ウラハチ

携帯用だからパソコンでは思ったようになってないのですが、なんとか見て下さい。 サークル情報とかはそれっぽいタイトルのやつを。 あとは本当にただの日記ですんで、面白くはねぇよ。

2008年01月


人生じゃないですよ。

明日出掛けるからそのアレ。



必要な持ち物
☆財布
☆ケータイ
☆きんたぬう


以上だ、よしよし。




あ、モモも連れてかないとか…。

じゃあ久しぶりのお出掛けなので風呂に入れてきます。

c7098c67.jpg

他フィギュアもあると色々遊べていいなあ。

遊戯王のコーラのあれは等身が合わなくて残念ねぇ。


悲しすぎて涙も出なかった。


一週間、出た結論に。



自分の中のどうしようもない矛盾の果てに、たどり着いた答えはあまりに馬鹿すぎる。



やっちゃったんだなー。
これ私なー。

その過程も結論もなんというか失礼過ぎて誰にも言えない。


でも答えを、トーキン桃が出してくれたから。
あのお人形は本当に不思議だね。
何故か欲しい答えをきちんとくれる。



「私たちは間違ってしまったんじゃないかな…」


ぽちっ


「マジかよ〜!? けっこ〜 楽しそうだな!!」


肩の荷が下りたよ、ありがとう桃。


それだけで、いいじゃない。

そう、それだけで、いいんだ。

ありがとうね、桃。


明日からも私は電車王が大好きです!!


2月にはよみゅーりランドまた行くよ!!
素直に続編も楽しみだぜ楽しみだぜ楽しみだぜぇぇぇぇ!!

どんな矛でも破れない盾、
どんな盾でも破れる矛、
さてその矛でその盾を突いたら、どちらが勝つか??


「ノリのいい方が勝つんだよ!!」


それが、制作側や視聴者から、彼らが手に入れた時間。
彼らが勝ち取った時間だから。


銀さん!!逆さま逆さまー!!

と 変身姿に突っ込んでみたが、剣食わされた辺りで

あ、こうもりだから逆さまでいいのか。

と納得。


大体そんな感じで牙。

bf8cb828.jpg

表紙。とか思いつつ。

あーもう疲れた。
猿山下半身しか描いてないのに疲れた。

おまけに描いてる最中、親指ぱくって切れた。(手荒れ)

途中で頭の中に(天恵?)はちさんココ表紙です!!
って聞こえて主にへるのまたぐら描いてる辺りで踏みとどまった。

それじゃなくて微妙にオカシイ箇所があるのでもう少し直すよ。




えー。

もう疲れたー。

7a2b44a6.jpg

うちのはなたん。
ちょっと可愛い仕草をしてたので撮りまくってみたけど思いの外可愛く撮れなかった。

とゆーか少しコワイ。



はぁー、また今日が終われば明日が来ますねぇ。


今日は何回目だろう。

たぶん五回か六回目くらいじゃん??






はーぴばーすでーでぃーあじょーのーちくーん。

fec2def0.jpg

寒いです。

aa275c22.jpg

結局猿山の資料が出てこなかったのでDVDひっぱってしこしこ夜なべ。

またかよ。

あーヘル可愛いなー
堕ちかけ最下位ザーたんも可愛いなー。

さりげなくブッキーカイザー服着てる気がする萌えぇ。

つい続けて初夢デュエルも見てしまう キレイなカイザーたん可愛いなー
(途中で崩れ行く作画にいつも笑ってしまう)
バナナの王冠可愛いなー。

カイザーたんにバナナをバナナを。


バナーヌ!!


この先師匠ぶち倒して親友へち倒して弟げち倒して次元超えてデュエルして心臓患って異世界までSMグッズ持ち込んで弟助けて執事ごっこして説教してキレて輝いて死にかけて海から流れ着いて手術してデッキ継承新団体設立フラグ??なんて誰が想像したかなぁ。



バナーヌ!!バナーヌ!!

とりあえずヘルカイザーにバナナに生クリーム塗りつけて食わせる夢を見ながら寝る。

いややっぱヘルカイザーのバナナに生クリーム

いやヘルカイザーにバナナと生クリーム

いやいやヘルカイザーに生バナナ


バナナはもういい。


全然関係ないけど電車王の写真集(表紙ハードカバーで剣のやつ。)
うらたぬうのくちのアップらへんから見えてはいけないものが見えてる気がする。

はだいろとかそゆの。

だからいつもなんとなく俯瞰なんだなぁと納得。

あそこから息してるんだなぁと納得。


なんか桃のファスナー以上に見てしまった方が申し訳ない気持ち。


なんか…すいません。

電車最終回。

悲しい終わりかたをしてしまった所もある。

佐倉井さん。


なにもかもすべて無かった事にして。

でも、ゆーと言えばゆーとなんだから大きな目で見れば問題無いわけだよ。

でも、ゆーとがオデブと出逢った分岐点からの佐倉井さん。

それは正に誰の中にも存在しない。

特異点の中にすら。


(特異点もゼロカードの影響が免れられないことは実証済とゆーか
そうでないとこの話そもそも成り立たないからね・笑)

最初にカードをオデブに託してたからもう最初から全部、自分は消えるつもりで。

そんなにまでして守りたかったものは、
この世界、
世界中の誰かの大切な記憶、
そして大切な恋人、
そして、
その人との娘。


過去の自分に辛い働きをさせる事もわかって、それでも。

自分を消す事でそれの償いにした。


でも、また過去の自分が愛離さんと恋に落ちて子を成す事は確信してやがるんだわなっ(笑)この色男っ!!(笑)


もうその行動すべてがゆーとらしくて泣けてくる。

あの子はそういう子だね。

(もしかしたら元のゼロ電車の持ち主も、こうして消えたのかもと思った。
だから誰もその存在を知ることはない。
ゼロ電車はそういう存在なのかもなーとか。余談。)


とゆーか佐倉井さん消えなかったらゆーとが可哀想なんだよね。
だから消えてもらうしかなくて、だから視聴者側に感情移入がないように露出が最小限だったのかなぁ。


などなど大人として考えつつ(笑)


でも一応のやおい同人作家、ホモだとて恋愛描き、
描くテーマは異常だったり歪んでたり偏執だったりするけど、
なにはなくとも愛をテーマとする(…してるんです・笑)自分としては。

悪くないなと思うんです。佐倉井さんの終わりかた。


もうその時間は誰のどこにもなく、
流れて行く時の砂に融けて光になってしまったとしても。

消えてしまったからこそ、それは交わることもなく。

愛離さんと佐倉井さん、二人の時間は、




その愛は永遠に、彼だけのもの。




愛離さんとゆーとがこれから作っていく時間が彼らのものであるように、

彼の思い出は、時間は彼だけのもの。

こぼれ落ちた砂の痕跡も残らない、けれど。

それは切なくも悲しくも、でもそれは…


うまく表現する言葉がわからなくて、アレなんですが。




とても、ロマンチックだ、と思うんです。




やっぱちょっと俺の描いてる恋愛観オカシイかな(・ω・)?

だからあんな海馬なんですよと言っとけば納得される気もします。

↑このページのトップヘ