アンのひとり言「人生楽しく暇つぶし♪」

今日もあしたも筆びより。筆文字作家アンの日常。 「やることがある。」「行くところがある。」っていうのは幸せなことかもしれないと思うこの頃。 福島県二本松市在住。

花巻 マルカン大食堂

花巻2日目は、やはりここ、
「マルカンビル大食堂」へ。

そして、マルカン大食堂と言ったら、これ。
宿で優待券をもらったし(500円以上ビル内で買い物をすること)。

IMG_9798


マルカンビルは、現在1階と食堂階のみオープンしていて、
1階は、地元のお土産や食材が売られている。

IMG_9804
1階。
あれこれ買って、うろうろしていたら、食堂開店11時前というのに、
エレベーターに人が乗っていくので、これは早くいかねばと乗り込む。

6階は、すでに行列。
チケットを買って席を選ぶときには、
窓際はすでに満席だった。

IMG_9811

最初に、ソフトクリーム。
お箸で食べる。

ソフトクリームの空洞が見えてきたところで、中華そば到着。

IMG_9812


中華そば麺は、インスタントラーメンっぽい細さ、ちぎれ具合。
あっさりして、デパート(元)の大食堂なので(^^)十分美味しく感じる。

融けても大丈夫なように、ソフトクリームはコーンギリギリまで食べ進め、
もう一品を待つ。

他の人の所に運ばれてくるもう一品を見て、かなりのボリュームに恐れをなす。

IMG_9813

ナポリかつ到着。この写真だと多さがよくわからないかも。
「セット、定食部門」人気NO1メニューだ。

ちなみに一品めの中華そばは、ラーメン部門人気NO2。
NO1は、マルカンラーメン(あんかけ辛口)、これは次回かなあ。

満腹になり大満足。
到着するまで、他の人が頼んだものをチラチラ見ながらのワクワク感がたまらない。

そんなこんなで、花巻を後にし、同じ道は通りたくないという1号は、
海まで出て海沿いを行き、長時間かけて帰宅したのだった。

IMG_9816
奇跡の一本松。




前回は、2013年→




何度目かの花巻

いつものことだが、
宿を安く取れたので、花巻へ行ってきた。

泊まったのは、藤三旅館 湯治部。
私は2度目。

ここは、立って入る「白猿の湯」が名物だ。
お湯もアルカリ性で、しっとりつるりとしていて、
体がくつろぐ感じがする。

IMG_9793

写真右側の戸を開けると、下りる階段があって、下に湯船がある。
天井がとっても高いので、独特の雰囲気と屋内なのに解放感がある。

藤三旅館には、グレードにより、宿が三種類あって、
湯治部は、最もリーズナブル。かっこよく言えばね。

IMG_9784
夕食。お膳ででてくる。
一応、部屋には四角いちっちゃいテーブルがあるが、
そのうえに置くと高すぎるので、
畳の上にお膳をおき、食べる物をテーブルに置いてたべた。。。

午後、道中車の中でほぼ寝ていたので、お腹が空いていなくてねぇ。

IMG_9796

右側の備え付けタンスの扉が閉まらないが、まあいい。

IMG_9795
朝食。
鍋は、固形燃料でベーコンエッグ、油にマーガリンを使っていたみたい。
十分な量。
山奥なのに、昨日から海のものが。。。
イワシ、さしみ、さば、あさりの味噌汁。

以前泊まった時には、湯治部はもっと広く、川のすぐよこの部屋だった。
水量も多く、流れの速い川、廊下を通る人の足音が振動と共に伝わってきて、驚いたのを覚えている。

趣きのあるタイル張りのお風呂もあったけれど、
4年ほど前に取り壊し、ハイグレードの宿になったそうだ。
館内に写真がはってあった。

IMG_9797


IMG_9786

湯治部は、もっと暗っぽかったように思ったら、
宿の人達で、壁を白く塗り、床もクッションフロアを貼ったとのこと。
何から何まで古いけど(塗ったり貼ったりしているか)、物へも、人へも丁寧に接すると、
歴史も生きてくるなあ。なんて思った。

湯治部だけに、ある程度の日数滞在、自炊するのがよさそう。

すぐ横を流れる豊沢川ぞいには、いくつかの宿がある。
大沢温泉も好きだ。


翌日は、「花巻と言ったら、これでしょ!」の
復活した食堂へ行ったのだ。

金木犀きんもくせいの香りが

IMG_9819
今朝、外に出たら香ってきた、金木犀。

早いなあ。っておもったけど、
去年は、9月13日だった。

二本松提灯祭り(10/4.5.6)の香りの印象が強いけど、
そうでなくなったかなあ。


でも、金木犀の香りを嗅ぐと、お祭りを思い出しから、
やっぱり、提灯祭りの香りだな。





黒百合の球根を植え付けた

先日、白馬五竜で買ってきた、
黒百合の球根を植え付けた。
半日陰が適地とのことで、我が家には最適。

製造元をみたら、福島県喜多方市、あら(^.^)。

5月上旬が開花期らしい。
咲いてくれますように。

IMG_9773

第13回裏磐梯スカイバレーヒルクライム

ここ3年、寒いし、のぼりがきついし、ってことで、
出ようかどうしようかと迷っていた、
裏磐梯スカイバレーヒルクライムだったが、

「一度出たら気が済むだろう。」ってことで、出てきた。

IMG_9750


今回、チームヤマダフィルターの面々を誘うも、
誰一人、出るという者はおらず、初の独りぼっちレースとなった。
不安もあったが、まあ、子供じゃないしねぇ。

IMG_9748
開会式前。


早速結果であるが、

女子B 35歳以上のクラスで
9位/14人 
タイム 57分46.130

今回の目標は、まず完走。
タイムは、1時間切れればいいかなと思っていたので、上々だ。

コースは、裏磐梯国民休暇村からほぼ平坦な桧原湖畔を行き、
スカイバレーへの上りへと続く約16km、標高差580m。

女子の若い子たちのクラスや女子MTBクラスと同時スタートだったのだけど、
まあ、皆さん速い速い。
序盤で力を使ってしまっては、スカイバレーを登っていけないので、ほどほどのつもりだったが、
心拍数は150を超えていたっけ(-_-)。

