亜空間酒場

東広島の片田舎から綴る創作徒然日記

2016年01月

遂に発見ダイソーのパレット!

何年探した事やら。

プラモや粘土人形の塗装に愛用していたダイソーの使い捨てパレット。

これがずっと、どこ行っても無かったんです。

で、数年前に実家近くの百円ショップで似たようなパレットを発見して

それを使い続けていたんですが、それも底を尽きまして。

こないだの年末に帰省した時、その百均に行くも影も形もなく。

そろそろ本格的にピンチだなと思い、あれこれ代用策を考えていた所。

昨日スターウォーズを見に行った時に立ち寄ったダイソーにて奇跡の再会!

思わず棚にぶら下がっていた7パック全て買い込んできました。

いや〜良かった。これ愛用している人、他にも居ると思うんだけどなぁ。

ついでにネットで見かけた、ダイソー商品で作る塗装用の持ち手を作成。

これもなかなか使い勝手良さそうです。

やっぱりダイソー。モデラーの強い味方です。

イメージ 1


イメージ 2


スターウォーズ フォースの覚醒、見てきました。

スターウォーズ最新作のフォースの覚醒を見てきました。

公開から時間が経ったからか、はたまた元々こんな物なのか、田舎だからか(多分これ)

映画館はガラッガラ。ど真ん中のベストポジションに陣取れました。

感想、ネタバレ多分なしで。

まず浮かんだのはガンダムUCに立ち位置が近いなという感覚。
この2作に共通する、先代を凄く大切に思う姿勢。
若き頃旧作に熱狂し、その洗礼を浴びに浴びた次の担い手によって紡ぎ出される後継世界。
さもすればそれは、保守的、マンネリ、既視感、お約束、ワンパターンと捉えられかねない物。
恐らく元の原作者(ルーカス監督しかり、富野監督しかり)が指揮すれば、
前作を生み出したクリエイターの覚悟として、前とは違う、ある程度装いを変えた世界に
意識的に挑戦してくるのではと感じました。
しかしここにある映画は、しっかりどっしり旧6作に連なる第7作。
本筋は当然違う話でありながらその歴史を継承し、懐かしいも新しいも取り混ぜての展開。
歴史ある作品のみが語り得る、まさに王道相撲。

しかしその反面で、前作が持っていた伝説性みたいな物は失われたかなと。
過去のスターウォーズは、面白いか否かを問わず、これがスターウォーズだ、
これが歴史だ、新たな宇宙の史実なんだと思わせる威厳に近い物を感じていたんですが、
フォースの覚醒は、気負いなくエンターテイメントとして普通に楽しめる、
悪く言えば大河感の無い印象でした。

いや、でもやっぱり悪く無い。むしろイイ!かなりイイ!ムチャクチャ面白い!!

以上が、ストーリー的な感想ですが、超個人的な、些細な、しかし重要な感想で、
いかにもCGでシーン作りました的なライブアクションが印象に残っていないんです。
これはアクション映画にとって、僕的に超重要なんです。
きっとCGバリバリ使われているのは当然なのに。
アクションシーンの、特に人間のアクションシーンでCGを使われると、
マネキンがチャカチャカ動いて凄い事させても全く感動しない人間なので。
マトリクスリローデッドも、スパイダーマンも、前作のスターウォーズですらありました。
それが無かったってだけでも、自分的二重丸です。
(DVDで見返したら、アレ?って思うかもですが。)

お約束すぎる、ご都合な箇所も多分にあります。
しかし、2時間そこそこの限られた時間の中で、見たいと思えるシーンがどれだけ残されているか。
その一点で、フォースの覚醒は頭から尻尾まで餡子の詰まったタイ焼きの如くです。

宇宙を飛び回るSFが嫌いじゃなくて、メカが好きな方なら楽しめる映画だと思います。
少なくとも僕はあっという間に時間が過ぎるほどのめり込めました。
まだご覧になっていない方、オススメですよ!

帰宅後。
アートブックとXウイングをポチリ。
そりゃそうなるわな。



新春報告。

始まりました2016年。

奥さんの仕事の関係で、大晦日には帰省から帰ってきました。

で、4日に息子が高熱で寝込みます。

風邪かなと思い、しばらく安静にして休み明けて病院へ。

一旦風邪の診断も、高熱下がらず数日後再診察。

マイコプラズマ肺炎でした。

超放電状態の舞妓さんがくるくる回る絵が誰でも浮かぶと思いますが、

これが結構しんどい肺炎。

で、数度の点滴を経て、やっと昨日辺りから復活。

急いで貯めていた宿題をこなしています。がんばれ!

と、とんでもないスタートの2016年ですが、

今年は、暫く暫く休眠状態だった絵も描いていこうかと。

ま、iPadでの落書き程度ですが。

立体の方は、自分が勝手にガンダムAGE応援隊だった事を思い出し、

まずは手始めにAGE3の塗装とジェノアスカスタムをいじくっています。

先はまだ‥長そうです。

今年は何体のせることができるのやら。


イメージ 1



2016年 あけましておめでとうございます。

こんな不定期にお付き合いいただいてます皆様方、

あけましておめでとうございます。

引き続きのご愛顧賜りますよう、

宜しくお願い申し上げます。

今年は、もっと数をこなしたいなと。

毎年思っていることでございました。

作品の質を上げたいなと。

これまた毎年の事でございました。

ま、まずは手を動かし汗をかけと。

これまたこれまた毎年の、でございました。

…はい。がんばります。


イメージ 1


記事検索
プロフィール

ナガリン

ギャラリー
  • ガンダムアスタロトの組み立て。
  • 30MM ポルタノヴァの続き。
  • 30MM ポルタノヴァの続き。
  • 30ミニッツミッションのポルタノヴァ組み立て。
  • 30ミニッツミッションのポルタノヴァ組み立て。
  • ドムR35の塗装とマーキング。