剛 しっかりしなさい!

愛すべき天然素材、またの名を 草なぎ剛。気儘に ゆるりと独善的偏愛に満ちたポイントで 過去の言動掘り起こし。 たまに語ると、こじらせます


※ SMAP へ メッセージを
☆コラボブログ SMAPとココカラ 【9】「 Can't Stop!! -LOVING」
http://blog.livedoor.jp/nagipie/archives/46877760.html

ブログ上メッセージ ブログコメント、拍手コメントから
タイトル明記で書いていただけたら ブログ上に載せたいと思います

稲垣吾郎さん 43歳お誕生日おめでとうございます

birthday-1344146_640
稲垣吾郎さん43歳お誕生日メッセ集です。
メッセージラストに、
メッセンジャー皆さんが
贈りたいと思うプレゼントに添うような
画像貼ってみました。



いつも 私達にいろいろな顔を見せてくれる吾郎ちゃん
43歳のバースデーおめでとうございます
party-1206687_640

時には イラチ(笑) 
 時には 俳優(笑) 

でも メンバー達と居る時の
いじられキャラの中間管理職の吾郎ちゃん!! 

もっと もっと歳を重ねても 
ずっと ずっーと アイドルゴロチで居て下さいね~

一生 メンバー達と共に付いて行きますから~
 
プレゼントは等身大ガンダム
 tokyo-1529462_640
スマ ラブ美


ごろさん、はっぴばーすでーです。

 PAK57_ichigonocakeomedetou_TP_V
楽しい事や嬉しい事が
いっぱいありますように

なぎ風

 
 吾郎さん❤️
 
43歳のお誕生日おめでとうございます。
 birthday-969957_640
年を重ねるごとに女子力があがっている美しい吾郎さん(*^^*) 
知的でクールな吾郎さんもくしゃっと笑うかわいい吾郎さんも大大大好き〜♪

吾郎さんにたくさん幸せが訪れますように✨
wine-426466_640

                   Hisapon

 吾郎ちゃん
お誕生日おめでとうございます
birthday-cake-380178_640
 
吾郎さん同じ天パなので、、
勝手に仲間に入ってもらってます

これからも髪命
梅雨の時期も一緒により越えようね
 cosmetics-754044_640
   ちか


 吾郎さん お誕生日おめでとうございます
 happy-birthday-1591217_640
剛くんのすぐのお兄ちゃん  これからも頼りにしてます
プレゼントは
   真っ赤な薔薇とワイン 
rose-1024710_640
 
