ネット上で、おしゃれな刺し子のふきんやバックを見たら、
やってみたくなった。

初めてなんで、縫う所が点々と印刷されている生地(さらし)を買ってきた。
その通りに縫えばよいのだ。

本やネットで刺し子について調べてみると、
単なる並み縫いだと思っていたが、表側を長く出し、裏は短くが基本のようだ。
プリントされているにもかかわらず、長さがまちまちになってしまう。

それに、【指ぬき】【運針】というのがでてくる。

指ぬきは、昔から使いこなせず、
よって、運針の技術は全くなし。

「並み縫いでしょ?!これならできるだろ!」ってかる〜く見ていたが、
されど並み縫いと思い知った。
youtubeを見て、この際、運針技術を身につけようか!と、
チャレンジをしてみたが、あえなく断念。

我流でなんとか縫い終え、
プリントされた線を消すために、洗って干した。(水で消える)

IMG_1346



どういう順番に縫ったらいいか。
裏側に玉止めを作らない。とか、糸の始末もどうしてよいのか迷ったが、
なんとか完成。


さて、
出来上がったものの、どう使おうか・・・。
まっとうに、ふきんとして使うと、
すぐに黄ばみ、黒ずみで汚くなるだろうし、漂白したら赤い糸も漂白されちゃう。

やっぱ、目隠しか?!

と思ったが、物を隠してしまうと、その物の存在も忘れてしまう。。。

ということで、思い直してふきんとして使うことにする。
こまめに洗うことにしよう。