アンのひとり言「人生楽しく暇つぶし♪」

今日もあしたも筆びより。筆文字作家アンの日常。 「やることがある。」「行くところがある。」っていうのは幸せなことかもしれないと思うこの頃。 福島県二本松市在住。

温泉入ったり、かつ丼食べたり、自転車乗ったり。

時期的に格安だったということで、
那須白河エンゼルフォレストのレイクサイドヴィラへ宿泊。

IMG_1568
「ヴィラのリビングからの眺め」


急坂の鳳坂峠も、羽鳥湖周辺も、
道路は雪も凍結もなかった。

「人もそんなにいないだろう。」
と思ったエンゼルフォレストも、そこそこの賑わい。
ペットと一緒に泊まれるのが、人気なんだろうな。

IMG_1567

宿泊した場所は、別荘のような感じで、
洋室と和室の間にソファが置かれたリビングがあり、簡易な流し台、冷蔵庫がある。

お風呂も付いているが、温泉施設があるがあるので、そちらへ入りに行った。
温泉施設もこぎれいで、露天風呂も数種あるし、サウナ、薬草サウナ?もあって良い。

自宅は、ボロくて寒いから、
おしゃれであったかい「今時の家」がほしい。と思うも、
たまにこういう所に来るほうが、非日常が味わえるし、
場所を変えれば、様々体験できるからいいよな。

という結論にいたる。毎度のことだが。
そもそも、建て替える資金がない。

でもって、やっぱり「こたつ」は、ほしい。

朝は、池を一周散歩。
IMG_1574

フライフィッシング、ドッグランさせる人などなどちらほら。


エンゼルフォレストを後にし、
次に向かったのは、須賀川の現代グラフィックアートセンター

IMG_1601


入り口のオブジェがいい感じ。

IMG_1600


平成時代のポスター展をやっていた。
IMG_1577


よく目にした懐かしいポスターが、いろいろあった。

IMG_1579


初めてスマホにするときに、iphoneと迷ったインフォバー。
結局iphoneにして今に至るが、やっぱかっこいいなあ。インフォバー。


さて、
お昼はどうしようか?!と迷った挙句、
知っていたけど、行ったことがなかった、本宮の「柏屋」さんへ。
ソースかつ丼で有名だ。

IMG_1605


基本のロースのソースかつ丼とラーメンにした。

ソースカツ丼は、注文時に、キャベツを入れていいか聞かれる。
入れてもらった。
パッと見は、地味なのだけど、ソースも程よくかかっていて、ちょうどよい。

岳の成駒さんは、見た目もドカン!って感じで、
気合いを入れて食べに行く感じだけど、
こちらは、あっさり目で、軽〜く、「また来ようかな。」
って気になる。

ラーメンは、昔ながらのもので、油は浮いていない。こちらもあっさり。
かつ丼と食べるには、よい加減だ。

メニューもいろいろあって、煮込みのかつ丼もある。

次々お客さんがくる人気店なのもうなづける柏屋さんだった。
駐車場も広くしたので行きやすいかな。



お腹も満足して帰宅後、
時間があるので、自転車に乗ることにした。

とりあえず、土湯の道の駅へ。

IMG_1607


ツイッターできれいな写真を見かけたので、
岳温泉、鏡が池にも行ってみた。

IMG_1619



屋内にいると、花粉症状がひどい。

このだるさは、なんなの?!と思うが、
思い切って自転車に乗った方が、体調がいいような気がする。

が、出かける踏ん切りが、なかなかつかないのよねぇ。

まあ、無理せずボチボチだな。



土湯道の駅まで自転車で(今年初)

今日は暖かいので、自転車に乗ることにした。

先日、今年初めてロードでサファリパークまで行ったら、向かい風だったにしても、かなり時間がかかってがっかりした。

今日は、できれば土湯道の駅まで行きたいと思い、出発。

珍しくロード乗りとすれ違い、無事、道の駅に到着。

IMG_1506


風も強くて、寒かったので、早々に下る。
久々の下りは怖い。
車が大よけしてくれる。
「ごめんなさーい」と思いつつ。



2月もあとわずか。

今年も自転車に乗って、
桜めぐりしようかな🌸

ちょっと気が早い^_^

手帳を買った

スマホに予定を入れることもあるけど、やっぱり手帳がいい。

ここんとこ、4月始まりの手帳を使っている。
基本は、マンスリーで日曜始まり。

あとは、メモ用紙の量が決め手なのだけど、
それほど使うわけではないので、最小限にした。

年々、薄くなっていく私の手帳。
なかなかいいじゃないか。

IMG_1467

右が新しいの!
選んだ色は、赤よ^_^。



遠州の空っ風と青い空


インフルエンザがおさまり、母の入院等々の用事で、ここ数日浜松にいる。

時間はたっぷりあるし、やることもないので、歩いて病院まで来ているが、今日は遠州の空っ風が強く、浜松らしい日和。

そんな中。ロードバイクのグループを見かけた。向かい風は、大変だ。スピードもなかなかでないね。



ここ5日間、毎日1万本以上歩くこととなった。
車中心の生活では、毎日そんなに歩かない。
こういうのもたまにはよいか。
母といる時間も長いしね。

それにしても、安定というのは、なかなかないものだ。

未来のことをあれこれ考えてしまうけど、考えた通りにいかないのが常。
先の心配ばかりして疲れてしまう。
ああ、馬鹿らしいと思いつつ。

故郷で色々なことを思うのである。



IMG_1431

インフルエンザは辛いよ

インフルエンザに罹った。
1号が最初に罹り、3号、私と結局、同居家族全滅であった。

熱がなくなっても丸2日は、気持ち悪くて起きていられず、食欲もなく。
薬を飲むためにバナナを食べるという感じ。

体重も減ったけど、身体へのダメージは、思っていたよりも大きかった。
胃腸も変だ。

普通に戻りつつあったのに、今度は花粉症が襲ってきた。

IMG_1406


昨日から、ほんと寒い。
雪はそれほど積もらず、道には雪もない(と思う)。

今日は、ずっと家に籠りきり。
人生で3度目くらいのインフルエンザで、
健康第一だと、改めて実感した。
予防接種受けた方がいいよな。



立春もすぎたので、昨年購入した、兎のおひな様を飾った。
暖かくなるのが待ち遠しい。

IMG_1407






されど 並み縫い(刺し子のふきん)

ネット上で、おしゃれな刺し子のふきんやバックを見たら、
やってみたくなった。

初めてなんで、縫う所が点々と印刷されている生地(さらし)を買ってきた。
その通りに縫えばよいのだ。

本やネットで刺し子について調べてみると、
単なる並み縫いだと思っていたが、表側を長く出し、裏は短くが基本のようだ。
プリントされているにもかかわらず、長さがまちまちになってしまう。

それに、【指ぬき】【運針】というのがでてくる。

指ぬきは、昔から使いこなせず、
よって、運針の技術は全くなし。

「並み縫いでしょ?!これならできるだろ!」ってかる〜く見ていたが、
されど並み縫いと思い知った。
youtubeを見て、この際、運針技術を身につけようか!と、
チャレンジをしてみたが、あえなく断念。

我流でなんとか縫い終え、
プリントされた線を消すために、洗って干した。(水で消える)

IMG_1346



どういう順番に縫ったらいいか。
裏側に玉止めを作らない。とか、糸の始末もどうしてよいのか迷ったが、
なんとか完成。


さて、
出来上がったものの、どう使おうか・・・。
まっとうに、ふきんとして使うと、
すぐに黄ばみ、黒ずみで汚くなるだろうし、漂白したら赤い糸も漂白されちゃう。

やっぱ、目隠しか?!

