ドイツ在住の時にカレーが食べたくなった、しかし日系スーパーが500km先で遠いのもあったりカレールー自体が日本からの輸入なのでかなり高い。

一度〇〇カレーを日本からたくさん送付してもらったのだが、いつまでたっても到着しない。そのうち返送されてきたということで、いろいろと調べてみたら狂牛病の関係で牛脂が入っているカレールーは輸入禁止ということだった。牛脂が入っていないカレールーならばよいらしい。

日本にいれば特売のルーを買えば200円もしないのでルーのブロックを全部いれてしまうが、海外ではそうもいかないので、仕方なく1/4程度のルーを使い、あとはお玉にバターと小麦粉を少しずつかき混ぜながらカレーを作るとそれっぽいカレーができる。もっとカレー風味が欲しければ、アジア系スーパーに行きインドから輸入されているカレー粉を足せばOKだ。幸いにもカレー粉は安く売っているのでいくらでも足せる。

欧州は良質なバターが安いのでバターも安価で買える。小麦粉も安いので、知恵を絞って日本風カレーを海外で楽しむ術を身につけた。

海外生活はアイディア次第、そしてサバイバルでもあるが、それを楽しむ心を持っていればなんとかなる
curry-ru