トーナメントサーフ45🐠発売までわずかとなりました試投会

2019年03月16日

トーナメントプロキャスターAGS 25号405

IMG_20190315_065059
2年前に、カーボンスレッド技術を搭載したロッドとしてデビューした
トーナメントプロキャスターAGSですが

今年、追加モデルとして、25号405が発売されます
(27号385も)

25号405の最初のプロトを初めて触ったのが約2年前

やっとの発売となります

担当者と、一緒に、能登で初めて振ったときに
「これホントに25号?」と担当者に聞いてしまいました

号数表記はシリーズ最柔ですが
元竿節長設計のおかげで面白い仕上がりになっています

元竿長節設計のロッドは、硬い号数になるほど扱いにくいという声を耳にします

2番が長い13サンダウナーが、2番がグワン!と曲がる感覚があるロッドとしたら
元竿が長いロッドは、硬くて、太くて曲がりにくい元竿が一番長い
そのおかげで、曲がりにくい元竿で、竿先部分を押し込む感じになりますので、ロッドの初速は上がりますが
2番が曲がる感覚が掴みづらく、それが、スイートスポットが狭いと感じさせる要因となっているかと思います

ですが、さすがに、25号
少し強めに力を加えると、元竿までシッカリ錘が乗ってきます

そうなると、25号とは思えないロッドパワーで、シンカーを弾き出してくれます

中、近距離の釣りをメインに釣っていて
時には、少し遠投となってもシッカリ対応出来る

IMG_20190315_065109
自重も365gと、軽く
IMG_20190309_084236
トーナメントサーフ45と組み合わせると、800gに満たない

1日使っても楽だと思います
今年の、私のメインロッドになると思います

facebookでアップしたら
某EX+と
ぶっつけどーなの?
って書き込みがありましたが

現行品の、某EX+今のモデルは振ったことはありません
ですが、ピンクの初代マスタライズキス開発の際には、比較として前モデルのEX+は、よく使わせて頂きました
その時のEX+の硬さと、今のEX+が同程度の硬さだとしたら

プロキャスター25号は、六分、七分程度で楽に投げたときの硬さは同程度かもしれませんが
柔らかい号数ですので、力を加えると、元竿までシッカリ錘が乗ってきます
元竿まで曲がり込んで来た時のロッドパワーは、なかなかの物です
従来、30号クラスをメインに使っていた方でしたら、ホント、プロキャスター25号だったら、これでいんじゃないの!って言ってしまうと思いますよ
試投会で投げる機会がありましたら、是非、元竿に掛かるくらい振り込んでみてくださいませ


と、返答させて頂きました

来週から、試投会が始まります

普段、30号、33号をメインに使われている方
せっかくの機会です
今年追加発売となった
プロキャスターAGS25号や、スカイキャスターAGS25号も
是非ともお試し下さいませ

大野等


nagehatomoare at 22:34│ 大野 等 
トーナメントサーフ45🐠発売までわずかとなりました試投会