2010年12月18日

鳩山由紀夫よ、恥を知れ!

民主党の鳩山由紀夫前首相は18日午後、北海道苫小牧市で開かれた地元後援会の会合で「国益に資する政治を行うため、皆さまの期待を頂けるなら、次の衆院選でも行動を共にしたい」と述べ、首相退陣の際に表明した政界引退の意向を正式に撤回した。鳩山氏の方針転換に対しては、党内外から「言葉が軽い」などと再び批判が出そうだ。

この男は、アホじゃなかろうか?

政治家の進退(議員でいられるか否か)は有権者が決めるもの。ノウノウと公約を破った者を次期の選挙で絶対に当選させるべきではない!

北海道第9区の選挙民の皆さん!絶対にこういうインチキ政治家を
当選させてはならないですぞ。






nagatachou at 20:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月11日

仙石官房長官よ、退場せよ

尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出事件で、神戸海上保安部の巡視艇「うらなみ」の主任航海士が
「自分でやった」と告白した。

大体最初にこの映像を公開しなかった政府に大いに問題がある。
映像の賛否両論を甘んじで受けて、世界に判定してもらえばよかったのだ。

結局、事実が隠蔽されたことに対して疑問を抱いた海保の職員をここまで追い込んだのだ。

しかも仙石は、この航海士に罪があり国民の半数以上は罪を償うべきだと考えていることを望む、といった
コメントまでした。

確かに公務員の守秘義務に関して、職務上知りえた情報をネットに流したことに関しては
いいことだとは思わない。しかし、ここまで追い込んだのは、公開しなかった政府ではないだろうか。

マスコミも自民党をはじめとする野党議員は

「なぜビデオを最初に公開しなかったのか?」
「このビデオ内容から、どちらに『非』があるのか」
これをしっかりと政府に追求すべきである。

公務員としては情報を無断で開示する事に関しての罰則はきちんと受けるべきだが、この航海士を
私は応援したい。そして、もし退職まで追い込まれてしまった場合、彼をひろってくれる心広い企業が
あることを私は期待したい。


nagatachou at 08:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年06月06日

菅首相誕生

小沢は参議院選挙前に辞める、とこちらで熱く述べていたら、道連れで
鳩山まで一緒するとは・・。

小沢の辞任は予想通り。でも鳩山はちょっと読めなかった。

表紙のすり替え、だと何たらいっても、自民党も同じことを繰り返していた。

表紙を替えて、中身が同じだったら、鳩でも菅でも変わらない。

かといって、今政権を委ねたい政党は、なし。

しかし、世襲総理大臣4人がいとも簡単に1年足らずで、辞められるという
状況を作ってる日本の政治の世界って、稚拙ですな。

個人的に菅は好きでないし応援はしたくないが、これ以上の政権一年未満の投げ出し総理は、日本の沽券に関わるのでしないでもらいたい。

4人のボンボン総理を生み出さないためにも、しっかりと世襲問題を
片付けてもらいたい。 

nagatachou at 08:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月18日

たちあがれない・・・

たちあがれ日本が、夏の参院比例選に、自民党参院幹事長を務めた片山虎之助・元総務相(74)の擁立で最終調整していることが分かった。


・・・・たちあがれ、応援できなくなってしまいました。
なんで、こういうことするかな・・・。
 

nagatachou at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月12日

参議院、なくしませんか?

10日の民主党常任幹事会で今夏の参院選比例代表公認が決まった、「飛んでイスタンブール」のヒットで知られる歌手の庄野真代氏(55)が11日、東京・下北沢のライブハウスで出馬表明会見を行った。20年前、同じく参院選で出馬した歌手・山本コウタローが司会を務めるなか庄野は「(政治に直接関わるのは)遠い話だと思っていたが、こうして立ち上がる姿も大切だと思った」などと、出馬までの経緯を説明。歌手として、現在横行するコンテンツの違法ダウンロード問題にも強い関心を示した。


ここまで国民を馬鹿にするのもいい加減にして欲しい。

この際、参議院をなくしてはいかがですか?

