ウラハチ

携帯用だからパソコンでは思ったようになってないのですが、なんとか見て下さい。 サークル情報とかはそれっぽいタイトルのやつを。 あとは本当にただの日記ですんで、面白くはねぇよ。

2011年12月

明日はよろしくちゃんですよ!新刊あるから大丈夫!!


いやまあお誕生日本な事とかは全然気にしない方向でね うん



売り子ちゃん様がいてくだされるので本人確認をしたい場合はお気軽にお聞きくだたい。


あとなんかある?







余裕あればあるで特に言うことないはちさん。

_(83」∠)_先日は大変取り乱しまして_(83」∠)_失礼いたいたいたしました。




ダメじゃなかった。
なんとかなった。

言ってみたらなんとかなった。すいません。ほんとすいません。




というわけで冬の新刊けってーい!!けってーい!!

ふぶりょです。
お誕生日…お誕生日です。

気にするなよ気にするなよこれっぱかしも気にするなよ。

気にしないね。ああ気にしない。

「48」B5/32P
予価…おいくらまんえんにする えっと じゃあ300で 3000ペリカ いや300円。


内容は全年齢ですけどややいかがわしいというか…
いつぞやのセoクスセoックスうるさい亮くんの設定モノというか漫画版というかぶきんぐね。
だからまあそんなかんじよ。うん。

えーけーびーはとりあえず全く関係ない。
二日間。の意だったんだけど結論としてこれもあまり関係ない。

じゃあなにが関係あったんだ。

タイトルなんて飾りですよ。(…)

マジはちさん表紙とタイトルはあってもなくてもどうにもブルドック。




逃げたい飛びたい夢も見ない

友達と映画観に行くとお決まりで寄るバイキングのお店があるんです。

自然食有機野菜みたいのが売りなんですがはちさんはついピザとかグラタンとか食べます。





(・∀・)「…野菜も食べないとと思ったのに気がつけばコーンを取って来てしまいました」

(´ω`)「…」

(・∀・)「野菜だと信じる事にしましたコーンは野菜です」

(;´ω`)「…コーンは炭水化物カテゴリっすね…」

( ゜Д゜)「コーンは野菜にゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」





思い込みと気合いでなんとかするはちさんの食生活。

60歳ぐらいの芸能人を調べてみた。

二十歳ぐらいとして40年後の目安として。



なるほど、なるほど。


あの鳥さんはその身体のモデルとなってる方の歳を重ねた姿は当然見ているでしょうが、自身が老ける気は毛頭ないようです。


いつまでも若く美しいまま居続ける気まんまんだと思います。




まあ

え―じくんは老けてもきっとあんまり気にしないね。
元々大した顔じゃないだろ、とか言ってそう。(大したいけめんをつかまえてコノヤロウ)


下手すりゃ孫ぐらいの勢いですけど、


たぶんやってることはあんま変わらないんじゃないのかな。


きっとね。

あー。


良かった 本当に良かった。



また、いつか…!



希望じゃなくて確信を
その手の中の未来を引き寄せる努力を
そしてそれを欲望と呼べばいい。


愛してる。

ネタバレはいつどこからなにがどういう形で来るかわからない。

でもすでに全国劇場公開されてるから、ここまできたらあとは自衛してないほうが悪いよ。





デレッぱなしじゃないですか。

デレッぱなしじゃないですか。

デレッぱなしじゃないですか。



三回も言いました。

理由を聞いたらデレッぱなしなのも納得が行きました。


なんだか距離が近かったものォ。
なんだか余裕があったものォ。


あらアイツあんな近いとこに座って珍しい と思ったけど聞いたら納得のもう熟年夫婦じゃねーの!!
もうなんかそんなんなってるんじゃねーのよ!!



絆というものを知りそれを口に出せる
自主的に妹(間接)を庇って肩を抱く
まあ え―じくんはさりげなく守ってるんだけどね地味に 今回派手に守ったわよ。



あーそんなんなった、あの子いつの間にそんなんなった!!

泣きそうな位嬉しい。

嬉しい嬉しい。


うんしかも爆笑してたよ。
爆笑ってできるの。
できてるの。




あー!!かみさま!!




