アンのひとり言

今日もあしたも筆びより。筆文字作家、アン(山田あかね)の日常。 筆文字を書いたり、絵を描いたり、ミシンで縫い縫いしたり、ロードバイクに乗ったりします。カレーライス、おすし、クリームべっちょりのケーキ、コーヒーが好物。 福島県二本松市在住。

image
「雄国沼」

雄国沼へニッコウキスゲを見に行こう!
せっかくなので、自転車で

って、朝、車に自転車を積んで(^^)出かけた。雄国沼に続く林道を自転車で行くことにしたのだ。

雄国沼への林道は、マイカー規制があって、雄国萩平駐車場 〜 金沢峠雄国沼入口は、シャトルバスが出ているが、その道は狭く、バスの迷惑になるので、雄国萩平駐車場に車を停め、少しもどって、車は通らない(通れない)塩川口から雄国沼入口に向かった。

image

とにかくずっと上り坂。

ほとんどが樹林帯で、虫がサングラス近辺をぶんぶん飛んでるし、道は荒れている。
熊が出てきてもおかしくない雰囲気で少々怖い。
実際に、それらしき、糞もあったり、
「ガサゴソと音がして、石が落ちてきた。」と1号は言うし(*_*)

私の精一杯で、塩川口から1時間20分で林道終点までやっとこれた。

image


途中、見晴らしのよさそうな場所はあったが、かすんでいてよく見えず、ちょっと残念だった。

眼下に雄国沼(↑の写真)。
自分の目で見たものと、写真とでは、かなり違っている。
もっと大きく見えていたのだ。

image


ニッコウキスゲが一面に咲いているところを想像してきたけれど、咲き始めでチラホラ。ツツジの方が目立っていた。ワタスゲも見られた。

シャトルバス係のおじさんによると、ニッコウキスゲは、いつもより1週間〜10日開花が遅く、昨日は200本、今日は500本の開花らしい(数えたのかねぇ?!)。盛りだと数千本とのこと。

7月初めが見ごろのようだ。

また、熊は、高いところには小さいの、低いところでは大きいのがいるそうで、「会いたい」と思っていると「会えない」んだそうな。。。

私たちも先日、檜原湖脇の道路を横切る小さめの熊を見た。なんとも思ってなかったが。

帰りは、係のおじさんの誘導で、シャトルバスと軽トラの後ろについてくだった。
こちらの道は、さらに急こう配(*_*)。下るのもラクじゃない。

途中、上ってくるバスと6番の待ち合わせ場所ですれ違った。

BlogPaint


ちょうど12時に駐車場につき、自転車を車に積み込んで、帰路、そばの花がきれいだった。
image

お昼は、猪苗代の幸楽苑で、ラーメン。
ギョーザ無料券を持っていたからね(^_-)-☆

ハンドブレンダーを買って、スムージーをより手軽に作れるようになったので、
最近、スロージューサーはお休みしている。

付属のコップに、
硬い人参やリンゴは、薄切りにして下の方に、
やわらかいオレンジやキウイは、上の方に入れる。

image


ガーガーやって、ほぼ出来上がりだけど、スプーンで食べることになるくらいドロドロ。

image


「食べる」のではなく、「飲みたい」ので、牛乳や炭酸水を足して、さらにガーガー。

image


で、できあがり。

image


美味しい(^^♪

と言いたいところだが、
あんまりおいしくないのよね^^;

果物の分量が適当でないのかもしれないけど。
水分を足したとはいえ、口の中に入れてから、モグモグ3回くらいして飲み込んでいるし、
イマイチ感あり。

やはり、スロージューサーで作ったジュースの方がおいしいし、好きだなあ。
スロージューサーの場合は、いいとこ取りだから当然か。

というわけで、今後は、にんじんとリンゴが豊富にあり、片付けるのが億劫でないときは、スロージューサーを使い、
ジュースにする材料が少ないときは、スムージーにしようと思う。

明日はどっちかな。

うちのコウバから窓の外を見たら、
シャクナゲがいっぱい咲いていた。

いつもだと、梅雨に入っていて、花びらにしずくが乗っていて、それがまたきれいなのだけど、
今年は、まだ梅雨前。
しずくがなくても、きれい♪
image


しゃくなげのほかにも、さつきがあちこちに咲いているので、
それも撮って。

image


しゃくなげも、さつきも木が大きくなってきている。
見渡すと、どれもでっかくなっている庭木たち。

今年は、思い切った剪定をしようかしら。





image


那須でプロも出る自転車のロードレースがあるというので、観戦に行った。
とっても良い天気!
那須連山もしっかり見えた♪


プロのレースは、スタートまもなく救急車が来るほどの落車があり、1時間後、仕切り直しとなったが、会場は、にぎやか。

image


那須町が全面的にバックアップしていたレースで、
地元のお店が、道路上に出店していて、焼きそば、たこ焼きなどの一般的なものもあれば、パン屋、バーガー、カレー、本格コーヒー、チキンなどなど、那須のお店だけあって、おしゃれ♪



帰りに、うわさの!パン屋「ペニーレイン」に行ってはみたが、
待ち時間が30分〜1時間と聞き、断念。
それにしてもすごい人気でびっくり。そんなにおいしいのか?!

