今年公開予定の映画Kubo and the two stringsを製作したLAIKAの前作、Boxtrollsを見ました。
なんだか言葉に出来ないくらいの衝撃。凄すぎる。
表現する事への覚悟というか、手を動かし知恵を凝らせば人間なんだって表現出来ちゃうんだなと。
全編ストップモーションの人形アニメですが、想像を遥かに超える濃密な画面に終始釘付けでした。
海外版のBlu-rayだったので英語音声の字幕無しで見ましたが、それでも一切ダレる事なく最後まで。
横にいた息子も英語なら見ないと言っていたのに、始まると即見入って、これまた最後まで。
これの前作パラノーマンも凄く良かったけど、日本のセールスが散々だったみたいで、Boxtrollsの日本版は仕方ないかなと思っていましたが、セールス云々関係なく日本版は出ないのかもと思い至りました。
とにかく全く子供向けでない内容。
誘拐、監禁、食物アレルギーに格差社会。
かなり重めで、画面も結構ダーク。
もうメチャクチャオススメなんですけどね。
機会があれば是非。