ウラハチ

携帯用だからパソコンでは思ったようになってないのですが、なんとか見て下さい。 サークル情報とかはそれっぽいタイトルのやつを。 あとは本当にただの日記ですんで、面白くはねぇよ。

2008年03月

ac560a7d.jpg

しつこくフルコンプ記念・ルネ山メガ射。
目的とする事は顔ではなくメガネにぶっかける事。



すごく個人的な話ですまないが顔●するなら髪にもかかっていて欲しい。

萌えるんだ…。
すごく…萌えるんだ…。


あとみつあみは崩し、されどほどくことなかれ!!


引っ張って泣かせてぇ。
いやでも髪引っ張るなら前髪ひっつかんでの方が好き。

髪●キして汚してやりてぇその金髪。
本当はストレートが好きなんだけどね。



つか髪コ●て。

足●キよりマニアックやわ。

どっかロン毛の多いボブゲでやってないもんかなー。(流石の腐女子とて引くわ)


カイザーたんも、できなかぁないけど遊戯王は髪質的に気持ちよくなさそうで嫌だ(笑)




すいません。

気にしないでください。


最近キチガネやりすぎでなんかそっち方面ちょっと書きすぎなのでそろそろ自重しようね!!

携帯の待ち受けをMr.Rにしてみた。

スプレーさんの公式で拾えるやつ。



何かが間違った気がしてるけどまあいいか。


ところでルネ山の本番行為に夢と希望を頂きちょっと頑張ってみようかなんて思ったら
電気スタンド壊れた。

ボンってゆーた。

部屋の電気もすでにいっこ壊れてて薄っ暗いのに。

マングース(漫画描き)にあるまじき室内。


えー知らない。


なんとかしろよ光輝け自分!!

shineの綴りはローマ字よみで死ね!!

コナンでやってた!!

いやいやいやいや!!

しつこくまだやってたらキチガネ。


まさかの友人ルートバッドエンドで、る、るれるるるる、ルネ山


本 番 行 為 を…!!


( ゜Д゜)


ヤってんじゃん!!

おい、ちょ やっ、マエタケェ!!(動揺のあまり呼び捨て)聞いてねぇ!!

いえいえあの残念ながら(笑)攻ですが、いやそんな問題じゃないよ、
息が荒いよ明らかに今キミイッたよね、イきましたよね、その後のテキスト読んでもこれはイきましたよね。


おい!!


もうアレじゃね?オファー待ちじゃね??(笑)

アレか。攻ならやってくれっぺか。

受は…受は…どうですかルネさん…。

いーやビックリした。

なんだよ攻略できないけどエッチはアリかよこの冷凍ティンコ!!(また一生忘れない思い出ができた模様)

ゴレンダですかこの野郎、佐伯ノンメガネ様にダイレクトゴレンダですかこの野郎。


ああっ…もうっ…ええっ??


いやぁ…。

人間生きてると、こんな幸福もあるもんなんですねぇ…。
(*´Д`)


もう少し私も、頑張って…生きてみようと思います。

ありがとうルネ山さん、ありがとうスプレー(※キチガネ制作メーカー)さん。

0ac358f2.jpgキチガネのコンプを目指したわけではないですが、
取り零しのルネ山と遊佐のエロシーンの為に(…)サクサク攻略。

めんどくさいので攻略サイトを見つつサクサク。邪道や。
(今は攻略本って時代じゃねえんだなー)


どうでもいいんだけど強姦拘束監禁リモコンローター会議、
さらに異物挿入や鞭打ち・××にベルト・ボールギャグ+目隠し装備までヤられて
良エンドになれる御堂部長の心の広さは異常だっ。
そこに愛があればなんでもいいのかっ。
御堂のMはドMのMなのかっ。
自分でもビックリなのかっ。


まあ…嫌いじゃないです(お前が変態だ)