その後、郡山のモーニングのギャラリーで開かれていた「自由な書を愉しむ〜インテリアな書」第3回作品展 を観に行く。

ほっとできて、見ていて楽しい書展だった。
飾り方も工夫されていて、タイトル通り、皆さん書を自由に愉しんでいるのが伝わってきた。

作者が楽しく書いている雰囲気は、見ている側にも伝わり、見る人をも楽しくさせてくれる。




そういえば、こないだも那須に行ったな。と振り返れば、それは先週のことだった。
まだ、一週間しかたっていたなかったんだねぇ(*^▽^*)

image


先週で梅雨入りと思っていたけど、福島はもう少し先になりそうだ。

土曜日、天気もいいし、自転車に乗らない訳はない。
ということで、夏井川渓谷にそった道を走ることにした。

出発は、磐越東線、夏井駅。
しっかり無人駅。のどかでいい感じ。
そこまでは、自転車を車に積んできた。

image

渓流あり、淀みあり、滝ありの川の表情を楽しみながら。


途中、「背戸峨廊」という、ちょっと変わった名前の場所があったので、
舗装道路の終わりまで行ってみた。

「背戸」は隠れたところ、「峨廊」は岸壁がそそり立つさま。草野心平の命名。
背戸峨廊→
image


そこから、さらにダラダラと下り、一番最初のコンビニを終点とした。
パンを買って小休止。

image


そして、来た道を引き返し、「夏井駅」へ。
帰りは「だらだら上り」でちょっと大変かな。と思ったけれど、
それほどでもなく、助かった。
途中、雨が降り出したりしたけれど、気温はちょうどよく、川を左側に見つつ走った。

往復で約55キロ。私のペースで2時間半ほど。

車に自転車を積んで出発。
ラーメン屋で遅いお昼を食べようと思ったら、目当てのお店は、終わっていて、かっぱ寿司。
108円のデザートのクリームがおいしくなくって、がっかりだったな。
まあ、回転すしだし、安いし、仕方がない。

そんなこんなで、土曜日は終了した。

ドクダミの花がお茶になると知った。

ドクダミといえば、抜いても抜いても出てくるし、あの独特の香りがなんとも堪えがたく、なんとかならないもんか(負のイメージm(__)m)と、いつも思っていた。

が、以前、わんさかはえてくるドクダミの葉っぱを乾燥させ、煎じて飲んだことがある。
意外にも、悪くなかった。ドクダミ茶って売ってるしね。
だけど、花のお茶とは、初耳だった。

ちょうど、庭のあちこちに咲きだしたので、花を摘んで飲んでみることにしたのだ。
image


一応、水で洗った。
水にうかべると、結構かわいい💖
image


急須に入れ、熱湯を注いで、出来上がり。
image


色は、ちょっと黄色っぽい。
(ほぼ飲んでしまってから写真を撮っていない事に気がついたので、残りわずか)
image


さて、お味というと、鼻をつまんで飲めば、甘味も感じられて、まろやかで悪くない。
でも、やっぱりドクダミなので、あの独特の匂いはする。

1号は、「思ったより悪くない。」
2号は、匂いを嗅いだ時点で✖。
私は、花がいっぱい咲いていたら、「また飲んでみてもいいかな。」
そんな感想。

試しにいかがかな?

ハンドブレンダーを買った。

なぜかというと、スムージーを作るため。

image


ここ数年、にんじんとリンゴのジュースをスロージューサーで作って飲んでいる。

スロージューサーで作ったジュースは、飲みやすく、酵素も壊れないなど、とてもよいのだけど、スロージューサーは、ギュギュっとにんじんとリンゴをしぼるだけなので、カス(といっても食べられる)が出る。

カスを利用するのも毎回は厳しく、ほとんど廃棄してしまうし、繊維質も取りたい(栄養指導のときに言われたし)ので、最近はアタッチメントを変えて、スロージューサーでスムージーを作っているのだけど、どうしてもカスは出てしまうのだった。

「なんだかなぁ。」ということで、
以前から、買おうかどうしようかと考えていたハンドブレンダーを買ってみた。
なめらかなポタージュスープもつくってみたいしね。

最初に作ったのは、ポテトスープ。

image


ジャガイモや玉ねぎを軟らかく煮て、ガーッと。
牛乳や調味料を足して、できあがり。
なかなかおいしい。生クリームを入れたら、もっとおいしいだろうな。



そして、今朝、スムージーを作ってみた。
リンゴ、人参、バナナ、キウイに牛乳を入れて。
牛乳をいれなければ、ドロドロ。
コップより大きい↑の容器(付属)の中で混ぜるので、カスは出ないし、洗うのも楽ちん。

ただ、ニンジンやリンゴは、大きいままだと力づよいブレンダーをもってしても、くだけないので、薄く切った。
image


にんじんリンゴジュースを飲みなれているので、スプーンを使って、食べる(飲むというより)感じのスムージーは、ちょっと慣れないので、水分を足して、今後はジュースにして飲もうと思う。

スロージューサーとブレンダーと気分で換えてね。

あと作ってみたいのは、かぼちゃのスープ♪
生クリーム、買ってこなくちゃ!

ここんとこ毎週、アクティブな休日を過ごしている。
梅雨入り前、最後の活動日となるやもしれない。

ということで、昨日の那須のお山に続き、山へ。
(ローカル色あふれる内容なので、読んでもよくわからないだろう・・・)

今回は、福島県、磐梯朝日国立公園内、「魔女の瞳」と呼ばれる、一切経山と家形山の間にある五色沼を通常一切経山から見下ろすところ、水際まで行ってみよう!
と、不動沢から登っていった。久々の登山だ。

image


周囲は風が強かったが、登山道は、無風状態。平和だが、それなりの勾配。
登山道には、雪が何か所か残っていて、ちょっとした雪渓体験も。

image

今年は、雪が多かったおかげで、いろんな花がみられた。(山荘のおじさん談)

で、肝心の「魔女の瞳(五色沼)」に、会えたのか?!
というと、
「会えなかった」のだ。ガスってて(T_T)

