思案・思案の中島飛行機博物館 金銭編

2019年08月06日

銀翼のアルチザンが発売されて二年経ちました!

小山悌さんを主役にした本が発売されて二年経ちました。





 最近の出版事情は、売れないと二年で絶版扱い(在庫処分)されるので、二年経っても残っているのはまだ売れる要素があるのでしょう。

 実際、週一でAmazonや楽天を調べると一冊、二冊と売れています。荒野のコトブキ効果だと思います。



荒野のコトブキ飛行隊 Blu-ray BOX 上巻
バンダイナムコアーツ
2019-05-24



 そしてリアルの本屋さんは次々と新刊本を並べないといけないので、リアルの本屋さんにはもう無いと思ってもいいでしょう。


 で、現在の状況です。創業者の知久平さんの本は完成しました。代理人から合格点をもらい営業してもらっています。しかし色好い返事は返ってきませんでした。


 多分、大河ドラマに「戦前の航空技術者」てのがテーマにならない限り、出版社からハンコが降りないでしょう。たまに私を応援してくれる人に現在の状況を説明していますが「出る出る詐欺」状態でヤキオモキしています。


「父親が中島飛行機で働いていた」という人は高齢者ばかりなので、なんとしても彼らの冥土の土産として渡したいです(笑)


 で、私ができることです。新作を出すことです。新作が話題になって売れれば知久平さんの本が出せるチャンスが生まれます。しかし代理人に別の作品を三作送ったのですが、三作とも却下されました(※どれも現代劇)。全ては私の力不足です。


 中島飛行機の資料も新発見は特に無く(先日、ヤフーオークションで天皇陛下行幸記念の冊子を発見したのですが、値段が高くて断念しました)、皆様に発表できることはありません。


 もしも協力していただければ、知人に銀翼のアルチザンを紹介していただければ幸いです。



 で、で、新作か出たら買っていただけると幸いです。


 今後ともご贔屓に。




------------------------
このブログを応援していただける方はこちらの
アマゾンから買い物をしていただけると幸いです。
------------------------


人気ブログランキングへ

クリック、クリック



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
思案・思案の中島飛行機博物館 金銭編