女子はアスリートの次、2番めのスタートだったので、
後発の男性たちに抜かれまくる。
なかなかの勾配なので、息はハアハア、気持ち悪くもなってきたけど、
「あれれ、ここがゴール?」って感じで到着。
(大雨で土砂崩れがあり、ゴール位置が変更になり、その手前がゴールとなった)
FullSizeRender
ゴール後の待機場所。
ゴール手前からガスって来ていて、下界は全く見えず。

バナナとパン、麦茶、水がふるまわれた。
ゴールの後、
「寒い寒い」と聞いていたので、
薄手の長袖フリースとウインドブレーカー、手袋も手を全部覆うのに換えて下山。
ちょうどよかった。

下山後は、具たくさんの豚汁をいただき、閉会式も終え、
おかげさまで、無事帰宅した。
心配された雨も降らず、気温も低くなかったのはなによりだった。

IMG_9751



この大会は、受付が前日のみで、天候も安定しないので、
来年はどうしようかな?!って感じだけど、
何人かの方とお話しできたし、続けて出ていると楽しみも増すのかな。


できれば、タイム(順位)を上げたいところだけど、
まずは、自転車に乗って、風を感じ、汗を流し、景色を愛で、
年に数回レースかイベントにでて自分に刺激を与えつつ、
これからも気持ちよく楽しみたい。


IMG_9761
前日受付のときにもらった、トウモロコシ3本とTシャツ。








思いっきりだらだらする

台風一過の晴天とは言えないが、
久しぶりに青空が見える。

この台風で、
自然の力の凄さを、また感じた。

被害にあわれた方々には、お見舞い申し上げる。早く日常に戻れますように。





このところ、天気も良くなく、私も珍しく風邪をひいた。

「あれ、ちょっと変かな?!」
という、サインを軽く流してしまうと、悪化する。

悪化してしまったらしょうがない。
そういうときは、思いっきりだらだらすることだ。
というより、ただただ眠いので、自然に任せて寝るしかない。 おかげさまで、ひどくならずほぼ復活した。



40歳をすぎたころからだろうか、5年ごとくらいに、
ストンと老化を感じるようになり、

50歳をすぎると、本格的に、無理は効かなくなった。
体だけでなく、心も。


半世紀以上使った体だもの、しょうがないねぇ。



我が家の車、タントくんも、若者とは言えぬ。
走行距離は、14万キロを超えている。

エンジン等のトラブルはなかったが、富士山5合目までのぼった後から、
異音がしだした。

そしたら、ベアリングの劣化が原因だった。

早速交換してもらい、また、元気なタントくんに戻った。

まだまだ走れる。

人も物も、使えば衰える所もある。
メンテナンスしつつ、付き合っていくことだ。


IMG_9723
うちのハナカイドウが、朝顔に覆われてしまった。
隣の空き地も草が元気だ。









2号のロードレース観戦(東北総体)

2号が自転車競技で東北総体に出るというので、
宮城県、七ツ森にロードレース観戦に行った。

出場したのは、トラック競技のポイントレースと、ロードレースの2種目。
ポイントレースの日は、那須に行ってしまったので、日曜に行われたロードレースのみ観戦。

10kmコースを7周する。

朝から雨が降ったりやんだりしていて、
スタート前もポツポツ雨が降り始めた。

IMG_9697
県別ユニフォームを着て走る。
手前が福島県の選手たち。

予定通りスタートしたが、
その直後から大雨となってしまった。

IMG_9700
傘もかっぱも持ってきておらず(-_-)、
コースからはずれた駐車場にとめた車の中で待機。



小降りになったところで、七ツ森湖の橋を渡りコース脇へ移動した。

IMG_9704
七ツ森湖。


肝心のレースだが、
序盤、2号は逃げていて、2番手あたりで走っていたようだが、
私が見始めたころには後続に吸収され、厳しい状況に。

IMG_9708
2号は写っていないが。。。

結局2号は、のこり1周で、DNF(足きり。ゴールできず終了)。

IMG_9709
6周終了時の2号。

完走者は、34人中18人。(東北6県、選手は各県6人くらい)

ずっと雨で、時には激しい雨が降る中での過酷なレース。
救急車が2台出動した。

怪我をした方は、大事に至らないよう願う。

一緒に応援した2号の家族を見るとなおさらだ。
完走はできなかったけど、けがなく終了したのは、何よりだ。



IMG_9693
今回のコース。

FullSizeRender
スタート前の2号(NO 2)