と思ったが、物を隠してしまうと、その物の存在も忘れてしまう。。。

ということで、思い直してふきんとして使うことにする。
こまめに洗うことにしよう。






サイクルカフェに行ったよ(正月に都内を走る)

先日、眠っていたミニベロを都内に住む娘の所に運んだ。
いつ乗ろうかと、考えて、正月に決めた。

正月は、都内も空いているだろう。。。

せっかくだから、
元日に初乗りしよう!と、
ほんの少しだったけれど、近場をうろうろしてみた。

IMG_1203

翌日は、自由が丘に行ってみた。

IMG_1224


自由が丘は、思ったより人が多い。初売りもあちこちでやっていたみたい。

お店に寄ろうと思ったけれど、
自転車を盗まれやしないかと落ち着かないので、まさにウィンドウショッピングのみ。
モスグリーンのポルシェカレラに乗ったおばさまを見て、
「さすが東京だあ。」と思う。


翌日は時間があるので、上野まで行ってみようかと思ったが、
2号が勝手に替えたサドルが合わない<`ヘ´>し、
まずは渋谷のサイクルカフェ トルクに行くことにして、あとは成り行きまかせ。

事前に日向涼子さんのブログで入り口など確認していたはずが、
4階にトルクが入っているビルについたものの、どこから入っていくかわからず、
ビルの周りを一周する。(日向さんのブログには詳しく載っています。なのに。。。(-_-);)
なんとか発見。

08c09d79-s
(赤の→が駐輪場入り口)

IMG_1239
(左側が駐輪場への入り口)
IMG_1251

なにやら自転車用エスカレーターを発見。
近づくと、音声が流れる。前輪のブレーキをかけてベルトにのせると、上っていく。
「おお!」

IMG_1243



駐輪場に到着。

IMG_1245

帰りにコインパーキングのように清算するが、2時間は無料だ。

IMG_1247


自転車を駐車し、エレベーターに乗って4階まで行き、トルクへ入る。

IMG_1255


ランチを食す。

IMG_1254

パンケーキにした。半熟卵が乗っているお食事系パンケーキだ。
お腹が膨れる。

IMG_1252


サイクルカフェなので、自転車乗りのお客さんが多いかと思いきや、
そうでない方がほとんどだった。
店内には、自転車雑誌やサイクリング関係のパンフレットも並んでいたけど、
自転車は駐輪場にとめちゃったし、このビルは、飲食店がいろいろあるから、
あえて、ここに来なくてもいいかな。。。なんて思ってしまった。

その原因が、
4階にあるこのサイクルカフェまで自転車を持ってこられるのに、
自転車用エスカレーターに気を取られ、エレベーターに気がつかずに来てしまったことにある。
と気づいた(-_-)
エレベーターは、駐輪場入り口のすぐ左側にあったのだ。
自転車と一緒に4階まで上がり、屋外のラックにかけることができるのだった。なんともはや。。。

でもまあ、自転車用エスカレーターを使えたし、
サイクルカフェに行く!という目的は達成できたからいいか。



なんだかんだで、
渋谷から明治通りを堂々と新宿まで走ったが、
原宿ラフォーレ前なんて、人がいっぱい。

都内を自転車で走るときは、車道を走ったらいいか、歩道を走ったらいいか、迷う。
降りて歩いたりして、思ったより時間がかかってしまった。
車の量は少なかったと思うが、少ないとはいえ、車道はかなり危ないし、歩道も場所によっては人の間をすり抜けるしかない。
チャイルドシートつきママチャリに乗ったお母さんの運転技術は、
かなり高度だと感心した。

それにしても、都内はわかりにくい。
工事中の場所もあちこちある。
いきなりヒカリエが横にあったときは、びっくりした。

ナビはグーグルマップを使ったが、動き出さないと方向がはっきりしないから困る。

そんなこんなの正月の自由行動だったが、
一人だと、下調べをほぼしないで行き当たりばったり。
まあ、それが好きなのだけどね。

ミニベロは、そのまま娘宅にあるが、
つぎに乗る機会があるのだろうか。。。しばらく、また眠っていただこう。



今日から日常

昨年末は、自宅で紅白歌合戦を堪能し、元日から単独で出かけ、
昨日帰宅した。

決まっていた用事もいくつかあったが、
純粋に私の自由時間も程よく取れ、
その自由時間は、前もって約束も入れず、ざっと自分だけの予定をたて
成り行き任せにした。

そしたら、
予想通りじゃなかったり、
作るつもりじゃなかったごはん(カレーだけど)を作りたくなって作ったり、
そうなったらいいな♪と思っていたことも叶ったりと、
なかなか心地よい、2019年の始まりだった。

すべてが安泰というわけではないが、
自分だけでできることなんて、たかが知れている。
できないことは、やれる人にゆだね、
その道に長けている人の力を借り、
まずは、自分が心地よく過ごすことだ。

そうなると自然と人にもやさしくなれる。

なにも問題なく、穏やかな生活が理想だと思っていたが、
ほどほどの刺激は私には必要で、日常が戻ってきた今日、
なんだかつまんないなあ。。。
と感じている。

やはり今年は、「私らしくないこと。」を意識して過ごそうと思う。
まず考え方、そして行動かな。

面白おかしく生きたいもんね。

今年もどうぞよろしく〜。

IMG_1275
娘にもらった無印の「福缶」に入っていたこけし。
今年の玄関は、これに見守っていただこう。





サーキュレーター!

雪も降って、ここんとこ寒い福島県は二本松。

家族が長時間過ごす『こたつ部屋』は、エアコン+こたつ で暖房しているが、
全然室温が上がらず、マウスを持つ手はこごえちゃうのはもちろん、
こたつに入っていない部分は、冷えてしょうがない。

「寒いよね。」が口癖になっていた。

そんなわけで、
今日、サーキュレーターを導入した。

IMG_1184


今まで、22度設定、パワフルモードでも14度くらいまでしか上がらなかった室温が、
20度エコモードでも18度。

足もつめたくなるから、椅子に腰かけてパソコンはできなかったけど、
この室温なら大丈夫だ♪

とにかく寒い我が家なので、
「あったかいおうちに住みたい!」という思いを強くしていたが、
サーキュレーターのおかげで、そこそこ快適に冬を過ごせそうである。

めでたしめでたし。

さてさて、今年も残りわずか。
さっきは、久々にピンクレディーが歌って踊っているのを見て、
「すごいなあ。(結構な歳だよなあ)」と感動していた。

明日は大晦日の楽しみ、紅白歌合戦がある♪
一番みたいのは、林檎ちゃんとエレカシの人のかな。



今年も、このブログに来てくださってありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えください(^^)/

