アンのひとり言「人生楽しく暇つぶし♪」

今日もあしたも筆びより。筆文字作家、アン(山田あかね)の日常。 「やることがある。」「行くところがある。」っていうのは幸せなことかもしれないと思うこの頃。 福島県二本松市在住。

娘とのお出かけ

image

遅い夏休みをとって、帰省していた娘と出かけた。

まず、
福島市にある、「ギャラリー・オフグリッド」へ。
華道家 片桐功敦(かたぎり あつのぶ)『炉心の花/臨界献花』

グリッド(送電網)に頼らず、奪われず。自立する福島を芸術と文化から目指すギャラリーで、
2年ほど前にできたようだ。

中にはいると、草の香りに包まれる。
最初はみずみずしかっただろう、草花たちの多くは、枯れて褐色になっていたが、
こんもり積まれた曼殊沙華は、まだまだあの赤い色を残し独特の雰囲気を放っていた。

目で見て、香りを全身で感じた。
狭い空間ならではの、感覚。

ギャラリー・オフグリッドFacebook→

次は、「珈琲楓舎」(風花画廊)へ。
特別展 『 珈琲楓舎 October 』を開催中だ。

自家焙煎珈琲・焼き菓子・ジャムをはじめ、
絵画・版画・写真・陶器・硝子・木工などを展示している。

珈琲をいただきながら、置いてあった短編を2つほど読む。
相変わらずの落ち着いた、いい雰囲気。
ほっとする空間だ。

「珈琲楓舎」→

その後、アンナガーデンへより、旧道を通り磐梯吾妻スカイラインへ。

道中は雲の中で、磐梯山も下界も見えなかったが、緑の木々と浄土平高湯側の荒々しい山容は見えた。
娘が小さい頃、家族で浄土平付近を散策したり、登山したりしたが、
彼女は全く覚えていないと言った。

私は、「前に行ったことがあるから、行かなくてもいいか。」
と思っていたが、それは私の記憶に残っているだけであって、娘のではない。

帰りは、私のお決まりのサイクリングルートにある「安達湖」へも寄ってみた。



曇り空で、福島市街は、盆地のせいだろう、気温は高くないが、もわっと少し蒸し暑かったが、
山へいくほど、気温は下がり、浄土平は、寒いくらい。
コペンちゃんをオープンにして、福島市の市街、山、両方を空気を感じた。
なかなかよい半日のお出かけだった。








コペンでエビスサーキットを走ってきた!

image4-5

「TOYOTA GAZOO Racing ワクドキドライビング!サーキットを走ろう!」に参加してきた。
サーキットを走るのは、初めて。

昨年1号が参加し、私に勧めたのだ。
場所は、二本松市のエビスサーキットで近いし、
初心者でも大丈夫とのことで。

車は、1号のコペン。
ほんとに、ワクドキドライビングだった。

BlogPaint


ドライビングの基礎を座学し、
ドライビングポジションを見てもらってから、コース内で走る。
基礎的な実技は、毎回アドバイスをもらえる。

スラローム、急ブレーキ、コーナリングをそれぞれ繰り返したあと、車種などによってグループ分けし、サーキットレーシングコースを先導者について走った。

最後は、プロドライバー運転による同乗体験だ。

参加者は、かっこいいスポーツカーの人もいれば、私のような無知で超初心者で軽自動車もいたが、配慮してくれるので、十分楽しめる。

毎回、スタート前はドキドキしていたけれど、慣れるもので、スピードも出せるようになってきた。
(120km/h)くらいか?!他にくらべたら全然速くないのだけど。

コペンは、1号の車なので、今まで、たまに運転してもおっかなびっくりだった。

けれど、対向車もないコース内なので、おもいっきりアクセルを踏んでブレーキをしたり、カーブも普段出さないくらいのスピードで曲がったりしても、そうとうな無理をしなければ、安全だ。

私の運転だと、こういう風にコペンは走ってくれるんだな。

と、いうことがわかったことはとてもよかった。

「クルマ」と「ジブン」を知ろう。
レジュメに書いてあったが、安全な車の運転をするには、とても重要なことだと感じた。

そして、最後は、プロドライバーの運転による、同乗体験!

86とレクサス2種の3つから選べた。
私は、「レクサス RCF」というのに乗った。
1号が、「気持ち悪くなった」と盛んに言うので、覚悟して乗ったが、

同乗者が私というのもあってだろう、加減してくれて、おしゃべりしながら。
ドリフト走行もしてくれたし、ストレートでは150km以上出ていた。
さすがに、高級車!
そして、プロのドライバー!
面白かったし、全然こわくなかった。

コペンをオープンでぶっ飛ばす方がよっぽど怖い。

高級車は、やはり高級。
町中で走るなら、こんなに性能をよくする必要はないけれど、「もっともっと」と高性能を目指してしまうのがヒトなんだなあと感じた。



閉講式で受講証明書とお土産↓をもらい、終了。
コペンちゃんと前より仲良くなれた一日だった。

image



「TOYOTA GAZOO Racing ワクドキドライビング!サーキットを走ろう!」
興味のある方は、こちらのサイトを♪






石垣の上に巨大な黒猫!二本松市【重陽の芸術祭2017】

image

夕方、お城山のてっぺん(霞ケ城本丸跡)に行った。
巨大黒猫を近くでみたかったのだ。

それは、9月9日から始まった【重陽の芸術祭】の作品のひとつで、
現代美術家ヤノベケンジさんが制作した高さ3メートルの黒猫の像「シップス・キャット」。


image


「シップス・キャット」は、船の守り神をモチーフにした作品で、福島の復興を見守ってくれることを願って、東櫓(やぐら)台から市街地全体を見渡すように設置されている。

石垣下の駐車場からは、こんな感じ。(矢印の先)
BlogPaint


去年のヤノベケンジさんの作品は、巨大な女の子フローラだった。
時間になるとなんか動いたっけか。

猫ちゃんは、夜になると目が光るらしい。
(夜、道中電灯がないので、要注意!)