那須ちょこっとサイクリング&温泉

那須に用があったので、
せっかくだから。と自転車を積んで出かけた。

なんだかんだで午後3時を過ぎてしまったので、
乙女の滝駐車場から沼ッ原湿原駐車場までの約8kmを往復することにした。

ここは、ちょうど一年前グループライドしたときも走ったところだ。
ずっと上り坂で、とてもとても!きつかった所。


どんな道だったかな?!
1年前よりラクに上れるかな?!
と期待しつつ上ったが、
やはり、きつかった^^;。

途中、50m先にさる1頭が道を横切った。
薄暗い所でちょっと怖かった。


IMG_9683
湿原駐車場に到着。


1年前は、霧でほんの一部しか見えなかった調整池は見えた。

IMG_9684


空は曇っていて、雷の音も聞こえてきたので、
湿原にはおりずに、写真だけ撮ってくだった。

自転車を車に乗せ、乙女の滝をチラ見。

IMG_9690

滝つぼ近くに行くと気持ちよいし、良さがわかんないんだけどなぁ。。。。つまんないな。
と思うも、1号に逆らっていくだけの気力もなし。

結局、トレーニングのようなサイクリングとなってしまったよ。


そのあと、板室温泉へ。
IMG_9692


お湯は、ぬるめで、ゆっくり入っていられる。
露天風呂につかりながら、空をみあげたら、トンボがいっぱい。

今日のような湿気の多い日はアブが出るらしいが、
トンボのおかげか、全然いなくて、助かった。

休憩所が広々していた。
流しの上の張り紙に「ここで入れ歯を洗わないでください」
ってかいてあって、ちょっと笑えた。


楽しかった♪一年前の記録→




自転車で 裏磐梯 MOTO COFFEEへ

お盆休みの帰省を兼ねたお出かけでは、
自転車を持って行ったのに、1時間くらいしか乗らなかったので、
日曜日は裏磐梯に行くことにした。

今までは、裏磐梯まで車に自転車を積んで行き、現地だけ乗っていたが、
今回は、自宅から自転車で!だ。

二本松の自宅からは、往復100km以上で、行き帰り峠も越えるので
ヘロヘロになって家に帰ってこられないかも?!ちょっと心配だった。
が、
いつかは、MOTO COFFEEに自転車で行きたいと思っていたのでね、チャレンジ!



いつも通り、土湯道の駅から115号線旧道を行く。

時間差であとに出発した1号に、予想通り早々に追いつかれるが、
先が長いので、無理せずゆっくり。
1号も付き合ってくれた。

磐梯吾妻スカイライン入り口でもある、土湯峠からは、
浄土平ではなく、猪苗代方面へくだる。
ここからは、一人旅。


IMG_9652


土湯峠から、少し下ったところからの眺めもなかなかよい。
磐梯山がよく見える。

箕輪スキー場の先までは旧道があるので、車にそれほど気を遣わずに進めるが、
115号線に出ると車も多くなり、そこそこの勾配の下りが続くので
風が強いとかなり怖そうだ。

セブンイレブン猪苗代若宮店から裏磐梯方面へ曲がるが、
そこからが結構長く感じた。

淡々と上り、裏磐梯のセブンイレブンに到着。

おにぎりなど食べ、ちょっと休憩。
先についていた1号は、すでに食べ終わっていた感じだ。


IMG_9662

無事、MOTO COFFEEに到着。
サイクルラックがあるよ。


IMG_9663
となりの池には、カモの親子もいたよ。

無事帰れるか心配な、わたくし だったので、いつもより早めに出発。

1号は、レークラインを行くというが、レークラインはアップダウンがきつそうなので、
私は、来た道を戻ることにし、
早々にお別れ(^^)/。


淡々と安全第一で進み、無事帰宅〜(^^)/。
よかった♪
1号は、すでにお風呂から上がり、くつろいでいたっけ(-_-)


走行距離 112km
走行時間 5時間58分
行きの方が20分くらい時間がかかったな。

2度目の100km越え。(1度目は、沖縄で。かなり追い風だった)
ちょっと自信がついたかな。




お盆休み4(白馬五竜のゴンドラ&リフト&散策)

白馬の宿のご主人が盛んに、

「山頂レストランの『すいかジュース』がほんとにおいしい!」

というので、
白馬五竜スキー場のゴンドラ&リフトに乗って、行ってみることにした。

山の斜面には、
『白馬五竜高山植物園』もあるという。


ゴンドラを降りると、山頂レストランがあるが、せっかくなのでその先の
アルプス展望ペアリフトに乗り継ぎ、『白馬五竜高山植物園』の一番上まで行き下ることにする。
ゴンドラ&リフトで20分ほど。

IMG_9585


IMG_9589

ゴンドラ、リフトに乗り、ぐんぐん高度をかせいでいくのも面白い。
リフトを降りれば、素晴らしい景色が広がっていた。

五竜岳から白馬三山を望む北アルプスの絶景や
浅間山等の長野の山々が爽快な360度のパノラマビュ〜。

白馬や五竜はわかるけれど、連なる山々はどれがどれだかわからない。
けれど、遠くまで見渡すことができて、ほんと、気持ちよかった。


IMG_9595
白馬三山。

IMG_9596
五竜(一番左)

リフト降り場から少し上ったところにある、
地蔵ケルンで鐘をならしてみた。標高1673m。

IMG_9575


地蔵ケルンから、いくつかのトレッキングコースがあるが、
一番お手軽な1周約30分の『アルプス平自然遊歩道』を歩くことにした。
サンダルだし。

IMG_9605

山の上なのに、ちっちゃい沼がある。
『地蔵の沼』

そして、山の斜面に整備された『白馬五竜高山植物園』へ。
高山植物を見ながら下る。
お花の見頃も終盤だったけれど、まだまだ楽しめる。
コマクサ(左上)も見られてよかった。

IMG_9648


高山植物を愛でたあとは、本日の目標、すいかジュース。
もはや、おまけになってしまった感じだが。

IMG_9624
『展望レストラン』

IMG_9626
すいかジュースとミックスソフトクリーム。
この写真だと、山の上にいるとは思えない。
さすがのアロハ(-_-)。

すいかジュースを飲んだあとの第一声は、
「おお、スイカだ〜」

スイカそのものにシロップと塩を少し入れているそうだ。
冷蔵庫に待機していた透明カップには、乱切りされたすいかが入っていて、
その場で、ジュースにしてくれる。

確かに、おいしかった♪

参考までに、すいかジュースのポスター。
IMG_9627


目標達成したので、ゴンドラで下る。

IMG_9628


空には、パラグライダーが!
たくさん飛んでいて、すっごく気持ちよさそう〜♪
IMG_9606

とっても優雅に空中散歩しているので、「私もやってみたい!」
と思った。
きくところによると、センスが大事らしい。

一度、タンデムで体験したいものだ。

こんな良い日よりはなかなかないと思うほど、
天候に恵まれ、素晴らしい景色を眺めて大満足な白馬であった。





帰路は日本海も見つつ、新潟経由で。

この日の福島も気持ちよい日だっただろう。
磐梯山もとても美しかった。

FullSizeRender


IMG_9645

夕景。
磐梯山は、左奥のだよ。




白馬五竜高山植物園見どころガイド→
今回巡った場所について、一番分かりやすいページ。

天気のよい日にぜひ!
高山植物は7月が見頃かな。








お盆休み3(高速でタイヤバースト!)

