2007年10月08日

今日書く昨日の日記

7時
岩槻ICから首都高経由で東名。
両国JCTは当たり前のように渋滞。
東名入って横浜青葉の辺からまた渋滞。
鬼太郎見ながらマターリしてたら渋滞オワタので前進。
厚木JCTから小田原厚木道路に分岐して数十分で荻窪IC到着。
下降りてから目的の骨董屋に向かう途中で警官が10人ぐらい
ウロウロしてる交差点にぶつかりガクブル
パトカー数台に救急車もいてカナーリヤヴァイふいんき(←なぜか変換ry)だった。
最初の骨董屋は時計やらいろいろ・・・赤十字の社員章が箱付。
同志がお買い上げ。
続けて入った骨董屋は壺やら絵画も置いてあり、店主によると
この辺が元々漆を使った店がお買ったのでその流れで結構そっち方面が
残ってるとのこと。
昼飯は魚市場食堂。開店時間が10:00〜14:30・・・
元々市場の人のための食堂だから仕方ないか・・・。

小田原の海見たあと本巣へ向け出発。
箱根裏街道(国道138号)から天下の険を越える・・・仙石原の先は
乙女峠とか乙女トンネルというのがあり、そのあたりから御殿場IC辺りまでの
峠道を特に「乙女道路」というようで・・・乙女ロードが頭を過ったw
当然ヲタショップは無いしそっち系の書店も無いけどw
むしろ途中の道が崩落しててガクブルだった件。
峠降りたところにある鈴廣で蒲鉾かって再出発。138がドン詰まりなので
裏道の御殿場富士公園線から進んで適当なところで右折して138へ合流。
須走ICから富士五湖道路。基本片側1車線の道で、前が詰まってるのに後ろの車が
やたらと煽ってくる・・・70km/hの道で煽るなよorz
この時点だって詰まってると言いつつ(検閲削除)km/h出てたんだから・・・
富士吉田ICで降りて富士パノラマラインを西進・・・しかし富士山のほうを見ても
林ばっかりで富士のパノラマがまったく存在しない件。
樹海を走る道を抜け本栖湖に着いたのは4:30ごろ。浩庵(レストハウス)の辺で
車を止める。ここは現在の千円札と前の五千円札(新渡戸)の裏に描かれた富士山の
モデル風景の地点で、まあある意味ロケハンなわけですよw
それでいざ富士山のほうを眺めたら・・・画像参照orz

実はこの画像は湖畔の道路から撮ったもので、紙幣のモデルになった風景を
岡田紅陽(←モデル写真を撮った写真家)が撮影した地点は裏山を少し登った所にある。
そこで浩庵のスタッフにそこまで逝くのにどれぐらい掛かるか訊いてみたら30分ほどと言う。
日没は5時前。このときの時刻が4時半過ぎ・・・もうだめぽorz
諦めて帰った。

帰りの道は中央道の予定・・・
もちろん中央道がすんなり帰してくれる訳が無かったというか・・・
5時半ごろに甲府南ICから乗って途中の掲示板

相模湖まで 3時間以上
八王子まで 3時間以上
東京まで  4時間以上

トリプルコンボktkrwwww
とりあえず釈迦堂PAで晩飯にして休憩。
7時ごろスタート。
笹子トンネル過ぎたらスーパー渋滞タイム開始(35km)。
もう逃げ道も無く、SAPAは本線まで入場待機列のはみ出す有様。
前回は上野原ICで降りて逸般道使ったら日付が変わってしまったので
今回はまっすぐ進むことに決定。ジリジリ進むこと小一時間、小仏トンネル
抜けたら一気に流れ出す。そのまま圏央道へ入って検閲削除km/hで流し
関越三芳PAからスマートICで降車。なんとか日帰り旅行を0泊2日にすることなく
帰国完了。


結論:中央道は低速道路に改名するべき

本栖湖  

Posted by nagato3 at 21:15Comments(0)TrackBack(0) 日常 |