札幌、小樽の旅の2日目。
ホーストレッキングの後は、遅い昼食。

来るときに見つけた、薬膳スープカレーのお店へ。

春奈ホースランチの方に聞いたら、
「めちゃくちゃおいしい!」と。
店主はバングラデッシュの方。

IMG_2542
『かりーごや』

薬膳カリーを注文。

IMG_2540
具がたっぷり。

IMG_2541
私は、チキンカリーのしめじとピーマン。ゆで卵も一個入り。
かなりのボリューム。

ご飯少なめでお願いしたが、お腹パンパン。
野菜の味もスープにでていて、さらっと美味しかった。
札幌のスープカレーは、また違うらしいけど、
スープカレーを食べられてよかった。私、お初。

ちょっと疲れたので、先に朝里温泉の今日の宿にチェックイン。
このまま、宿でダラダラするのもいいかと思ったが、
せっかくなので小休止して、小樽の観光に出かけた。

IMG_2545

IMG_2548

IMG_2549

運河近くや、観光のメイン道路を歩く。

ルタオのソフトクリームを食べる。
FullSizeRender
チーズ味とバニラのミックス。お腹パンパンでもおいしい。
コーンが、軽くて食感がよい。このコーンは初めてだな。

小樽の街並みは、趣きがあるが、ガラスのお店等に並ぶ品は、
他の土地でもよく見るもので、
特別惹かれなかった。
観光客は、中国か台湾、韓国の人が多かったかな。

陽が落ちて、食事時ではあるけど、まだお腹は空かない。。。

けれど、札幌すすきの のシメパフェのカフェで、
あろうことか、私らに話しかけてきたおにいさん(よっぱらい)が、
小樽に行くと必ず行くという、鶏の半身揚げの『なると』が気になる。
なにやら、お寿司もあるという。今回、お寿司食べてないし。

でもやっぱり、まだお腹は空いていない。小樽のお店は距離があるのでやめて、
宿近くの『なると屋』についてから決めることに。

IMG_2558
『なると屋 朝里店』

結局、入った(*´▽`*)

お寿司はなかった。。。まあ、食べられないけど。

半身揚げ!
IMG_2561

鶏肉の各部位が味わえる。

皮がパリッとして、たしかにおいしい。
やっぱ、モモがおいしいな。
持ち帰りのお客さんも何人か来ていた。
ごはん、味噌汁付きの定食もあるけど、さすがに食べられないから、これと枝豆と飲み物。

よく調べてみると、『なると屋』は『なると』からのれん分けしたお店。
さっきまた調べてみたら、この『なると屋朝里店』は現在閉店しているみたいな。。。アレ?


そんなわけで、お腹も始終パンパンな2日目の〆は、北海道ならではのコンビニ、
セイコーマート。
IMG_2562


これで、思い残すことはない。

3日目は、午前中の飛行機なので、ホテルで朝食バイキングを控えめに頂き、一路空港へ。

時間はたっぷりあるので、おみやげ物屋を回る。
どこもそんなに変わらない。

で、最後の最後は、空港内のお店のジェラート。
FullSizeRender

IMG_2570


また、飛行機はふたりバラバラの真ん中の席。
IMG_2571
緑が綺麗♪

IMG_2572
新千歳空港が見える!


札幌、小樽は、とにかく、食べる楽しみに不自由しない土地だった。
だけど、そんなに食べられないよ。

「よく、そんなに食べられるよなあ。。。」
と、朝食バイキングで周囲を見て思うこと。
山盛り持ってくるもんね。うらやましい。

今回も、一日2万歩以上歩いているのに、それだけではお腹はなかなか減らない。

そうなると、やっぱ、自転車よ〜。
土地の空気を長距離、直に感じられるし、お腹も空くからごはんがおいしい。

旅に出ると、あれもこれもと欲張りになる。
その土地ならではのモノを食べたいし、体験したい。

けれど、日本中、人が作ったものは、それほど変わりはない。
量販店はどこでもあるしね。



急に決めた、正味2日間の札幌、小樽の旅。
下調べもほぼなしで、天気を気にしつつだったが、まずまず面白い旅となった。
ただ、飛行機の移動ってのは、
どうしても、落っこちるんじゃないか?!という不安が付きまとう。。。(小心者)。

そして、旅は体力勝負。

体力を維持しつつ、
日常と非日常をほどよく織り交ぜなら、面白おかしく過ごしていきたいものだ。

FullSizeRender
セイコーマートで買ったもの。
メロンかりんとうが、意外に(失礼)おいしかった。

≪参考≫
往復航空券+宿泊代 格安ツアー 34,200円/1人

2泊3日 仙台⇔新千歳空港
  すすきの ホテル 食事なし ダブル2名1室
  小樽朝里温泉 朝食付き ツイン