帰省地1の沼津から
帰省地2の浜松に移動した夜も雨が降り、明日からの天気はどうなの?!

って起きたら、清々しい秋空。

一路、白馬へ。

なぜ、白馬かというと、安い宿があったから(-_-)
我が家のおでかけは、だいたいこんな調子。

300kmくらいの移動で、運転しない私は暇。
寝るか、SNSチェックするくらい。

順調に高速を進み、私はうとうとしていたら、、、

いきなり異音がしたかと思うと、大きな音がした。

なんと、
後ろの右側のタイヤがバーストしていたのだ。
自力でスペアタイヤに換えようかとも考えたが、かなり危険。
プロに任せることにする。

IMG_9554


ロードサービスを呼び、スペアタイヤにかえたりとかして、
レッカーで近くのサービスエリアまで移動。
その後、高速を降り車やさんでタイヤ交換。


レッカーが来るまで
高速道路のガードレールの外で待っていたが、
暑くなく、ほどよい風が吹いていて、待つことに何の苦もなかったのは、
ほんとに助かった。

車で移動だからって、今回のように車の中にいられない時だってある。
季節や天気によっては、防寒着や雨具がないと大変なことになる。
肝に銘じよう。


そんなこんなで、時間はかかったが、
夕方、白馬の宿に到着。




翌日は、さわやかな良い天気♪
さてさて、どこへ行こうかな。

IMG_9558



お盆休み4 へ続く。





お盆休み2 (自転車に乗る)

ドライブから沼津市内の帰省地1に着き、
空を見ると、なんとか雨は降らないんじゃないか?!と判断。

5時を過ぎていたけど、
今日乗らないと、自転車持ってきただけで終わりそうなので、
帰省地1から千本浜まで行って、防波堤の道を走ることにした。

IMG_9546

ほんとなら、富士山が見えるはずなんだが、雲しかない。
海も空もくら〜い色。



IMG_9547

風が強いし、暗い雲が迫ってきて、
雨も降りそうってことで、引き返すことに。


結局走った距離は、約28km
時間は1時間10分ほど



その後、富士山行きも乗鞍行きも流れ、
私の、出先でのサイクリングは、これにて終了したのだった(-_-)

まあ、いいんだけどね。




お盆休み1(自転車を積んで帰省したが)

「お盆休みは、富士山とか、乗鞍とか自転車で上ろうか!」
(もちろんロードバイクで行けるところ)
と、帰省もかねて自転車を車に積んで出かけた。

帰省先1の沼津では、朝から雨、その後やんだが山方面の雲行きは怪しい。

ということで、柿田川へ。

IMG_9527
国道一号線の下の方から、いきなり湧き出ている水の流れが柿田川。

静岡県駿東郡清水町を流れる、全長約1.2kmの日本で最も短い一級河川で、
富士山からの湧水を水源とする日本でも稀有な川なのだ。

しかも、湧き水は1日120万トンというから、とてつもない。

IMG_9530
いろんなところから湧いている水だが、写真↑では、真ん中らへんの白っぽいところから。
(第一展望台)

IMG_9534
昔、紡績工場が井戸として利用していたもの(第二展望台)

IMG_9537
向こう岸では、水浴びしている人たちの歓声も聞こえる。
水がとってもきれいな東南アジアの川みたい。

IMG_9536
木道なども整備されているので、ぐるりと散策できる。

公園内のお店では、豆腐アイスクリームやマーボー豆腐を食べた。

柿田川公園→

柿田川を後にし、せっかくだからと富士山5合目までドライブ。
御殿場から富士山スカイラインへ。
富士山は雲で全く見えず、御殿場口新五合目にたどりつくも、にぎやかさは全くない。
ここから富士山頂までは登りが8時間を越える超ロングルートってことで、登る人が少ないからだろう。
見かけた自転車乗りも2人だったかな。


静岡県出身で、学生時代は山登りをしていたのに、
いまだに富士山に登ったことがない。
一度は登らないとなあ。


ところで、せっかく自転車持ってきたんだから、乗らないとねぇ。

お盆休み2につづく。





雨宿り

久しぶりに晴れたので、自転車で出かけた。

山方面は、雨が降ってきそうなので、三春へ。

IMG_9482


三春駅について、休憩し、出ようとしたら雨が。
あっちは青空なのになあ。

IMG_9483


でも、10分くらいでやんだので、出発。
自宅近くで、また雨が降ってきたけど、それほど濡れず帰宅できた。

往復約45km
2時間ちょいかかったかな。





ところで、先日、
自転車で山方面に行ったときも雨が降ってきた。
道端の軒先で雨宿りをしていたら、
そこのおうちの人が出てきて、

道端では、車の水はねで濡れるから。と、
別の場所に椅子まで用意してくれ、
やむまで休んで。気を遣うことない。とおっしゃる。
野菜ジュースと缶コーヒーまでごちそうになり、
雑談して、
また、寄って。って言ってもらえたり。

なんだか、すいませんー。と、
恐縮してしまったのだけど、
いやいや、
こういうときは、素直に感謝して、
私も、何かのときにだれかにしてあげたらいいかな。

って、思いなおした。

若い頃からずっと、人に何かをしてもらうことに申し訳ない気持ちが強くて、
できるだけ自分でやろう!
なんかしてもらったら、お返ししなくちゃ!
って感じだったけど、

人様のご厚意を素直に受け取ることが、
前よりできるようになったかも。
って、思った出来事だった。


竹原ピストル&aveライブ しびれました!