           姫

 吾郎さん
お誕生日おめでとう
 air-2456_640

吾郎さんに会えるのを楽しみに大学受験頑張ったよ
舞台楽しみにしてます

プレゼントは
白いバスロープ
bed-1303451_640
 さっちゃん

 吾郎さん
ハッピーバースデー
independence-day-959257_640
 
大、大好きだよ
これからもずーと

プレゼントは
      広島までの新幹線切符  
もちろん  片道よ(笑)(笑)
15a2c24e9e37a9d317ece59394da1be7_s
 あや

 吾郎さん お誕生日おめでとうございます
happy-birthday-1688783_640

ずっとずっと  
剛くんの 老夫婦パートナーでいてほしいです。

吾郎さんと舞台で会いたい。

貴公子吾郎さんも素敵だけど
髭男子の吾郎さんは もっと素敵

プレゼントはお髭整えグッズで
lOvSZtDgJhnCiND1481133714_1481133758

凪 

 お誕生日おめでとうございます。
 
map-1699435_640

誰よりも芯が強い吾郎さん、


 これからもSMAPの要でいて下さい。
golf-balls-1486222_640

むつみ

 稲垣吾郎様。
お誕生日おめでとうございます。
the-adoption-of-1515298_640

永遠の王子様だけど
おばさんのエッセンスも持つ稀有な吾郎さん。

これからも唯一無二の存在でいてね。
 rose-1023302_640
黄菜子

 
稲垣吾郎さま
 
お誕生日、おめでとうございます
a-toast-to-708938_640

男の色気と高い女子力のプリンス。
これからもドキドキさせてください。

ずっと応援しています。
吾郎ちゃんのお誕生日月に奇跡を起こすよ!!
みていて、待っていて。
unicorn-611886_640
 
かるらいか

稲垣吾郎様 
お誕生日おめでとうございます。
cocktails-1149171_640

いつかね、吾郎さんの舞台見に行きたいと願っているのです。
吾郎さんの ワイルドな演技、狂気な演技を見たいと思っています。
今後沢山の魅力あふれる吾郎さんを観たいです。

今日は お友達、家族に囲まれて幸せな時間を過ごされているかな ?
でも ネットでも 新聞にも沢山の吾郎さんへの愛で溢れています。
見てくれたらいいなぁ。

幸せな一年になりますように・・
プレゼントは 吾郎さんのメガネ姿好きなので。
メガネか本で 
old-1130743_640

たまみ 

吾郎さん ハピパ!!

吾郎さんのお誕生日メッセ 盛大に募集します~♪
 
短くても長くてもOK!

コメント欄に メッセージと、贈りたいなと思うプレゼントありましたら それに見合う画像入れます 

SMAPとココカラ(48)Harlm River Drive “SMAPの前にはいつも 一番高いハードルが置かれている。”

検索迷子さん、コラボブログ
 
(47)パラフェス2016は、香取慎吾さんの壁画が放つ愛に包まれていた ←リンク
 を受けての コラボブログ(48)は剛くんの特集、「情熱大陸」で書いていきたい。

何度か見直している 剛くんの密着番組なのだが、ここにきて ナレーションの言葉がすごく胸にひびいてくるようになった。
ナレーション。
番組が伝えたいこと、評価が凝縮されている言葉。
番組で付けたナレーションは ここにきて剛くんの 今現在の言葉、想いとしても同じなのではないかと思えてきます。

ナレーション中心に 情熱大陸を掘り起し。
2003年1月12日OA  情熱大陸より
青文字がナレーション

ただ 
“ いいひと ” だという評判は聞いていた。

自販機前で問いかけるスタッフ

ー 毎日TVでていて こういうカメラの前とかだと案外自信なさげですね ―

剛「そうですね。僕、基本的自信がないです(笑) 基本的には・・
いつも落ち込んでいますよ、ダメだ 俺は・・って」

謙虚なのか ただ弱気なだけなのか。


木村くんインタビュー
「あいつ、プライベート明かさないからなぁ・・わかんねんだよなぁ」
どこに住んでいるのかもわからない。彼だけ。と語る

吾郎さんインタビュー
「いつも仙人みたいな人だねって。お坊さんみたいだよって。仙人のようだと(笑)」

慎吾くんインタビュー
「いいひとで ボーっとしてる感じだけど、実はなんで?そんなところ見てるなよって。案外そういう所はすごくみてますね。」

ビストロ収録時の中居くん
密着取材に驚き
「これ スーパーテレビ?」
剛「僕の事おっかけてくれてる」
中「まじで?」

(移動車内)

ー いま例えば履歴書もし書く機会があって 職業の欄にはなんて書くんですか?ー

剛「SMAPって書く(フっと笑う)」

ー職業SMAP?ー
うん と応える剛くん

(2002年11月3日東京スタジアムライブ映像)

5万人収容の東京スタジアムが人であふれかえっていた。
そしてその風景は彼らの存在がいったいどれほどの高みにあるのかを思い知らせた。

国民的アイドルグループSMAP。もはや彼ら自体が産業だと言っていい。
CDを出せばヒットが約束され コマーシャルに出れば物が売れ
もし普通の人間が あのステージに立ったなら 
世界は自分を中心に回っていると勘違いしても おかしくはないだろう


ところが あの男ときたら 

おかげで (ドリスマDVD剛挨拶)リンク
(挨拶の様子映像)

