。風は未だ冷たいのですが穏やかな1日でした。
昼食は松乃屋饂飩製麺でうどんを頂き花粉症でくしゃみをしながら作品を仕上げました。

海の向こうも国内もワイドショーは大騒ぎ、しかし瀬戸内海は静で穏やかな1日でした。
私は全くそうした騒動には関係なく砂浜の横で過ごしました。
水彩画家・長尾周二1703172
確かに歴史を省みると戦いの繰り返しです。日本の縄文時代は1万年以上穏やかな時代でその時代の出土品は本当に心躍り私の制作意欲を駆り立てる物です。私はそうした穏やかな平常心で過ごせれば幸せだと思って居ます。
昨日、香川県埋蔵センターにお伺いし疑問に思って居た事を訪ねました。
展示品を見ると又、新しい情報や驚きを得ました。

現場で感じたり現物を目にする事は大切だと常に感じます。

何故日本人を意識して生きて居るか

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170314
※写真をクリックすると拡大します
ヨーロッパを一人旅をして居て色々な人々に出会い感じた事の一つにその地域に同化して根ざす人も数々いらっしゃいます。そんな機会も有りました。が、時の流れと共により日本人で有る事を意識する様に為りました。
自分の歴史や故郷の事を知れば知る程興味が尽きません。
勿論、ヨーロッパの風景や友人との親交は制作に弾みが付くのですが私は其れ以上に日本人特有の文化に惹かれます。
瀬戸内海を見ていると地中海を思い出しますがこの島国も本当に美しい国だと思います。
そうした事からそうした想いを絵にしたいとイメージを溜めて居ます。
今年は5月中旬に渡欧します。
ココリコの咲く頃です。
友人に会うことも楽しみです。
先日、瀬戸大橋を電車で渡りました。
本当に美しい風景で見とれて一時を過ごしました。

とりとめの無い文章ですがあんパンとうどんに馴染んだ文化に浸って居ます。

広島県県境のスタンドに荷物を取りに行きました

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二170309
瀬戸内海をフェリーで渡り広島県を目指しました。
弟に車を借りて積んで居るパネルや画材、寝具等を持ち帰りました。
行きも帰りもフェリーを利用しましたので船に設置去れて居る風呂で身体を流しました。
このフェリーの風呂に入るのも楽しみです。

高松に帰って次の日は屋島の長崎の鼻に行きました。作品はその時描いた物です。
屋島は地名の通り島です。今でも水路で其所に橋が架かって居ます。この島の北部には前方後円墳が在ります。5世紀初頭に造られたと去れる古墳を訪ねました。
全長45メートルで其所に埋葬去れて居た石棺は阿蘇熔結凝灰岩で造られて居ます。この場所も古の時代から交通の要所であると同時に軍事的にも重要だったと思われる場所です。
山頂には山城跡が在りますし長崎の鼻には江戸時代の砲台跡が在ります。
何度も訪れますが来る度に新しい発見が有ります。
今回は東の入江に来て作品を描きました。

軽トラ爆発!?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170307
国道2号線広島県から岡山県に入る手前で大きな爆発音と共に車がストップしました。
エンジンが焼き付きぶっ壊れました。
山深くダム湖に行った際にオイルランプが点灯していましたからスタンドやディーラーを探しながら走って居たのですが夜遅くて開いて居ませんでした。
岡山迄と思ってゆっくり走って居ましたが最悪の状況に為りました。
危ないのは分かって居ましたからパイパスは走らず注意して居たのですが残念ながら爆発です。
幸いストップした場所の直ぐ側に24時間営業のスタンドが在ってオイルを入れましたがそのまま地面にダダ漏れです。
山陽本線大門駅約2キロの場所です。
朝を待って四国高松迄電車で帰りました。
車はスタンドが預かって下さったので荷物を取りに帰った後に廃車です。
マダマダ走れる車をオイルチェックを怠った為に廃車です。
残念!!
昨年フランスの車もエンジンのオーバーホールと為りました。
人間も老いて来て車も同様です。

広島駅の北側に東照宮神社が在ります。案内板を見ていると山の峯に太陽石が在ると記載していました。
此は古の祈りの場では無いかと想像して登りました。二葉山139メートルです。然程標高が高くないのですが階段で登るので疲れました。奥の院を参拝太陽石を目指しました。
この山の麓には神社仏閣が数々並んで居ます。古の祈りの場で有る山です。
太陽の石と呼ばれて居る場所は想像した通り磐座でした。
登山靴では無くて革靴で登ったので下山がより大変でした。

岡山県の笠島市に居ます

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170304
奈良のギャラリーを訪ねた後、一気に岡山県迄走りました。ギャラリーや美術館を訪ねる事も日頃しています。今回、気になって居た山に向かいました。王子ヶ岳235メートルです。
何度か来た事が有ります。山頂迄自動車で上れ瀬戸内海が一望出来ます。
言い伝えではその昔、韓国姫の王子様6人に関係した場所だと有ります。
山頂付近には大きな岩が多数在って圧巻です。特にニコニコ岩と呼ばれて居る場所は古の祈りの場だと感じます。
その王子ヶ岳から数キロ近くに由加神社が在ります。神社の御神体は2000年前磐座として祭事が行われて居た場所に後世神社として建立したと有りました。三輪山同様古代は自然を神として崇め其が現代まで繋がって居ます。
縄文時代前から悲しみや喜びを祈り畏れ敬った心その物が繋がって居ます。
自分の制作に勇気と情熱を与えて下さる源と為って居ます。
安城市の埋蔵センターの学芸員と話した際に香川県のサヌカイトで出来た石器が数点出て居るとの事です。三河地方にも香川県との交流が古代に有った証で其だけでもイメージが湧いて来ます。
QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