夕べは、二本松市の霞ケ城駐車場で行われた、
『竹原ピストル&ave』のライブを聴きに行ってきた。

戊辰150年事業 「二本松少年隊の灯 きらめく霞ヶ城」の一環で、
入場無料の屋外でのライブだ。

予報通りの雨となったが、みんなびしょぬれになりながらも、
2時間くらいのライブを楽しんだ。

IMG_9421
初めは、ave 。

そのあと、竹原ピストル。
パワフルかつ、繊細さもそなえていて、しびれた。

自分の曲以外に、みゆきさんのファイトと、拓郎の落陽も歌った。
両方とも、好きな曲だ。

ピストルさんの曲は、初めて聴く曲の方がおおかったけれど、
聴き入ってしまったよ。歌詞もぐっとくる。



台風が来ていて、どうなるかと思ったが、無事開催できてなにより。

行こうか、どうしようかと迷ったけれど、
行ってよかったなあ。

IMG_9424


IMG_9425



最後は、ふたりで2曲。

「そんなに仲良くない」とピストルが言ってたけど、
ラジオ福島で一緒に番組をやっているんだと(^^♪

終了間際にaveがひいていたギターの弦が2本切れるというハプニングで、
ピストルさん、踊ってたな(^.^)
なんかいいね。




ところで、

前日、自転車乗りついでに会場に行ってみたら、
準備ができていて、私が書いたタイトル文字が幟になっていて、びっくり!
初のぼり)^o^(
わぁ〜い。って感じ。

IMG_9410
IMG_9409


戊辰150年事業ポスタータイトル書きました

お知らせです。

今週の土曜日7/28に、二本松市の霞が城箕輪門前で、

戊辰150年事業
『二本松少年隊の灯 きらめく霞が城』

と題したイベントが開かれます。

そのポスターのタイトル文字 を書かせていただきました。

IMG_0001
「二本松少年隊の灯 きらめく霞が城」

当日は、
竹原ピストル&ave (17:30〜)のライブをはじめ、
さまざまな催し、
30店舗の東北、新潟のおいしいもの屋台が終結するなど、
盛りだくさんの内容となっています。

台風が接近していて、天候も心配ではありますが、


暑さを吹き飛ばして、賑やかにみんなで楽しめたらいいな。
と思います。

「出会いのコンサート2018」でした。

先日の日曜日は、「出会いのコンサート2018」。
二本松市コンサートホールで 女声コーラス コール風音(かぜのね)のみんなと、
歌ってきました。

この猛暑で、涼みに来た人もいたのかどうなのか(^^)、
去年より、人が入っていたような。
きいてくれる人が多いのは、嬉しい。

お客様の声の中には、

さまざまなジャンルの音楽を楽しめて、面白かった。
(洋楽クラシックだけでなく、ポップスも三味線もオカリナもリコーダーも。。。)
これほどの内容のものを無料できけるなんて〜。とか、
もっと宣伝したほうがいい。とかありました。

というわけで、コール風音のステージだけですが、
動画を貼りつけとくので、よかったら、聞いてくださいね♪


1.「さびしいカシの木」 作詞はやなせたかしさんです!

2.「落葉松」 大曲(たいきょく)!!

3.「You Raise Me Up」英語です〜。



自転車でパン屋、女沼、土湯温泉足湯

最近、朝早く目が覚めるので、
福島の『さくらパン』で、朝ごはんを食べよう!と、
自転車で出かけた。

今日は吾妻小富士もよく見える。
IMG_9366



1時間10分くらいで『さくらパン』に到着。
IMG_9367

食べようと思っていた、カツサンドがなかったので、
パニーニとクリームパンにした。

パニーニは、焼いてくれてホカホカ。
クリームパンのカスタードも私好みだった。


吾妻運動公園の周りの道を通り、土湯温泉へ。IMG_9373
土湯温泉街。



せっかくなので、もう少し上った先にある女沼へ向かう。

周辺に男沼、仁田沼もあるが、未舗装道路を通らなければ行けないので、
女沼のみ。

道は細いし、「熊が出ています」という看板もあったりして、
ちょっとびびる。

IMG_9380
女沼


道中車は3台しか見かけなかったし、自転車はゼロ。
女沼周辺も暗〜い感じ。
写真だけ撮って、早々に土湯温泉方面へ戻る。

IMG_9385
水場で小休止。
水が程よい冷たさで美味しくて生き返る。

土湯温泉に戻り、足湯につかる。
IMG_9390


その後は、いつもの睡蓮の照南湖、びっき沼、道の駅つちゆを経由して帰宅。

IMG_9393
睡蓮の照南湖。

午前中だったこと、山道だったことで、涼しくそこそこ快適。
でも、上り坂は、汗だくで疲れた。

とんぼがいっぱい飛んでいたし、路面にも張り付いていた。


今日は、いろんな生き物が交通事故にあっていたなあ。。。ナムナム。


走行距離 63km
走行時間 3時間50分

今度の日曜は『出会いのコンサート2018』

7/22日曜日は、『出会いのコンサート』。

私、『コール風音(かぜのね)』で歌います。

外は暑いですけど、快適なコンサートホールで、
音楽と出会いませんか?