寒がりながらスタッフに挨拶し 去る後ろ姿
情熱大陸
草なぎ剛流 “ SMAPのつとめかた”

草なぎへの密着取材が始まったのは 去年9月。
初めて主演する映画の撮影が始まったばかりの頃だった。


#クサナギA面

「黄泉がえり」撮影風景 ロケを見ている家族の子どもと握手する剛くん

今回の映画は ある地方で数千人の死者が突如黄泉がえることから始まる人間ドラマで、草なぎは その現象を調べにやってきた調査員という役どころ。
周りにはベテラン俳優も多く出演していた。


(北林谷栄 さんとの撮影シーン風景)

台詞は完璧
情熱

次のシーンの撮影になって 共演のベテラン女優北林が 芝居の動きを変えたいといい始めた。
草なぎの動きも勿論変わる。

戸惑う監督。

ー僕の事なら気にしないでくださいー
そんな顔をしていた。



スタッフ 
「北林さんが 自然なナチュラルなお兄さんにあげてくださいって」
と お菓子?を渡しに来られたのを笑顔で受け取り食べる剛くん

北林は SMAPのことも知らず、真面目な新人俳優の一人だとおもっていたらしい。

真面目ですかと問いかけるスタッフ

「僕は不真面目ですよ。怒る人いないじゃないですか。みんな。怒らないから。 自分でしっかりしないとって思っていないと ほんとふざけてしまうよ」

確かに今のSMAPに面と向かって 怒れるものなど ごく僅かだろう。

#2 僕が芸能界を目指した理由
(幼少期、少年期の写真)
草なぎは 埼玉県春日部市で会社員の父親の元、3人兄妹の長男として生まれた。
遊びもスポーツも得意だったが 勉強だけは苦手だった。
そんな子供が歌番組で目にしたジャニーズのアイドル達。
いっぺんで虜になって ジャニーズ事務所のレッスンに通うようになった。

そして高校一年の時、SMAP結成に参加。
ところが学校はなぜか3年間無遅刻無欠席。
つまり 今のように売れていたわけではなかった。


実質13年SMAPをやっていることを話す剛くん

トントン拍子だったのか 自信が持て。自信だせ。の連続だったのか問うスタッフ
「ん~・・・なんか・・ まぁ色々。山あり 。た、谷あり・・・で きたかな」
最後うつむき静かに笑いカメラから目をそらす
jyounetu JPG

山あり、谷あり・・

#3 草なぎB面

10月。草なぎは3本のレギュラー番組や ライブ、雑誌の取材などハードスケジュールの中、
映画の撮影現場に通っていた。


休みは?と聞かれて
「休み・・ないですね(笑)」
笑い出す剛くん
「ない、今。でも休みたいと思わない。」

しかし 言葉とは裏腹に 明らかに疲れている時もあった。
それでも仕事は続く。

草なぎを支えているのは 驚くほどの集中力だった。
この日一番の長セリフ。

(台詞シーン)

また明日のスケジュールが送られてきた。
剛「明日はビストロです、ビストロ・・はい」
と答えてうつむく

いったいSMAPであるためには どれほど精神力がいるものなのか。
jyounetu1


映画の撮影が中盤に差し掛かったころ 、はじめて落ち着いたインタビューをすることになった。
穏やかな表情の裏に隠された心の葛藤を聞きたかった。


ー草なぎ剛が(気を)抜く瞬間っていつですかー

剛「結構ぬいてますよ、僕 (笑)
真面目な顔していて あーすげえ疲れたなぁって思う時もある(笑)」

ー 顔に出さずに?いつ頃からできるようになったんですか -

剛「みんなそうじゃないですか(笑)だって、みんなそうじゃないですか?(笑)」
スタッフをぐるりと指さし笑う。

なんとか 心の一番奥にある想いを引き出そうとした。

ーどうやって身につけたんですか?-

「そんなのみんなそうだよ、だって朝僕の悪口言ってたじゃないですか、笑いながら。『なんだよ、草なぎよぉ~』って言ってたじゃないですか」
(笑顔は崩さない。)