途中までは、「五色沼」という案内板があったのに、突如なくなり「一切経山」への案内板となった。なのに、「魔女の瞳」はどこ?
しかも、冷たい強風が吹きつけてきて、寒いし、誰もいない、周囲がガスで見えなくて怖い。
「こりゃもうたまらん。」
となり、「ここまで来た」。という証拠写真を撮って、来た道を戻ったのだ。↓
この反対側に、「魔女の瞳」があったようだ。(あとで山荘の管理人さんに聞いた)

image

帰りに、
吾妻慶応山荘」(その名の通り、慶応大学関係の山荘)に立ち寄った。
(登り途中でそこの管理人おじさんに行き合った)
この山荘は、50年前に作られ、管理人さんは25年ここにいるんだそう。

管理人おじさんが淹れてくれたドリップコーヒーをいただきながら、
なぜ、ここに慶応大学の山荘があるのか?とか、山スキー、アイゼンのことやら、その他いろいろな話を聞いたり、写真をみたり、おにぎりを食べながらしばらく休ませてもらった。
ここは、冬の方が忙しいとのこと。

山スキーをやらない私たちへのおすすめは、秋で10月初め。紅葉がとてもきれいとのこと。
次回は、魔女の瞳に会いたいものだ。「また10月に来ます。」と言い残し、帰路に。


さて、ここで終わらない、ここんとこアクティブな我ら。
磐梯吾妻スカイライン、高湯側から自転車で上ったことのない私のために^^;、2か所ある、消雪道路(勾配がきつい)をのぼってみよう。と途中に車を停め、高湯の「あったか湯」まで、30分くらいヒルクライム。↓は、あったか湯の池?(足湯ではないらしいが、どうみても足湯用にしか見えない)今回は、お風呂はパスして、下る。

車を停めたところまでの下りが、とっても怖かった。
斜度もなかなかだし、路面はゴツゴツで(*_*)

image



最後は、「風花画廊」へ。
齋藤ナオさんと加茂幸子さんの作品展を観に。
女性ならではの、かわいらしく、やわらかい作品や、いつもと趣の違うナオさんの作品もあった。
6/11までなので、ぜひ。
image


今日の出発は、6時半。
早起きすると、いろいろできてとてもよいね。

ひとつ、気になるのは、私の右ひざが山登りの下りで痛かったこと。
登りや自転車に乗る分には、全く痛まないのだけど。
利き足である右だけに、これは老化かな。
10月にもう一度五色沼にいくために、なんとかしたいなと思う。

今日は、那須ヒルクライムレースのコースをのぼってみた。

那須は、好きな場所で何度も来た事はあるが、
この道は通ったことがなくて、どういう感じかわからなかった。
そして那須を自転車で走るのもはじめて。

ここのヒルクライムコースは、標高差:701m、平均勾配:4.8%(最大15.0%)、距離:14.2辧
途中、2か所の下りがある。
このくだりが、私には、怖かった。カーブで自転車を倒して曲がるのがへたくそなのだ。

そして、最後にきつい上りがまっていた。

普通なら汗だくになるところだが、ゴールの大丸温泉の駐車場についたときは、
寒く、風が強くて、早々にくだったのだ。

image

証拠写真は撮っておいた。
面白みがない写真だわ。

image

上の写真の反対側。

今日、見かけた自転車乗りは、10人くらいか。
レースは、9月ってこともあるからかな。
下りが怖いし、ビリかもしれないし。ってことで、私はレースに出る予定はなし(^_-)-☆

帰宅したら、雨が降ってきたリ、夜は雷がなったり、不安定なお天気。

かたづけたこたつのふとんをまた掛けて、晩御飯は、鍋にした。









image


6月の初日にふさわしい雨の一日だった。

庭のカルミアが元気に咲いている。

山の上の「カルミア」さんにコーヒーを飲みに行きたい気分。

image

南伊豆、下田に行った。
「田牛」と書いて「とうじ」というところ、海沿いに別荘地があって、外国人に人気のビーチもある。
というのは、後で知ったのだけど。「田牛海岸」

朝、早く目が覚めたので、ちょっとお散歩した。
↑の↓の写真は、夕方のようだけど、朝。
たわわに実った枇杷の木があちこちにあった。枇杷は、実家にもあって結構好きだった。
タネがおっきいのが、ちょっとね^^;


そして、次は富士山周辺。
とても良い天気で絶好の行楽日和。

富士山須走口5合目まで車で行った。
道中、激坂をのぼる自転車乗りが何人も。

5合目では、自転車乗りのきれいなお姉さんとすれ違ったが、この激坂を上ってきたとは思えないほど、涼し気で、お化粧も崩れてなかったことにも驚いた。
最近は、美しくて速い女性自転車乗りが多い。

5合目の売店のおばあちゃんは、とてもフレンドリー(^^)

image


富士五湖は、河口湖だけ見なかった。
山中湖は、猛烈な観光地。
精進湖と本栖湖は、静かで、富士山もよい感じに見えてなかなかよろし。
西湖は、富士山があまり見えない。

富士山と富士五湖は、磐梯山と裏磐梯湖沼群と雰囲気が似ている。
車もいいけど、自転車も気持ちいいだろうなあ。

次の日、沼津の千本浜へ朝のお散歩。
6時半というのに、人がたくさんでびっくり。
しかも、バーベキューを始める模様・・・。子供はほとんどいなかった。地域の行事か?!