さりとて。

ノンメガネとメガネの人格に対する差違が面白いですね。
御堂さんは異変以前を知らないからか、
どっちでもまあそれが彼にとっての佐伯(あ、主人公の名前です・笑)なる人格であるわけですが
(メガネで強姦後ノンメガネで会いに行くと差違に戸惑うような描写がありますが。
あのシーンちょっと好き。普段居丈高なキャラがふっと弱くなってる瞬間て好きだ。)

どっちでもそれがお前ならそれでいいぜ、と言う友人は広くて温かい。
自分が受に回らされてもまあ、まあ、と頑張る辺り愛を感じます(笑)

太一ちゃんはメガネ様とは結ばれない反面、拒否反応も物凄くて、
メガネじゃない主人公になら全て話すから…とか言う辺りも思うところがありますね。
鬼畜人格が定着してしまうと、はっきり「お前が殺したんだ」とまで言われます。
それらに対してのメガネ様の感情も一概に切り捨てられない感じ。

ああいう最低な形(強姦・笑)じゃなくて分かりあえたらきっとなぁ。

うーん。
そしたらメガネ様も変われたと思うんだ。
フォンダ君に「険がとれたな」って言われるシーンもあるから。

まあ、それを求めるのは太一ちゃんにじゃなかったと。
だからカップリング不成立と。
単純にそういう理由ですね。

課長とアキちゃんに至ってはメガネがないと始まらない。


ずーっとシナリオを通して来るとメガネ様がただの寂しい子に見えてきます。
(また始まったよ…私の病気が…)

自分自身に否定されて、ずっと閉じ込められて、性格は歪んじゃって、
能力だけはアホみたいに高くて、大人なんだけどでも子供みたいに自分を認めて欲しがってるみたいな。



あれ?…闇マリクさん?(笑)


そうやって見ていくともうね、そんな風にしか見えなくなってく。


何故あんなに仕事熱心なのかとも疑問だったんですが、
成功する事でしか、自分が能力でしか認めて貰える事がないと思ってるからなんじゃないか。

欲しいのは成功でも地位でも名誉でもなくて、それに伴う自分を認めてもらうと言うことなんじゃないか。

だからいくら成功しても虚しいだけ。

愛し愛される事はお互いだけを認め見つめること。

唯一無二の存在になれた事の証。


でも愛し方も愛され方もてんで知らないメガネ様は擬似的に儀式的に最も愛に似た行為に走ると。


考えると出てきて最初にした事アキちゃんとのエッチだもんな(笑)


そんなに欲しかったのかな?そんなに寂しかったのかな?

課長が、君だけが僕を見てくれた、と言っていたけど、逆もそうなんじゃないかな。


見てくれた、から両想いになれる。


それまでは、誰でもいいから俺を認めて、って必死に叫んでるみたいに。


でもやっぱり一番認めて欲しがってるのは自分にかも知れない。

オマケのエロシーンで、もう1人の自分に執拗に認めさせたがっているのは欲望、
欲望と言う名の閉じ込められた人格、メガネ様自身。

メガネ様がもう1人の自分を嫌うような描写もある。

認められない事への苛立ちかも知れない。

でも結局自分が頼られて、
その願う方向に動くしか自分を認めてもらう事って結局出来なくて。

結果また心の奥に捕らわれる。



ああなんて可哀想なメガネ様。(太一ちゃんルートじゃ晩御飯の出汁ですよ)
あーだから私ノンメガネルート好きじゃないのね…。


…ちょっと待てよと。

つかメガネルートいけばノンメガネは逆に消されるだろがと。

傷ついて否定した自分を隠すために産まれた人格。
結局否定したそれにとって変わられ。可哀想じゃないですか。


ですよねー。


でも残念な事に私が好きになったのはメガネ様だったから。


それが恋と言うものぞ。



うーん、だからね、
メガネとノンメガネのカップリングルートがあったらやっぱり良かったんじゃないかな。

このカプが人気と言われて今なら納得できるよ。
他人だと結局どちらかしか選んであげられない。


お互いが認め合えたら。
(アレだ、プリンセスメーカーの娘と結婚エンドだ・笑)