オリンピックを目指しながらのヤワラちゃんの議員生活なんてありえないし、著名人ならば誰でも候補者にしてる時点で、参議院議員はいらないってことでしょ。 

かつては、すぐ辞めちゃった大橋巨泉とか。

参議院、なくしましょ♪ 

nagatachou at 16:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月10日

ヤワラちゃん・・・・あぁ残念だぜ

民主党は10日、夏の参院選比例代表に柔道女子の五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)を擁立する方針を決めた。谷氏は同日午後に小沢一郎幹事長とともに党本部で記者会見し、出馬を表明する。

久々にとても残念なニュース。 

オイラ的には悪魔に魂売った、みたいな感じだぜ。
今の民主党から出るって事は・・・。

なんで???

折角の選手時代の栄光が一気に消えうせたぞ。

 

nagatachou at 16:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年04月27日

居座り小沢

nagatachou at 20:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月23日

タレント候補を断固拒否しよう!

nagatachou at 17:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年04月22日

舛添が自民党離党

自民党ではとーっても人気がない舛添。

あと百合子タンも、自民党内では人気ないですね。
昔を紐解けば、太郎タンも。そして真紀子女史も。

でも、人気のない人に限って、 世論調査では「総理にしたい人」なんかに
選ばれてる。不思議だ。 

舛添にはついていく人もいるんですな。せいぜい、ボスのわがままぶりで
仲間割れしないように。

バイバイ〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ 

nagatachou at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月21日

衆参同日選挙

衆参同日選挙が行われる、とにわかに永田町ではささやかれていると言う。

というのは小沢がかなり動き出しているから、ということらしい。

しかし
民主党の小沢幹事長が19日夜、青森市で党県連幹部らと会食した際、仙谷国家戦略相が夏の衆参同日選に言及したことに関連し、「同日選はあり得ない」と述べたことがわかった。

昨日、このような記事が出ていたが、現職秘書に聞いたところ
小沢はもう社民党のウザイ発言に辟易していて、もうガラガラポンしていいので、同日選をさぐっている、という話のようだ。

同日選挙を匂わせて、やっぱり衆議院を解散させるわけないジャン、みたいな作戦なのだろうか?それとも小沢が走り回ってるのは、民主党のポイントが下がってるから慌てふためいていてそこからこのような噂につながっているのか。

取り合えず、永田町のお友達は衆参同日選挙をちょっと信じています。

 

nagatachou at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月14日

鳩さん、普天間問題5月に決着しなかったら総理大臣辞めちゃうの?

あぁ、いい加減だ。

元々普天間から 移転なんてできないのに、公約に掲げ
もう八方塞でできないのでは。

腹案とはいざ知らずだが、本当に沖縄の方々には申し訳ないが
このまま沖縄に米軍基地をもう少し日本の安全保障のために置いていただきたい。

そしてその間に、きちんと「自衛隊」を「軍隊」として正式に認めるか
若しくはスイスのように永久中立国として、全世界に公言しちゃうか。

今ならばどちらの道にも進めると思う。私個人は、もう核だの軍縮だの
言っている世界ではなくなってきているからだ。

地球温暖化で、4月になっても雨が続く不安定なこの毎日。
今後は世界各地で食糧争奪戦へと道が続いていくであろう。

とにかく5月に決着をしなかったら辞めるんですかね、鳩さん。
菅に代わったとしても代わり映えのない民主党。

参院選は厳しい道のりだわな。
 

nagatachou at 15:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月07日

たちあがれ日本

nagatachou at 16:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月06日

一人ぼっちの邦夫タン

邦夫氏は平沼新党には入らないようだ。

とにかく今保守を訴えるきちんとした政党がないのがとても怖い。

与謝野氏と組むことにはかなり違和感があるが、日本国をしっかり
守ってもらいたい。

それにしても邦夫タン、ひとりぼっちでどうするのでしょう。
TVに映し出された邦夫タン
なんだか弱々しかった( -д-)ノ

まあ、坂本龍馬に自分をなぞらえる時点で、怖いです・・。 

nagatachou at 14:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月05日

平沼新党 応援します

民主の左よりの外交や政策に辟易。
子供手当ても、外国人でも日本で労働している子供にも子供手当てを支給。しかも、日本国内だけでなく、外国で暮らす子供にも支給。おかしいのではないか??!!

外国人でもしっかりと日本政府に納税をしている人ならば問題はないのだが、これを機に子供手当てが目的でブルーカラーの外国人労働者が増えるのは困ったものだ。

こんな折、ようやく平沼赳夫が動いてくれた。しかし、待ちくたびれちゃったよ。集まってるのは70近くのじいさんばかり・・・。

平沼氏には期待したいが、一緒に組む与謝野氏は、復活比例で自民から
選出されたのに、離党?おかしくないか?