なんにしても、巨大な自然物でないブツは、かなりのインパクトだ。

image

ねこにゃんの反対方向には、安達太良山が。
手前のきらりと光る銀色のは、昨年のオノヨーコさんの作品。

重陽の芸術祭は、11月23日まで。

重陽の芸術祭フェイスブックページ→

金木犀の花、咲いていた。

image

いつもなら、香って知る金木犀の開花なのだが、
今年は、香りより先に花を見つけた。
それが、昨日のこと。

昨日の夜、二本松提燈祭りの練習の太鼓の音が、
聞こえてきていた。

以前は、10月初めの提灯祭りのころに金木犀が香っていたのだが、
いつのころからか、随分早くなり、今年は9月半ばとは。



去年のお祭りは、何をしていたっけ?

今年は、どうしようかな・・・。

自転車でのぼる、鳥海山(5合目)月山(8合目)。

image
【月山8合目】

土日、山形へ行った。
土曜日は、3号宅から鳥海山へ。

image


晴れていて、海も田んぼもきれい。
だけど、鳥海山は、全く見えなかった。

ブルーラインを山形側から、鳥海山ブルーラインヒルクライムの遊佐ステージのコースを上ろうと、
スタート地点まで車で向かう。

スタート地点からゴールまでは、15.8km
標高差 1,000m
平均斜度 6.4%

途中、お兄さん2人に追い越され、時間差で出発した1号に追いつかれ、
私は、1時間45分かかった。
レースだったら、ブービー争いでしょうかね(^。^)

ゴールの鉾立駐車場(標高1,140m)についたら、幸運にも、鳥海山の頂上がみえた。
展望台から撮った写真↓
image


image
自転車と鳥海山とツーショットだよ。

image
上の写真は、鳥海山方向、下は、その反対側。空のブルーと海のブルーじゃなくて、グレーだ。

売店やらビジターセンターをうろついて、下山。

今日の泊まりは、北月山荘(きたがっさんそう)。





そして、翌日の日曜日。
朝食時、北月山荘から鳥海山の山頂まで見えていて、良い天気♪

昨日車で下見した、鶴岡市側月山8合目まで、今日は自転車でのぼって、弥陀ヶ原でも散策しようかと出発。
私は、1.5合目くらいから上りはじめた。
道が狭い。自転車と車のすれ違いは、問題ないが、大型バスや路線バスも通るので、コーナーで大型バスに出会ったときは、降りたし、車がくるとちょっと緊張する。

2合目から8合目まで、〇合目という看板があるので目安になるが、結構へこたれる。
「え〜っ、まだ5ごうめ〜( ゚Д゚)」とかね。
緩急あれど、ずっと上りで、昨日の鳥海山より、きつかった。
標高差も距離も昨日とあまり変わらない。

8合目は風もなく、よい天気。
でも、鳥海山は雲の中・・・。

ルンルンと弥陀ヶ原の木道を歩く。
良い天気なので、行きかう人達に、山頂までの時間など聞きつつ足を延ばし、
9合目の佛生池小屋に到着。

image

気がついたら、
山頂まではいかずとも、月山山頂が見えるところまで行ってみようということになっていた。

山荘から20分ほど歩いて、下山途中の人に話をきくと、
山頂近くまで行かないと、月山山頂は見えないとのこと。

なんだか雲行きも怪しくなったので、ここは、勇気ある決断(^^)をし、引き返すことにした。

するとすぐに、雨がポツポツ降ってきて、当たりはガスで真っ白に。
山の天気はこれだから怖い。

こんな感じ。image


帰りにきれいな写真を撮ればいいか、なんて、思っていたけど、
様変わりしていて、遠方はほとんど見えない。
「あとで」じゃなくって、「今」撮らなくちゃね。

というわけで帰りは、お花を撮ってきた。image


8合目まで降りても雨で真っ白。
雨に打たれながら、自転車で下山。
路面も当然濡れているので、慎重に下る。さすがに雨なので、上ってくる車もほとんどなかった。

無事、下山して、帰路につく。

天気がよくなかったのは、鳥海山、月山付近だけで、帰り道は、お日様がまぶしいくらいだった。

3号の鶴岡での学生生活も残すところ半年。
山形の日本海側は、福島からでもなかなか遠いので、行く機会は少ない。
3号のおかげで、庄内地方も楽しめている。
鳥海山も月山も紅葉シーズンは、かなり混雑しそうだ。

9月も中盤。
秋を満喫したいものだ。





スマホケースを変えてみた

お昼にハバネロを使って、スパゲッティを作った。
家の中にハバネロエキスが蔓延して、むせかえった。

昨日のことを思い出し、
どうせ辛くないんだから、多めに使っちゃえ。
と、多めに投入してみる。

昨日より、さらにむせかえる私。
でもね、そんなに辛くないんでしょ、と楽観的に。

そして食べた。


とても辛かった。

熱々のから揚げを、辛いモードの口の中で噛むと、さらに辛い。

ハバネロは、辛かった。
ちっこいピーマンに見えるけど、これはやっぱりハバネロだった。


さて、100均でラブリーな黄色のスマホケースを見つけた。
100均の誘惑に負けてしまったわ。

image


ハバネロでむせたのに・・・

image

生のハバネロをもらった。

こんにゃくを甘辛く炒めようと、使ってみたら、
辛み成分が飛んでいたんだろう、むせた。

こりゃ、とっても辛いこんにゃくになっただろう!