とりあえず復活願うのはいいみたい!!
そんな割り切った顔しなくて!いいみたい!!
むしろ未来で会えるんだって!!



あーどうしてえ―じくんにはわかっちゃうんだろ!!
どうしてって事はないけどね!!え―じくんならわかって不思議な事なんかないわ!ないわ!!

どんな気持ちで最後なのって聞いたんだろ!!
返す言葉の秀逸な事ったらない!!



なんかね アイス 美味しいのかなって
その辺わざとぼやかしたんだろうけど
でもそれってさ ちいさい問題だったよ ちいさいちいさい問題だったよ

だってアイスが好きな事知ってるからやまもり出してくれたその気持ちってもうきっと知ってるじゃない知ってるじゃない。

ていうか腕だけにまとめられたり明らかに以前より利便性が上がってるからそれくらいわかってもいいんじゃないかなぁって
大爆笑ってつまり感情だよね?ね?ねえ?考えすぎ?



どうしてかなとっても大きな問題だと思っていたのに
どうしてかな


なんだかちいさいな


そばに居られたらそれでいいみたい
なんかそれでいいみたい


届くまで。


届いた先は気にしなくて、いい。

きっと彼は満足するように生きるだろう。

ありがとう僕にまた新しい大切なものをありがとう!!


観に行きなよ!!ああ!!大丈夫だ観に行きなよ!!!!

いい映画でした…本当に 本当に。
































100年先のことは考えない。

そこまで考えなくていい。





迷わなくて済む。

それだけでいい。

書くの疲れた。



いやぁとりあえず大好きですは言えなかったけどね、本当に言葉とか出てこないね、
だから一言に絞れって話だったんですね。

なるほどなるほど。



満足した。

会える機会っていいですね。

でもチキンには本当にこういうイベント向かない事もわかりました。


でもとにかくね、
私の言いたかった事はさ、
私のようなビビりかつチキンでご本人に会うなんてとんでもない死ぬ死ぬ死んでしまうマジでっていう人へ伝えたい。


機会があるなら絶対行ってこい。
呪文忘れんな。私は忘れたけどw


本当にこういう握手会とかサイン会とか


あれば行ければ絶対行った方がいいよ。
本当に。

生の破壊力恐ろしいよ。





あーーーーーーーー12/10が!!来い!!

いよいよですよ。

はい向かい合いましたーえーと肘から下しかみてませんねはい見れませんハイー。


向かい合わせになったら向こうさんが手を差し出してくれるわけですよ握手会だからね!!
そらそうだ!!当たり前だ!!


なんか指輪してた。シルバーの。
うん手しか見れてませんからね。


まあほら握手だからほら手がどこにあるかを見ないと握手できないじゃん。ね。


触りました。


やらかい。

はい、これが先日の覚え書きです。


やらかかった。


つめたい。


うん、なんと言えばいいのか…つめたいっていうかまあ私がホカホカだった自覚はあるんだけど
何て言えばいいのか…
ほんのりつめたい。

えーとね BL小説によくありませんか、受けの手の表現として。
攻めより若干つめたいみたいなさ。

まさにそんなかんじです
イメージそんなかんじですちょっとあったかいけどつめたい人間の温度です。


指長っ手ぇ細っ


握りました。

握ったか握られたかタイミングは定かではないですが


ソフトタッチで。


超ソフトタッチで。

がっしり握る勇気は僕にはとてもないです。

ウサミミ仮面様の握手はがっつりがっちりがっしり過ぎてちょっと泣きそうになりましたいや嬉しいけどねチキンだから。
電車の王様の着ぐるみさんの握手が(子供相手が多いからなのか)すごいソフトタッチで

それがなんとなく個人的好感度高かったので

ソフトタッチで行こうと決めてたんですけど向こうもソフトタッチ。


あっ
ここで両手だ


と思って
左手を添えました。


すべッすべでした。

マジですべッすべでした。
しっとりさらさらというほどしっとりしてないんだけど
水分保持量の感じられるしっとりとはいかないまでもしっとりさらさらむしろさらさら
さらさらが強い
印象としてはさらさらだがしかししっとりとは言えないとは言い切れない
このしっとり感を伝えないのはあり得ないしかし僕にはボキャブラリーがない