地引網の周辺には、カラスとトンビがたくさん。
おこぼれ待ち。

image


千本浜という所は、砂ではなくて、石の浜なのだ。
海水浴もできるけど、かなり痛いんじゃないだろか。

沼津は1号のふるさと。
駅周辺はかなりさびれているけど、ここも住めば都なんだろうな。と思ったりした。

そこから、横浜、東京と立ち寄り、帰宅。

長時間の車での移動だったが、かなりの時間、私は、眠っていた。
車に乗ると(運転してないときだよ)すぐ眠くなるのは、子どものころから変わらない。

image


大興奮だったスタレビ「大宴会」の翌日の昨日5/21は、「時空の路 ヒルクライム in 会津」。
今回、我が【ヤマダフィルター】からは、きよしくん、1号、私の3人が出場。

私は去年に続き、2度目の出場だ。

今日にいたるまでのいろいろ(遊びすぎ)の末、「今日は楽しく走ろう!」という目標?!にした私だったが、スタレビ「大宴会」のお土産の水とソイジョイを食し、「要さん!どうか私に力を〜」と、最後は「神(要さん)頼み(^^)」。

image


「楽しく」とはいえ、これは、「ヒルクライムレース」。楽しい以前に、「苦しい」が来る。
それでも、40代以上女性の部で半分以上に入れたらなあ・・・。とひそかに思っていた。

が、甘かった。
結果、
タイムは、56分29秒。

22人中14位、
昨年の52分29秒(25人中11位)から、3分半ほど遅い結果となった(*_*)
昨年→

リザルトはこちら→


昨年は、クロスバイクだったのが、ヒルクライムを速く走るためにと、ロードバイクにかえ、
2号に用意してもらった軽量チューブ、軽量タイヤ付きのホイルを使用し、機材は万端!
ですがねぇ、エンジンがねぇ〜。

私としては、昨年と苦しみ具合は同じ感じだから、そんなに遅いと思わなかった。
けれど、なんだか抜かれるなぁ・・・。
昨年のタイムを経過してもゴールは見えず・・・。

1号にも2号にも、その結果は、見えていた。という反応で、全く面白くない。


怒涛の勢いの、私の4〜5月があれあれという間に過ぎている。
少し冷静になってみると、私って、計画性があるようで(自分ではね)ないとわかった。
思いつきで動いているんだな。ずっと先の予定をすっかり忘れていて、ギリギリで焦るという・・・。
でもねえ、暇すぎるよりも、性(しょう)に合っているようだ。
あとは、焦らないことだな。自分が蒔いた種だしね。


さて、今回は、2度目だし、(最初からあきらめムードのようだが)「楽しく」を目標に設定したので、気持ちに余裕があった。
そのせいか、スタート前、女性サイクリスト数名に声をかけることができた。

ロードバイクを購入したお店のチームジャージを着た若い可愛い女性(^^♪
過去連続優勝のとってもかっこいい女性!(^^)!
14回目のこのレースに1回目からずっと出ていて、さらに、11回を数える裏磐梯ヒルクライムも全て出ているという女性(@_@)
そしてそして、70代後半の鉄人(女性だよ)とは、ツーショット写真まで撮ることができた!(^^)!
鉄人とは、数年前(2011年10月だった)、空(カラ)さんのお誘いで、箕輪山を一緒に登ったことがあり(鉄人は覚えていなかったが)、そのときに鉄人が、自転車レースに出ていることを知った。
が、その時は、自分も自転車レースにでることになるなんて、思ってもいなかった。

数々の女性レジェンドたちと言葉を交わすことができたのは、とてもよかった。

さて、我がヤマダフィルターのほかふたりも、無事ゴールし、お決まりのアイスクリームなどを食し、下山。
抽選で、1号は地元の名産品セットを受け取り(昨年は私がゲットした。内容は違う)、レース会場をあとにした。「しそ」というのは、こんにゃくと思いきや、甘酢漬けの玉ねぎだった(*_*)
image


本日は、これで終了と思いきや、その後の予定は決まっていた。

お昼は、友に教えてもらった、ラーメンやで食べ、
その後、猪苗代の「はじまりの美術館」でやっていた
【AIZU COFFEE TIME! 2017】に立ち寄り、3人で最後の3枚の【コーヒー飲み比べチケット】を購入し、いろんなコーヒーを飲むことができた。

そこから、きよしくんと1号は、自走で帰宅。
私は、タントくんで、一人ドライブ。
お供は、浜省(^_-)

と、濃厚な土日はつつがなく終了した。

この二日間の〆はスタレビで。
昨日のスタレビ35周年記念ライブ「大宴会」のお土産をご紹介。
image

6時間ライブということで、水分とエネルギー補給に↑の写真の水とソイジョイ。
ほかには、レトルトカレー(スタレビメンバーのボーさんのレトルトカレーも販売されていた)とお土産を入れるバッグもお土産。
ゲストも豪華ながら、お土産付きだなんて、「大宴会」は「大感謝祭」だったんだな。
スタレビ、ありがとう!

さっそく、このバッグは、ヒルクライムレースに行くのに、使わせてもらった。




image

濃厚な土日だった。

まずは、土曜日のこと。
昨日は、スタレビ「大宴会」に行ってきた!
場所は、大宮 さいたまスーパーアリーナ。

写真のポスターを見たら、お分かりかと思うが、豪華なゲストがずらり!
しかも、結果、7時間(アンコール含めたら7.5時間)のライブだったのだ。

前半〜中盤の
各ゲストが持ち歌一曲とスタレビの歌一曲を要さん(スタレビ)とコラボしたのだけど、それだけでも十二分に楽しめたのに、ここからが本番!のような要さんのフリのおしゃべりからはじまった、
「夜のヒットスタレビ」と題した、各ゲストの大ヒット曲のメドレー。

それは、そりゃもう、身体がビリビリしびれっぱなし感動の連続だった。

「夜のヒットスタレビ」では、
森高さんが、ミニスカートで「私がおばさんになったら」だよ。
岸谷香さんが、「ダイヤモンド」だよ。
渡辺美里が、ド迫力の「My Revolution」だよ。
鈴木雅之が、「め組のひと」だよ。
小田さんが、「ラブ・ストーリーは突然に」だよ。
文字打ちするのが面倒なくらい他にも次々、懐かしのヒット曲の数々が聴けたってわけ!

