お久しぶりです。
よもぎ台スタッフ永友です。
今回は8月5日に行った夏レクについて書いていきます。

よもぎ台のレクには去年から年間を通したテーマが存在し、今年のテーマは「フェス」でした。
なので、「フェス」らしくよもぎ台の1F・2Fをエリアに分け、「祭りエリア」と「フェスエリア」で分けた内容となりました。(ただ、エリアと呼んでいるのは僕だけでした。)

「祭りエリア」では利用者様の食事やよもぎ台のスタッフ総出で作った巨大提灯の前で写真撮影を行い、「フェスエリア」では射的と紙で作った魚釣りを行いました。
3DD803BC-4D5C-4C8F-B78C-3416A96FDF94
(制作構想に1〜3周間、制作期間3日で出来た巨大提灯。手伝ってくれた全てのスタッフに感謝)

さて、今回の夏レク。利用者様のご家族様が多く来られとても大賑わいとなりました。
自分の中で特に印象が強かった場面は二組の利用者様のご家族様が交流しているところでした。
多分双方初対面にも関わらず、笑顔で会話を楽しんでいる様子は、あまりよもぎ台で見られない光景で、ご家族様を夏レクに呼んで良かったと思えるものでした。
さらに、夏レク中に嬉しくて涙を流されるご家族様もあり、そこまで楽しんでもらえるとは思っていなかったのでとても良いイベントが出来たと感じています。

また、夏レクではもう一つインパクトの強い催し(?)を行いましたがここでは書けないと判断し、気になる方はよもぎ台に来ていただくか、スタッフにお気軽に声をかけて下さい。笑

それでは...