平沼氏だけ永田町の裏話は応援します。 

nagatachou at 16:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年04月02日

ソフトバンク 在日特権料金

在日の方は、私ども日本人とはソフトバンクの基本料金が違うのですね。

日本人からは多額の料金を搾取して・・。

ちなみに私はソフトバンクではございませんが・・。10047320288 

nagatachou at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月29日

キム・ヨナの不正ジャッジ




nagatachou at 16:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月23日

みんなが思うほど怖くない小沢タン

民主党の小沢一郎幹事長は23日、国会内で生方幸夫副幹事長と会い、現職にとどめる考えを伝えた。同氏も了承した。生方氏は、一部報道機関のインタビューで小沢氏の党運営を批判。執行部は解任する方針を決めていた。
会談で小沢氏は「もう一度副幹事長としてやってほしい」と解任の方針を撤回する考えを示し、生方氏は「分かりました。私も民主党議員だから断る理由はない」と応じた。
同党執行部は18日、小沢氏了承の上、生方氏の解任を決めたが、党内外から激しい批判を浴びていた。小沢氏は撤回に追い込まれた。


小沢については、マスコミもその周りにいる議員も、異常に恐れすぎであると思う。 今回の生方事件も、小沢が指示したのではなく、側近が慮ってのこと。

私が思うに小沢氏は、参議院選挙前に幹事長の座を退き、参院選勝利に導くのでは、と考えている。彼はマスコミが騒ぐ程、「豪腕」でもなくただ単なるわがままなおじさんなだけ。面白くなかったから解党したり、抜けたり。権力にしがみつくことなく、勝利のためにはなんでもするであろうと思う。
 

nagatachou at 14:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月16日

邦夫さん、一人無所属へ

次に続くものはいるのであろうか?

グループではかなり党を離れることをとめたという話だ。
しかし、出て行ってしまった。

党を離れてもお金の心配をしなくていいので、お一人でも元気に
活動されることでしょう。(。・ω・)ノ゙

 

nagatachou at 13:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月14日

愛子様の件で

敬宮愛子さまが、学習院を欠席されているようだ。

マスコミなどは、今回の件の公表について侃々諤々論評するが、これは
いじめなどに対する学校教育に関する 一石を投じた話だったのではないだろうか。

発表などでは「悪ふざけ」とくくってあるが、背中を押した、暴れているくらいの程度で学校を2週間も休みたいと思われるくらい苦痛に思われるであろうか?私が思うには、もう少し深い事件が起こっていたように思える。
また、昨年の夏くらいからこのようなことを把握していて何の対処もされていなかったことも、学習院に対して疑問を持つ。

これは愛子様に限ったことではない。一般の子供においても同様の話である。「子供同士の喧嘩は、子供同士で」という意見もあるが、度を越した場合は大人、教師が中に入って諌めるべきではなかろうか。 

少なくとも学校を休みたいと思うくらい、心が傷ついているのだ。それを
周りが把握して、対処すべき出来事ではないだろうか。
何度も言うが、これは愛子さまだけの問題ではない。こういった事に関して、なぜ子供同士で解決するのが一番だ、といった無関心な意見が出るのであろう。

日本は加害者に甘い国である。深い心の傷を負わせた児童は、しかるべき処置をすべきである。 そういうことをしたらお友達が傷つくのだということをしかりと教えるべきである。それが教育である。

愛子様をはじめ、日本中で心に傷を受けてしまった児童たちはその傷を癒すべく、いい教育が今後行われていく体制が生まれるのを願うばかりだ。 


nagatachou at 13:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年01月09日

藤井タン バイバイ(;д;)ノ~

藤井財務大臣が、閣内から去った。

前回の選挙で落選し、そのまま引退するのかと思いきや
鳩山さんの強いご意向で財務大臣に就任。

でも、小沢君のいじめで疲労困憊といったところか。
民主党の渡部恒三元衆院副議長は8日、福島市で開かれた内外情勢調査会の講演で、藤井裕久前財務相から「心身ともに疲れてしまった」と電話で伝えられたことを明らかにした。渡部氏は「普通なら『体が悪い』と言う。しゅうとにいじめられたんだなと思った」と語り、小沢一郎幹事長との確執が藤井氏辞任の原因との見方を示した
。 



