アンのひとり言「人生楽しく暇つぶし♪」

今日もあしたも筆びより。筆文字作家アンの日常。 「やることがある。」「行くところがある。」っていうのは幸せなことかもしれないと思うこの頃。 福島県二本松市在住。

動物

うちのコザクラインコ

我が家には、コザクラインコが2羽いる。

1羽は、5,6年ほど前、私が欲しくて買った、黄色のぴよよ。
もう一羽は、知人から譲り受けた、緑のぴーちゃん。

コザクラインコは、ラブバードとも言われるくらい、
とても、懐いて、べたべた寄ってくる。

IMG_4952


しかしながら、この2羽、性格が全く違い、
べたべた寄ってくるのは、緑色のぴーちゃんだ。

黄色のぴよよは、警戒心が強くて、
指を近づけると、かみつきに来る。
噛まれて血が出がでたことも((+_+))。

ほんと、やめて欲しい。

でも、かごから出せば頭に乗るし、肩に乗る。

前は、ただただ気性が荒いんだろう!
と思っていたけど、
本当は、こわがり、臆病者なんだ。
とわかってきた。

噛まれるだろうと、私も警戒するから、お互い、歩み寄れないのかも〜(:_;)

ぴーちゃんは、対して、ラブラブだ。
こんな感じで。

IMG_5787

こんな2羽だが、
わたしとしては、
どちらも、好きな時もあれば、勘弁してと思うこともあり、
どっちが好きかと聞かれても、
どっちも好き。
ってことで、順番は、つけられない。



そう考えると、鳥なんだけど、
「我が子とおんなじだなあ。」と思うのである。


ま、ペットはそういうもんか。

自転車に乗った!馬にも乗った!(札幌、小樽の旅4)

札幌、小樽の旅、2日目。
レンタカーを借りて移動。

娘の希望で札幌市の端にある、モエレ沼公園へ。
基本設計は世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけたという。

私は、名前は聞いたことがあるかなぁ。。。という感じ。

広そうなので、レンタサイクルを借りて回る。
森の中に立体物(遊具)が現れる。

IMG_2462

久々に滑り台やシーソーで遊んだ。

こんなのも。
IMG_2631


レンタサイクル係のおじさんが、10時半から噴水が出るのでぜひ見て行ってください。というので、行ってみる。
IMG_2482

タイムスケジュールが壁に。この時間帯は、15分のショートプログラム

ビッグワン。
IMG_2480


フォッグ。
IMG_2483


アーチ噴射。
IMG_2486


ダイナミック!

濡れるのを承知で、風下を自転車で走ってみたり(^.^)


こういうお山もある。

IMG_2477

階段でてっぺんまで行けるので、こりゃ、上らない手はない。

FullSizeRender

上り切ると、公園内を一望できて、気分よし。

曇っているのが残念だけど、
土地を贅沢に使った公園は、さすが北海道という感じ。

IMG_2499
IMG_2498
IMG_2497
IMG_2501

グランドやテニスコート、野球場もあるのね。
この日は、駅伝大会が開かれていて、人も結構いてにぎやかだった。

久々のママチャリは、安定感抜群(^^)。
無意識に、足を振り上げて乗ってしまっていることに、気づく(^^)ゞ。

写真を載せたけど、公式サイトには、きれいな写真もいっぱい。
モエレ沼公園サイト→




さて、お次は、馬に乗るため、小樽方面へ。
ホーストレッキングだ。

私が乗ったのは、「アパッチ」くん。
この名前にちょっと不安を覚える。
やんちゃなの?!

近くで見るとおっきい〜。ちょっと怖いけど、なでたりしてみた。

IMG_2503


乗ってから、ちょっとした練習などするのかと思いきや、
早速トレッキングコースへ。
と、いきなり、アパッチ、草を食べだす(+o+)

手綱をぐいぐい引き、列に戻す。
最初が肝心らしい。厳しく!だ。
子育てと一緒?!(苦手だ)

