2018年07月

2018年07月28日

感動✖️興奮✖️繋がり✖️励み

IMG_5313

母校の優勝。

IMG_5312
接戦で勝ち取った優勝。
お互いの健闘をたたえ、素晴らしい試合だった!

母校っていう繋がり。
地元っていう繋がり。

繋がりがあると、喜びもひとしお。


私も、私と繋がりのある人たちと一緒に喜びを分かち合いたい。
私もそれができる志事。

感動をありがとう‼︎
IMG_5332


自分の意思で考え、実行すること、
それを選手に任せた監督。

野球のことは全然わからないけど、すっごい大事な気がする。
甲子園に限らず、今後の将来にも。


ボートレーサーになって、
監督もコーチもいない中で、
オフの過ごし方、レース中のメンタルの切り替え方、
目標の立て方などなど、全部、自己管理の世界。


中学校や高校の部活の時は、全部監督やコーチが指導してくれた。従ってやっていた。

【自立】することの大切さを、高校でスポーツを通して学べることは、今後社会人になって、役立つと思う。


野球好きな師匠の友達のお父さんが、
「常葉大菊川の野球は、とにかく打つことしか考えてないから観てて気持ちがいい。」って言ってた。
ボートレースも、ファンが観たいのは、スタートいって攻めるレース、道中も、握って握って、攻めるレースなんじゃないかなって思う。

もちろん、リスクも背負うこともある。
でも、そういうギリギリの攻防から歓喜が生まれますよね。

【攻めは最大の防御】


いろいろ勉強になりました(^^)









nagashimaki at 11:35|Permalink

2018年07月27日

ピンクリボン✖️マキプロジェクト


開催までいよいよあと4日と迫った、
ボートレース桐生での
【G1第32回レディースチャンピオン】

開催地であるボートレース桐生は、
ピンクリボンフェスティバル2018の公式スポンサー。
IMG_5252

詳しくはこちら↓
http://www.br-special.jp/201807GI01/pinkribbon.php

そこで、地元の松本晶恵選手と
私たち出場選手も、このピンクリボン運動への
協力したいという話から、桐生の関係者とタッグを組み

ピンクリボン✖️マキプロジェクト
として、トートバッグ販売と缶バッジガチャの実施を
レディースチャンピオン開催中実施します!

IMG_4909IMG_5238
トートバッグ税込2,000円 
初日から4日目(7/31〜8/3)の期間で販売する予定です

IMG_4920
缶バッチガチャ1回200円

今回、初の試み‼︎
出場全選手のキャラクター勢揃い‼︎
IMG_4908


トートバッグに、全選手缶バッジをコンプリートされたお客様には、豪華商品もご用意しようと考えてます‼︎


収益金はボートレース桐生を通じて、公益財団法人日本対がん協会へ寄付いたします。
ぜひお楽しみながら、ピンクリボン運動のご理解、ご協力よろしくお願いします‼︎


バッタバタの告知になってしまい、申し訳ありません‼︎‼︎
とにかく、告知が全くできていないので…
告知できる方はよろしくお願いします‼︎

IMG_4911

できる人が(笑)




nagashimaki at 11:04|Permalink

2018年07月18日

私はカメ。


やっと体調戻りました!
(誰も知らんがな…ですね…^^;)

闘い抜いた3カ月間の疲労が一気にやってきました。
私のお腹の中の土石流がようやく止まりました。


この何ヶ月かタイトなスケジュールでのレース。
フィジカルやメンタルの浮き沈みがある中での経験や成長は、自分の中で著しかったです。


今回のオーシャンカップ。
いろんな、見方があるでしょう。
私もいろんな角度から自分をみつめれました。
エンジンは前検乗って、スタート特訓したあのスロットル握り込んだ瞬間から、これは凄い!ってわかりました。

「たら、れば...」は一切ない勝負の世界で、
一戦、一戦が、本当に挑戦だった。
今の自分にふさわしい結果だった。と思う。

あんな、意識が飛びながらレースしたことはない。
なんで、あんな視野が狭くなっちゃうんだろう、
なんで、あんな力んじゃうんだろう、
なんで、あそこで、あんなことができるんだろう、

