2006年06月02日

はも料理は 多志津 自信を持っておすすめ

3b3aff1f.jpgいけすの鱧の骨切り
ざくざく シュシュ 気持ちのいい音です
鱧落とし
湯引きした 真っ白なはものお肉
紅い自家製梅肉 または 酢味噌で
おいしく ほこほこ 
スーパーの冷凍のお肉は 食べられません
あちこちの お店のはもを
食べました
多志津 特製の鱧料理
お値段 分量 何よりお味 食感
自信を持っておすすめです
個室で ゆっくり 日本の味 京都の夏の風物詩
はもを 再度 おすすめします
鱧鍋コース 6800円
はも会席 6000円
急にご来店でも 承ります
  
Posted by nagisomachi at 19:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月31日

京都の夏は 祇園祭とはも 鱧料理

c1e544eb.jpg日中 暑い毎日が 続いています
夜は とても涼しく 助かります
いけすの中に はもが たくさん泳いでいます
うなぎが いっぱいだ
太刀魚だ
お客様のなかには 鱧の生きた姿を見たことが
ない方が 多いようです
はもは 天皇に献上するのに
夏場 唯一 生きて京都まで運ばれた魚です
淡路島の 甘いたまねぎとお鍋にして食します
なんとも いえないおいしい 旨みのおだし
そして 骨切りした白身は あっさりとやわらかく
カルシウム アミノ酸がいっぱいで 夏ばてを
防ぎます
医食同源 健康は食べ物から
紅い梅肉は お店の手作り
梅を裏ごし おだしで伸ばします
ふっくらした 新鮮なはも
おいしいですよ
  
Posted by nagisomachi at 20:46Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月13日

多志津のお店

3ee2bc9a.gif京都府八幡市に
20年前にお店をオープン
あっという間の 20年
時代は どんどん 不景気
大型店の進出で シャッターが
降りたままのところも
増えています
お店の前の植樹も 細かったのに
今は 一抱えもあります
和食 日本食 やっぱり おいしい
世界一の文化です
食器 床の間 畳の文化 陶磁器 竹細工 
塗り物 薬味 四季折々の変化
海のもの 山のもの 畑のもの
変化にとんだ食文化です
パスタも焼肉もいいけど
健康食 日本料理を
多志津で 味わってください
女将

  
Posted by nagisomachi at 21:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月11日

たらの芽

991b2c94.jpg信州 小諸市の多肉植物園芸家の有名な児玉さん
標高1000メートル以上の浅間山系から
たらの芽 こしあぶらの山菜を送って
くださいました
とげとげがいっぱいのたらの芽
とるのが大変です
その味は ほろ苦く 香りが高く もちもち
これこそ 春の香り 山菜の王様と呼ぶのに 
ふさわしい
信州の高地では 今から 春なのですね
ありがとうございます
児玉氏は NHKの趣味の園芸などに
出演 その道の方は ご存知の方です
多肉の愛好家の皆様
錦玉園のホームページ ぜひ見てください
私も信州育ち
ふるさとの味で 元気百倍です
  
Posted by nagisomachi at 21:46Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月17日

竹の子料理 

42cc057d.jpg竹の子 入荷
山城の竹嶋さん
八幡市の符川さん 赤井さんより
ようやく 毎日 朝堀の竹の子が届くように
なりました
まだ 15センチから20センチ
やわらかく おいしい
竹の子のつくり
木の芽和え
てんぷら
竹の子の味噌田楽
いつも お世話になっている方に
おすそ分け
今年は 気候のせいで 不作です
旬という漢字は 10日という意味だそうです
10日間の 短い旬を
ぜひ 味わいにお越しください
お昼は竹の子特別ランチ 何と950円 満足
試食しましたよ
夜は 会席6000円 山と海の幸のフルコース
お鍋にも たっぷり
日本に生まれ 旬の幸をいただけて 幸せ  
Posted by nagisomachi at 20:53Comments(0)TrackBack(2)

2006年04月01日

4月です

3d47daa9.jpg今日から4月
今日は 暖かな 春の陽気
まだ
竹の子が入荷しません
近所の竹林に 軽トラックが 来ています
竹の子の様子を 見に来ています
竹やぶの中で
たくさんの竹の子が出番を
待っているのが
なんだか 見えるようです
庭のかわいい花 
垣根越しに 梅 桃満開です
甘い花の香りに
嬉しい 今日から4月です
就職 進学 進級
ひとり立ちです


  
Posted by nagisomachi at 22:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月27日

桜鯛 

暖かい1日でした
外の方が気持ちよく
ぽかぽか 春です
彼岸桜は満開 ソメイヨシノは
まだ 蕾が固く 開花が
待ちどうしいです
八幡市の桜の名所
背割り堤 美桜公園まだ蕾も膨らんでいません
桜祭りが 今度の土 日ですが
咲いてくれるでしょうか
心配です
この時期 鯛のことを桜鯛 と呼びます
美しく桜色に染まった鯛
寒い冬の間に 引き締まった おいしいお造り
荒煮き 鯛ごはん 潮汁 でんぷ 鯛茶づけ
腐っても鯛ですから
新鮮な白い うすつくりは最高です
多志津の特製ポン酢があれば
花より団子? 鯛です
  
Posted by nagisomachi at 19:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

竹の子

d7a5722d.jpg10センチくらいの 竹の子 
食べました
甘みがあり なんともおいしい
一本 1500円以上 一切れ
何百円
食べるのは あっという間です
今 竹やぶのなかで
静かに 出番を待っている旬の野菜
料亭向けに ひそかに 出回っています
竹の子お造り からし酢味噌か
醤油とわさびで 食します
お店の会席料理に
竹の子ご飯で 使用
わかるかしら
つくし でてきています
たらの芽 こごみ  ふきのとう
てんぷらですね
竹の子の田楽 若竹煮もの ひめかわ和え 
色気より 食い気です  
Posted by nagisomachi at 20:50Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月26日

法事

2447877a.jpg今日は風邪と雨
朝からお天気が悪く 雨の音が
激しく 聞こえてきます
御法事の家村様 お葬式の後の田中様
突然の不幸 大勢の参列者へのお食事
別れを告げた後まで 大変な行事です
30人乗りのバスで送迎
お店で お食事
昔のように 家では接待が出ませんので
法事がお店にとっても
大切なお集まりになりました
お料理は あまり こだわらず 四季折折の
おいしい日本料理を お出しします
たくさんのお客様で 大変疲れますが
とても 評判がよく 嬉しいことです
  
Posted by nagisomachi at 21:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月18日

横綱ちゃんこ

fdb137d9.jpgおすすめのちゃんこ
横綱チャンコ 1人前4600円
贅沢なたくさんの食材
それに前菜 ぞうすい デザートがついています
横綱巻き 2600円
一切れでお腹いっぱい
お店だけの超特大 太巻きです
おいしさ 貫禄 見た目 横綱の名前に
恥ずかしくない ボリュウム 味です
お土産にいつも指定してくださる吉田様
多志津の横綱チャンコ 横綱巻き
お相撲さんも びっくりの
おいしいお料理です
  
Posted by nagisomachi at 18:52Comments(3)TrackBack(0)