長い間放置してたのが嘘のようにズンズン進めているラルさんのドムことドムR35です。

スポンジポンポン塗装ではみ出した部分や色分けの際を筆で補います。
この時にアクリジョンの隠蔽の無さが活きてくるんですねー。
下の面のニュアンスが残しながら色を乗せることができます。

エッジをザックリと焼鉄色でスポンジポンポンした所で、ウェザリングカラーのステインブラウンを塗りたくって、綿棒で整えます。

そして一日ほど乾燥の為に放置。
ウェザリング系の塗料や手法の中でも、クレオスのウェザリングカラーは乾燥すると剥がれにくくなるのが気に入ってます。
パウダー系や色えんぴつは触っていると取れちゃいますからね。

で、ここらでマーキングを入れます。
ネットで色々な方々のメッチャカッコいいドムを参考にマーキングラインを3Mのカールフィットシートをカットして貼り付けます。

IMG_20200119_122656_edited

若干厚みがありますけど、曲面にもフィットするし、何よりトライアンドエラーが出来るので気に入ってます。

IMG_20200119_131750_001_COVER_edited

こんな感じ。
シートを貼った上からはウェザリングカラーは気を付けて塗らないと剥がれちゃいます。
なので綿棒でカスレ気味なのを乗っけていくことにします。

いやー早い!自分にしては。
(単に粘土作品の塗装から目を逸らしているだけなんですが…)