そして、そのときのバックバンドが、スタレビ!っていうんだから、このライブって誰の35周年記念だっけ?!って感じだった。

あまりに謙虚な35周年記念ライブじゃあないか。

スタレビの濃いファンにとっては、物足りなかったのかもしれない。

だけど、豪華ゲストを呼んでコラボができるのも、35年続いた「スタレビ」の今の色であり、形であり、力だとつくづく感じた。
スタレビの曲を数曲しか知らない私には、持って来いのライブだった。


image


チケットをとってくれたのは、福島の「我がよき友」だ。
何から何まで手配してくれ、この友と行動を共にする時、私はすっかりお任せでとてもリラックスでき、とても楽しめるのだ。

実を言えば、私、このライブがこんなに豪華なことをわからずに、やってきていた。
友は、ちゃんと、内容を記したページにリンクを貼りメッセージをくれていたというのに(*_*)

そのせいもあってか、このライブの凄さは何倍にも私には感じたのだった。
トイレの行列も並みじゃなかったしね。

友には、「感謝」しかない。

そんなこんなで、アンコールまで居たら、帰れるかどうかわからないので、本編終了後、帰路につき、
11時ごろ帰宅。
よい、土曜日だった。

翌日の日曜日(今日)は、会津美里町での「時空の路 ヒルクライム」レース!!
4時半自宅出発だ。
明日は明日。ヒルクライムを楽しもう♪と・・・、
気がついたら、朝だった。

 つづく。




随分前のことのようだけど、半月ほど前まで浜松で個展をしていたんだった。

先週、お礼状を出し終えて、ホッとしているところ。

arigatou


個展中、思いがけず来てくれた、大学時代を一緒に過ごした「我がよき友」から「浜省」(浜田省吾)のCD2枚を拝借した。
一枚は、初期の懐かしい曲ばかり。もう一枚は、2年ほど前リリースされたもの。

浜松から二本松まで運転中、「ずっと浜省♪」だった。

時にうっとり、時にノリノリで。
おかげで、長距離運転も気分よくできたのだった。

「浜省」も最初は、青臭かったんだ!
しょっぱなの曲が、浜省のデビュー曲「路地裏の少年」を聴いて、少し笑えた。

そういえば、キリンジ(兄弟だけのとき)の弟くんだって、初期のころは、音程が不安定で、
「最初っからうまかったわけじゃなかったんだな」って、どこかほっとしたんだった。

「浜省」といえば、学生時代に1本、カセットテープを持っていた。
今回、CDを聴いてみて、好きだった曲を思い出したり、「これっていい曲だったんだなあ。」と、
以前とは違う印象を持ったりして、自分も変化しているんだなあと感じる。

新しいほうのCDは、初めて聞いた曲ばかりなのに、全然違和感なく、するりと耳に入ってきた。
昔の曲は、刺激的で思うままにならない感情を歌にぶつけた感じだけど、最近のは、丸くなったなあと。
初期が、なめる前の凹凸がくっきりの金平糖で、新しい方は、なめて凹凸がなめらかになった金平糖。
そんな気がした。

最近の運転中の音楽は、「浜省」だ。
聴けば聴くほど染みてくる。



ところで、浜松滞在中、この、「我がよき友」ゆかりのお寺の「藤の花」が見ごろだと、友が教えてくれた。
とても有名な所で、日中はかなりの賑わいらしいので、早朝行こうと思っていたが、結局行けなかった。

そしたら、友が「そこの藤の写真」をポストカードにして送ってくれた。
うれしかったので、私の文字とコラボさせてもらった。

熊野の長藤


「熊野(ゆや)の長藤」  (静岡県磐田市)
紹介しているページがありました→
ゴールデンウィークが見ごろ。
行って、藤の香りに包まれたい。

浜松から帰って、
チャリだ!キャンプだ!花見だ!と、一気に遊びすぎて、GW終盤は、失速した。
土日は、なにをやったのか。すら思い出せない。

ふとみれば、12月にいただいたシクラメンが、まだ咲いているではないか!

我が家では、珍しいことだ。

私が留守の間も、1号が水をかえたり、あげていたらしい。
ぴよこたちのえさ、水やりも。

私が留守にするときは、いつも
「ぴよこたちは元気?」と、家族に聞くのだけど、今回は、ぴよこたちのことは、全然思い出さなかった(°▽°)ごめんよー、ぴよこたち。

でも、みんな元気でよかったよかった。

image

まだまだ続く、5日のこと。

午後からは、ラグビーおじさんと1号と私の3人で、裏磐梯へ。
磐梯山がよく見えて、コーヒーもおいしいMOTOコーヒーでコーヒーを飲む。

そして、今回のメインでもある、
川桁駅近くの「観音寺川の夜桜」を観にいく。

駅あたりに駐車して歩いていくと、桜の花はさいているものの、葉っぱがたくさん出ていて、遅かったか〜。と残念に思った。
それでも、川の流れをみながらの桜はなかなか風情がある。

image


日も暮れて、上流に歩いていくと、屋台がいくつか・・・。

image


どんどん歩いていくと、人も増え、カメラを構える人が多々・・・。
なになに?と思ったら、


その先にあったのは、
ライトアップされた桜だった。



しかも、ライトの色が刻々と変わるのに、びっくり!
ピンク、青、赤、黄・・・
これは桜か、紅葉か。

image


image


image


ほとんどの人がカメラマン(スマホやら本格的なカメラやら)で、
「花より団子」の人はいない。
宴会をしない花見って〜、あるのね!?
禁止なの?と思ったくらい。

それでも、1号とおじさんは、青のビニールシートを控えめに敷き、
「来てよかったなぁ〜」などと、スライスチーズを食べながら、ビールを飲んでいた。

今年は、花見をしたようなしないような感じの私だったので、見られてよかった。
すでに、青森でも桜は散っているようなので、この時期、これだけの桜を観られたのは、ラッキーだった。