あんなレースができたのに、
あんなレースもしてしまう…

全てが貴重な体験だった。

『囚われず、揺らがず。』
自分の内側でレースすること。
奥が深かった。。


でもね、
初日の勝利者インタビューの興奮と感動とみんなの笑顔、あの景色、最高だった!!
なんか、いろいろ自分の中で報われた。気がした。


でも、繰り返し。


ピット移動したとき、ふと目に入った、
オーシャンカップの看板
IMG_4956
この中の「亀」が私の目に留まった。
直感といいますか、なんだろう…

私の中で、「ウサギとカメ」が出てきて、
(そうだ、私は亀派だったな。)
って気づかせてくれた気がした。

いつも気持ちは首を伸ばした亀みたいですが、
初優勝も初A級も初1着もいつも、周りよりは遅かった!でも、確実に、描いた自分にはなれてる。




自分を信じること。
諦めず、挑戦し続けること。
囚われず、揺らがず、今に生きること。

って、今回思ったけど、
歌にもあったよねー


負けないこと 投げ出さないこと
逃げ出さないこと 信じ抜くこと
駄目になりそうな時 それが一番大事

やっぱ、大事なんだねーー



でも、今の私は戦闘能力ゼーーローーー。

今はとことん、腑抜けます!!

全力で、ダラけます‼︎



IMG_4955

おやすみなさい☆



nagashimaki at 23:37|Permalink

2018年07月10日

さぁいこーか!



平成30年6月の大阪北部地震、7月の豪雨により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

謹んで亡くなられた方に哀悼の意を表し、被災地の一日も早い復旧と被災された皆さまのご平安をお祈り申し上げます。



IMG_4897


6月7月とレースが続く中での天災、
SGグラチャンのときには、地震で大幅に前検が遅れたり、豪雨災害の影響で、順延したり、打ち切りしたり… 昨日選手会からは、「西日本豪雨災害によるヤマト宅急便の荷受け停止」の通達がきたり、、

今まで、ありえなかったこと、当たり前になりすぎて気づかなかった事を、身を持って知らされる日々、、

ニュースを見るたび、同じ日本で、こんな事が起きているのかと目の当たりにする日々。

ここまで度重なると、他人事には到底思えない、恐怖すら感じる。
みなさんと同じように、いろんなことが頭の中を、巡っています。


ブログのタイトル一つとっても、悩みました。
でも、やっぱり、こういう時こそ、前向いて、
みんなでしっかり手を取って、乗り越えて行くのが、私たち人間に与えられた使命なんじゃないかなって思う。

IMG_4911

私たちの職業、ボートレース。
ギャンブルって言われたらそれまでだけど、
私にとってのボートレースは人生の縮図。

一走一走走る中で、毎回いろんな事が起きる。
結果もはっきり出るし、エンジンに左右されたり、
プレッシャーや、緊張、不安、事故、
その中での喜び、安堵、分かち合い、、

環境、出来事、他人など様々な要素、外界と密接しながら、日々自分自身を高め、挑戦する。


私の心のバイブルとしているのが、スラムダンク勝利の心理学の著者辻秀一さんのフローマインド。

【自分の心は自分で決める。】
【外界に囚われず、揺らがず、今を生きること。】


私はレースを通じ、心を整えることの重要性を本当に感じています。そしてそれは日常においても同じ。

だから、オリンピックやサッカーW杯で、みなさんが、感動したり、元気や勇気もらったりできるんだろうな。
ボートレーサーも同じ。

私たちはいろんなこと発信できる。
震災が起きるたびに、いろんな方から連絡を頂きます。
今回、江戸川の糸数由里さんから連絡いただき、
オーシャンカップ開催から、ボートレース江戸川の糸数さんブースに、支援CANを設置します!

西日本豪雨災害募金
IMG_4912IMG_4913

使い道については、今現場で災害救助を行なっているDRT-JAPANの黒澤司さんと話し合い決めさせていただきます。

ご協力よろしくお願いします‼︎

岡山にも、広島にも、いつも応援してくれる大切なファン、仲間たちがいる。

モヤモヤしてても始まらない‼︎
IMG_4911
本気で考えたら、いろんなことできるから‼︎
オーシャンカップでも声かけして、新たなプロジェクトも立ち上げていきたいと私は目論んでますよ!


でもね、まずは、自分の心をしっかり整えること。
自分のコップの中の水を満タンにすること。
その中から、溢れだした分で支援すること。
自分の心は自分で決める。
FullSizeRenderHappy著「幸せ」の教科書より。

自分の内側は、いつどんなときも、自分で整えることができる。
罪悪感とか抱かずに、今の自分をしっかり整えたら、
自分ができる範囲でできることやっていきましょ!

被災地を想う。優しい気持ち、前向きな気持ちを届けるだけでも、立派な支援だと私は思います。
ドラゴンボールの元気玉みたいに。

そう考えるだけでも、自分の心がほっこりしません?
思考はエネルギーだってみんな言ってるしね(^^)


さぁ、いこーか!
新雪歩きに‼︎
(詳しくは、今月のBOATBOYで!)


IMG_4901FullSizeRender





nagashimaki at 10:52|Permalink
☆Maki☆

nagashimaki

Archives