メリークリスマス♪

昨日、友達に冬至カボチャをもらった。

福島に引っ越してきて、初めて知った冬至カボチャ。
甘いあんこと甘いかぼちゃの組み合わせが、信じられなかった(合わなくて)。

今までも数えるほどしか食べたことがなかった冬至かぼちゃだったが、
料理上手の友達の手作りなので、
それはもう、喜んでいただいた。

FullSizeRender


程よい甘さ、つぶつぶが残った小豆。
おいしい。

かぼちゃは橙色の皮のを使っていた。
冬至かぼちゃ用に、毎年、その年に食べた中でおいしかったのを取っておくのだそうだ。



あずきを煮る。というと、いつも思い出すことがある。

学生時代、夜、なんだかもやもやして友達の所に突然行ったら、
友達が、あずきを煮ていた。
「大事な事がある前日は、必ず小豆を煮るの。」と。

一人暮らしのアパートであずきを煮る。
「すごいなぁ。」

コトコトあずきを煮る。。。
心を落ち着かせるためだったのだろう。
私のもやもやも、なんとなく晴れたような気がした。


あれから30年以上たった今でも、
私は、あずきを煮たことがない。

来年は、「私らしくないこと」をしてみようかと思うこの頃。

メリークリスマス。

継続するための秘訣

12月に入り、なんだか、せわしいこの頃。

今朝も雪がぱらつき、外に出てみればこんな具合。

IMG_1137
寒いよ〜。

年々寒がりが加速する。
足先が冷たくなるのは昔からだけど、背中や肩回りに寒さを感じるようになった。


寒いと、自然と肩に力が入っていて、すぐに肩がこるし、
体もこわばってくる。

そんなこともあって、お風呂上りに、やっているのが、

30秒×4種類 計2分のプランクトレーニング(これは体幹)と
10〜20分程度のヨガ。

かれこれ、2か月くらい毎日やっている。

我ながら、
「よく続いている」と思う。

これには秘訣がある。

スマホで、動画を見ながらやるのだ。(今更かもしれない。。。)

ヨガなどは、「夜ヨガ」とか、好みの言葉で検索したらいろいろ出てくるので、
その時の気分に合ったもので、それほど長くないものを選んでいる。

夜ヨガ→

一人で継続するのは難しい。
かといって、どこかの教室に通うのも面倒なのだ。

習慣になるまでのアシストとしても、
動画を利用するのって、なかなかいいよな。
と思うこの頃だ。

同じ珈琲豆でも器具によって味がこんなにも違うのか。

「道楽で自己中喫茶店をやりたい」という夢があるので、
Leafの森主催イベントの中の、
OBROS Coffee 1095さんのワークショップ
【自分好みのコーヒーに合わせた器具を使ってコーヒーを淹れてみよう!】
に参加してきた。

今回の豆は、スペシャリティコーヒーのブラジル。
浸漬式、透過式、計8種類の器具が用意され、
説明のあと、好みの器具を選んで淹れた。

46387217_2197819423814238_708346502040256512_n
さまざまな器具。(OBROS Coffee 1095さんのFBから拝借)

驚いたのは、お湯をドリッパーに入れた後、スプーンでかき混ぜるってこと!
(フレンチプレスは違うよ)

それはなぜかというと、

スペシャリティコーヒーの風味の特性は、「爽やかで明るい酸味」があるということ。
特性を出すには、焙煎は浅煎りがよいのだけど、
浅煎りは、豆に水分が多く残っているため、豆が膨らまず、お湯が下に通り抜けずらい。
よい膨らみをうながし、下に通り抜けさせるようにするために、スプーンで混ぜるとのこと。

「ほほっ〜」って感じ。

二人ペアで別々の器具を使ったり、先生が淹れてくれてくれたものも味見したので、
ほぼ全部の器具で淹れたものを飲んだが、味はほんと違う。
淹れる人によっても違うが。

IMG_1089
ペアになった可愛いお姉さん♪が淹れたエアロプレス(浸漬式)

違いをざっくり言うと、
浸漬式(フレンチプレス、クレバー)は、しっかりした味わいで酸味はそれほど強くは感じなかった。安定した抽出がしやすい。
透過式(カリタ、コーノなど)は、クリアで酸味がよくでるように感じた。
通り抜ける穴が大きいほど淹れるのが難しいようだ。


珈琲の味を構成する要素は、3つで、その影響を比で表すと
生豆:焙煎:抽出=6:3:1
だそう。
今回は、影響力比1の抽出だけなので、
教えてくれた細かいレシピ通りにやれば、同じ味に仕上がる。。。はずである。

が、私がコーノで淹れたのって、おいしくなかったなあ。。。(*_*)
FullSizeRender


けれど、少し温度が下がってから飲んだら、酸味も程よく感じられ、おいしくなった。
温度も重要。経過時間ごとに楽しめるね。

IMG_1094
クレバー。浸漬した後、サーバーの上に置くと、ツツーッと下に落ちてくるしくみ。

いろいろ味見した中で、一番、酸味があり味わいもあった器具は、
抽出式の陶器でできた1つ穴(かなり大きい穴)のもの。
これは、OBROS Coffee 1095さんで使っているドリッパー。
納得である。

ワークショップは、1時間半。
とても内容が濃く、面白かった。

珈琲の大前提は、美味しい素材(豆)であること。
そして、器具によって、味は変わるので、自分の好みの器具を見つけること。

私個人的には、好みの味だったのは、フレンチプレスかクレバーなど、浸漬式で淹れたもの。
が、私が、珈琲を淹れる楽しみは、

「珈琲豆が膨らむのを見る」ということも大きい。

となると、しっかりした味、安定した抽出ができる浸漬式だけど、
見た目では、満足できないなあ。。。

浸漬式だったら、サイフォンがいいな♪


そんなこんなで、「自己中喫茶店」の妄想が膨らむが、

焙煎は、プロにまかせ、
珈琲メニューはブレンドとアメリカンくらいでいい。
KEY珈琲の灯りがともる青い看板を置き、
珈琲以外のメニューは、レトロ喫茶店のようだけど、
匂いは、古臭くないようにしたい。

とはいえ、
「自己中喫茶店」は、道楽でできるくらいお金持ちにならねばできない、
まさに「夢」。

妄想しているときが楽しいのよね。


まあ、今時は、特色を持った珈琲やさんがいろいろあるので
その時の気分に合わせて、お店を選んで、
心地よい時間を過ごすことにする。



IMG_1099

頑張ってメモしたが、字が小さすぎるし、ミミズのようで解読難(-_-)。
主催のLeafの森さんのシュトーレン付き♪





イベント会場は、アートスペース傘(笹の川酒造内)。
おしゃれなお店がならび、ライブも。
この雰囲気、わたくし、だいぶ場違いで落ち着かなかったわ^^;。
IMG_1098
IMG_1096
FullSizeRender