ライトアップされた夜桜のよいところは、
葉っぱがでていても、暗くなってしまえば全部花に見えて、満開状態♪
得した気分。

1号などは、ライトアップにもお金かかっているし、もっとお店出して、地元も潤うようにしたほうがいい。とか言ってたけど、
これはこれで、いいんじゃないかと。

帰りは、私の運転で、おっかない115号をエンジンブレーキ、ガーガー言わせながらくだっていったのだった。

以上、5日午後のお話しでした。



私、実を言うと、キャンプは好きではない。
荷物が多くなるし、片付けも面倒くさいから。
快適さを求めて、テーブルだぁ、椅子だあ、ライトだあ、バーベキューセットだぁとね。

けれど、ふたりだと、荷物はかなりすくなくできる。
車から一度に運べる量が理想だ。

そんなわけで、今回はちょうどいい感じ。
当初、「キャンプぅ〜〜(*_*)」という気分でやってきたけれど、朝起きて、あれこれするうちに、
「キャンプも荷物が少なくて、バーベキューしなければ、ラクじゃないか。結構いいかも。」と、
思うようになっていた。

テント内からの景色↓

image


朝、本当は、レトルトカレーとパックのごはんをあっためて食べるつもりだったが、
それすらやめて、コンビニへ。車はガス欠になりそうだったので、チャリで。

ついでに、鏡が池へ。
あら、いい感じ。
image


桜も咲いていたよ。
image


テントに戻り、コーヒーを淹れて、1号はカセットコンロ&フライパンで肉と玉ねぎを炒め、コンビニで買った冷凍ピラフを食べる。私は、ソーセージパンとクリームボックス。

キャンプ場に泊まっていたバイク乗りたちは、出立が早い。
私らは、すぐに帰れるので、しばらく、だらだらと過ごし、短時間でテント撤収、積み込みを済ませ帰路につく。

今回は、タント君(ダイハツの軽)で行ったが、今度は、コペンちゃん(ダイハツの軽)でキャンプに行こうかと考えている。
なんせ、コペンちゃんは、荷物が乗らない。
登山用のコンパクトな用具をあれこれ見て回るのも楽しいじゃないか♪


2日夕方、二本松に戻って来た。

3日は、車から荷物を降ろし、夕方は、チァリでサファリパークまで。
久々のチャリは、とても気持ちが良かった。
imageimage


4日は、思いつきで、岳(二本松 「だけ」と読む)でキャンプ(スカイピア横、無料キャンプ場)をしよう。ということになった。
テントだなんて、何年ぶりだろうか。
しかも、子供なしなんて〜。

と、その前にチャリに乗ろう。ということで、車に自転車を積んでいった。

その日の自転車コースは、
私は、キャンプ場→風花画廊→キャンプ場。(行きはよいよい下りばかり、帰りは上りばかり)
1号は、キャンプ場→風花画廊→高湯→浄土平→土湯→キャンプ場(とてもたいへん)

image


当然、私の方が早くキャンプ場についたので、安達太良山がよく見える位置にテントを立てた。
キャンプ場は、なかなかの賑わい。

ここは、トイレがきれいでない(ぼっとん)けれど、無料だし、しかたない。
子どもたちが小さい頃、よくデイキャンプもしたし、お泊りキャンプもした馴染みのキャンプ場だ。

1号がヘロヘロになって戻ってきたので、少し休んでから、スカイピアのお風呂へ。
私は、プールが休憩所に改装されてから始めて行った。休憩所がなかなか広い。

夕飯は、そこで、カップラーメンとか、うな重!(1,200円)などで済ませる。
カセットコンロ&フライパンで肉でも焼くか。と言っていたが、面倒なので。

ここのお風呂は、夜9時までの営業なので、8時を過ぎても来る人がいる。
宿泊施設はないけれど、休憩所には、パジャマ姿の子どもがちらほらいたりして、とってもアットホーム。
私たちは、休憩所でダラダラ過ごし、8時過ぎにテントに戻った。

となりの酔っ払いおやじたちのおしゃべりを子守歌に、いつのまにか眠っていたのだった。

 つづく。






image


心配された荷物も無事積み込むことができ、母の住まいの最終チェックも済ませ、延々7〜8時間かけて、我が家へ帰ってきた。

白河あたりから、山桜が咲いているのを見ることができた。

家に帰ると、庭木たちに2週間前には気配もなかった黄緑色の若葉が、
松も新芽が伸びていた。

留守の間に、二本松も私が好きな新緑の季節になっていたのね。

image



image


image

買取屋さんも処分やさんも、テキパキと仕事をこなし、短時間で、仕事を終えた。

部屋の一角を占める
「捨てないものたち」をみて、処分やさんが

「大丈夫ですか?まだ積めますよ」とおっしゃる。

「これ、沢山にみえるけど、あんまりないんです!」
といったものの、すでに、タントくんは、3分の2くらいは埋まっている。


まだ、掛け布団2枚に扇風機、その他細かいもの、そして、これら⬇︎を積もうとしているこの私。

image


だってさあ、やっぱさあ、ゴミにできないのよー。

まだまだ、ホッとできない5月の始まりの日。
まあ、無理なら、そんとき考えよう。
今日は、ぐっすり寝ることだな。

浜松市佐鳴台Tree Cafeさんでの個展が終わりました。
見に来てくださった方、ブログを見てくださった方、ありがとうございました!



さて、
引き続き、わたしは母の「元住まい」の退去準備。

買取屋さんがあとどれだけ引き取ってくれるのか?!
その他は、廃棄物処理業者さんお願いなのだけど、

捨てるに忍びないものが多々あり、我が家のタントくんは満載間違いなし(°_°)
懐かしのあれこれ、もったいない根性がムクムクと湧いて来て、あとで考えたら、どうでもいいようなものまで持っていきそうな・・・。

今日が勝負の日。
頑張ります!

image

これ、ソープフラワーっていうんだって。
どれが石鹸なの?