--------------------------------------------------------

2018年 7月22日

開場 13:30 開演 14:00

ところ:二本松市コンサートホール

入場無料♪

IMG_0001

じゅんさい摘み体験したよ

連休最終日、裏磐梯で「じゅんさい摘み」をしてきた。

IMG_9327

10時頃から12時までの約2時間、黙々とじゅんさいを摘む。
ヌメヌメ感がたまらないわ♪

定員8人みんなしゃべらないので、
鳥の鳴き声など、自然の音と水をかく音くらいしか聞こえない。

IMG_9329


前かがみで、足の置き場に迷い、楽な体勢とはいえないけれど、
結局、だれも休憩せず、時間一杯摘んだ。

FullSizeRender
1号と私の成果。
他の人はもっと多かった。

今年2度目の人もいた。
葉っぱだけでなく、赤いつぼみも食べられるとのことで、
それも含めて取ったら、もっと速く摘むことができたかな。

帰宅後、教わった通りに、色が、より緑になるくらいにさっと湯がき、
FullSizeRender


水にとってから、ペットボトルへ入れた。
1Lのペットボトルと、小瓶に収まった。
小瓶に入れると、売り物みたい♪

IMG_9337


湯がけば、1年くらいはもつって聞いて、
びっくり!

この場所は、いつも行く「MOTOコーヒー」のすぐ近く。

また行ってみたいと思うくらい、ちょっとくせになる。
今度はもっとたくさん摘むぞ!

じゅんさい摘み体験→



今年2度目の、自転車で浄土平

最高気温37度予報(7/15)。

暑いときは、やっぱり山!
ってことで、朝6時半出発で、土湯側から浄土平へ。
すれ違った自転車乗りは、3台。

10時前に到着すると、駐車場は車でいっぱい。バイクもいっぱい。
自転車乗りは、ゼロ。
IMG_9319


桃みつがけソフトクリームを食べる。
下ろうとすると、自転車乗り団体さんが到着。

土湯側を降りる。
IMG_9325

土湯峠。
行きは雲がかかっていた磐梯山も帰りは見えた。

いつものコースだと、往復80kmくらいだけど、
できれば、100kmくらい走りたいなと、大回り。


照南湖ビオパークへ寄る。
睡蓮は、まだ咲いていた。
IMG_9326


水原へ下り、そのまま4号線バイパスまで行き帰宅。

途中でサイコンの電池が切れたが、だいたい95kmくらいかなぁ。

帰宅後、昼寝。
エアコンなしだと、家の中でも34.4度。うへ。








斑尾高原などなど

連休ということで、長野の斑尾高原へ。
今回は、自転車は持って行かず、ドライブ&徒歩で散策。

途中、十日町のカフェで昼食。

IMG_9272
IMG_9273
IMG_9274
建物が変わっている。
いこて→

十日町では、2000年から、3年ごとに「越後妻有 大地の芸術祭」が開かれていて、
2012年、私も巡った。越後妻有トリエンナーレ報告1(6まである)→

広範囲に作品が点在するので、とても疲れたが、とてもよかった。
今年も開催年で、7/29~9/17に開かれる。
また、行ってみたくなった・・・けど。。。

さて、斑尾高原。
宿泊は、「斑尾タングラム

IMG_9275
窓からは、ゴルフ場が見え、とてもきれい。

IMG_9276



IMG_9279


リゾート施設内を散歩。ラベンダー畑。

その後、プールで1時間ほど泳ぐ。
やっと、ビート板でバタ足が少し進むようになった(^^♪




翌朝6時前に起き、歩いて、野尻湖展望台へ。なかなかの勾配。
(リフト代1200円をケチる)
25分で到着。汗だく。

IMG_9285

見晴らしよし。
右手に妙高山、左手に黒姫山。

IMG_9284


眼下に野尻湖。
鐘は、2回ならすべし。

下りは、膝にくる。

東和ロードレースを見て、次回は走ろうか!と思ったが、
膝がときどきピキピキいたいので、走るのはあきらめ、今後も自転車とウォーキングでいこうと、決めた。
無理は禁物だ。

IMG_9298
下り、ホテル側の景色。

下山後、目いっぱいくつろいで、帰路につく。



帰り道、志賀高原をドライブ。

IMG_9303

2度目の志賀高原だが、逆コース。
自転車乗りも何人か見た。さすがに皆さん、ペースは遅め。

IMG_9308
ここでパンを買う。

草津白根山活動の影響により、草津方面に降りられず、かなり大回りとなる。


IMG_9314


菅平を通り、戦場ヶ原にちょっと寄り、その後は高速で。

今回は、コペンちゃんで行った。
夏の日中のオープンカーは、我慢大会みたいなのだけど、
夕刻〜夜は、いい感じなのだ。




第49回東和ロードレース大会、ウォーキングに参加!地獄坂Tシャツもいただきました!

地獄坂がくせになる
第49回東和ロードレース大会」に初参加してきた。
といっても、あじさいウォークの部(5km)(^^)。

2012年から今年で早7年、
参加賞Tシャツのデザインをさせていただいている。


会場に到着し、
早速、参加賞の記念品(ウォーキング部門はタオル)をいただく。
FullSizeRender

今日初めて見た。
トラカラー!インパクトありだ。

そして、8時半にウォーキングスタート。
IMG_9124
歴代Tシャツを着ている人があちこちにいて、嬉しさがこみ上げる♪

IMG_9126
ウォーキングコースは、こんな山道も歩く。

IMG_9127
5kmのコース中に、果物やら飲み物が並ぶエイドステーションが何か所もある♪
スタートして、ほんの数百mの地点にもあったのにはびっくり(⦿_⦿)

メロンもすいかも美味しかった〜。
すいか、私、今年初!