藤井先生、お疲れ様でした。ポリボックスもまもなくなくなりますね。 

個人的には新大臣、菅の円安市場介入発言はよかったと思っております。
日本は輸出国。円安になり企業の収益が上がってもらわねば国家の財布はすっからかんのままですから。円安になれば株価も上がり、景気も上向く、経済には悪いことではないです。輸入関連に携わる方々には申し訳ないが幅広い意味で考えた場合、あの発言は悪くないと思う。 

nagatachou at 17:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年01月04日

謹賀新年

今年も宜しくお願いいたします。

年初早々、日本経済・株式市場は高値で引け、今年は景気が戻り
更なる日本の躍進を心から祈念したい。市場は完全に中国に
とられてしまっているが、中国に進出している日本企業の更なる躍進が期待できる。

また、政治の世界も参議院選挙を控えているが、何らかの大きな変動が無い限り、もう結果が見えてしまっているのが残念である。 

皆様方におかれましても、よい年でありますように。

またコメントなどいただけると、書き込む元気が出ますので宜しくお願いいたしますm(- -)m ・・もう政治が面白くないのだもの・・・。

nagatachou at 16:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月31日

自民党は再生できるのか

元いた職場、自民党が本当にぶっ壊れるかもしれない。

それは、小泉元首相が「自民党をぶっ壊す」という名言から
本当に起こってしまいそうな危機である。

確かに、自民党政権末期の3人組総理大臣は、自民党のていたらくさを物語った。

しかし、今の民主党政権のぶれて危険極まりない外交。これを
打破するには自民党に頑張ってもらわねばならないのだが、もう
自民党内にそのようなチーム・自民党をひっぱっていける人材は
今のところ皆無だ。

小泉の次男坊を押す声もあるが、まだまだひよっこ。これからどれだけ
勉強して人間的にも成長してからリーダーになるのであって、今自民党をしょって立てる人材はいない。

先日、秘書仲間と飲んだときに聞いたが、党内は暗く次の参議院選挙でも既に「敗北」の覚悟をしているそうだ。 

私の思想の一部は自民党であるが、自民党内の馬鹿らしい内紛や
ブランド名で議員の器を計ってしまう(二世議員擁立)、そいういった
古びた感覚は、どうぞこの野党時代に全部捨てていただきたい。

しかし、このままでは野党時代に払拭できるのかと思いきや
自民党自体が消滅してしまう可能性もないとはいい切れない
事態に及んでしまっているという。

どうしたらいいものであろうか。

・・・と考えつつも、しばらく筆者は永田町からは離れての生活が
続くと思う。また何らかの形でカムバックはしたいと思ってはいるものの
政治の世界より、もっと楽しいものを見つけてしまい、こちらのブログが疎かになってしまっていました。

来年は書くネタがあるのかしらん。民主党内のことはよく
わからないので、傍観者としてしか書けないのだが・・。

皆様方におかれましても、よいお年をお迎えください。 

nagatachou at 14:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月16日

特例会見は元首相が要請か?

nagatachou at 08:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年12月13日

天皇を政治利用する腐りきった民主党

鳩山首相が14日に来日する中国の習近平国家副主席と天皇陛下との会見を特例的に実現するよう指示していた問題は、民主党の小沢幹事長が首相側に会見実現を要請していたことが明らかになり、「天皇陛下の政治利用だ」との批判が一層強まっている。

ここまでするか、という民主党。とうとう天皇陛下まで利用するのか。最低だ。

天皇は太平洋戦争後は国家の象徴であり、もはや政治の道具に利用すべきお人ではない。

国家の経済的繁栄や存続は戦略としては必要であるが
天皇を借り出すべきものではない。

また外国人参政権の推進を続けるのであれば、もはやこの民主党政権は断固として反対する声を大きくせねばならない。



nagatachou at 09:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月02日

ボクシング 内藤選手、現役続行 

ボクシングの前WBC世界フライ級王者・内藤大助(35)=宮田=が、所属する宮田ジムの宮田博行会長(43)に現役続行の意思を伝えたことが1日、分かった。内藤は11月29日のタイトル戦で亀田興毅(亀田)に敗れて王座から陥落。試合後、進退問題を保留していたものの、続けることを決めた。2日に都内の病院で精密検査を受け、異常がなければ正式に会見を行い、現役続行を表明する。