Tree Cafeさんでの個展も後半に入った。

同時進行している母の旧住まいの片付けやら、手続きも後半戦。

今日は、買取やさん、廃棄物やさんも決定し、なんとか予定通り浜松を去る目処がたった。

そんなわけでスッキリした私は、コメダ珈琲に行った。

コメダ珈琲、実は、母の旧住まいの目と鼻の先にある。
母が住み始めて7年近くだが、私が行ったのは、5回くらいか!?
そして、シロノワールを食べたいと思っていたのになぜかまだ食べたことがなかった。

念願のシロノワール!
普通サイズは、一人じゃ無理だろうと、ミニを。

image


甘そうだから、珈琲も奮発してたっぷりサイズを注文した。

上に乗っかってるのは、ソフトクリーム、
下はデニッシュ、しかもほんのりあったかい。

デニッシュは、程よい甘さでまあ、美味しい。ソフトクリームは、普通。

ミニだけれど、その半分で満足かも。

といいつつ全部食べて雑誌も読み、たっぷりサイズの珈琲も空っぽなのに飲もうとしたり(^^;)、ちょっとした気分転換ができたのだった。

ところで、
コメダ珈琲がとても近いのに、なんであまりいかなかったのか?!

それはね、
珈琲があんまりおいしくないの(>_<)
あら、言っちゃった(^。^)
ま、おいしくないというか、私の好みじゃないと訂正しよう。

カップも分厚くて、それは良しとしても、飲みごごちがどうもねぇ。

やはりここの魅力は、モーニングだろうね。一度しか食べてないけど。

でも、私が今でも1番美味しいと思うモーニング(だったか、単品バタートーストだったか忘れたが)は、
今はなき、母校、長良岐大(と言ってもわからんだろうが)の喫茶のしょっぱいバターがとろりと乗ってる厚切りトーストと珈琲の組み合わせなのだ。

あらら、初シロノワールの感動を記すつもりが・・・あらぬ方向に(^。^)

とはいえ、念願のシロノワールを食べて、もう、悔いはない。

良い日だったわ♪

明日は、粗大ゴミを捨てに行って、さらにスッキリする予定(^。^)



個展は、30日まで。
個展については、筆文字ブログでどうぞ。→















日曜日の夕方浜松に来たばかりなのに、1週間くらいいるような感じ。

個展のあれこれをやりつつ、
母の住まいの片付けも進行中。

ひと月前には、予想していなかったが、
あらかじめ計画されていたかのようなタイミングでの出来事(母の高齢者住宅への入居ね)で、私自身、内心そうなって欲しかったのかもしれないな。

片付けにしても、お金を出せば(母負担)、業者にやってもらえるところ、できる限りやすくやってやろう!というわたしのセコさが出てきて、自分から大変にしている。

昨日は、個展会場のカフェで、友達と喋ったのだけど、結局のところ、大変なのにやるのは、なんだかんだ、自分のため、
「自分がやりたいから」なんだろうなと。

やるだけのことをやって、ダメならしょうがない。

納得できれば、いいんだな。


そんなわけで、今日は、業者に来てもらって、処分にどんだけお金がかかるか💰見積もってもらう。
難物があるのよ〜。

image


個展の作品などは、筆文字ブログにご紹介します。
ほとんどが、そちらのブログでアップした作品を額装したものなんですけどね^_^
しばらくは、筆文字ブログのみの更新になるかもしれません。

こちら↓
筆文字ブログ
筆文字で応援「人生に息吹を与えるあなただけの言葉


雨の浜松。でも寒くないです。

明日4/18〜4/30まで、浜松市佐鳴台にある、「ベーグル&ギャラリー Tree Cafe」さんで、個展をします。

ふるさと浜松での初めての個展です。

美味しいベーグルを食べて、コーヒー、紅茶を飲みながら、まったり作品を眺めていただければ嬉しいです。

私は、平日は、ときどきふらっと、土日は、大抵いる予定です。

お近くの方、ぜひ足をお運び下さいね(^.^)

................................

山田あかね 筆文字作品展
〜笑顔になれる言葉たち〜

4/18(火)〜4/30(日)
11時〜18時
※4/24(月)定休日

image


image

image
この前の週末、山形と秋田に行ってきた。

山形県の鶴岡に大学生の3号がいるので、
1泊は、シュラフ持参で3号のアパートで。
朝方も暖かくて、我が家より快適かも〜。と思った。

このアパートでの3号の生活も2年。
内部の多くを占めるのが、ペットボトルとか段ボールとかのたぐいで、ゴミを処分したらかなりすっきりすると思われる。
だけど、片付けも掃除もする気なしの私。3号も望んでいないしね。

写真には、たぶん月山が写っている。


image
次の日は、お隣の酒田市へちょっと観光。
山居倉庫(1号付き)










image鶴岡が風間家、酒田は本間家。
ってことで、本間家へ。
写真は、お庭が素晴らしい本間氏の別邸
image
image








お庭を背にして。(1号と私付き)







BlogPaint
秋田へ行く途中、鳥海山の眺めが素晴らしいというカフェへ。
あいにく、鳥海山のピークは雲の中。




image
秋田県は田沢湖。
たつこ像。










秋田での泊まりは、秋田駅近くのホテルだったので、温泉じゃあない。

やっぱり温泉に入りたいなあ。ってことで、
秘湯 乳頭温泉へ日帰り入浴。

乳頭温泉と言ったら、鶴の湯
写真でよくみるのは、混浴風呂。
私も入れない事もなかったが、女性専用風呂から覗いたら、ちょうど男性がこちらを見ていたので、やめた。おばさん登場!でがっかりさせてもねぇ。
そのほかの3つのお風呂は入ってきた。脱いだり着たりで、そこは面倒だったが、来たからには入らにゃ損!って(^^)