こんな感じで行く。
山を上っていったり、
IMG_2512


小川を渡ったり。
IMG_2527


海の見えるところまで登った。馬がね。

IMG_2518


小休止。
IMG_2632


今回は、90分コース。

こちらが油断していると、馬はすぐに草を食べだすし、
ウンチしたり、おしっこしたり、
時々止まりつつ進んだ。

人も十人十色、馬も一緒ね。
馬たちも、ゴールが近くなると嬉しいのか、足早になってきて、笑えた。

落っこちたらどうしよう〜。と不安もあったが、落っことされずにゴール。
私は、尾てい骨のとこがすれて皮がむけ、内またも痛い。


なかなか思うようにいかないので、
乗るんだったら、やっぱり、自分で操作できる自転車だな!と思ったのだった。

心配された天気も晴れて暑いくらいになり、
乗っているだけとはいえ、なかなか疲れた。
けれど、長い時間乗れて十分満足した。

春香ホースランチ
IMG_2538


逆光だわ(^^)。
IMG_2588








うぐいすが鳴いているのです

裏の竹やぶから、うぐいすの鳴き声が聞こえる。

毎年春になると、聞こえていたのに、
そういえば、
ここ数年聞えなくなっていた。


じょうずに鳴いているので、録音してみた。
(約30秒 大音量にしないと聞こえない(^^♪)





自転車で山に行くと、いろんな鳴き声が聞こえてくる。

うぐいすの鳴き声だけは、わかる。

花海棠(はなかいどう)が咲き始めた+鳥

FullSizeRender



このまま、暖かすぎる日が続くかと思われたが、
このところ、寒い。

そんな中、「花海棠 (はなかいどう)」が咲き始めた。

毎年、気がついた時には、満開を過ぎていることが多い、うちの花海棠 。
今年は、つぼみが膨らんだ頃から見ている。


寒いのは、いただけないが、
こうして、ゆっくり満開に近づいていくのを見るのもなかなかよいものだ。
今年の桜は、バッと咲いてバッと散った感じだものね。

そして、今朝は、鳥さんのおまけ付き♪
サッシ+網戸越しのため、不鮮明で失礼。








秘かな楽しみ

我が家にも、作品展のお便りが複数届いている。
芸術の秋だ。
全部行けるといいな。


image


ところで、今日、お昼ご飯を作ろうと台所に立ったら、
全長7センチくらいの大きいなめくじがいた。


この なめくじ、お会いするのは3回目。(同じ なめくじ だと確信している。)

いずれも台所に出没。

1度目は、素手でつまんで、掃き出し窓からポイ。

2度目は、ティッシュにくるんで、掃き出し窓のすぐ横の外壁にペタリとくっつけた。
ティッシュにくるんだのは、前回素手で触ったら、ヌメヌメが強力で、なかなか取れなかったからだ。

そして今回。
「おおっ、おぬし、また来たか!」

3度目ともなると、愛着も湧いてくる。
しばらく、このままにしておこうかと思ったが、
なめくじを見ながら、ごはんつくるのもねぇ・・・。

ということで、ティッシュにくるんで、外壁にペタリと貼りつけた。

また来るかな?!また来てね♪
と、おもいつつ。


4度目の来訪はあるのか?!
今日のような、しっとりとした雨の日だろうか・・・。

ちょっと楽しみにしていたりする。


うちの鳥たち

うちには、鳥が3羽いる。

コザクラインコのぴよよ(黄色い奴)
同じくコザクラインコピーちゃん(緑の(お預かり中))
十姉妹のぴよこ。

image


そのうち、一羽の籠がこんなになってしまった↓。

籠には、フン切り網というのがついているのだけど、取ってみたのだ。
そこにフンがくっついて、汚らしいのと、掃除が面倒なので。
そしたら、この有様。
これはこれで、汚らしいじゃあないか(*_*)

image

誰の仕業か?!

って、
黄色いぴよよの仕業。
紙をカジカジかじって、細長くして、尾っぽの近くに刺すのだ。

image


紙をみつけると、それはそれは狂ったように、かじりだす。
コザクラインコによくあることのようだが、
ぴよよったら、その調子で、人の指もかみつくので、油断ならないの。

その点、ピーちゃんは、人へは甘噛みしかしない。

人もいろいろ、鳥もいろいろね。




さて、全然関係ないけど、久々にホームページをリニューアルしたので、
よろしければ、ご覧くださいね→




ナオさんの個展 風花画廊

image

昨日は、アクティブな1日だった。

縁遊会、露伴亭に行ったあと、
斎藤ナオさんの個展を観に風花画廊へ。

素敵な絵にもナオさんにもお会いできてよかった。
先日行った、気仙沼のこともおしゃべりしたりして♪
酸味が効いた春らしいコーヒー豆を買った。

個展は4/24まで。
ナオさん、土日は在廊されるそうだ。



先週は、何かといろいろあったが、無事終了。
そうだ!

小桜インコの「ぴよ」がなんと!卵を産んだ(土曜日)。
メスだったんだ!
ぴよ一羽飼いなので、もちろん無精卵。
ぴよはついこの間1歳になったばかり。

そして、今日また一個産んでいた。

体力消耗しちゃう・・・。
暗くした方がいいみたいなので、
かごを覆ってみた。

さて、この先どうなるのか。

だれの仕業?