いや〜、素晴らしい。 頑張る人大好きです。

それにしても民主党さんたち、ピリッとしませんな。

事業仕分けは終わったものの、本当に天下りを切り込んでるのでしょうかね。なんだかパフォーマンスだけで終わりそうな政権になってきてしまってる感が・・・。

あと、ママからのお小遣いはきちんと申請しましょうよ、鳩山首相。 

nagatachou at 13:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月26日

鳩山首相よ、嘘つきは泥棒のはじまりですぞ

鳩山由紀夫首相は25日夕、実母らからの多額の資金提供を政治資金収支報告書に記載していなかったことについて、首相官邸で記者団の質問に答え、「確かに私はないと信じていたし、今でもないと信じていたい」と強調した。
首相は「どこに真実があるのか見えない。私自身、大変驚いている」と説明。「地検の捜査が進み、真実が明らかになっていくことを強く願っている」と述べた。「事実確認ができていないのか」との問いには、「恐縮ですけど事実確認はできていない」と語った。


実母からの献金を知らないわけがない。おそらく、こういう場合は
母→議員→秘書、といった具合に連絡が来る。

百歩譲ってもし「知らなかった」というならば、 監督不行き届きにも程がある。あなたには首相の資格など、ない。

円高も86円台まで進み、日経も右肩下がりで国内はデフレでも政府は
これらに何の対策もしていない。こんななにもできない首相など、いらない。このまま日本経済の衰退が続くようなことが続き、自分のお金の管理もできないような首相など、即刻退陣していただきたい。 

nagatachou at 16:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年11月09日

動きの遅い新型インフル対策

民主党政権になり、長妻大臣になり何もかもスピーディーに運んでくれると
期待していたが、自民政権と何も変わらず。

新型インフルエンザでとうとう生後7ヶ月の死者が出てしまった。

とにかく7歳未満の子供と妊婦を優先に無料でワクチン接種を
急がなくてはならない。

今や少子化で子供が大変貴重だ。とにかく一刻も早く
ワクチン接種できる状況を生んで欲しい。各自治体には通達したというが
7歳未満や妊婦の場合、通知書の後のワクチン接種ではなく
母子手帳持参であれば、すぐにでも接種できるという方向で進めば
ことは早いのに。

 

nagatachou at 20:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年11月04日

NHK 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡を観て

3話とも全部観させて頂いた。

小沢よりの話展開になっていたが、私が働いていた時代を振り返ることができて有益だった。

加えさせていただければ、自民党内は前回の参議院選挙まで
いや、続けている自民党秘書の友人から話を聞く限り、8月の衆議院選挙まで危機感を強くは持っていなかった。

最後は民意は私たちに賛同してくれる、と。
そういうおごった感覚が末期の3馬鹿総理を輩出し、それでもなお郵政民営化の数の論理で勝利しているという高慢を生んでしまったのであろう。

かくいう私も選挙対策本部で働いていた折、「自民党は絶対的」という
党幹部の考えに辟易した。選挙対策本部の議員らは国民に目を
向けていなかったのだ。むしろ、上司である選挙対策本部長やら
その上の総理のおべっかいしかしていなかったのだ。

きちんとした選挙をしてこなかったのだ。経世会の支配であれば
なんとか自民党も存続できたのかもしれない。しかし、これまた数の論理で清和会が自民党内を牛耳ったことが転落への一歩であったと感じる。
清和会の選挙は薄っぺらいものであるから。

そして経世会の流れを汲む、小沢一郎が号令した民主党が勝利したのは言うまでもない。

小沢が番組で言っていた「民主主義は国民が作るもの」という
選挙の基本理念である、民意をよく聞いて回る。この基本的な活動を
これから自民党は再びしていかなければならない。 

nagatachou at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月02日

NHK 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡

昨日、証言ドキュメント 永田町・権力の興亡を観た。

さすがNHKならば小沢君も出演するのだね。

小沢は「郵政民営化」と唱え続けた小泉元首相と一緒。
「政権交代」だけのための、権力闘争の16年間。

彼についていろいろ言う人がいるが、やはり小泉と何一つ変わらない。

ただ、選挙については田中角栄の伝授をしっかり受け継いで
それを生かしての8月の大勝利であろう。

今日も放送されるようです。是非ご覧ください。
 

nagatachou at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)