亜空間酒場

東広島の片田舎から綴る創作徒然日記

2016年02月

バイファムの足裏

やっとこ最後の追加部分が出来ました。

ふくらはぎ裏のバーニア。

多分SEED系の何か、アストレイもどきなキットのジャンクから拝借。

バイファムといえば、やたら色々な所にあるバーニアです。

これで全て出揃ったので、後は塗るだけ。

足元の顔面は次に組み上げる予定のビギニングガンダム。

これまた不出来な感じのキットでして、

なんとかしなきゃって所が燃えさせてくれます。

とりあえず恒例のマスク切り離しで位置再調整と、

思い切って頬の張りを削り落としました。


イメージ 1




ジェノアスカスタム改めバイファム。

ガンダムAGE応援隊、初仕事です。

ジェノアスカスタムです。

「 ひさしの取れたバイファムに見えるなぁ。」

と、初見でいきなりAGEと無関係な改造を決意。

ガンダムAGEを応援する気が本当にあるのか謎ですが、

見えたんだからしょうがない。

まずは素組みの後、写真を撮ってアイデアスケッチ。

イメージ 1

基本手のかかることはやりたくないので、ちょい足し程度で、

なんとなくそれ風に見えればとスケッチを描き進めます。

他はどうとでもなるが、やはりネックは足。

元のジェノアスカスタムは細っそり。バイファムはポッテリ。真逆です。

しかも素組みした物を眺めているうちに、その特徴ある足のラインが結構気に入っちゃいまして。

なんとかジェノアスカスタムの良さを残しながらバイファム要素を盛り込めないか。

この足をどうアレンジするかでコレ決まるな〜、で、ここから長考に入りました。

で、出来たのがこれ。

イメージ 2

きっちゃない筆塗りサフ画像ですが。いつもの事です。

やったことは、
・頭はヒサシと耳とアンテナを新造、アンテナ取ってプラ版で蓋。
・腕は動力パイプみたいなのと肩の丸いのを新造。
・足はフクラハギをカバーしつつバーニアをジャンクパーツで追加。

で、今ここです。

イメージ 3

後ろのは昔のどこかのネットショップのバーゲンで買った超出来の悪いバイファム。

なんだろう、色がこれだと結構それっぽく見える。

カラーリング、恐るべしです。

ガンダムAGE応援隊、再始動。

もうなん年前でしょうか。

勝手にガンダムAGE応援隊だ!とここで鼻息荒く宣言したのは。

プラモ買い漁っただけですが。

しかも全く完成していなかったので、実質活動実績ゼロですけどね。

なので再始動も何もあったものじゃないですが、なんとか最初のが出来上がりそうな、

そんな予感がしそうな気配の風を感じなくもない今日この頃になりそうなので。

とりあえず再始動。

とりあえず現状アップ。

ベース色乗っけた程度なので、エフェクトかけまくってごまかしています。

まずはガンダムAGE3です。

イメージ 1

続いてジェノアスカスタム。

イメージ 2



…ジェノアスカスタムです。多分…

ガンダムAGE、応援します。

HGUCズゴック

色々な方々のHPを拝見して思うのが、みんな写真上手。

僕がまともなカメラを持っていないのもあるけど、

写真撮るたびに、こんなか?ほんとか?これか?と必ず思います。

それに撮影場所もいい加減なところばかりで。

なので、最近は百均のあれやこれやを使って簡易撮影ブースを作ろうかとか考え中です。

それが出来れば色々と作り溜まったモデルを撮影しようと考えてます。

ま、ただ腰の重い手の遅い自分の事なので、取り敢えず簡単にアップだけでも。


イメージ 1




HGUCズゴックです。

頭頂部の削り込みとモノアイ幅詰め程度の改造、後はそのまんまです。

こんなに出来のいいキットが、実売500円程って、良いんでしょうか?嬉しいけど。

塗装はユニコーンバージョンを参考に、水性塗料を筆とスポンジでペタペタぽんぽん。

腕の白ラインは3Mのスコッチカルシート。歪んでますね。情けない。

銀チョロはゲルインクのボールペンです。

モノアイはスコッチカルのシルバーを水性クリアレッドで塗装。

最近のジオン系モノアイは全部これです。

ズゴックはすっごく好きなMSなんですが、プラモデルは関節がネックですね。

もうブランブランです。

HGUCハイザック

これもそろそろREVIVE?なHGUCハイザックです。


イメージ 1




かなり初期のモデルなので、形はそこそこでも可動や構造は今一歩。

可動は僕の場合、ほぼ巣立ちで置いておくのが殆どなので、完全無視。

頭以外は文句無いのでスルー。

頭の気になる部分を、そこそここだわっていじってみました。

・胴体への取り付け位置変更
・モノアイの幅を狭くする
・口のダクトを大型化、カメラ前の突起を大きくアレンジ
・頭頂部を肉厚ギリまで削り込み

結果、なんか普通のザクっぽい顔つきになりました。良かったのかな?

あと、バックパックは上に伸びるスラスターが付け根からボッキリ折れたので、

でっち上げ新造。

塗装は、ユニコーンに出て来たハイザックカスタムをベースイメージとして、

誰得なポリパーツのパイプをわざわざプライマー買ってきて塗装。

結果これまた普通のザクな感じに。

仕上げはブラシ&スポンジのウエザリングに、

クレオスのウェザリングカラーでフィルタリング。

まるで魔法の塗料だわクレオスのウェザリングカラーは。

いつの日かREVIVEと並べる日は来るのか?!



記事検索
プロフィール

ナガリン

ギャラリー
  • WOODPUNK
  • WOODPUNK
  • WOODPUNK
  • WOODPUNK
  • WOODPUNK
  • WOODPUNK