2011年07月01日

キュウリエソ

今日は、父から聞いたキュウリエソという魚について投稿させて頂きます。

 キュウリエソ (ワニトカゲギス目 ムネエソ科)
主に日本海に住む中層遊泳性深海魚
体長3〜5僂曚匹両魚でキュウリのような匂いが
することからその名がつけられました。
 この魚は、食用向きではありませんが、日本海の食物連鎖における底辺に位置し、主食である動物プランクトンを食べに表層域まで上がってくる事によって他の魚たちの餌となり日本海特有の生態系がうまれ、日本海では、質の良い魚が毎日水揚げされているのです。
画像
http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000572_1.htm

少し変わりますが3月11日以降、原発問題が毎日のようにメディアから流れ、放射能の影響により、東北・関東圏の食の安全性が問われています。
日本海側では、キュウリエソと日本海特有のすり鉢状の海域が生み出す生態系によって、魚はほとんど影響を受けずに済んでいるのかと思いました。ほとんど知られることのない小魚ですが日本海を守るすごい魚なのです。
日本の食文化の一つ「魚」、これからは、今まで以上に日本海側の漁業関係者が頑張っていかなければならない!! そう感じました。


nagisaexpress at 11:56|PermalinkComments(0)

2011年06月07日

かます

久方ぶりにブログを再開いたしました!
と言うか、今回から息子が今日のお魚ブログ二代目として投稿させていただきます!!!

kamasu 005
体長40cm前後
体重370グラム


と言うことで今日のお魚は、かなり大きなかますです。
店長にかますの姿造りを造ってもらうことになりました!よろしければご賞味あれ〜



nagisaexpress at 15:07|PermalinkComments(2)

2008年09月01日

ソウシハギ

e9c3a3e8.JPG珍客です!

体長、50cm。
体重、400g。

食用になりません、穴水の海の中にも異変が起きてます。
大漁のクロマグロに、大漁のサザエ、何もかもが例年とは違います。

大好きなシャコエビ、クルマエビは今年はほとんど口にしていません、
芝エビも水揚げされないまま、夏の幕引きです。

話を戻して、このカワハギには内臓に毒があります、南国の魚です。
能登半島も明らかに南国に変化しつつあります。

nagisaexpress at 13:07|PermalinkComments(3)

2008年07月31日

マグロの中落ち

c661036a.JPG400g
¥500。

nagisaexpress at 17:38|PermalinkComments(1)

ホンマグロ

bf690dc7.JPG体長、1300cm前後。
体重、18kg前後。
刺身、¥1000〜。

やっぱり刺身がお薦めです。

「うんちく」
最近の石川県は亜熱帯気候になってるみたいです、スコールの様な豪雨
、突風、33度を超える気温、そして大漁のホンマグロ、今日は輪島で2000本の水揚げです、あと10年位で真っ黒な顔で裸で漁に出る漁師さんもいるのかな〜

本日は62本競り落としました。

nagisaexpress at 17:34|PermalinkComments(0)

2008年07月17日

マイカ(するめ)

84eb0a57.JPG体重、10cm前後。
体重、60g前後。
1尾、¥50。

刺身、塩焼き、特に、こんにゃくと煮付けると柔かくて美味しいです。

[うんちく」

今年は石油の価格高騰で、休業する漁船が多い中さほど値段も変わらず、安定供給しています、ただ雨が降らないとイカは大きくならないのです、雨水効果で海中のプランクトンが発生しないからだそうです。

雨水が降らないと、棚田の水も涸れて田畑にも大打撃です、シャワー効果の原点ですか?
因みに私の住んでる所は穴水ですので、噴水効果に頼りましょうか。

nagisaexpress at 12:56|PermalinkComments(2)

2008年06月06日

解体後のマグロ

894b32d2.JPG店頭にいらっしゃるお客様が、スプーンで中落ちの肉をほじった後の姿。

nagisaexpress at 16:57|PermalinkComments(0)