かつては血管性紫斑病・アレルキ゛-性紫斑病・ヘノッホシェ-ンライン紫斑病等とよばれていたが、現在はIgA血管炎と呼ばれている。原因不明の免疫疾患、先行感染の関与の可能性が強い。
HSP

[ じんましん]  

真皮上層の一過性限局性浮腫で、毛細血管の透過性亢進にり生じる。強い掻痒を伴う膨疹や紅斑が特徴。血管性浮腫は眼瞼・口唇に好発する一過性の限局浮腫で蕁麻疹よりも皮膚の深部に病変がある。

じんましんの分類
ur1


こどものじんましん (小児科 48(4) ,2016)

     慢性蕁麻疹 40%  急性蕁麻疹 23.7% アレルギ-性じんましん 10.5% 
     食物依存性運動誘発性アナフィラキシ-(FDIA)  10.5%  コリン性じんましん 5.3%


ur2


[じんましんの原因]  
urtmenicha




薬疹の型
drugtype

drugerup

drugtx

drugex


























































 

↑このページのトップヘ