東京やらコンサートやら温泉やら。。。

連休あたりからの覚え書き。

1、用事ついでに、東京の娘の所にミニベロを置いてきた。

ずっと折りたたんだまま、目につかぬところに置いて見ぬふりしていたの。
東京へ行ったときに乗るぞ〜。

2、東京での夕食は、肉、肉、肉。

こんなに肉を、しかも各種食べたのは初めてだ。
豚、牛、イノシシ、鹿、鶏。
↓これはメインの各種肉。
左上のエビフライみたいなのは、れんこん。
これがまたうまかった〜。

IMG_0931


デザートはモンブラン。
IMG_0933

プリンの上に栗のラーメンが乗っている。
特別なみりん(会津のだったかな)をかけて食べるとさらにおいしい。
横にはお米がそえてある。(稲穂は飾りだよ)
「えっ!?」と思ったが、合う。
そういえば、ライスプディングってあるよね。

肉もデザートも、こういうのは、地方ではなかなか食べられないような。
さすが、東京だ。と思った夜ご飯。

LODGE BISTRO SARU→


3、福島にもどって、MISIAのコンサート。

IMG_0935

パワフルな声、あの高音も健在だった!

圧巻だったのは、続けて歌った↓の3曲。
「Everything」(フジテレビ系ドラマ『やまとなでしこ』主題歌)
「逢いたくていま」(TBS系日曜劇場『JIN-仁-』の主題歌)
「アイノカタチ 」TBSテレビ 火曜ドラマ 「義母と娘のブルース」 主題歌

さらに、バンドメンバーは、誰が聞いても知っているような曲を手掛けている方ばかりで、
メンバー紹介では、それぞれの代表曲をちょびっとずつ演奏して、
MISIAもそれに合わせて歌ってくれたりして(ピンクレディーとかね)、面白かった。
今年は、デビュー20周年。
年末には、レコード大賞で初めて民放で歌うというし、紅白も出場するMISIA。
何を歌うのかなぁ。楽しみだ。

4、風花画廊&アンナガーデンへ。
安定のコース。

IMG_0939


5、ステーキレストランで食事

孫は、やんちゃっぷり全開。
ステーキは食べられないが、持参のごはんや付け合わせのブロッコリーなど、もりもり食べていた。
FullSizeRender


6、鬼怒川温泉
吊り橋は怖い。
廃墟も怖い。
紅葉はきれい。
IMG_0977
IMG_0972
IMG_0976



7、華厳の滝
壮大!

目の前をおさるが売店にささっと入っていき、ようかんを加えて逃げ去った。
ようかんは、お高い商品だった模様。
やるな、おさる。

IMG_0991

IMG_0992


8、あだち湖へ自転車で。

今日は暖かかったし、
何かと問題があったサドルを新調したので、試してみたかったのだ。

IMG_1020


50分くらい走った感じでは、よさそう。
ほんとはスペシャライズドにしたかったが、在庫切れで、新発売のは高すぎだったので、
セライタリアにしてみた。
ピンク色をちょこちょこ使っていて、気に入らない。
黒いマジックで塗ろうかな。

何だかんだ言って、まだ自転車で出かけられそう。
11月もあとわずか。




良い天気でした【自転車で三春ダム〜デコ屋敷】

今日は暖かいというし、このところ大した運動をしていないので、
自転車に乗ることにした。

行先は、三春ダム。

最初少し市街地を走らなくてはならないので、
ちょっと嫌なのだけど、その先は、走りやすい道が続く。

IMG_0847

田んぼが多く、ときどき緩い上り下りがある。
車もあまり通らないし、視界が広いので気持ちが良いのだ。
風もなくて、快適。
寒いかと思ったが、汗もかいた。

時間差で出発した1号に追いつかれ、三春町に入りダムへ。

私は、1時間半くらいで到着。28kmくらいかな。
IMG_0849


IMG_0848


ちょうどお昼だったので、三春ダム資料館内のカフェ フォーレで
ご飯をたべ、デザートも食べる。

IMG_0851
IMG_0853

お腹が空いていないと思っていたが、
食べだすと、あれれ、食べられる。
自転車に乗った後は、ご飯がおいしいねぇ。

カフェからの眺め。
IMG_0852


2階の資料館からの眺め。
IMG_0861


資料館もみて、帰路につく。

途中、高柴デコ屋敷の看板があったので、寄ることに。
知ってはいたが、なぜか一度も行ったことがなかった。

デコ屋敷のデコは、人形のこと。
デコを作っている屋敷が4軒ある。

その一つの彦治民芸に入ってみた。↓
築400年のカヤブキ屋根のお店。
IMG_0862


IMG_0863

団体さんと一緒になった。
ココは、三春駒、三春張り子の発祥の地だそう。
店主がいろいろ説明していた。

いろんな張り子人形が並ぶ。
来年の干支は、イノシシだ!
IMG_0864



デコ屋敷の後は、1号、私は、各自好き勝手に帰ることにし、
無事帰宅。

そうそう、三春ダムで、ダムカードももらったよ。
下のピンクのは、20年記念カード。

IMG_0867



走行距離:62kmくらい。
時間:3時間15分くらい。

帰宅してロードバイクは、屋内の固定ローラーに設置。
今期、ロードでの外出は、これでおしまい。
ほんとだよ。

昨日は、第21回二本松市民音楽フェスティバルでした♪

今年も、市民会館で歌ってきた。
(女声コーラスね)

IMG_0007


「間違えないように、楽しく歌おう〜♪」
って臨んだステージだったが、、、、

歌い終わった直後は、
「ああ、もう歌わない方がいいかも〜(-_-)。」
って思った。

他のパートを歌っちゃったとこあったし(たまにある)
音程が不安定だったし(最近ますますやばい)
声量ないし(もともと)。

さらに、次に歌った団体は、ピチピチの高校生で、
彼らの、パワフルかつきれいな歌声を聞いちゃったものだから、
ますます、がっかりしたのだ。(自分にだよ)



その後、、、


仲間からステージの動画が届いた。
ドキドキしながら、観てみた。

そしたら、

結構よかったの♪
パーフェクトとは言えないだろうけど、
綺麗なハーモニーだったのですよ、私たち(^^♪


私のチョンボなんて、なんのその。
そんなに若くなくても、なんのその。


素敵な仲間たちおかげで、無事に
終えることができたのだった。


と、いうわけで、
私、個人的には、反省点はいろいろあるけど、
これからも、仲間と歌っていけたらいいな♪と思い直した。
お茶のみ&おしゃべり付きでね(^^)。




↓よろしければ、聴いてくださいまし。

落葉松(からまつ)




You Raise Me UP

帽子のようですが、違うんです。

FullSizeRender

福島県、羽鳥湖高原にある、ブリティッシュヒルズのカフェでは、
紅茶をポットで出してくれる。

そのとき、ふわふわのティー・コージーをポットにかぶせてくれのだが、
それを見て、
「作ろう!」
と、行くたび(といっても2回)に思っていた。

IMG_0738

やっと、作ったのだ。
生地ではなくて、編み物。
先日編んだ、ルームシューズ(というか靴下カバーかな)の余り毛糸やあった毛糸も使って。

IMG_0739

ティーコージーをかぶせると、かなりの時間、お茶はあったかい。
いびつなポンポンもちょいと可愛くて、ウキウキする♪

シンプルが一番!と思うけど、
どこかに遊びや気持ちをあげるものがあると、なんだかいいね(^^)。



復興支援 第1回ふたばサイクルロゲイニング

チームヤマダフィルターの4人で、
復興支援 第1回ふたばサイクルロゲイニングに参加してきた。

IMG_0825
スタート前。(写真は、天神岬スポーツ公園のフェイスブックからいただいた)