IMG_9128
上り切ったあとには、視界がひらけ、
よい風が吹いてきて、気持ちよい。

IMG_9129

途中和太鼓も。

IMG_9130

1時間5分でゴール!
完歩証をいただいた。


-----------------------


今日は、私の公式サイトを作ってくださった
WEBデザイナーの 小野貴子さん と一緒に歩いた。

フェイスブックやブログで
「一緒に歩きませんか?」という私の誘いに、唯一!乗ってくださったのだ(^^♪

ほぼず〜っと、おしゃべりしながらの5km。

景色を見、小学生の走る姿を見、日にあたり風に吹かれてのおしゃべりは、
心身共に開放的になって、新鮮。
楽しいウォーキングとなった。


前日の開会式、前夜祭も初参加したが、
スタッフ、地域の方々の協力がなければ成り立たない東和ロードレースだと、改めて感じた。

49回を数えるこのレースも、第1回は、個人が開催し、参加者120人。
今年は、3800人。

その一人一人に、自分が書いた「地獄坂」のTシャツorタオルが行きわたるなんて〜って、
ほんと、光栄なことです。




WEBデザイナー 小野貴子さんのサイト→

小野貴子さんが作ってくれた私のサイト→


----------------------------------------

*ウォーキング部門は、10kmコースもある。
5kmともに参加賞は、
オリジナルタオル(大判)と、岳温泉の1回入浴券。
それで、参加料が1,000円!(そんなに安くていいの?!って感じ)


後日、RUN部門の参加賞もいただいた。
蛍光の黄色!

IMG_9139




土湯『照南湖ビオパーク』『安達太良スキー場』へ自転車で

今日は自転車でどこを走ろうかな…。と迷いつつ向かったのは、土湯方面。

睡蓮の花を見に行くことにした。

IMG_9080
『照南湖ビオパーク』

IMG_9078


IMG_9079


IMG_9077

6月中旬〜9月上旬頃まで、500本近くの色とりどりのスイレンが咲き続けるのだそう。
去年は、7/2に行っている。→

照南湖ビオパークを後にし、土湯道の駅へ。

そこから、下って家に帰ろうかと思ったが、なんだかつまらないので、
安達太良スキー場(安達太良奥岳登山口)まで行ってみる。

久しぶりにのぼったけど、しんどかった〜。

IMG_9083

「プリウスセーブフォレスト」というイベントをやっていた。

といっても、プリウスオーナー、その関係者が参加する清掃登山で、人はいなかった(山に入っていて)。
だけど、一画はプリウスがいっぱい。



曇っていて肌寒かったが、
私は、ソフトクリームを食べながら休憩。


IMG_9087


ミルクミルクしてておいしいんだけど、
470円なんだよな。


なんだか疲れちゃったので、寄り道せずに帰宅。

走行距離 62km
時間 3時間40分


そういえば、二本松の霞が城公園の池にも睡蓮咲いていた。
ほぼ一面、睡蓮の葉っぱで驚いた。3/15撮影

IMG_8989








うぐいすが鳴いているのです

裏の竹やぶから、うぐいすの鳴き声が聞こえる。

毎年春になると、聞こえていたのに、
そういえば、
ここ数年聞えなくなっていた。


じょうずに鳴いているので、録音してみた。
(約30秒 大音量にしないと聞こえない(^^♪)





自転車で山に行くと、いろんな鳴き声が聞こえてくる。

うぐいすの鳴き声だけは、わかる。

土星の輪っかも見えたよ★浄土平天文台

IMG_8972


晴れたら行ってみよう。

と決めていた、浄土平天文台での「天体観望会」。

ツイッターで開催することを確認し、出かけた。
(今の時期は、水曜と土曜開催するが、天候がわるければ、中止となる)

土湯旧道から、雲の中で、これでやるのか?!
と何度もツイッターを確認しつつ、おばけが出そうな暗闇の中、
コペンちゃんをオープンにして走る。
すれ違った車は、1台。


IMG_8971


無事到着。
超寒い(>_<)たぶん、6度くらい。
ダウンを着てこればよかった…と後悔した。

最初は雲で見えない方向もあったが、そのうち、雲もなくなった。
スタッフの方の説明を聞きながら、

口径40センチの望遠鏡(26年前の)を覗く。
今日は人数が少なかったので、覗く所にスマホをあてて撮影もさせてもらえた。

一番明るいのは、木星。
IMG_8979


他のは、衛星。かろうじて4つ写ってるけど、わかるかな?!
木星のすぐ脇に一個ある。


そして、土星。
IMG_8980


スマホの写真では、ただぼ〜っと楕円だが、
実際に望遠鏡を覗くと、イラストを貼りつけたみたいな土星が。
輪っかもちゃんと見えた。


他には球状星団 うしかい座の一等星アルクトゥルス(恒星)も観た。

恒星(自らのエネルギーで輝く 太陽もそのひとつ)は、「点」でしか見えない。
高性能な望遠鏡ほど、そうなのだそう。
恒星の楽しみ方は、色。青白いのとか、赤いのとかね。

一通り見終わったあと、宮城から来たという方2組が来館。


そんなこんなで、1時間くらい、楽しんだ後、
超寒いので、車に乗りぬくぬくモードで帰宅。


浄土平天文台での「天体観望会」は、水曜日と土曜日。無料。
夜間開館しているかどうかは、電話かツイッターでチェックするべし。

今日の来館者は、10人足らずだったが、
来訪者は、多い時には300人くらいで、行列になるそうだ。
夏の土曜日などは、かなりにぎわいそう。

下界とは10度位気温が低いので、防寒対策を忘れずに。


★福島市浄土平天文台 →
開館しているかどうかは、「夜間開館のおしらせ」の所を見てね。




雨になる前に

ほんの少し、霧雨を感じる中、クロスバイクでチラリとお出かけ。

IMG_8964

智恵子の森公園への坂の脇に、ホタルブクロを見つけた。

IMG_8965
白いのもあったの。

我が家にもピンクのがあったのだけど、
間違ってむしっちゃったみたいで、ここ数年見ていない。

IMG_8966
視線をちょっとあげると、紫陽花も咲き始めていた。

そろそろ、福島も梅雨入りかな。








わたすげを見に『浄土平』へ自転車で

浄土平で『わたすげ』が咲いているとニュースで聞いたので、
実物を見てみたくなった。

まだ、福島は梅雨入りしていないので、
せっかくだから、自転車で。

IMG_8947
(看板が新しくなっていた。)

