February 23, 2013

ミッドナイト・イン・パリ

MIDNIGHT IN PARIS *ミッドナイト・イン・パリ*

2011年 / 米・スペイン
監督:ウッディ・アレン
CAST:オーウェン・ウィルソン、マリオン・コティヤール、
     キャッシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ
     カーラ・ブルーニ、レイチェル・マクアダムス
     マイケル・シーン、コリー・ストール

2012年アカデミー賞脚本賞受賞作

838b4c3b.jpg
<STORY>
ハリウッドで成功した脚本家の地位を捨て、作家として処女小説の執筆に挑んでいるギルは、婚約者のイネズと共にパリ旅行へとやって来る。
ギルはパリに憧れ、住みたいとすら思っているが、イネズはアメリカ以外での生活など考えられないと取り合ってくれない。
偶然出会ったイネズの友人ポールたちと観光名所を巡るものの、ギルには教養人ぶったポールの態度が鼻持ちならず、一人でホテルに帰る事に。
ところが酔ったギルが道に迷い、真夜中の鐘がなると、どこからともなくクラッシックな車が現れて、彼をパーティへと誘う。
訳もわからぬままに、ギルが連れていかれた先は、芸術の花開く1920年代のパリだった。ギルはそこでヘミングウェイやガートルード・スタインと出会い、ピカソの愛人だった美しいアドリアナに心を奪われてしまうのだが・・・

<感想> 評価 ★3美しいパリの景色から映画が始まります。
朝のパリ、昼のパリ、夜のパリ、雨のパリ・・・・一気に気持ちはパリ♪
行ったことがない人は旅行したくなり、滞在したことがある人は、その時のパリを思い出しながら・・・・
こうして映画で見るパリは魅力的ですねぇ。

小説家として行き詰まり、愛しているはずのフィアンセとは埋められない溝を感じているちょっと情けない主人公ギルが、愛してやまない1920年代のパリにタイムスリップし、憧れの芸術家たちと出会い、お酒を飲みかわす・・・と言う作品。タイムスリップものだけど、SFでなくファンタジー系です。
映画に出てくる芸術家は、フィッツジェラルドとヘミングウェイ、ピカソ、ダリ程度しかわからなかった私ですが、1920年代のフランス芸術家に詳しい人ならもっと楽しめる作品かも知れません。
目の前でピアノを弾きながら歌うコール・ポーターを楽しみ、フィッツジェラルドとその妻:ゼルダ、ヘミングウェイと酒を酌み交わし、ジョセフィン・ベーカーの舞台に魅了されガートルード・スタインに小説の評価をしてもらいピカソの愛人:アドリアナの惹かれる・・・タイムスリップした1920年代を満喫するギル。
芸術家がたまに言う「あの頃の時代が良かった」って事をギルは体験するワケです。
そして、良かったとされるあの頃(1920年代)も「あの頃の方が素晴らしい時代だった」と19世紀のベルエポックの時代に憧れている・・・いつの世も自分のいる場所には魅力を感じずに、ないものでなだりする・・・と言う展開です。

前ぶれなくタイムスリップしたのに、前ぶれなくタイムスリップしなくなるのはそれはわかったから?
少々ゴリ押しな展開もあるけれど、芸術を愛するパリを舞台にロマンティックな作品になっていました。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagiym22-chinema/23967479 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