あって欲しかったなー。
まあそれだとメガネ攻だけどナー(笑)

まあそんなトコ位は百歩でも万歩でも譲ったらぁ!!(笑)
それでメガネ様が幸せになれるんだったらね。私はいくらでも譲ったね。

ホントに、それがあればもっと良かったね。


同じ人間なんだからと言われればそうなんだけど、





電車王の桜井さんを見てるみたいだ。





それぞれのルートではメガネ様もノンメガネもとても幸せそうだから別にいいんだけどね、


なんだか、切ない。



…いや、ルネことMr.Rって手もありか!!!!(笑)
二人まとめて愛してくれそうだ!!(笑)
それだったら本当に神ゲーだった!!(笑)
俺的に下半身一拓で神ゲーだった!!(笑)




…以上、頭のおかしい人が何か言ってました。

最後ヘタこいた、ちょっと良い事言ったと思ったのにヘタこいた、
欲望に負けてヘタこいた…(笑)








なんかヘルカイザーもそういう気がしてきた。


さて、一体誰が。

どう、どちらを受け入れてくれる?



それとも…私の道は色々手を出し過ぎたから、BADENDかな?


いや、カイバーマンと万丈目とブッキーと翔しか手出ししてないです発行物的には。



…もうちょい相手を選んでくださいー!!BADのニオイがプンプンです先生ー!!(笑)


こんなはずだったかなって?
そういう顔してるって気がしますかー?

大丈夫、人のそれは運命と呼ばれるものです。

それは産まれた時から決まっていた、決められていた道なのですよ。

定められた事を覆す事は選ばれしほんの一握りの人間にしかできません。

そうですね…1つの物語として1人でしょうか。


そんなはずはない?
おや、では運命を覆した方を複数、ご存知で?

それはけっこうですね、

しかし、貴方の見たそれは、産まれ持ち定められた運命ではなく、
彼らが様々なそれこそ人の生の枠に定まらない物事から勝ち取った未来だったのではないですか?


はい?
ええ、私は言いました。

産まれた時から決まっていた、定められた運命であると。


しかし、貴方が仰られましたので。

今の貴方は貴方が勝ち取ったご自分。

と言うことで宜しいのですね。
素晴らしい。

何故そんなお顔をなさるのですか?

これは貴方の勝ち取った未来であると、私はちゃんと理解致しましたよ。








…それでは貴方はどちらから歩いていらしたんです?

どちらへ、おいでですかー?

はちです。
GX最終回から帰還しました。


…えーとね、感想…。









どーって事はない…最終回…だったなぁ…。










…。


どうする??流石に予想外です。

別に特になにもなにひとつ言うことない。



自分でもビックリだ!!!!



えーとね、悪い意味でじゃないです。

良い意味でもないです。


まさに中間です。





なんか…どーってこたあない最終回…だった…よ…?


うん…



いやぁでもさぁ、人生案外そんなもんじゃない?


俺の3年間と一緒ね、GX。


特にコメントなしというわけで、
ただ一言だけどうしても私が何か残せるというならこの一言だけを遺して逝きたいと思います。


み━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
く━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ん!!!!!!


居なかったの?



居なかったよ、ずっとな。

って、あの優しいまっすんの声で聞こえた気がした。

王子アクション。

…ミキシンソロ少なくね??(笑)

まあ、まあ、またカラオケ難しそうだなぁミ '∽'>彡
しかし美しいなぁ。

りょたちゃんとのダブルと言うよりは我が兄弟?
王子の出生そのものの事の様な気がするダブルなアクションの意味。

悪ゼロピアノもまた美しい。

ピアノはいいねぇ。
美しいなぁ。

さて、さて、今日(日付的には昨日)は運命の日ですね。

残念ながらお仕事だったので、これから見ます。

ああ、録画って嫌だな。


テレビつけていれば流れていくのと違う、自分で決着つけに行かなきゃならない。
私は嫌なんだろか?
怖いんだろか?
ホッとしてるんだろか?
悲しんでるんだろか?
悼んでるんだろか?
傷んでるんだろか?
痛んでるんだろか?
悔しいんだろか?
怯えているんだろか?
恐れているんだろか?