と、こわごわ、ちょっと期待して食べたのに、全然辛くなかった(*_*;
1号なんて、さらに七味をいっぱい振りかけるし。


せっかくむせたのに、なんだかなぁ。。。。

良い天気 岳へサイクリング

image

昨日とはうってかわって、良い天気。

夕方、自転車に乗った。
岳の安達太良山などがよく見える場所へ。

ちょうど太陽が、安達太良山の頂上当たりにあって、眩しい。

いつもとはちょっとコースを変えて、2時間くらい。

山には、ススキが揺れていた。
すぐ寒くなっちゃいそうだ。

運動よりも疲れること

image

昨日は、台所流しの下の整頓をした。
うちの台所は、古いし、狭いし、きれいじゃないし、
使いやすいかと言ったら、そうではない。

ということで、
ほとんど使わない大きい鍋とかを冷蔵庫の上に移動したり、
使う場所に一番近い所に、調味料やざるの位置をかえてみたりしてみた。

そして、
一番目につく変化は、
洗いカゴをとっぱらったこと!

さて、使い勝手はどうだろう。
しばらくは、お試し。


予想されるのは、割れ物が少なくなるかも。ってこと。
(これでもかって言うくらい、食器をカゴに積み上げるから、よく割ってしまっていた)

それにしても、かたづけは疲れる。
夜寝をしてしまったよ。


アメリカの即席プリン(チョコ味)を作ってみた

image

写真は、去年アメリカへ行ったときにスーパーで買ってきたプリンの素。

ずっと大事にしまっておいて(^^)やっと作った。
すでに賞味期限が切れていたけど(-_-;)

image

ハウスプリンと同じような感じで、箱の中には袋に入った粉のみ。
これに牛乳を2カップいれて混ぜるだけ。
火にもかけないし、冷蔵庫で冷やさなくても食べられる。

それを器に入れて出来上がり。

image

友達も言っていたけど、日本のプリンみたいに固まっていなくて、
プリンというより、カスタードクリームのチョコ版。
パンのチョココロネの中のクリームに似ている。

箱にも書いてあるけど、タルトなどのフィリングに合いそうだし、パンに塗ってもいいかな。

とにかく、簡単にこういうクリームができるってのが、いいね!


いらない歯ブラシで

image

うちには、使う予定のない歯ブラシが何本もある。
宿泊先から持ってきたものや、気分で換えたものなどなど。

掃除に使えるから。って、とってあるのだけど、
「重箱の隅に届かない」という難があった。(でも重箱は使わない)

そしたら先日、テレビでいいアイデアを知った。

先っぽを曲げるという!

やり方は、
1、マグカップに熱湯を注いで、歯ブラシを1分くらいつける。
2、ブラシを持ってコップの底に軽く押し当てる。

そうすると、写真のようになる。
曲げ方向、曲げ具合は、好きなように。
透明の材質のほうがよく曲がるな。

以前、「重箱の隅」が洗えないので、100均でそういうブラシを買ってきたことが数回あったが、
いずれも、ゴミに紛れて?知らないうちになくなっていた。


これで、鳥さんたちの水入れの隅っこもきれいにできる♪

忘れないうちに、早速やってみた。
すぐ忘れちゃうからね(^^)

自転車で浄土平

image

ここ数日、週間天気などをチェックしていて、
「今日しかない!」と、
行ってきました、浄土平。

今年も行けてよかった。

image

朝、8時前に出発。
かろうじて、安達太良山の頂上が見えた。
土湯道の駅からも旧道を行くと、道路には木や葉っぱ、それにお猿さんも登場。

子猿を乗っけた親子猿もいた。
お猿の横2メールのところを自転車で通るのって、襲ってこないとはいえ、ちょっと怖い。
熊はもっと怖い。
旧道は好きなのだけどね。

image

土湯峠から磐梯吾妻スカイラインへ。
磐梯山も見えた。

image

最高地点1622mからしばらく行くと、浄土平。

久しぶりの晴れで、車もバイクも多い。が、自転車は少ない。
今日一日で見かけた自転車乗りは、10人に満たなかった。
ラックが2か所に1個ずつあったって、ちょっとびっくり。

私より1時間以上遅く出発した1号も到着して、(私が遅いので先に出発したのだ)
バニラソフトとフライドポテトを食べながら休憩。

証拠写真を撮って、下山。


帰宅後、軽くお昼ご飯を食べ、
今度は、車で裏磐梯のMOTOコーヒーへ。

image

最近、お気に入りのコーヒーやさんだ。
2日前に設置したという看板もかわいい。

珈琲の味が、時間の経過とともに変わっていくのがよくわかる。
好きなのは、エチオピア。


2階のカウンター席に座ると、目の前に磐梯山が見える。
裏磐梯からの磐梯山の形、好き。

帰りは、スカイバレーを通って、米沢へ下り、帰宅。

なかなか活動的な一日だった。

すっかり夜になってしまったが、
ブルゾンちえみのゴールは、余裕でみれたよ(^^)

那須を自転車で・・・初対面同士!の3人と(長文)

「私も行きたい〜。」

ツイッターで【自転車でカルピスシェイクを飲みに行く】話で盛り上がっていた、naさん(男性)とmiさん(女性)のつぶやきを見つけ、思わず返信してしまった‼のが、いつだったか?!