サイクルロゲイニングとは、ざっくりいうと、自転車でまわるオリエンテーリングみたいなもので、
決められたチェック・ポイント(CP)をチームの判断でどのように回るかを決めて時間内にCP毎のポイントを獲得し、その合計得点を競うゲーム感覚のイベント。



今日は天候に恵まれ、最高のサイクリングびより♪
4人であーだこーだ言いつつ、海や山を眺め、坂を上り下り、
チェックポイントを巡った。


IMG_0798

Jビレッジ↑もきれいに復活して、
サッカーをしているチームでにぎわっていた。
ここは、震災以前の活気が戻りつつあるのかも。

IMG_0805
広野町のゆるキャラ、ひろぼー と一緒に。
ひろぼーかわいい♪

IMG_0808
防潮堤にも行った。
海がとてもきれいだった。
が、チェックポイントの証(QRコード)が見つからず、、、(:_;)あとで間違いであることがわかる。

IMG_0809
汽車の廃線のトンネル。
なんか怖い。

IMG_0811
お昼はラーメン【山猿】
濃厚でうまし。

IMG_0817
【みんなの交流館ならは】の中には、こういうのが何体も。

IMG_0818
【大楽院】

そして、ゴール後には、マミーすいとんをいただいた。
IMG_0824

具沢山で、すいとんはツルリンと舌触りよく、とてもおいしかった♪

閉会式まで時間がありそうだったので、すぐそばにある天神岬温泉 しおかぜ荘へ。
茶褐色のしょっぱい温泉は、しっとりツルツルで気持ちがよかった。


さて、
回ったチェックポイントは、20個くらい。
点数は、650点。

閉会式はやったのかどうなのか?
温泉から出ても、まだ帰ってきていないチームもあって、順位はわからなかったが、
点数云々でなく、チェックポイントを回りつつ、ふたば地域の名所旧跡や隠れたお薦めスポット、ふれあい、体験、そしていまなお続く復興への歩みを感じることが一番。

津波ですべてがなくなった場所にできた、個人の家々、公共の施設、ホテルなど、真新しい建物には、震災以前の姿を思わせる雰囲気はなく、復興が進んでいるとはいえ、本当になくなってしまったことを改めて感じさせた。
その一方で、がれきの山から、ここまで復興した現状を知ることができたのは、参加したからこそだ。


そんなわけで、
ゴール後にいただいたお土産は、順位関係なしで、くじ引きで。

1号は、和菓子セット。
私は、ゆずのお酒。
震災で休止していたゆず酒で、今年7年ぶり復活したらしい!
お酒が得意でない私にも飲める、美味しいお酒だった。


IMG_0826


今年の自転車イベントもこれがほんとに最後。
さむ〜い冬は、運動不足解消のためにおうちの中で、ローラー台だな。

追記

スポーツエントリーのサイトにこのイベントレポートが載っていました。

映画「止められるか、俺たちを」舞台挨拶&サイン会

フォーラム福島に井浦新さんが来るってことを知って、
珍しく映画チケットを予約して買った。

井浦新さんが出た映画で、私が観たのは、「ピンポン」と「蛇にピアス」。
他には、NHKの日曜美術館での司会をしていた時、何度かみた。
最近では、トーク番組に出ていたな。

思いつくのは、この4つなのだけど、
どれも、同一人物とは思えないくらい違う。

特に、「蛇にピアス」。
この役者さんはだれだろう?!って調べたら、
当時ARATAと名乗っていた井浦新さんだった。
衝撃的な役柄であったが、とても自然で惹かれた。スレンダーな体に見えなかったんだよなあ。

今回は、映画にも、興味があった(主演が門脇麦さんだし)けど、
「井浦新さんを見てみたい!」という気持ちの方が強かった。



昨日は、映画を観てから、舞台挨拶という流れ。

IMG_0710
【サイン会中、画面のすぐ前に座ってサインしている】

映画は、サイトの解説によると、
「1969年、原宿のセントラルアパートに"若松プロダクション"はあった。当時33歳の若松孝二が作り出すピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。 21歳で"若松プロダクション"の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く、青春群像劇!」

詳細は、公式サイトを見ていただくとして→

昭和の匂いがぷんぷんする映画だった。
特に目についたのは、出演者のほぼ全員がタバコを吸っている。ってところ。

当時、私は小学校の低学年だったのだけど、
こんなに昔っぽかったんだ。って、改めて、時が随分経ったんだ。と感じさせた。
けれど、
江戸時代とかの時代劇みたいに、実際を知らない昔ではなく、自分も生きていた時代だからか、なんだか、すっきり気持ちよい気分にはなからなかったなあ。
川底に泥水が流れているみたいな。うまく言えないけど。
そういう時代だったってことなのかな。

主役の門脇麦さんもとてもよかったし、井浦新さんもまた新たな一面が見られた。
というか、どの俳優さんたちも役にうまくはまっていた。


実話が元になっているこういう映画は、当然本人もいるわけで、
単純に楽しむエンターテイメントとなりきれないところが、
素直に「とても面白かった。」
といえないところだけど、
一度でなく、何度か見ていくうちに、じわじわしみ込んでくるものがあるかもしれない。
若松監督の映画を観たことがあったら、感じ方は違っていそうだ。

さて、舞台挨拶。
当初、監督と井浦新さん二人ということだったが、
高良健吾さんと藤原季節さんも登場し、びっくり。
嬉しさ倍増。

FullSizeRender


藤原季節さんは、舞台挨拶では明るくアイドル系の雰囲気を振りまいていたけど、映画の中では、これまた全然ちがって、最初どの役だっけ?と思ったくらい。

高良健吾さんは、やはり「蛇にピアス」がとてもよかったので、実物が見れて「わぁ〜い」って感じ。雰囲気もおしゃべりも落ち着いていた。

サイン会があるのは知っていたが、最初は、
「サインもらってもなあ。。。」と、パスしようと思っていたが、前列から順番にサインをもらっているのを見ていたら、ムクムクと間近で俳優さんたちを見たい!って気持ちになってきて、その場でパンフレットを買って、4人にサイン&握手してもらった。

FullSizeRender
【井浦新 高良健吾 藤原季節  白石 和彌監督の順】

4人とも、サインして目を見て、握手をしてくれる。
当たり前かもしれないけど、自分のためだけにそうしてくれているのを実感できる。
AKBの握手会に行くファンたちの気持ちが理解できた経験だった。

みんなお肌がツルツルで、顔が小さいし綺麗。
私は、きれいな女の人を見る方が好きなのだけど、そういえば、今回みんな男の人だ。
男も女も綺麗な人をみるのは、いいね。



日ごろ、私たちは、売れている俳優さんしか目にしないけれど、撮りたい映画を撮るため、生きていくため、本当はやりたくないこともやっているし、サイン会など地道な活動もしたりする。
仕事する場所は違って、有名無名さまざまだけど、基本的には、だれもが同じなのかもね。

IMG_0709
【4人のサイン だれがどれなのか】


フォーラム福島での舞台挨拶&映画鑑賞は、これで3回目。
いつもは、ガラガラだけど、(インド映画「バーフバリ」を私一人の貸し切り状態で観た)
3回とも満席。

毎回、新鮮。
おススメです。







安達太良山に登った【塩沢登山口から】

先日、ツイッターで安達太良山の塩沢からの登山ルート沿いにある
滝の写真を見た。

行ってみたい!