無事、浄土平につき、
わたすげを見るために、レストハウスから湿原へ向かうが、全然ない・・・。

スカイラインの道路方面の木道を行くと、やっと発見。
IMG_8954
白い点々がわたすげ。

IMG_8953


もっと広範囲にわたすげを見られると思っていたので、
ちょっとがっかりしたが、実は道路近くには、わたすげがたくさんあったのだった。
帰り道、ちらりと見えた。
だれかに聞けばよかったなぁ。まあ、見られたからよいけど。

FullSizeRender

ところどころにイワカガミも咲いていた。



ここ数年、毎年夏に一回、浄土平に自転車で行っているが、
今年は、6月。夏にまた行けるかな?!




自転車でスカイバレーと桧原湖一周

よい天気だった昨日。
裏磐梯へ行った。

1号ときよしくんは、家から自転車でMOTOコーヒーめざして行き、
私は、一足先に車に自転車を積んで裏磐梯まで。

IMG_8920


国民休暇村近くに車を停め、スカイバレーへ。

スカイバレーまでの道が長いのよね。
横をぬいていくバイクの迫力に圧倒されつつ上る。

ヘロヘロになっていると、
序盤で私をスイスイ追い越していった自転車のりのお兄さんに
「がんばれ〜!」と声をかけられ、がんばる。

もうすぐ終点(ヒルクライムコースの)か?おもわせる景色にも
ごまかされないぞ。

IMG_8923

というわけで、到着。
気温が高いだけに、虫が多いし、たんぽぽの綿毛もいっぱい飛んでた。

下りは、景色を楽しみつつ。
IMG_8927


IMG_8929
これは、曽原湖。


さて、楽しみにしていたMOTOコーヒーは、なんと臨時休業でがっかり。

合流した1号ときよしくんとしばし休息。
MOTOコーヒーには、自転車ラックがある。

IMG_8931
IMG_8932
MOTOコーヒーからの磐梯山。
手前の池(沼?)には、たしか じゅんさいもとれるとか。。。

さて、檜原湖反対側の山塩ラーメンを食べに行こう。と行くが、こちらも
「もう、なくなっちゃった。」ってことで食べられず、これまたがっかり。
午後1時前だったのに。

それじゃ、道の駅だ。ってことで向かう。

先に到着の二人。
きよしくんは山塩ラーメン、1号は、カレー色した味噌ラーメンを食べていた。
私は、あれこれ迷っているうちに、トンカツ系、カレー系は売り切れとなり、
結局、きのこそば。。。う〜ん、運動したときは、そばは合わないな。


自転車で裏磐梯レークラインを通って帰る二人を見送り、私は、桧原湖周囲をゆっくりと行く。
新しいトンネル2つは、自転車は脇の旧道を走る。

無事、休暇村へ戻り本日の自転車乗りは、おしまい。

磐梯山も檜原湖も綺麗だった。
裏磐梯は、やっぱり好きだ。

IMG_8933


自転車走行距離 65.5Km
     時間 3時間30分










第15回時空の路ヒルクライムin会津 

IMG_8813

今日は、『第15回時空の路ヒルクライムin会津』に参戦してきた。

チーム『ヤマダフィルター』からは、
1号、きよしくん、そして5年ぶりに2号と私の4人。


私は、今回3度目。
昨年は、とっても頑張ったのに1度目より3分半も遅くがっかりだったので、
(練習不足&前夜スタレビコンサート)
今回は、せめて1度目よりも速く走りたいと思っていた。

朝、道中雨も降ってきて寒く、どうなることか?!と思ったが、
その後天気もよくなり、助かった。

結果、50分32秒で、40歳以上女子の部、7位/22人。
上々出来であった。

第13回 52分58秒  11位/25人 
第14回 56分29秒  14位/22人 


そして、男性陣。

参加チームが少ないと思われるチーム戦で、あわよくば上位を!
と、2号(第10回15~20歳の部1位)を誘ったヤマダフィルターだったが、
1号、きよしくんの善戦及ばず、チーム戦4位と表彰をのがした。

IMG_8844


久々出場の2号は、チャンピオンの部で2位。
前回より若干タイムがよかったようでなにより。

今年は、2号の奥さん、息子、義母さんも来てくれた♪
5年前は学生で、自転車レースに出始めたころだったような。
それが今や父親だもの、時のたつのは早い。


IMG_8832

ゴールの後のだんごとじゅうねんアイス



さて、
ヒルクライムレースも終わったし、
今シーズンは、これからどこを走ろうか?!

【 追 記 】

レース翌日、5/21の福島民友新聞に 2号が写真付きで載っていた。2位なんだけど。 今回、クラブチームではなく、『ヤマダフィルター』で出たのに、 前開けていて、ジャージの『山田』の文字が見えない・・・・(-_-)
IMG_8857

個人戦成績(PDF)→

温度設定ができるケトルをもらった♪

社会人になった末っ子の3号が、
4月、初月給をもらった。

私らに何かプレゼントをと、
「温度設定ができるケトル」を買ってくれた。

今朝、そのケトルでコーヒーを入れてみた。

MOTOコーヒーの豆で、
MOTOコーヒーで教わった通りに。

お店で飲んだ時と全く同じではないけれど、
美味しいコーヒーが出来上がった^^。

ケトル


初月給で、なんかくれたのは、子供3人いて、
3号が初めてだ。


お宮参りで、3号だけご祈祷してもらったからかなぁ(^.^)
livedoor プロフィール

筆文字承ります。個人レッスンも&#8252;
お気軽にメールでお問い合わせください。

Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