それを忘れないでいてくれた、naさんが、那須サイクリングに誘ってくださった!

miさんとの日程調整の末、昨日の日曜日、それが実現した。
さらに、“那須が庭”の自転車乗りのpoさん(男性)も加わるサプライズがあり、
なんと、初対面同士(ほぼ)&住まいはみんなバラバラ(同県の人はいない)4人で、
那須を走ったのだった。
共通しているのは、「ツイッターをやっていること」と、「ロードバイクに乗ること。」

naさんが、綿密な計画を立ててくださり、那須をよく知るpoさんも加わり、ついていくだけでOK!
だがしかし、他の3人さんは、どうみても私より年若だし健脚なので、私のしょぼいっぷりを申告しておいた。

ルートは、那珂川河畔公園→加登屋本館→乙女の滝→沼ッ原湿原
→那須高原の隠れ家、Crafts & Cafe "ena"→パイの店 タラゴン→那珂川河畔公園

まずは、板倉温泉 加登屋本館。レトロな感じでよい雰囲気。
image



乙女の滝  
image

乙女という名前から、優し気な滝かと思いきや、迫力あり。
poさんによると、いつもより水量が多いとのこと。雨ばっかりだもんねえ。
あたりは、霧がかかっていて、水と木々の気をあびてる感じでとても気持ちよかった♪


そして、ここから沼ッ原湿原までが、そりゃもう大変だった。
のぼり初めてすぐに、心拍170近くにまで上がり、もう少しで、
「ここで待っているから、行って来てください(*_*;」と言おうかと思ったくらいだ。

この心拍数で数十分も走ったことはかつてない。
ガスって前の二人が見えなくなっちゃうし( ゚Д゚)

けれど、超遅い私の後ろを走ってくれたpoさんの声かけのおかげで、何とか沼ッ原湿原駐車場へたどり着くことができた。
きっと、他3人さんは、もっと速く、軽やかにのぼって行けただろうに。。。
感謝だ。

image

しかし、この天候。
見えるはずの調整池は、霧の中。(が、かすかに淵が見えた。写真右上)

そして、徒歩で少々下り、湿原へ。
木道をぐるりと回った。
最近、湿原でも水が枯れている所(浄土平もねぇ)があったりするが、
湿原の名にふさわしく、水をたたえ、イモリもいたり。
コンパクトながら、雰囲気がとてもよかった。

のぼりの途中で、待っていなくって良かったよ、ほんと。




さて、次は、濡れている道路をこわごわ下り、今度は、ごはん♪
お腹ペコペコ(^^)

ランチは、「那須高原の隠れ家」と銘打っているだけあって、通りがかりでは寄れない場所にあったカフェえな さん。前菜のジュレが爽やか。丁寧に作られたお料理、優しいお味でおいしかった。
image


そして、次は、パイの店 タラゴンへ。
なにやら、テレビで紹介されていたそうだ。
私は、黒すぐり(カシスのことだそうな)。切ってから写真にとればよかったんだけど・・・、
パッと見はブルーベリー。干しブドウならぬ、干しブルーベリーって感じだった。
パイは熱々、コーヒーもポットで。
自転車に乗ると、ごはんやおやつが数倍おいしくいただけるのが、とっても嬉しい。

お腹も満足して、あとは、下るだけ。
しゅんしゅん気持ちよく走り、スタート地点の那珂川河畔公園へ帰ってきた。
記念撮影をして、笑顔で解散。
自走、輪行、私は車で、それぞれ無事帰宅した。

……

今思えば、私としては、かなり思い切った行動。
3人以上でつるんで走るのは、1号とラグビーおじさんと共に参加した「ツールド猪苗代」くらいしか経験はないし、そもそも速く走れない。
さらに、初対面で一緒に走るという未知の世界。。。
天候は芳しくなく、パンク修理は自分でできないし。。。どう考えても無謀だよねぇ。


でもねぇ、なんか、「まあ、いいか。」って思えたんだよな。(歳とったせい?!)
それより、naさん、miさんに会ってみたい。やったことのないことをやってみたい。
そっちの方がまさったってことかも。


心優しい皆様のおかげで、楽しい一日を過ごすことができて、とても満足した。
ご一緒した3人に感謝だ。


4人で走って、ご飯食べておしゃべりして。
ロードバイクがつなげる縁だわね♪
こういう楽しみ方があるんだなあと、私の中の自転車の世界が広がった。


でも、もうちょっと上りを速く走りたい。
でないと、他の人に申し訳なくってね。

なんだかんだ乗ることよね、自転車に♪
今年は、いつまで乗れるかな?!

いつもと違うコースを自転車で・・・稚児舞台

お盆休みは、ずっと天気が良くないので、
キャンプも行く気がしないし、近場で行きたいところもなし。

今日は、なんとなく明るくなってきたので、夕方自転車に乗ってみた。
いつもとは、反対方向へ、案内板を見ながら、気の向くまま。

「稚児舞台」っていう表示があったので、行ってみた。
私はてっきり、能の舞台でもあるんか?!と思っていたのだが、
全然違った('_')

「稚児舞台」は、阿武隈川の流れがつくり上げた奇岩怪岩で連なる景勝地で、
その景観は県十景に数えられているそうだ。

二本松観光協会のページ→ (こちらの方が写真がきれい。)


image

「熊注意」ではなく、「マムシ」だ。
整備されていなくて、草ぼうぼう。マムシ出そう・・・。熊もでそう。

image


次は、「智恵子大橋」の案内板があったので、そちらへ。
橋近くで撮影。
image


二本松というところは、平たんなところがほとんどなく、今回のコースも、上り下り続き。
市街地から、はずれると、急に山深い雰囲気になって、車も通らない。
夕刻、霧雨が降ってくると、ちょっと心細くはなるが、
ものの10分も行けば知った場所になるので気分的に楽かな。

