江國香織さんの『旅ドロップ』というエッセイ集を読んだ。


『コーヒータイム』という一篇に
インドネシアのCoffee Joyというお菓子が出てくる。

コーヒーによく合い、
江國さんは、それが好きと言う。

パッケージには、ベネチアのゴンドラの絵が載っているらしい。
インドネシア産なんですけどね。

私は、珈琲好きだし、イタリアベネチア好きだし、
俄然、このCoffee Joyを見たい!食べたい!となったのである。


そして、
駅ビルの中のジュピターでめでたく購入。

IMG_4632


期待と、「美味しくなかったらどうしよう・・・((+_+))」という
意味不明な不安を抱えつつ、封を開ける。

予想以上に、驚くほど薄いお菓子(厚みがないってことね)。

もう、それだけでなぜか満足してしまった。

味?

ココナツサブレっぽいかな。

江國さんは、数箱ストックしているらしいが、私は。。。。


けれどこれから、
ベネチアを思い出すたび、このCoffee Joyを思い出すことは、
間違いない。