いや本気で一生忘れない。
あのすべすべは一生忘れられない。



ここまで来た所で


まあ握手から0.5秒ぐらいですかね。


ここで私は最大の過ちに気付きそして後悔した。

握手会のコツを教えてくれた友人に






リリースするタイミングを聞いて来なかった事を。







握ったまではいい
だがしかし
いつのタイミングでこの手を離せばいいのか。

手が動きません。

握ったような握ってないような曖昧な手でご本人の手を囲んだまま
リリースするタイミングを聞いて来れば良かったとああ思いつつ



(あ、この辺でね、後から思い出して気付いたけど本人「ありがとう」って言ってくれてる。
いやその時はリリースのタイミングの事で頭がいっぱいで聞いてなかった…)



その時閃いた。


友よありがとう本当にありがとう。


あの呪文が。

さんざん心の中で繰り返した今の今まですっとんでた呪文。



【両手で・目を見て・微笑顔・大好きです】




そうだわ目を見るんだ!と思い出したわけですよ。

はい、やっとそこです。

ここまで0.8秒ぐらい。

握手してるんだからこのつないだ手に向けてる目線をそのまま上げれば顔だ。
そしたら顔には目がついてるはずだ。(二個)

ああそうだそういうことだ難しい事はない。
ああ待てそうだ微笑顔だ。ちょっと笑うんだ。
接客業だろ俺。なあ。


顔を上げる。


なんかグレーのシャツの胸元を微かに覚えている。


目が合いました。ここまで2秒。
やっと正面からお顔を見ました。
私もなんとかなんとか若干の笑顔は、できていたと思う。



一連の表情をコマ送りのように覚えています。



(・ω・)



みたいな顔でした。


…すいません顔文字で伝わるかアレなんですけどw

お と あ の 中間みたいな顔っていうか



こっちみた(・ω・)



みたいな。

かーらーのーーーーー流れるような。



(・∀・)



お兄ちゃんだ。

と思った。

妹のいるほうのお兄ちゃんの役の方のお兄ちゃんですw

あの、あれです。

回想で妹からくまちゃん貰ってる時とか後半帰還した時みたいな
あの口角にいっぱいシワがよる最上級スマイルです。

あれそのまんまです。(いや当たり前なんだけど本人だから)


ここまで3秒。


カメラ目線じゃなくてオレ目線です。



うん。



感動した。


笑いかけてくれたそれに感動した。
話にしてみればたったそれだけだが感動した。

目が合った。そして最上級笑顔を作ってくれた。
それだけといえばそれだけですがそれって大変なこと大変なこと。

その時点で私は理解した。

吹雪さんのスマイルで失神する女子の気持ちを理解した。(何を理解した)


キモオタ(←私だ)にも優しく微笑んでくれるまるでそれはマザー・テレサのようだ。

全然違うだろそれ

と各自カイジのようにツッコンで頂いてはい。


なにも考えられなかった。
でも私も超笑顔を返していたそれだけはわかるというか笑顔になった。
なるだろそれはなるよね。


とにかくそれがものすごい事だと伝えたくて
その笑顔をありがとうと伝えたくて


深く礼をした。


心からの感謝の意を込めた礼で一瞬本人が視界から消えた。
それで空気が戻ってきた。

気付いてなかったけど止まっていた。空気。

そう、







周りを取り囲むスタッフさんに達の列捌きに命懸けの恐ろしい空気が。







即座に手をリリースした。

ここまで4秒ぐらい。


振り向き立ち去る。

スタッフに促されるまでもなく振り返る勇気などそこにはないというか


満足した。



その笑顔に心から心まで。



その4秒間に満足した私に思い残す事など、なかったのだ。


空気がこわいのでがむしゃらに荷物を受けとります。
なんかチラシをもらいます。

列の間を抜けながらコートを着ます。

地下だったので階段に出ます。

空気が冷たい。

ああ、我に返る。









あっ無言だ









結果としてハイ気づけば無言でした。

はい無言でした。

そうだね無言だったね!!



…と、いうわけでうまくいったとはたぶん言えないんでしょうが




幸せだ。

ああ幸せだ。


これ以上はない。
本当にそれほどに。

↑このページのトップヘ