土日はある程度の晴れ間が出たのでこれであとは春を待つのみ、、、と油断をしていたら、月曜に寒波がやってきてしまった。

事務所の扉の開閉が困難になるくらいに雪がつもってしまい、土日をかけて雁木の雪下ろしをしたり雪との奮闘だった。おかげさまで余程の寒波が来ない限り、もう雪下ろしをしないでよいくらいに雪をおろした。

連休中も雨がふったのでそれで水分を含み重さが増してしまう、そこに新雪が積もればめんどうなことになる、雪国の人にはその知恵があるのでそうなる前の雪下ろしではあったが、そこまでおいつかずに屋根がつぶれたり雁木がつぶれたというニュースも見ている。

2月は平均すれば短い月になっている、土曜日に同業の三条市の経営者と呑んだが、今年は出だしが悪いらしい。なんとなく同感ではあるが、3月からの回復を期待することになる