涼しいのも楽だけど、お日様が見たいこの頃だ。

ゴルフの打ちっぱなしと、ウォータースライダー。

3号が帰ってきたので、1号と3人でゴルフ練習場に行った。

image


実は先日、ものすご〜く久しぶりに、ゴルフの打ちっぱなしをしたら、
一発目が、手前2mのところにポロリと転がり、その後も全くと言っていいほど、まともに当たらなかった(*_*;

そうなると、大概、
「やっぱゴルフは面白くない!」と、遠ざかるところ、なぜか今回はそうならず、
3号が帰ってきたら教えてもらうことにしていた。
3号は、小学生のころ、ゴルフをやっていた(ジュニアゴルフ)ので、結構うまい。


そして今日、いまいちよくわからなかったことを聞いたりしたら、
何本かは、うまい具合に当たったのだ。

ゴルフも当たると気分がいいものなのね。

と、これは午前中のこと。

打ちっぱなしは疲れるほどやらなかったので、もう少し体を動かしたくなり、
夕飯を軽く済ませてから、市民プールに行った。

平泳ぎで行ったり来たりしつつ、ウォータースライダーの方を見てみると、
子どもでなくて、若者の男女が滑りそうな気配♪
じゃ、わたしも!
ってことで、滑りましたよ。

プールに落ちるとき、鼻に水が入ってきたけど、おばさんにはちょうどいい面白さだった。
また滑ってみようかな。
人の少ない夜って、なかなかよいかも。

image

最後に・・・
最近開店したばかりのケーキやさんでケーキを買ってきた。
シュークリームと、苺ショートを食べた。
モンブランに期待したい!(どういう意味?!)


ウォールステッカーを貼ってみた。100均の。

以前、「白い壁にドライフラワーを飾った」という記事を載せたら、
友達が、「ウォールステッカーがいいよ。」と。
そして、100円ショップでも売っているという情報をくれたので、早速買ってきた♪

上手く貼れるのか?!ってちょっと心配したが、友達が教えてくれた通り、厚手で貼りやすく、シワも寄ることなく貼ることができた。

白いペンキの塗りの甘さは置いといて、ステッカーの焦げ茶色もなかなかいいではないの!

image


ステッカーの元の姿はこちら↓。
葉っぱが連なっているのやら、バラバラのやらに、鳥に鳥かごだ。
image



そして、半日後。
な〜んと、5枚くらい落ちていた(*_*;

まあ、壁には凹凸がかなりあるし、
テキトーに貼ってしまったせいもある。

というわけで、再度貼ってみたが、最初とちがうわねぇ(^。^)

image


取ったり、貼ったり、お手軽だし、失敗するんではないか?!という緊張感もない。
これは、100均だし経済的で、ささやかな幸せを感じられる💓

あしたの朝見たら、また落っこちているかもしれないけど、それもまたご愛敬(^_-)-☆

仙台七夕は、人がいっぱい。

やりたいこともないし、なんだかつまんなかった先週末。

そういうときは、身体を動かしたほうがいいな。と、
庭木の剪定をした。

きれいになるし、一石二鳥。
珍しく、1号とふたりでやったのだ。
なんだかんだ汗だくになり、気がつけば、お昼。

午後は、涼みに浄土平へドライブ。

翌日日曜日は、行ったことのなかった、仙台七夕まつりへ。
初めて仙台の地下鉄に乗った。

勾当台公園から仙台駅方面を歩いた。

七夕飾りがたくさん、た〜くさん。
人もたくさん。。。。。

なんだかどうでもよくなってきたけど、
せっかくなので、私の目に留まった飾りを撮ってみた。

image


image


とにかく空気がどよ〜んとしていて、
仙台駅まで行く元気もなく、リタイア。

ショッピングモールで食事(ちょっとだけ高めの回転すし)をし、夏物セールをなんとなく見て帰路につく。
「仙台で牛タンを食べる。」
という私の意志は、あっさり却下となりにけり。

仙台で1万歩以上歩いたが、車中いつもながら、寝ていたせいか、
帰宅後、自転車に乗りたくなった。
さっさと夕飯の支度をして、いつものあだち湖へ。

image


雨もポツポツ降っていたけど、それはそれで、いい感じだった。


ところで、今日8/7って、立秋なのね。

オオウバユリ   7年に一度の大群生らしい

お城山(二本松市 霞が城)にオオウバユリというユリがたくさん咲いているということなので、
久しぶりに、自転車で細野の湯までの坂をのぼって行ってみた。

このユリを私は知らなかったのだけど、なにやら、7年に一度の大群生らしい。
場所は自然休養村管理センターから下っていく道沿い。
(箕輪門の反対側)

花の色は、緑がかっていて、花は大きく開かないのか?!今日のような曇天だと、あまり目立たないのだが、とにかく、いっぱい咲いていて、まさに「大群生」。

遠目だと、↓な感じ。もっと広範囲に咲いていた。
image


近づくと↓。
image


1本↓。
image


車で通ると、見逃してしまうかもしれないので、ゆっくりお散歩か自転車ってのが、いいかもしれないよ。

出会いのコンサートと郡山市美術館の「自転車の世紀」と

先日の日曜日、第17回「出会いのコンサート」だった。
私は、何年ぶりだったかなあ・・・参加(ステージに立った)した。

4分休符と8分休符を間違えないようにしなくちゃ!と、
無理しない。ってことにしたら、
今までで一番緊張しなかった。

メンバーが多かったせいもあるかな。
力まず歌えた感じ。

「いつでもWELCOME」のコール風音(かぜのね)。
なにがあってもなんとかなってきた(してきた!)仲間たちには、感謝の一言。
ふわふわと出たり入ったりの私は、引き続きマイペースで(^^)/、楽しませていただこうと思う。


