もうすぐ第6弾極限突破が発売しますね。
時期的には第6弾での新規ユニットを加えたレシピを書きたいとこですが、情報が出揃って無いので中々手が出せないです(汗


~グレード0 17枚~
1 《バミューダ△候補生 ウェッデル》 FV
4 《ドライブ・カルテット シュプリュ》 ☆
3 《コミカル・レイニー》 ☆
3 《クッキング・カスピ》 引
2 《ドライブ・カルテット バブリン》 引
4 《ドライブ・カルテット フロース》 治

~グレード1 14枚~
4 《マーメイドアイドル セドナ
2 《水面のプリズム ミルトア
4 《パールシスターズ ペルル
4 《マーメイドアイドル エリー

~グレード2 11枚~
3 《トップアイドル アクア
4 《パールシスターズ ペルラ
2 《マーメイドアイドル フリュート
2 《ガールズロック リオ

~グレード3 8枚~
4 《トップアイドル パシフィカ
2 《スーパーアイドル セラム
2 《トップアイドル フローレス


今までの使用感的にはこれが一番使いやすかったですかね。
基本的にはペルル、ペルラでドローしたりペルラ、フローレスでリオを戻して効果発動させたりペルル戻して再利用したりで相手にプレッシャーを与える感じでしょうか?
あまり場のユニットを戻しすぎてフリュートやパシフィカのパワー上昇を潰さないのも重要ですが、そんな場面稀にしか無いのであまり深く考える必要も無さそうですね。


続きを読むでは更新前の記事が読めるだけなので興味が無ければスルー安定です。


ではこれにて



最近寝ている時リミットブレイクの効果に関する夢ばかり見ていて起きたとき薄っすらとしか覚えてなくもどかしさを感じます(汗
実際どうなるのか気になりますが、限界突破という事なので今までに無かった効果であると期待してます。
予想を挙げるとしたら...
・ファイト中に一度だけ使用できる
・他のエリアから指定されたカードをエンドフェイズまでヴァンガードにライドさせる
・自分のターンを2回行い2回目のエンドファイズに自身は敗北 デュエマのボルバルザークみたいな感じです
でしょうかね...他にもありますがまた別の機会にでも...今回はいちようレシピ記事なわけですからね。


~グレード0 17枚~
1 《バミューダ△候補生 ウェッデル》 FV
4 《ドライブ・カルテット シュプリュ》 ☆
4 《コミカル・レイニー》 ☆
4 《クッキング・カスピ》 引
4 《ドライブ・カルテット フロース》 治

~グレード1 13枚~
4 《マーメイドアイドル セドナ
3 《水面のプリズム ミルトア
4 《マーメイドアイドル エリー
2 《ターコイズブルー ティレニア

~グレード2 12枚~
4 《パールシスターズ ペルラ
4 《ガールズロック リオ
4 《マーメイドアイドル フリュート

~グレード3 8枚~
3 《トップアイドル パシフィカ
3 《レインボーライト キャリン
2 《バミューダプリンセス レナ


今回のレシピはかなりドローに頼るタイプのデッキなので受けを考えた耐久型になりますかね?
場のカードを手札に戻せるがウェッディル、ティレニア、ペルラ、レナの合計9枚。
ウェッディルの場合は確実に1枚は戻せるの→1枚はドローできると考えれば中々では無いでしょうか...更にウェッディル自身がソウルに入るのとパワーが5000なのも優秀ですね。
ドローでトリガーが来てしまう事があってもパシフィカでデッキの下に戻せるのも良い感じです。
ただ次のターンにシールドが足りるか考えて戻すカードを選ぶようにしておきましょう。

では採用理由とかとか

バミューダ△候補生 ウェッデル
バミューダにあるFV用のカードの中では一番安定した効果のカード。
対象にするカードにはミルトア、リオ、キャリンが安定でしょうか。

水面のプリズム ミルトア
バミューダ版のダークキャット。
安定したドロー効果でパワーも7000とブースト要因としても優秀。
ただ相手もドローできてしまうので無暗に多用するのは控えておきたいです。

ターコイズブルー ティレニア
グレード1ではパワーが5000と少し低めですが、ヴァンガードにいるパシフィカ、レナをブーストすれば18000ラインができるので採用。
ヴァンガードヒット時でSB②ならパワーがもう少し高くても良い気もします...

バミューダプリンセス レナ
ライドすれば安定して場のカードを戻せる為採用。
グレード2ライド時に手札にパシフィカで無くレナがあるのであれば手札のカードをある程度一気に場にコールして攻めて行くのも有り。
安定しないと思えばフローレスに変えても良いかもしれないです。


とりあえずこんな感じですがまた分からない点があればコメントにて返信します。
パシフィカが揃ったら自分はとりあえずこのレシピで組みますかね...


ではこれにて