December 05, 2004

万寿の会

dfb79633.jpg幻の名酒、万寿を囲んでのバーベキューにお呼ばれしました。
呼んでいただいたのは、元官僚の知り合い。

バーベキューでの話しは主に「中国」の話と「官僚」の話。

今、「この国の創りかた」という雑誌を作っていることもあり、官僚がどのような仕事をしているのかとい話をした。
今でさへ、「官僚」というとすっかりいいイメージが無くなってしまっている。
しかし、現在の官僚の方々の中にはすばらしいビジョンを持ち、「国を創る」ことに朝から終電まで毎日働いている人もいる。

公的な権力を私用に使っていると報道される「官僚」はたしかに悪い。
しかし、私的なことだけに終始し社会へ何の還元もしない、民間の人も悪いような気がする。
社会の一員として生きる人間として、社会のためにも何かをしようという気持ちを持つべきではないでしょうか。
私の大好きな稲盛和夫氏もよく「敬天愛人」という言葉を使っておられます。

次号のRAINBOW MAGAZINEではその辺をじっくり特集したいと思っております。


nagaohiroki at 11:31│Comments(3)TrackBack(0) asobi 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タムラ   December 05, 2004 22:16
僕は会社の営利活動は消費者(生活者)に価値ある商品やらサービスを提供している限りにおいて、それは社会への貢献と言って差し支えはないだろうと思う。
2. Posted by いわ   December 06, 2004 10:12
僕も民間企業に入ったからといって社会貢献できないとは考えていません。
各企業も独自の社会貢献を達成していると思います。

まぁ気持ちの持ち方でもありますけどね。
3. Posted by ひろき   December 06, 2004 16:31
万寿についての記述がない。
まあ、仕方ないか。

みんな熱いですね。
好きです。そういうの。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