さて、コンサートの前日は、郡山市美術館に「自転車の世紀」を観に行ってきた。
自転車で行くつもりが、車で行った。雨だったしね(^^)。

自転車ラックがカフェ近くに設置され、館内受付脇には、ビンディングシューズ用巨大スリッパの案内もあった。
image


初期から現代の自転車の展示、動画から、弱虫ペダルの原画(複製)、自転車に乗る人が描かれた版画やポスター、ファッション、自転車用エアバッグからガーミンまで、自転車にまつわるあれこれをざっと展示してあった。

↑写真の自転車は、ライトに目が行った。こういうの好き。

image

この自転車↑は、ツール・ド・フランスで5度の優勝を飾ったイノーが、1985年、5度目の優勝のときに乗っていた自転車。
フレームはLOOK社。この年、ビンディングが初めて自転車レースで使用されたそうだ。
別府選手のロードバイクもあった。

全体の感想はといえば、
美術館で展示となると、こうなるんだなあ。
できれば、ローラー台とかがあって、ガーミンとか試してみたかったな。
結局私は、観るより乗るのが好みなんだな。
いろんな自転車に乗れるサイクルモードに行ってみようかな。という気になった。


自転車にまつわる講演会、ギャラリートーク、映画会や「いろんな自転車に乗ってみよう」など、企画されているから、そういう時を選んで行くのがおすすめか。

自分は、自転車の「どういうところ」が、好きなのか。が、確認できる展示かもしれない。

「自転車の世紀」案内ページ→




今度の日曜日は「出会いのコンサート2017」だよ。

7月30日(日)午後2時から、二本松市コンサートホールで、
「出会いのコンサート2017」が開かれます。

室内楽を楽しむ仲間が集まって行うこのコンサートも今年で、17回。
声楽、合唱、ギターの弾き語り、ピアノ、三味線、弦楽、器楽。
バラエティに富んだ、魅力的な面々が登場します!

私も今年は、コール風音(かぜのね)に復活を果たし、参加します。

ぜひ、聴きに来てくださいね♪

image


うちの鳥たち

うちには、鳥が3羽いる。

コザクラインコのぴよよ(黄色い奴)
同じくコザクラインコピーちゃん(緑の(お預かり中))
十姉妹のぴよこ。

image


そのうち、一羽の籠がこんなになってしまった↓。

籠には、フン切り網というのがついているのだけど、取ってみたのだ。
そこにフンがくっついて、汚らしいのと、掃除が面倒なので。
そしたら、この有様。
これはこれで、汚らしいじゃあないか(*_*)

image

誰の仕業か?!

って、
黄色いぴよよの仕業。
紙をカジカジかじって、細長くして、尾っぽの近くに刺すのだ。

image


紙をみつけると、それはそれは狂ったように、かじりだす。
コザクラインコによくあることのようだが、
ぴよよったら、その調子で、人の指もかみつくので、油断ならないの。

その点、ピーちゃんは、人へは甘噛みしかしない。

人もいろいろ、鳥もいろいろね。




さて、全然関係ないけど、久々にホームページをリニューアルしたので、
よろしければ、ご覧くださいね→




温泉とだまこ鍋とババヘラアイスと・・・秋田への旅

先週末、秋田に行った。
泊まったのは、秋田の赤倉山荘。

外観は、「ここは、旅館?」って感じでパッと見、ワクワク度は低いが^^;、元森林組合の建物を宿泊施設にしたとのことで、納得。



そして、ここの魅力は、「温泉とだまこ鍋」だった。

温泉は、いままで入った温泉の中で一番!のつるつる(ぽたぽた感あり)のアルカリ性鉱泉。
部屋の真ん前がお風呂ってこともあり(これ重要)、何度も入りたくなる魅惑のお湯だった。
これだけつるつるだと、床もつるつるになってしまうだろう?!と思うけれど、翌朝のおばちゃんの掃除が念入りで、その心配もない。

そして、もう一つの「だまこ鍋」。

image

秋田と言えば、「きりたんぽ」が有名だけど、こちらは「だまこ」。
給仕してくれたおじさんは、「だまっこ」とも言っていたな。
「だまこ」は、あきたこまちを炊いてつぶして団子状にしたもの。

すき焼きのたれ並みの濃〜いつゆにごぼうと比内地鶏が入っていて、その中に野菜、だまっこを入れる。
きりたんぽは、私は崩れるイメージが強くて、好んで食べないのだけど、このだまっこは、崩れないし、つゆと絡んでおいしいのだ。
最近薄味の我が家なので、水を5〜6杯の飲んでしまったよ。

私も気に入った赤倉山荘の「だまこ鍋」は、大会でも優勝したのだ!(1位/6組)

image


そして、最後に、かなり気に入ったのが、このポスター。
「EVERYDAY ONSEN♨」

image


ここは、まさにそういう温泉。
宿泊客は、私たちだけだったけれど、夕方は、地元の人たちが談話室で相撲観戦しながらくつろいでいた。実にいい。

日帰り温泉は300円。ぜひ。
赤倉山荘ホームページ→

翌朝は、大雨警報がでるほどの豪雨。

前日、「ババヘラアイス」を食べなかったことを後悔していたら、こんな悪天候の中、いました!
ババが!
秋田では親しみを込めて、おばあさんのことを「ババ」と呼ぶそうだ。

ババから1メートルもない位置に車を横付けしたのに、それに気がつかないほど風雨に耐えていたババだったが、明るくババヘラアイス、作ってくれた。

image


「うまくお花つくれな〜い♪」と言っていたババだったが、写真を撮っていたら、
「上から撮って〜。」と(^^)

image

懐かしのシャーベットって感じ。
イチゴ風味の「ピンク」とバナナ風味の「黄色」の2色アイス、おいしゅうございました(^^)/

秋田名物 ババヘラアイス→

今回で秋田は、3度目。
大雨で寒風山、鳥海山へのドライブは断念したが、また行ってみたい所だ。
鳥海山は、自転車でものぼりたいー!