インタビューは思わぬ方向に展開した。
言った覚えがないスタッフは どこで?と聞き返し
剛「 エレベーターで。」

スタッフはエレベーターを使っていない。勿論悪口を言ってもいない。

ちょっと緊張感あるような鋭い目つき
言ってないですよと言うスタッフ
その反応をじっとみるような目
剛「言ってないんだけど(笑)」

ちょっとした冗談だった。
ただそれは 草なぎからの問いかけにも思えた。

みんな本当に思っていることは 押し殺しながら仕事してるはずじゃないか

#4 Home Ground

ライブツアー中の草なぎを訪ねた。
その表情は撮影現場とはまた違う穏やかなものだった。

jyounetu2

久しぶりに5人が揃った。

jyounetu3

普段のSMAPは それぞれが自由に仕事をしている。
それだけに毎年一度のライブツアーは なにより大切なものだと草なぎは言う。

本番前の控室。
なぜか草なぎは味噌汁作り。


中居くんが戴いた伊勢海老に 味噌汁美味しいんだよと言ったがために 
「じゃぁ おまえやっとけ」と命じられて昨夜からやっているという剛くん

慎吾と俺は 都合の悪いこと、押し付けられることが多いと笑う。
剛「メンバーの好みの味は濃い。」

ー 大体他の4人の事はわかります?  -

剛 「わかりますね」

メンバーにとって 草なぎはどういう存在なのか

味噌汁の事は誰か話しましたか?と聞き、撮影したと答えると大笑いする慎吾くん
慎吾「あんなのありえないですからね。」

ー 愚痴いったりしませんか?-

慎吾「全くしません!全く言わない。変な力ありますね。察してくれるんですよ。
どうしたの、疲れたの、あったなんか?何?どうした?
こういうのバンバン言ってくると・・全部吐きだしちゃいますよね」


味噌汁を味見する剛

木村「・・・で そのね、“ いいひと ” が、ん~・・なんていうのかなぁ ・・
ちょっと疲れてねぇかなぁとは 思いますけどね、僕からみてて。(頷く)」

ー 彼案外 “やらなきゃならないこと “ っていうの、強く意識してるんじゃないかと。
そういうの思うことあります?ー

頷く木村くん
木村「うん。それ ありますね。うん。それ、すごく。
そう、だからこそ・・ん~・・・悩むこともあるだろうし。
もっと、だから密着しないと。だって剛は・・・
うん。同じメンバーである自分でさえも やっぱりちょっとこう・・
コンコン(ノックする仕草)っていう扉が あと4枚くらいあるような感じがするから(笑)」

 ー ですよねー

ー 本番10分前 ―

もうこの白いテントの向こう側には5万人の観客が待ち構えている。
木村くんの開演前の挨拶 、気合コール。テントから出ていくメンバーと剛くんの姿

怖い程の目線と

情熱5JPG

こんなにも優しい目線。その両方が彼にはある。

IMG_20161203_172921
#5 チョナン カン

11月中旬 草なぎはテレビの収録と雑誌の取材を兼ね、韓国ソウルにいた。
(市場でソウルの人たちと話す様子)

草なぎは3年ほど前から韓国に興味を持ち、言葉も覚え、今では “ チョナン カン ” というもう一つのキャラクターを演じるまでになった。
 

市場屋台で食べながら 勉強は一日中していたこともあると こたえる
 
夜になって TVの収録が始まった。寒空の元、 ひとり薄着でカメラの前に立つ。
jyounetu6
「 SMAP」という職業は過酷だ。
 俳優であり 歌手であり バラエティのタレントであり 。
例え趣味で始めた韓国語であっても それをまた、エンターティメントにしていかなければいけない。


(収録打ち上げの様子 )

