渚の映画くらぶ

個人的な映画の感想記録です。日本映画、海外映画、アニメ映画など幅広いジャンルの映画を観ています。


shinobi_no_kuni

以前『のぼうの城』と言う映画を見ておもしろかったので、その原作も読んでみました。

映画を見てからのネタバレ済みで読む原作も充分にわくわくしながら読めたこともあり、和田竜作品にはまっていました。

そんな中『忍びの国』も原作を読み、忍者の生活や考え方、文化に興味を持ち、関連本やネットで調べるうち、まるでフィクションのような忍者の存在が実在してたとは…と驚きでした。

その『忍びの国』を私が読んだのが2015年。それからもたくさんの本を読みましたが、大好きな作品の一つとしてずっと心の中にありました。

それから2年後、映画化されると聞き、しかも主演は嵐の大野くん。

特に彼のファンと言うわけではありませんが、普段のぼんやりふんわりした雰囲気の彼が、本番となるとキレッキレのダンスを踊り、歌もうまく、まるで人が変わったようなオーラを放つんだ!と、嵐ファンの友達から再三聞かされていましたので、無門にピッタリの配役だと思いました。

ただ、原作本が好きすぎたためか、大野くん主演とあれば映画の制作費やメディアの取り上げ方も大きなものになるのでしょうから、なんとなく有名になりすぎてしまう…元々好きだったのに、ミーハーな嵐ファンが大野くん見たさに映画館につめかけ、原作の良さを本当に感じてくれるのか?

逆に大野くんが主演することで、コアな映画ファンに無駄に叩かれてしまうのではないか?と、お節介な心配までしていました。

しかし!!映画を見て、そんな私の心配は無用だったようです。

原作のイメージが先にあり映像化されたもので満足できた作品は少ないのですが、この映画めちゃくちゃ良かったです。

無門も全くのイメージ通り。

忍者の凄さはもちろんの事ですが、人間らしく生きられない忍者の悲しい部分が繊細に描かれており、胸を打つ作品でした。

コミカルな要素も多かったですが、しつこくなく、笑いながら泣ける不思議な映画です。

号泣するような、強烈な感動があるわけではないのですが、見終わったあともジーーンと心に静かにいつまでも何かが残る、多くの人におすすめしたい映画です。

paterson

『毎日が、新しい』というキャッチコピーに目が止まり、そのまま映画館に入り観ることにした映画です。

あらすじも何も知らず、静かで淡々としたストーリーの中に飛び込みました。

何が起こるのかな?と始まった主人公・パターソンの一日。

バスの乗務員として働き、定時に仕事を終えて帰宅し、犬の散歩がてらバーで一杯。

何も起こらずに終わる一日が続きます。

暗い音楽と単調な日々、時折少しのハプニングがある程度ですが、退屈だと感じるよりもそんなもんだよなぁと納得させられました。

映画には非日常の世界を求めるものですが、変わらずに繰り返す日々こそありがたいんだと気づかされる作品です。

パターソンは日常の中で詩をしたためますが、何もない毎日に幸せや喜びを見つけようということを観客に無理強いするような内容ではなかったのも、よいと思います。

パターソン自体、日常をエンジョイしているという感じはなく淡々と毎日を過ごし、物足りなさもあるのかもしれません。

刺激的で目新しい毎日を過ごしている人の方が少ないと、自分を認めてくれるような気さえしました。

刺激がほしい、こんな毎日でいいのか?などと鬱々としているときこそ、見てほしいです。

憂鬱な月曜日の朝を、いつもと変わらず扉を開けて出勤していくパターソンにはパワーをもらえました。

月曜日だからって特別憂鬱になる必要も、気合いを入れる必要もありませんね。

あと、ブルドッグがとても可愛い。

日常を彩ってくれる愛しい存在です。

satoshinoseishun

薬の副作用もあって、「丸怪童」と異名を取った村山聖さんを、デニーロアプローチで、20キロの体重増で体現する、松山ケンイチさんの、「役」への成り切りぶりは、以前から、折り紙付きです。

本作も、彼が出てこそ、成り立っていて、難役をこなし引っ張っています。

村山さんの様な「怪童」のレベルにない、弟弟子役が、染谷君という贅沢な配役ですけど、「一生懸命」の度合いが違うと、染谷君の将棋に向かう姿勢を責めるというか、才能が及ばないと判らせるかの場面は、鬼気迫るものが有りました。


また、将棋の求道者と云うストイックさの反面、牛丼やお好み焼きとか、絶対体に良くなかった、ジャンクフードに、極端な思い込みもカワイらしく。

また、少女漫画や、小説を愛読していて、見ているこちらにも通じる、親しみ易さも持って居りました。


そんな、松ケン扮する村山さんは、行き付けの古本屋に、言葉を交わすそこの看板娘が、居るのだけど、久しぶりに店を訪れるも、将棋以外には、「不慣れ」な彼が、背を向けて店前を去ろうとする後ろ姿で、気恥ずかしさを語っていて、見た目だけでない、上手さを見せつける。

対して、これまで、どうしても、好青年風にしか思えなかった、羽生善治さんに扮する東出昌大くんが、ご本人からお借りした眼鏡を掛けて、カタチから入れたからか、本作では、演技者の「仕事」をしていると、実感できました。


竜王戦での対局を終えて、村山さんと羽生さんが、さしで場末の料理屋で、呑む場面が、この映画の「肝」でしょう。

先輩後輩関係なく、強い者しか生き残れない、将棋界に在っても、更に、一目置かれる二人が、「追及者」でなければ感じ得ない、「世界観」を訥々と、擦り合せる場面は、覚悟や才能では、レベルが違ったとしても、打ち込む姿の純粋さも、納得させてくれますし、タイトルにある「青春」の部分で、名人を目指して、他者と触れ合う悦びを「捨てて」しまった、松ケン扮する村山さんが、伴侶も得ていて、公私充実している羽生さんに、ポロっとこぼす「未練」も切ない。


このページのトップヘ