ということで、とりあえず、くろがね小屋までは行こうと出かけた。

久々に、安達太良山が綺麗に見えた。
FullSizeRender


塩沢スキー場に車をとめ、出発。

落ち葉を踏み、濡れた岩を乗り越え進む。
IMG_0613


根本から倒れてる木をくぐって進む。
IMG_0618


屏風岩に到着。
IMG_0624


屏風岩。
IMG_0627


眼下に滝が見える。
IMG_0629


ここまで、歩きやすい道だとかいいつつ、るんるんで歩いていたのだけど、
屏風岩を過ぎてから、難所が何か所も。。。

くさり場がいくつか、、、↓は、下に板があるけど、他は、板なし。
IMG_0634


丸太をいくつか束ねた橋とか、、、↓は、ロープがはってあるが、IMG_0638


ロープがないところも。。。怖いよ〜(*_*)
IMG_0667


そんなこんなで、くろがね小屋に到着。
出発から2時間20分くらいかな。

峰の辻から牛の背経由で進む。

噴煙が漂ってくる沼の平が目の前に!
写真中央奥に裏磐梯の湖、左にちょっぴり磐梯山の上の方が見える。

IMG_0654

以前登った時には、強風にあおられたいへんだったが、
今日はとっても穏やかだった。

そこから、安達太良山山頂へ。

IMG_0662


ちょっと降りたところでお昼ごはん。
おにぎりなど食べる。

13時半ごろになり、ちょっと冷えてきたので下山。
くろがね小屋経由で、引きかえす。
IMG_0666



下りはじめるとすぐ、足の指先が痛いし、ひざは変になる。
下りは、登りよりダメージ大よね。

またまた、恐怖の丸太橋、くさり場等を通り、
行くきっかけとなった、八幡滝も登山道から少し下って、間近に見た。

IMG_0669


IMG_0670


時々滑りながらも、無事登山口に到着。
IMG_0675


今日は久しぶりの好天&紅葉シーズン。
山頂付近には、登山客が結構いた。
けれど、塩沢からのルートはそれほどいない。

ちと怖い箇所(丸太の橋とかね)もあるけれど、
渓流沿いの変化に富んだ登山ルートで魅力的である。

登るからには、頂上まで!と思っていたが、年もとったし、足もあやうい。
頂上までいかずとも、滝までとか、小屋までとか
登山もその時の状況でかえて楽しめばいいんだよな。

1年ぶりの登山は、歩行時間6時間半くらい。
27,000歩ほど。

足には、マメ4つ。
今までは、マメはできなかったのになあ。今年はマメに悩まされる。
ひざも変だし、普通の靴に履き替えたら、うまく歩けなかったっけ(-_-)。

疲れたけど、まあよい一日だった。

文化の秋

お曇りの土曜日なので、
市の文化祭でも観に行こうと出かける。
IMG_0573


かなり前から参加しているが、出展数がとても減っていて寂しい。
けれど、じっくり観られる。

「この人は、書を続けているのね。」とか、
私の好きな絵や写真の傾向に気づいたり、
続けてみていればこその感情も湧いてくる。

IMG_0567


午後は、福島市の四季の里へ。
ハンドメイド関係の通販サイト、Creemaのイベントをやっていると知って。(10/20,21の二日間)

四季の里は、子供たちが幼稚園のころ、毎年遠足で行っていたが、
最近は行く機会もなく、とっても久しぶり。

IMG_0598


どことなくおしゃれな雰囲気で、
お客さんも、おしゃれっぽいかな。

テレビカメラの先に「どっかでみたことがあるなあ。。。」という人がいたが誰か思い出せず、

神田うのさんの弟だ!
って、気がついたのが、20分後くらい。
IMG_0600
こんな感じでテントのお店たちが並んでいる。

イベントとは関係なく元々ある「こけし館」でガラスのコップを作る工程を見たり、
川俣シャモの餃子スープとメンチカツを食べたり、
白コーヒーを飲んだりした。

川俣シャモ、美味しかった!
白コーヒーは、薬っぽかった。ドリップパックを購入。

IMG_0603


出店されてたお店も一通り見て回る。

ライブもやっていた。
birdさんのステージ。
CMで曲が使われるなど、有名な方らしい。。。
IMG_0604


以前に比べて、ハンドメイド品に対する私の興味が薄れてきたみたい。
そんな中でも興味をひかれたのは、薄い木の貼り絵。
キットになっていて、あと一歩で買う所だった。

IMG_0602
なぜか、やぎさんもいたよ。


その後、自転車屋によったり、ドトールによったりして帰宅。

午後は、お日様も出てきたけれど、山方面は雲がかかっていて、
安達太良山も全容を現わさず、紅葉の進み具合はわからない。

今朝は、またまた霧で真っ白な世界だったが、
天気予報は堂々の「晴れ」。

さて、どこへ出かけようか。


ルームシューズを編んだ。ヒーターをつけた。

IMG_0540


先週あたりから、腰かけていると足先が寒いので、
ネットで検索してでてきた“簡単にできる”ルームシューズを編んだ。

毛糸は、ホームセンターで買ったウール100%一玉108円。
一玉+α でできた。
自分用は、お気楽に編める。いいかげん万歳。

昨日、ヒーターを所定の場所に設置した。
今朝の温度は11度。

ヒーターをつけた。

寒いと暇だ。というか、動くのが億劫になる。

この冬はなにをやろうか。。。
って、まだ秋だ。
秋を楽しもう。


カフェヒラナガ&お祭りでした【自転車で飯坂】

いまにも雨が降ってきそうな曇りの朝だったが、
天気予報は、しっかり晴れなので、自転車で出かけることにした。

行先は、40km先の飯坂。
温泉で有名だ。
以前満席で入れなかった、人気のカフェにたどり着けたらいいな。と。


フルーツラインは、車も多くて道も狭いので、横道にそれる。
キジが道を横断していたので、撮ろうとしたが、隠れてしまった。
IMG_0418


りんご畑。実りの秋だ。
IMG_0419




無事、目的地「カフェ ヒラナガ」に到着。
温泉街は、道が細くてわかりにくいが、たどり着けて良かった。
サイクルラックに自転車をひっかけて入店。

モーニング時間をだいぶ過ぎていたからか、お客さんは1組で無事座れた。

頼んだのは、
サラダパンケーキ+ハーブソーセージとコーヒー 1,250円
塩味も感じられて、美味しい。思ったよりお腹がいっぱいになる。

IMG_0423


珈琲は、グァテマラ ウエウエテナンゴ エル・インヘルト農園という豆。
40店舗くらい、同じこの豆でそれぞれの焙煎で提供するというイベント
”October Coffee Action 2018”のモノ。