泉質が違うということだ。どれもお湯の感じがとてもよくって、気に入った。
次回は混浴にチャレンジか?!夜もよさそう。


imageimage






そのほかよかったのが、秋田市内のちゃんぽんやさん、チャイナタウン
今話題の佐々木希さんが帰省する度に足を運ぶという地元・秋田にある「チャイナタウン」の「味噌チャンポン」。
なぜ、秋田でちゃんぽん?なのだけど、
太麺はあまり好みでない私でも、また行ってもいいかな。と思ったチャイナタウン。
駐車場に車を入れにくいのが難点かな。

そんなこんなで、我が家にあまりいない4月だ。

image


今年も二本松市根崎にある本久寺で「縁遊会」が開かれる。
4月9日(日)11時から14時半まで。

桜の咲き具合はどうだろう?!
すでに、夜のライトアップは始まっているようだ。

お近くの方、ぜひ♪

今回も、ポスター書かせていただいた。

昨夜、ようやく自宅に帰ってきた。
浜松での2週間余りの日々は、一言でいえば、とにかく、「大変」だった。


母のひとり暮らしは、そろそろ限界かも。と、どこかの老人ホームへの入居を考えていたけれど、今回の帰省中に入居というのは、いささか強引過ぎたかもしれない。
けれど、母の様子(足が痛くて歩くのが不自由)を見ていると、母一人置いて、私は帰れない。
と思ったのだ。

image


浜松を離れたくない母の気持ちを尊重し、近場の高齢者向け住宅をいくつか見て回り、ここでよかろうと、決めたものの、予約の関係で、契約には、数日待つこととなったり、

入居に伴い、やらなくてはならないことが色々あるし、(引っ越し、病院の紹介状など他にもいっぱい)
それに加え、介護認定の更新時期とも重なってややこしい、気がつけば春の引越しシーズンで運送便は、思うように手配できない。

さらに、
来客中でもあり、大事な電話を待っている時でもあった中、私のフェイスブックのアカウントが乗っ取られ、怪しげなメッセージが多くの方に送られてしまうという、おまけ付き。

まったく、
これでもか!というほどの攻撃をくらった感じ。

そして、
帰路に着く前、最後にやったのが、母用の携帯電話の契約だ。
この時期、固定電話の引越しも混んでいるようでいつになるか未定だし、新住居の環境も考えると携帯の方がベターと判断し、これまた、急遽決めた。

かんたん携帯とはいえ、携帯を触ったことのない高齢者にしたら、「簡単」だなんて、とても思えないだろう。
まあ、ボケ防止対策の一環ということで母には頑張ってもらおう!

そんなこんなで、バタバタと浜松をあとにし、タントくんで約8時間(休憩含め)かけて、帰ってきた。
17日ぶりの我が家の自分のふとんはやっぱりいいね。
ぐっすり眠れた。

image


また、再来週には浜松に行くことになる。
この帰省は、私の浜松での個展のために行く予定だったのだけど、
母の今までの住まいの片付け、退去も加わり、なかなか濃い日々となりそうだ。

今回の帰省で、私の体重は、1キロ減っていた。

ヒルクライムにはちょうどいいじゃないの!


浜松にいる。

買い物にいったら、お店の入り口脇に咲いていた花に目が行き、写真を撮った。

image


さくら?

えっ、浜松でもまだこれからだよなあ?
しかも、これ、満開に近いし。


image



看板をみると、これは、「杏」だった。

この木があったお店は、浜松で至る所にあるドラッグストア「杏林堂」。

なるほど。と、納得したのだった。
やはり、花が咲いているを見るのはいいものだ。


桜の花ももうすぐ楽しめるだろう。
鼻はかゆいが、まあ、我慢しよっ。

浜松にいる。

もろもろの手続きやら、なにやらのために来たのだが、今日自宅に戻るつもりが、そうもいかないこととなり、いつ帰れるか未定。

そんな中、昨日の夕方虹を見た🌈

予定通りにいかないけれど、なんとなく、先は明るい。気分になったのだった。

image


image

定期的に診察を受けている1号だが、
この前の血液検査の結果で、生まれて初めてコレステロールが高いと指摘を受けた。

薬を処方されそうになったが、まずは、栄養指導を。
できれば食事を作る奥さんも一緒に。
ということで、ふたりで仲良く行ってきた。

病気以前とかわったことは、
毎朝、人参リンゴジュースを飲むようになったし、
お酒を少量しか飲まなくなったし、
油っこい食事を減らし、
野菜を多く摂るようにした。

運動も適度にしている。

なのになぜ?

思い当たることは、ひとつ。

甘いものをたべるようになったこと。
多分、私より多く。



image


なのに、
市内にできた新しいケーキやさんでケーキを買ってしまったのだ。
栄養指導で、おやつを控えるように言われた帰りに。

いきなりでは、ストレスがたまるので、徐々に。
というところばかり、頭に残ったか?!


というわけで、2号も含め、3人でおいしくいただきました。

あすから、徐々に減らします。
1号と共に、私も。


ホットケーキは、うちでつくるもの、パンケーキは、お店で食べるもの。
(お店で食べたことないけど)

どっちもおんなじなんですよねえ?!

今日は、ホットケーキを焼いた。

生地は、牛乳を多めに入れてゆるめが好き。
みるみるプツプツが湧き上がってくるのが、好き。ぞくぞくする。

image


厚みが薄いと、パンケーキって感じがするのはなぜだろう。

image


大きさもまちまち、焦げ具合もまちまち。

お昼ごはん(ラーメン)のデザートで、あっという間になくなった。



このページのトップヘ