剛「結構いま 大変な時じゃないですか。 リストラされて職がない人がいたりとか
その中で自分が今日一日 。
仕事で良かったなとか 今日失敗したなとか ・・
なんかあるわけじゃないですか。
・・・それが 凄くうれしいと思う。」

「そんな場合じゃない人もいるわけじゃないですか。何もやることないみたいな。」

ー ちゃんと やることがあって。成功も失敗もして ―

「うん、そうそうそう。自分の中で。」

食事もそこそこ また知らない韓国語をメモし始めた。

#6 にきび
映画の撮影が終盤になっても 草なぎのハードスケジュールは相変わらずだった。

撮影の様子。

ギリギリの状態での演技だったのだと思う。
出番のないときは ずっと寝ていた。

jyounetu7

帰るところでインタビュー

ー明日は何ですか? ―

剛「明日はスマスマです」

ー明後日は?―

剛「どっちの料理ショー」

ーすごいな・・ほんとに一日休みないんですね ―

剛「そうですね。だから少し肌が荒れました」
 ストレスたまるとできる?との問いかけに 睡眠時間が足りないとできると頬を触りながら答える。

スリッパで帰る姿に笑うスタッフ
このまま帰って寝れると裸足を見せて

 jyounetu8
「恥ずかしいな、これw じゃあね」と帰っていく

 久しぶりに 僅か半日ながらオフが取れた。
知り合いの演出家がやっている芝居を見に出かけた。

勉強になるのだという。
(土田英生さん 作 演出「南半球の渦」)
#7 半日間の休日


観終わってまだ3時間ほどの余裕があった。
結局 ドライブがてら 食事に行くことになった。
そして一緒にいるうちに いろんな事がわかってきた。

車内にて
都内道路は大体わかるといいつつ 今走ってる道路を間違えて笑う剛くん
一番最初にきたのが六本木で、事務所入所してから毎週日曜日にレッスンによく通ったことを話しはじめる


「初めて東京来たのが 六本木ぐらい。ウワ!って思って。
六本木で僕ね、正直遊んだことなくて。よく六本木のみいくぜ。とか、なんかそういうイメージあるじゃないですか(笑)いっちゃうぜとか。そういうのなくてねぇ・・
六本木・・六本木ってすごいね」

途中 最近若者に人気だというカフェスタイルの店にはいった。

「何屋さんなんだろう ここ?」

ーカフェじゃないですか?―

「でも食べれるよ。パスタとかもある・・・」
「お姉さん、お姉さん、僕やっぱりエスプレッソにします」

スタッフの飲み物を見て
「これはダブル・・(自分のを指して)シングル・・・全然色が違うね」
興味津々な感じで 並ぶ飲み物などをみる

あまりこういうことは詳しくないようだった。
「これは?」
「カフェオレ」
「うん、苦い、こっち、やっぱエスプレッソは苦い」

少し 草なぎのことがわかってきたような気がした
(パスタをシェアして食べている)

草なぎは 暇を持て余す若者たちが知っているような事には興味がない。
これまで多分 日々のほとんどを 自らが選んだ「SMAP」という道に捧げてきたのではないか?

jyounetu88

また仕事へ行く時間がやってきた

大学名をいい
「 入るのって大変なのかな」

ー 大学行きたいなと思った事あります? ―

「・・・ちょっとある・・なんか・・でも。実際よく考えてみると想像の世界だけで。
実際は行こうと思っていなかったのかな・・」

#8 クランクアップ
映画の最終ロケのため 草なぎが熊本へやってきた。

空港でファンに囲まれる様子

どこでききつけたのか、大勢のファンに囲まれた。
車に乗りファンを見つめる剛くん

阿蘇町ロケ撮影

ロケはなかなかはかどらなかった。
ここ阿蘇町が選挙中とあって 録音もままならず本番に入れない。
草なぎはいつものように役に没頭したまま、じっと声がかかるのを待っていた

jyounetu9

(タップ練習をする足元)
jyounetu10

 草なぎに 長かった密着取材の御礼を告げた。
剛「ドキュメンタリー難しいですね。向いてないんですよ、僕は(笑)」
 
ー やはり自分はTVに出て 映画でもなんでもいいけど、人に楽しんでもらってナンボだという・・ ―

剛「それはある。見てくれないと 次の仕事なくなりそうだし・・(笑)」

ー そんな不安、本当にあるんですか?―

剛「あるよ!」

例えSMAPでも 仕事がなくなるという不安。

(黄泉がえった少年と階段で話すシーン )