特別な香りはないが、深い味で嫌味がない。
他のお店のモノも飲んでみたい。



ところで、この日は、飯坂もお祭り。

窓際の席に座ることができたので、
屋台や神輿を上から(お店は2階にある)撮影。
IMG_0425
ピンクが衝撃的。

IMG_0428
小ぶりの屋台だ。全部で3台あった。

IMG_0426
どこでもおみこしは金ぴか。

屋台も去ったので、
お店を後にし、帰路。
IMG_0429
天日干しのお米もたまに見られる。


フルーツラインの一本山側の道を行く。
いい感じの道なの。
IMG_0431
帰りは、青空が広がっていた。気持ちよい。

せっかくなので、アンナガーデンにより、手作りジェラートのモンジューで
和栗のジェラートをいただく。

IMG_0434
秋の味。

最後は、あだち湖に行き、帰宅。
IMG_0437


今季のレース(と言っても2回だけ)は終了したので、
まったりサイクリングの予定だったが、きついアップダウンはあるので、しょっぱい汗をかいた。

もう、外走りは終わりかと思ったけど、まだまだ走れそうよ♪

走行距離 42Km
  時間 2時間8分

牛さんもいました【自転車で岳温泉】

午前中だったら、雨は降らないな。

そう思ったので、自転車に乗ることにした。

どこを目指すか迷ったけれど、
とりあえず、いつもの土湯道の駅方面へ。

IMG_0343
曇っていたけれど、安達太良山も見えた。

1時間ちょいで、土湯道の駅に到着。
IMG_0344
すすきがゆれていた。

IMG_0345
浄土平方面の山々も見えたけれど、
現在、火山活動のため、磐梯吾妻スカイラインは通行止め。


ココからどうしよう?!
そのまま下るか、
岳温泉方面におりるか、
びっき沼方面に行くか迷った末、

岳温泉へ。

IMG_0346
途中から、メイン道路を外して進むと、栗爆弾がいっぱい。
木々の間から、見えた景色。
緑が綺麗♪


岳温泉の「足湯」に入ろうと行ってみたら、満席(^^)。
待っている人もいたので、鏡が池をチラ見。

IMG_0347
カモも鯉もいた。



帰路、
道のすぐそばで、牛さんが草を食んでいたよ。

IMG_0348


のぼりは、やっぱり汗だくだったけど、
下りは、寒くてウィンドブレーカー着用必須。

今年は、いつまで外を走れるかな?!
もう終わりカモ〜


走行距離 約36km
時間   2時間ちょい

お祭りの前に庭木切り

今日の天気は、晴れ。

今日を逃すとボサボサ庭木のまま、お祭りに突入してしまいそうなので、
庭木を切った。

松や背の高いのは無視して、
道路側に伸びている百日紅や不格好になったツツジなど、
私の手の届く範囲を剪定した。

やっかいなのは、トゲトゲのピラカンサや山椒だけど、
一番は、藤。

巻きつけるところには、ぐんぐん伸びてからまっていく。


10月4.5.6日のちょうちん祭りでは、太鼓台1台が2度、我が家の前の道を通る。
綺麗とはいえないけど、少し手を入れた感はあるかな。

IMG_0339

汗だくになって疲れたけど、
塀にへばりついている苔には、癒された。







花巻 マルカン大食堂

花巻2日目は、やはりここ、
「マルカンビル大食堂」へ。

そして、マルカン大食堂と言ったら、これ。
宿で優待券をもらったし(500円以上ビル内で買い物をすること)。

IMG_9798


マルカンビルは、現在1階と食堂階のみオープンしていて、
1階は、地元のお土産や食材が売られている。

IMG_9804
1階。
あれこれ買って、うろうろしていたら、食堂開店11時前というのに、
エレベーターに人が乗っていくので、これは早くいかねばと乗り込む。

6階は、すでに行列。
チケットを買って席を選ぶときには、
窓際はすでに満席だった。

IMG_9811

最初に、ソフトクリーム。
お箸で食べる。

ソフトクリームの空洞が見えてきたところで、中華そば到着。

IMG_9812


中華そば麺は、インスタントラーメンっぽい細さ、ちぎれ具合。
あっさりして、デパート(元)の大食堂なので(^^)十分美味しく感じる。

融けても大丈夫なように、ソフトクリームはコーンギリギリまで食べ進め、
もう一品を待つ。

他の人の所に運ばれてくるもう一品を見て、かなりのボリュームに恐れをなす。

IMG_9813

ナポリかつ到着。この写真だと多さがよくわからないかも。
「セット、定食部門」人気NO1メニューだ。

ちなみに一品めの中華そばは、ラーメン部門人気NO2。
NO1は、マルカンラーメン(あんかけ辛口)、これは次回かなあ。

満腹になり大満足。
到着するまで、他の人が頼んだものをチラチラ見ながらのワクワク感がたまらない。

そんなこんなで、花巻を後にし、同じ道は通りたくないという1号は、
海まで出て海沿いを行き、長時間かけて帰宅したのだった。

IMG_9816
奇跡の一本松。




前回は、2013年→




何度目かの花巻

いつものことだが、
宿を安く取れたので、花巻へ行ってきた。

泊まったのは、藤三旅館 湯治部。
私は2度目。

ここは、立って入る「白猿の湯」が名物だ。
お湯もアルカリ性で、しっとりつるりとしていて、
体がくつろぐ感じがする。

IMG_9793

写真右側の戸を開けると、下りる階段があって、下に湯船がある。
天井がとっても高いので、独特の雰囲気と屋内なのに解放感がある。

藤三旅館には、グレードにより、宿が三種類あって、
湯治部は、最もリーズナブル。かっこよく言えばね。

IMG_9784
夕食。お膳ででてくる。
一応、部屋には四角いちっちゃいテーブルがあるが、
そのうえに置くと高すぎるので、
畳の上にお膳をおき、食べる物をテーブルに置いてたべた。。。

午後、道中車の中でほぼ寝ていたので、お腹が空いていなくてねぇ。

IMG_9796

右側の備え付けタンスの扉が閉まらないが、まあいい。

IMG_9795
朝食。
鍋は、固形燃料でベーコンエッグ、油にマーガリンを使っていたみたい。
十分な量。
山奥なのに、昨日から海のものが。。。
イワシ、さしみ、さば、あさりの味噌汁。