微温湯温泉に行きました。車で。

image

先週だったか?!微温湯温泉(ぬるゆ温泉)に行ってきた。
飯坂温泉に入ったあとの帰り道、いつも看板が目についていて惹かれていたが、行ったことはなかった。

なんとなく、
「行ってみっか!」
ということで、山を上っていきました、車で。

対向車が来たらどうする?!ってくらいの狭い道で、温泉までどれくらいかかるかわからないから、
やめればよかったかなぁ。。。と若干後悔も。

けれど、せっかくここまで上ってきたのだからと、対向車を恐れつつ(運転手は1号だけどね)。

そしてたどり着いた、微温湯温泉。
すでに、日帰り入浴は終わっていたけど、お風呂の方からは話し声が聞こえる。

建物の玄関にも入ってみたが、
「今はいつ?昭和?」観光客を意識した感がほとんどなく、雑然としていた。

image


まさに秘湯だ。




ここの温泉は、微温湯(ぬるゆ)というだけあって、源泉温度は31.8度。
それでも温泉なのね?!

猛暑の日に行って、ゆったりと浸かってみたいなあ。

自転車で、っていう手もあるが。。。。ちょっとそれはやめておこう。
熊さんが出てきたら怖いしな。

微温湯温泉→



睡蓮(スイレン)の花を見に、自転車で。

image

蒸し暑い曇り空の午前。
特別用事もないので、自転車でも乗ろう!と、
決めた行先は、土湯の照南(しょうなん)湖ビオパーク

スイレン、きれいに咲いていた。
カメラを構え写真を撮っている人、車を停めて眺める人も何人か。

スイレンって、いろんな色があるんだな。
知らなかった。

実を言えば、ここで咲いているのは、蓮だと思っていたし(*_*)
image


そこから、旧道を上って、土湯道の駅へ。

↓は小型風力発電「ふくのかぜ」運転データを得るための実証試験機。
image


ここで、桃とバニラのミックスソフトクリームを食べる。
山の上だから、風もあるし、それほど暑くないのに、溶ける溶ける。

ソフトクリームは、ミックスじゃないほうが好きだな。
とミックスを食べると必ず思うのだけど、買ってしまった・・・。
学習しない私だ。



結果的に今日のコースは、
家→水原→湘南湖ビオパーク→土湯道の駅→家

2時間半くらいのサイクリング。
今日は、蒸し暑かったけれど、山は涼しい。
自転車に乗るとなると、どうしても山の方へ行きたくなる。



ハンドブレンダーでかぼちゃのスープを作った!

image

やっと、かぼちゃのスープを作った。

たまねぎを炒め、かぼちゃ、水を入れ煮込んで、ガ〜ッとブレンダーで混ぜる。
味つけは、コンソメと塩。

image


牛乳も入れて、出来上がり。

パセリもアサツキもなかったので、恰好つかないなぁ。
しかも、スープ皿でなくて、使い古したいつものお椀に(^-^)

で、スプーンで飲んだという・・・。和洋折衷だな。

image


お椀でちょうどいい味でございました(^^)

うまみがないような。
やっぱ、ポタージュスープは、生クリーム入れた方がいい。
わかっていながら、なぜやらぬの?!

小さくて丸い座布団を作った!

image
座布団を作った。

小さくて丸いのだ。
筆を持つときに座る椅子用の。

その椅子がこれ↓。
とりあえず、青いシートを付けました!って感じの座面、そして汚れている(*_*)。
硬いので、ちょっと長く座っているとお尻が痛くなる。
image

そういえば、余っている布があったな。
クッションがない・・・けど、「ぼろタオル」と「わた」があったな。
と、シャカシャカ布を切り、タオルを切り、コウバに行って、ガガガとミシンで縫った。

ちょっと薄かったな^^;。てきとうなのよね。しわしわだし。

座布団の裏は、表の生地が足りなかったので別の生地。
image


椅子の座布団は、100均で紐も出ついているのが売られているけど、買わないと決めた。
余っている布は、使わなければそのうちゴミになってしまうから、使わなきゃね。

すぐにぺったんこになりそうだけど、そしたら、またわたを足せばいいわ。

白い壁にドライフラワーを飾った

老朽化とたびたびの地震で、階段の壁紙がポロポロ落ちてくるので、はがした(1号が)のが、かれこれ2か月ほど前のこと。

ペンキを塗るか、壁紙を貼るか検討の結果、ペンキを塗ることにし、帰省した3号と1号とで白いペンキを塗った。

前から、絵が2つ飾ってあったが、レトロ(といえば聞こえがいい)な60年代の壁紙では、イマイチの映えなかった。
けれど、白壁したら、かなりいい感じ♪
ほかにも絵を飾ろうか、などと話しているが、


先日、ドライフラワーを買ったので、飾ってみた。
どうだろう?!

