メディアで存在感を増したい鳩山氏名古屋市長に河村たかし

2009年04月24日

世襲制限はすべきだ

民主党が次期衆院選から国会議員の「世襲候補」の同一選挙区からの立候補を制限する方針を決めたことに関し、世襲議員である各閣僚から24日午前の記者会見で、世襲制限への批判や反論が相次いだ。

鳩山邦夫総務相は「非常に中途半端な内容だ。自分たちは(世襲で)いいけど、後(の人)は駄目だというのは愚の骨頂だ」と批判。「どうせなら(民主党代表の)小沢一郎さんも(同党幹事長の)鳩山由紀夫さんも鳩山邦夫も出るなよ、とやれば徹底している」と皮肉った。
 浜田靖一防衛相は「安易に(近く)選挙があるとみられるときに議論するのでなく、冷静に話すべきだ」と慎重な論議が必要と強調。石破茂農水相は「あらゆる人に(選挙に)出る機会が平等に保障されるべきだ。憲法論がクリアできるかどうか難しいのではないか」と指摘した。
 小渕優子少子化担当相も「世襲という理由だけで良い悪いと決めるのは乱暴かと思う」と言及。中曽根弘文外相は「つまみ食い的にここが問題になったから(変えるべきだ)というのが最近多い」と不快感を示し、自身は(中曽根康弘元首相の)「2世」だが、参院議員で地盤を受け継いでいないことから、世襲議員ではないと主張した。
 一方、野田聖子消費者行政担当相は「世襲制限よりも女性の比率を高める内規をつくった方が前向きではないか」と述べた。


笑えることに、猛烈反発してるのは世襲議員のいらない大臣ばかりだ。
「カバン・看板・地盤」と言われる議員に必要な要素のうち全てを世襲議員は引き継ぐ。中でも相続税を政治団体を隠れ蓑として世襲議員は支払わなくてもよいのだ。

民主党が打ち出すのは3新等までの世襲候補を容認しない、という素晴らしいものだ。

最後に、猛反発している先生達よ、自分が世襲議員でなく自身の力で当選していると思っているのならば、次の選挙ではどうぞ他の選挙区から立候補してくださいな。





nagatachou at 15:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メディアで存在感を増したい鳩山氏名古屋市長に河村たかし