違う、


これは、期待だ。



行ってくるね。


全力という強さで愛せなかった、私の愛しいものたち。


さあ、行こう。

c8b781d4.jpg

とりあえずさくっと一通りのエンディングを見ての大まかな感想をざくっとね。

購入の参考にはならなさそうよ。


☆メガネ様が受けなら良いのに。
☆よって多分海馬受けの人はこのゲーム向いてないかも?
☆遊佐部長もそれげですが海馬が受かつブッキーが攻な人は行くとこがない予感。

☆友人フォンダ受けには新たな目覚めの予感。
☆突っ込まれつつやっぱ交代しね?とか新しい、いつか絶対抱いてやるとか新しい。

☆課長受はおっさん受というほどおっさんは感じない 声は若い。鳥カワイイ。
☆しかしメガネ様と鳥の図はなごめない。
握り潰すんじゃないかとくびり殺すんじゃないかと(元バレー部)
☆でも頼む、恋愛成就が嬉しいのは分かるが乙女とかお前が口にするなメガネ。

☆太一ちゃん(ギッター893)ルートの主人公はとりあえず仕事してくださいね。
☆あと御堂さんとフォンダ君に謝ってください。

☆アキちゃんはエロ要員。
☆左手でスパンキングお疲れ様ですメガネ様!特に左利きの設定は無かったとお見受けしますが!
☆音からして十数発ですが流石は元バレー部ですね!!

☆タイトルから受ける印象程鬼畜ではない。鬼畜とゆーか俺様。
☆とゆーか結ばれるルート目指すと全然あんまり鬼畜でもない…。
☆…え、強姦・監禁とかは鬼畜の内に入らないですよね?
☆床位舐めさせてみてくださいよメガネ様。踏む位してくださいよメガネ様。
何の為の元バレー部体育会系のおみ足ですか。いや課長は踏めるけど。
私は踏むなら顔面がよろしいですね。

☆でも太一ちゃんへの言葉攻めは神クラスの鬼畜。(だからメガネとは成就しないのか?)
☆「オカズのレパートリーを増やしてやるよ」このセリフは僕も一生忘れないと思います。

☆鬼畜に走ると若干頭が悪くなる印象 そりゃ刺されるよ。当たり前でしょうが。

☆真面目に話に入ってるとエロシーンがきて「ああそうだエロゲだった…」と思い出す。
☆よってエロ度はさほどでもないかも?

☆受主人公喘ぎ声はボリュームが高過ぎる。
☆個別ボイスオンオフだけじゃなく音量調節が欲しい。

☆リーマンはネクタイという武器があるので縛りつけるのに不自由しません先生!!
☆相手もリーマンなら口も塞げます!!便利過ぎます先生!!
☆だから世の中のリーマンにはネクタイが標準装備なのですね先生!!

☆愛を知らない子に脳内の妖精さんとして愛を教えるゲーム(メガネルート)
☆ノンメガネルートに食指が動きませんでした先生…。
☆俺はメガネの主人公の方が大分好きらしいです。

☆遊佐受けと攻めでキャラ変わりすぎ
☆友人変わらなすぎ

☆メガネ×ノンメガネが人気らしいですがむしろ逆がいいです先生!!
☆よく考えると変態性はノンメガネ主人公のが上な気がして怖い

☆プロトファイバーってプロトサイバーに似てね?