以前泊まった時には、湯治部はもっと広く、川のすぐよこの部屋だった。
水量も多く、流れの速い川、廊下を通る人の足音が振動と共に伝わってきて、驚いたのを覚えている。

趣きのあるタイル張りのお風呂もあったけれど、
4年ほど前に取り壊し、ハイグレードの宿になったそうだ。
館内に写真がはってあった。

IMG_9797


IMG_9786

湯治部は、もっと暗っぽかったように思ったら、
宿の人達で、壁を白く塗り、床もクッションフロアを貼ったとのこと。
何から何まで古いけど(塗ったり貼ったりしているか)、物へも、人へも丁寧に接すると、
歴史も生きてくるなあ。なんて思った。

湯治部だけに、ある程度の日数滞在、自炊するのがよさそう。

すぐ横を流れる豊沢川ぞいには、いくつかの宿がある。
大沢温泉も好きだ。


翌日は、「花巻と言ったら、これでしょ!」の
復活した食堂へ行ったのだ。

金木犀きんもくせいの香りが

IMG_9819
今朝、外に出たら香ってきた、金木犀。

早いなあ。っておもったけど、
去年は、9月13日だった。

二本松提灯祭り(10/4.5.6)の香りの印象が強いけど、
そうでなくなったかなあ。


でも、金木犀の香りを嗅ぐと、お祭りを思い出しから、
やっぱり、提灯祭りの香りだな。





黒百合の球根を植え付けた

先日、白馬五竜で買ってきた、
黒百合の球根を植え付けた。
半日陰が適地とのことで、我が家には最適。

製造元をみたら、福島県喜多方市、あら(^.^)。

5月上旬が開花期らしい。
咲いてくれますように。

IMG_9773

第13回裏磐梯スカイバレーヒルクライム

ここ3年、寒いし、のぼりがきついし、ってことで、
出ようかどうしようかと迷っていた、
裏磐梯スカイバレーヒルクライムだったが、

「一度出たら気が済むだろう。」ってことで、出てきた。

IMG_9750


今回、チームヤマダフィルターの面々を誘うも、
誰一人、出るという者はおらず、初の独りぼっちレースとなった。
不安もあったが、まあ、子供じゃないしねぇ。

IMG_9748
開会式前。


早速結果であるが、

女子B 35歳以上のクラスで
9位/14人 
タイム 57分46.130

今回の目標は、まず完走。
タイムは、1時間切れればいいかなと思っていたので、上々だ。

コースは、裏磐梯国民休暇村からほぼ平坦な桧原湖畔を行き、
スカイバレーへの上りへと続く約16km、標高差580m。

女子の若い子たちのクラスや女子MTBクラスと同時スタートだったのだけど、
まあ、皆さん速い速い。
序盤で力を使ってしまっては、スカイバレーを登っていけないので、ほどほどのつもりだったが、
心拍数は150を超えていたっけ(-_-)。

女子はアスリートの次、2番めのスタートだったので、
後発の男性たちに抜かれまくる。
なかなかの勾配なので、息はハアハア、気持ち悪くもなってきたけど、
「あれれ、ここがゴール?」って感じで到着。
(大雨で土砂崩れがあり、ゴール位置が変更になり、その手前がゴールとなった)
FullSizeRender
ゴール後の待機場所。
ゴール手前からガスって来ていて、下界は全く見えず。

バナナとパン、麦茶、水がふるまわれた。
ゴールの後、
「寒い寒い」と聞いていたので、
薄手の長袖フリースとウインドブレーカー、手袋も手を全部覆うのに換えて下山。
ちょうどよかった。

下山後は、具たくさんの豚汁をいただき、閉会式も終え、
おかげさまで、無事帰宅した。
心配された雨も降らず、気温も低くなかったのはなによりだった。

IMG_9751



この大会は、受付が前日のみで、天候も安定しないので、
来年はどうしようかな?!って感じだけど、
何人かの方とお話しできたし、続けて出ていると楽しみも増すのかな。


できれば、タイム(順位)を上げたいところだけど、
まずは、自転車に乗って、風を感じ、汗を流し、景色を愛で、
年に数回レースかイベントにでて自分に刺激を与えつつ、
これからも気持ちよく楽しみたい。


IMG_9761
前日受付のときにもらった、トウモロコシ3本とTシャツ。








思いっきりだらだらする

台風一過の晴天とは言えないが、
久しぶりに青空が見える。

この台風で、
自然の力の凄さを、また感じた。

被害にあわれた方々には、お見舞い申し上げる。早く日常に戻れますように。





このところ、天気も良くなく、私も珍しく風邪をひいた。

「あれ、ちょっと変かな?!」
という、サインを軽く流してしまうと、悪化する。

悪化してしまったらしょうがない。
そういうときは、思いっきりだらだらすることだ。
というより、ただただ眠いので、自然に任せて寝るしかない。 おかげさまで、ひどくならずほぼ復活した。



40歳をすぎたころからだろうか、5年ごとくらいに、
ストンと老化を感じるようになり、

50歳をすぎると、本格的に、無理は効かなくなった。
体だけでなく、心も。


半世紀以上使った体だもの、しょうがないねぇ。



我が家の車、タントくんも、若者とは言えぬ。
走行距離は、14万キロを超えている。

エンジン等のトラブルはなかったが、富士山5合目までのぼった後から、
異音がしだした。

そしたら、ベアリングの劣化が原因だった。

早速交換してもらい、また、元気なタントくんに戻った。

まだまだ走れる。

人も物も、使えば衰える所もある。
メンテナンスしつつ、付き合っていくことだ。


IMG_9723
うちのハナカイドウが、朝顔に覆われてしまった。
隣の空き地も草が元気だ。









2号のロードレース観戦(東北総体)

2号が自転車競技で東北総体に出るというので、
宮城県、七ツ森にロードレース観戦に行った。

出場したのは、トラック競技のポイントレースと、ロードレースの2種目。
ポイントレースの日は、那須に行ってしまったので、日曜に行われたロードレースのみ観戦。

10kmコースを7周する。

朝から雨が降ったりやんだりしていて、
スタート前もポツポツ雨が降り始めた。

IMG_9697
県別ユニフォームを着て走る。
手前が福島県の選手たち。

予定通りスタートしたが、
その直後から大雨となってしまった。

IMG_9700
傘もかっぱも持ってきておらず(-_-)、
コースからはずれた駐車場にとめた車の中で待機。



小降りになったところで、七ツ森湖の橋を渡りコース脇へ移動した。

IMG_9704
七ツ森湖。


肝心のレースだが、
序盤、2号は逃げていて、2番手あたりで走っていたようだが、
私が見始めたころには後続に吸収され、厳しい状況に。

IMG_9708
2号は写っていないが。。。

結局2号は、のこり1周で、DNF(足きり。ゴールできず終了)。

IMG_9709
6周終了時の2号。

完走者は、34人中18人。(東北6県、選手は各県6人くらい)

ずっと雨で、時には激しい雨が降る中での過酷なレース。
救急車が2台出動した。

怪我をした方は、大事に至らないよう願う。

一緒に応援した2号の家族を見るとなおさらだ。
完走はできなかったけど、けがなく終了したのは、何よりだ。



IMG_9693
今回のコース。

FullSizeRender
スタート前の2号(NO 2)
livedoor プロフィール

筆文字承ります。個人レッスンも&#8252;
お気軽にメールでお問い合わせください。

Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