だからこそ・・ 

「かつおくん。僕はね。自分でも嫌になるくらいの最低な男なんだよ」
カットがかかる。
「もういっかいやらせてもらえますか」 

大丈夫、OK の声
剛「もう一回やらせてもらえますか。もう一回いいですか。」
スタッフ「大丈夫、次行こう」

剛「ほんとに?・・もう一回だけ・・」
11

消え入りそうな声で もう一回だけ・・とお願いする表情で画面は暗くなっていき 青空の映像へ。
 取材中の剛くんの様々な姿が映し出されていく

取材中 草なぎは 何度かこう語った。
「自分がSMAPであれたのは 奇跡のようなものだ」
最近はまた新しい連続ドラマ が始まり眠る暇さえないことだろう。
 
SMAPの前にはいつも 一番高いハードルが置かれている。 
(番組冒頭の自販機前のインタビューシーン)

「でも 自信があるときもある。自信だせ、自信だせ!って思う 」
jyounetu11_1480782856852

 
ナレーション中心にと書きましたが ほぼ全部掘り起しに近くなってしまいました(汗)
色付けしてナレーション部分を見てみると 今現在の剛くんに対して 当てたナレーションだとしても違和感を感じない。
こんな風に SMAPのメンバーとして、草なぎ剛という個として。変わらずに仕事に向き合ってきたのだろう。

先のコラボブログ SMAPとココカラ(46)free bird リンク
ここで 「SMAP」という最高峰の自我になる、勤続疲労なのか?とおもったと書いた。

でも 改めて この情熱大陸を みてみると そのような心配を抱かなくていいんじゃない?
大丈夫、上手にSMAPとも 仕事とも 剛くんなりの距離感を保ちながらやってきたんだと思うよと、一月の不安でたまらなかった自分に言いたくもなってくる。

2003年当時から “国民的アイドル “ と呼ばれていたのか・・
この年は俳優として激務の年であった年。
その激務の年にSMAPにいる時の ふっと力が抜けたメンバーの表情、笑顔
jyounetu99
なんだか すごくほっとする笑顔だ。


誰も知ったこっちゃない yeah
こんな今を生きているのを
孤独な闘いに疲れ果てて眠るよ oh

Hrlrm River Drive (SMAP009 草なぎソロ曲)歌詞

当時とまた今のSMAPとの距離感は違って当たり前。
だとしても。
2003年の、この過酷なSMAPとしてのやらなきゃならないことの中にいても 自分自身を見失うことなく ずっと変わらずに 保つことができた 剛くん、他メンバーの本能的な距離の置き方をみれば 、
2015年、2016年なりも その時々の距離を保ちながら
変わることを恐れず 
変わらないことも恐れず
「SMAP」をやってきていた、やっていこうとしていたに違いない。と思える。


四方囲まれた Against wall
吹きたまりのような  Freedom
自分の意識を Inside 変えて
限界線まで辿りつきたい

SMAP 009 ビクターサイト ページリンク

“SMAPの前にはいつも 一番高いハードルが置かれている。”

限界線まで。
その先まで。

超えた先が どんな道でも荒野でも、ついていく覚悟はきめました。

 SMAPは歩みを止めない。
恐れずに進んでいくだろうその道の 限界線まで。
私も辿りつきたい。
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
メッセージ

Web表示される事なく メッセージが送れます メールアドレスは任意です

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