☆遊佐のセリフにのーみそ筋肉みたいのかある。海水詰まってりゃいいのに。

☆オマケの3Pな流れでジャキーン(眼鏡装着音)「二人まとめて愛してやる!!」(牙のお父さん)
が頭に浮かんだ。馬鹿だ。俺が。

☆ルネ山もうフェラ(限りなくソフトな方向とは言え)やったんだし思いきってくれないかなぁ

☆攻メガネ様のセリフがエッチが盛り上がってくるとちょっと語尾息が荒くなるのが芸コマで非常によろしいですね。
☆突っ込んだ後はいかにも腰振りながら風にセリフ間セリフ間に吐息が入るのも大変よろしいですね。
☆やりすぎの感もありますがファイナルダウン後の深い吐息も好きです。
☆「…っく…。」
☆ここです↑ここで着く息が実に良い仕事です。
☆なのに何故受けとなるとあんあんあんあん声デカイですか主人公様…。
☆喘ぎ声は淑やかな方が私は萌えるようです。

☆背景の使い回しがお昼の連ドラのそれ(予算的な)を思い出しておかしい
☆またこのワインバー(笑)いっつもここだよお前(笑)そんなに連れてきて貰ったの嬉しかったのかよ(笑)あと便所でヤるな。
☆またこのホテル(笑)お前ここでアキちゃんと寝て御堂とは受け攻め両方寝てフォンダまで
☆と 思いきやみんな自重してツイン取ってんのに堂々ダブルルーム取るフォンダスゲェェエ━━━━━━━!!

☆そこまできて「親友だよ」って選択肢出すノンメガネ主人公様スゲェェぇぇエ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!
☆あり得ないでしょうが!!BLゲームだよ!?主人公様マジ鬼畜。

☆お話は全体的にお約束ともいう。萌えツボを押さえているとも言う。
☆やっぱりメガネ×御堂が一番好き。
☆一瞬本多×御堂を考える。城海と言う名の我が業。

☆バッドエンドの後味の悪さはイイ。
☆刺されたりの事実より愛がすれ違ってしまう事の方が悲しい。よく出来てる。
☆カップル成立エンドはどこを取ってもあまらぶ。ごちそうさまです。



はあ、まあ、ざっくりでこんなん。
長い。

7f6e4344.jpg

2位商品。


いや私じゃないですよー副店長に貰った。

副店長世代はボーリングが爆発的に流行った世代らしく気合いが入ってたのだがバイトの高校生が一位。

若さ恐ろしい若さ。


例によってすんごいプロテクターとマイボウル&マイシューズで現れたバカもいた。
でも順位は普通だった。



うーん、一般人。


楽しかったです。



飲んできちゃったんでぐだぐだだけど、ちっと亮受ネームだけでも仕上げたいな。

6月のオンリーは申込み遅れて満了しちゃったんだけど、
有り難く委託のお話頂けたので(亮スペなので城海ではないですが)少し頑張りたいな。

委託先様は本が出来て許可頂けたら改めて告知しますね。




なんかおバカな本にしたい所存です。


会社の組合のボーリング大会に誘われています。

激しく遠慮したのですがチーフだけでなく店長からも勧められました。


あまり実態のない過ごし方をしているからなのか少々心配されているようです。
たまにはこういう行事にも参加しなよと。


いやマジでーオタクをこーゆー場に引っ張り出しちゃいけないんだよー、
以前バーベキュー決められた時もさー、もう毒の沼地。
いるだけでヒットポイントがじわじわなんですよー
なんだか知らないけどメリメリ削られんだよー
KOF97のオロチ様の超必殺ガードした時みてーなよー
ガードの上からどんだけ持ってくんだこのオロチ野郎!!みたいなさー

つかバーベキューだのボーリングだのなに有り得なくない!!??
その有志の参加っつーのが何耐えられない!!

もう、なんで皆はこの空気に耐えられんの!?

しかしどうやら楽しいのが一般的らしいよこの空気。


修学旅行にだけ引っ張り出される不登校児の気持ちだ。
諸先輩方が御身を以ての体験に寄り止めておけと仰られましたので僕がその舞を践むことは有りませんでしたが。

頑張って一般人になりきってきます。


せっかくの休みに…
どうせならルネ山のセックスとかペニスとかいうおセリフやフェラ息を聴いて過ごしたかった(´・ω・`)…。


おれのやることほっといてちょーだい…って歌なかったっけ…。

↑このページのトップヘ