三方五湖北岸、西田の梅林をイメージ、綾部の梅や、賀名生(あのう)の梅を思い浮かべてお彼岸の施本の表紙にしました。
 この施本で、私の表紙担当が終了しました。この二年間、施本のイメージを探して、関西中心に奈良や兵庫、大阪そして、三重まで素朴な風景を眺めに行きました。昨年のコスモスは奈良桜井付近で、ディーゼルカーのイメージは福井県小浜線のイメージで、水仙は大阪・富田林付近で、絵にしたかったのは三多木の桜ですが、お彼岸と時節がすこしずれるので描けませんでした。ちょっと心残りです。

本願寺出版の皆様、二年間の好放題におつきあいいただきありがとうございました。

2014春お彼岸施本

施本秋春お彼岸2011


2012報恩講冊子ol