image


「ドライフラワーって、逆さに飾るものなの?」
って、1号は言うけど、ちょうどいい器や籠もないし、「ドライフラワー 飾り方」で検索したら、束ねて、逆さに吊るす写真がたくさんでてきたのだよ。

image


このドライフラワー、福島市唯一のデパートの花やさんで1束108円で売っていて、
2束買ってきた。
お買い得でこれもまた嬉しい。

雑に扱うと、これまたポロポロ落ちるので、要注意。
他に飾るものが登場するまで、頑張っていただこう。

雄国沼へ自転車で(塩川口から雄国沼へ)

image
「雄国沼」

雄国沼へニッコウキスゲを見に行こう!
せっかくなので、自転車で

って、朝、車に自転車を積んで(^^)出かけた。雄国沼に続く林道を自転車で行くことにしたのだ。

雄国沼への林道は、マイカー規制があって、雄国萩平駐車場 〜 金沢峠雄国沼入口は、シャトルバスが出ているが、その道は狭く、バスの迷惑になるので、雄国萩平駐車場に車を停め、少しもどって、車は通らない(通れない)塩川口から雄国沼入口に向かった。

image

とにかくずっと上り坂。

ほとんどが樹林帯で、虫がサングラス近辺をぶんぶん飛んでるし、道は荒れている。
熊が出てきてもおかしくない雰囲気で少々怖い。
実際に、それらしき、糞もあったり、
「ガサゴソと音がして、石が落ちてきた。」と1号は言うし(*_*)

私の精一杯で、塩川口から1時間20分で林道終点までやっとこれた。

image


途中、見晴らしのよさそうな場所はあったが、かすんでいてよく見えず、ちょっと残念だった。

眼下に雄国沼(↑の写真)。
自分の目で見たものと、写真とでは、かなり違っている。
もっと大きく見えていたのだ。

image


ニッコウキスゲが一面に咲いているところを想像してきたけれど、咲き始めでチラホラ。ツツジの方が目立っていた。ワタスゲも見られた。

シャトルバス係のおじさんによると、ニッコウキスゲは、いつもより1週間〜10日開花が遅く、昨日は200本、今日は500本の開花らしい(数えたのかねぇ?!)。盛りだと数千本とのこと。

7月初めが見ごろのようだ。

また、熊は、高いところには小さいの、低いところでは大きいのがいるそうで、「会いたい」と思っていると「会えない」んだそうな。。。

私たちも先日、檜原湖脇の道路を横切る小さめの熊を見た。なんとも思ってなかったが。

帰りは、係のおじさんの誘導で、シャトルバスと軽トラの後ろについてくだった。
こちらの道は、さらに急こう配(*_*)。下るのもラクじゃない。

途中、上ってくるバスと6番の待ち合わせ場所ですれ違った。

BlogPaint


ちょうど12時に駐車場につき、自転車を車に積み込んで、帰路、そばの花がきれいだった。
image

お昼は、猪苗代の幸楽苑で、ラーメン。
ギョーザ無料券を持っていたからね(^_-)-☆

スムージー を毎日飲むのは・・・

ハンドブレンダーを買って、スムージーをより手軽に作れるようになったので、
最近、スロージューサーはお休みしている。

付属のコップに、
硬い人参やリンゴは、薄切りにして下の方に、
やわらかいオレンジやキウイは、上の方に入れる。

image


ガーガーやって、ほぼ出来上がりだけど、スプーンで食べることになるくらいドロドロ。

image


「食べる」のではなく、「飲みたい」ので、牛乳や炭酸水を足して、さらにガーガー。

image


で、できあがり。

image


美味しい(^^♪

と言いたいところだが、
あんまりおいしくないのよね^^;

果物の分量が適当でないのかもしれないけど。
水分を足したとはいえ、口の中に入れてから、モグモグ3回くらいして飲み込んでいるし、
イマイチ感あり。

やはり、スロージューサーで作ったジュースの方がおいしいし、好きだなあ。
スロージューサーの場合は、いいとこ取りだから当然か。

というわけで、今後は、にんじんとリンゴが豊富にあり、片付けるのが億劫でないときは、スロージューサーを使い、
ジュースにする材料が少ないときは、スムージーにしようと思う。

明日はどっちかな。

石楠花(しゃくなげ)と皐月(さつき)、咲いてます。

うちのコウバから窓の外を見たら、
シャクナゲがいっぱい咲いていた。

いつもだと、梅雨に入っていて、花びらにしずくが乗っていて、それがまたきれいなのだけど、
今年は、まだ梅雨前。
しずくがなくても、きれい♪
image


しゃくなげのほかにも、さつきがあちこちに咲いているので、
それも撮って。

image


しゃくなげも、さつきも木が大きくなってきている。
見渡すと、どれもでっかくなっている庭木たち。

今年は、思い切った剪定をしようかしら。





那須にまた行きました。

image


那須でプロも出る自転車のロードレースがあるというので、観戦に行った。
とっても良い天気!
那須連山もしっかり見えた♪


プロのレースは、スタートまもなく救急車が来るほどの落車があり、1時間後、仕切り直しとなったが、会場は、にぎやか。

image


那須町が全面的にバックアップしていたレースで、
地元のお店が、道路上に出店していて、焼きそば、たこ焼きなどの一般的なものもあれば、パン屋、バーガー、カレー、本格コーヒー、チキンなどなど、那須のお店だけあって、おしゃれ♪



帰りに、うわさの!パン屋「ペニーレイン」に行ってはみたが、
待ち時間が30分〜1時間と聞き、断念。
それにしてもすごい人気でびっくり。そんなにおいしいのか?!

その後、郡山のモーニングのギャラリーで開かれていた「自由な書を愉しむ〜インテリアな書」第3回作品展 を観に行く。

ほっとできて、見ていて楽しい書展だった。
飾り方も工夫されていて、タイトル通り、皆さん書を自由に愉しんでいるのが伝わってきた。

作者が楽しく書いている雰囲気は、見ている側にも伝わり、見る人をも楽しくさせてくれる。




そういえば、こないだも那須に行ったな。と振り返れば、それは先週のことだった。
まだ、一週間しかたっていたなかったんだねぇ(*^▽^*)
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