カレンダーの端っこがボロボロになってしまった。
IMG_2825


だれの仕業?


ぴよ


ブログに初登場の「ぴよ」。
もうすぐ1歳。

紙だけでなく、人の指も噛む。
ほんとやめてほしい。
腕には乗るが、手に乗らない。
手に乗ってほしい。

思い通りにはいかないものだ。

BlogPaint

噛み切ったブツは、背中に仕込む癖がある。
写真の矢印のところに新聞の切れ端が。

昨日は、あんだけあったかかったのに、
曇りでイマイチ。
今日は、雪っぽい雨降り。

花粉はいやだけど、
明るい春の日が待ち遠しい。

卵はあれど

BlogPaint

うちの十姉妹が雄一羽になってしまい、かわいそうなので、
いつだったか、仲間をいれてあげた。

新入り十姉妹は、
当初、雌雄どちらかわからなかったが、雌で、
先月1個、今月1個、卵を産んだ。
いつ孵るかと、わくわくしていたのだけど、
どちらも無精卵で、結局孵らぬまま。

ああ、はげチョロピーのちっこい「ひな」を見たいものだよ。

*本日のお掃除&おかたづけ処・・・本日は、年賀状書きに専念のため、お休み。
                       うっ、お休み続きだ(^_^;)
                 

見えませんが、矢印の先に「雉」です。

1か月くらい前だったか、「智恵子の森公園」あたりで、
「ケ〜ン」という雉の鳴き声をきいた。

ちょっと前、自転車でその近くを通ったら、
道端に雉発見!

そして、ついこのあいだは、水のはられていない田んぼに
いるではないか、雉が。
しかも、別の日にも同じ田んぼに雉が。

同じ雉か?!

買い物袋の「いっち番下」に入っていたiphoneをがんばってとりだして、
撮ったのに、この写り・・・ムムム。

なんか黒っぽいもやっとした物体にしか見えないので、
「雉」の文字を「雉色」に染めてみた。

BlogPaint















よかったら、↓クリックしてね♪
にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
にほんブログ村

筆文字・アート書道 ブログランキングへ

くらげ水族館

image
先日、
山形県鶴岡市立加茂水族館に行った。
愛称が「クラゲドリーム館」というだけあって、
くらげがた〜くさん。(写真をクリックすると大きくなるよ)



いろんな色を発光しているくらげ、
青いくらげ、
ちっこいくらげなどは、虫眼鏡でみたりなんかして、
なかなか楽しい。

くらげばかりじゃなく、
庄内地方に住む魚もいる。

強風の中、アシカショーも楽しんだ。

そういえば、私の好きなアマゾンの魚はいなかったけど、
ぜんぜん思い出さなかったな。


くらげになりたい





















よかったら↓クリックしてね♪

筆文字・アート書道 ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ
にほんブログ村

屋根の上にサギ

imageサギを見ると、なぜか、ゾクッとするんだな。

卵は卵のままで

image
十姉妹の卵を見つけたのが、8月1日
母親が亡くなり、卵に無関心と思われた、じいじとパパだったが、
その後、律儀に交代で卵を温めていた。


が、あれよあれよと一ヶ月たった今も卵はかえらず、
2個あった卵は1個となっていた。

今朝、なんの拍子か、卵が下に落っこちていたので、
この期に、取り出しちゃお!と思ったのだけど、
2羽が、あたふたしてたので、また巣にもどしちゃった。
どうみても、孵化しないのに。。。

かえってかわいそうだから、
やっぱり、明日、卵とりだすことにするわ。




卵二つを残し・・・

巣に卵を見つけ、
新入り十姉妹のぴよ子がメスだったことが、
今朝判明。

ところが、
卵を産んだことが負担になったのか、なにかあったのか、
かなり衰弱していて、残念ながら、息絶えた。

残るは、古参のオス2羽。
1羽は、卵の親。
もう1羽は、爺。
卵をあっためているような、そうでないような振る舞い。

メスが初めてうんだ卵は、
無精卵のことが多いらしいし、
なにしろ、ママはもういない。
パパと爺がなんとかできるものか?!

卵2個の運命やいかに。



新入り

image十姉妹が1羽になってしまって寂しいし、子が生まれたらいいなと、メスを迎えたはずが、オスだったのは、いつだったか?!

暖かくなって、2羽のオスも元気にさえずりだしたので、ピチピチなのを1羽、仲間入りさせてみた。

今回は、はっきりオスメスがわからないので、メスでなかったら、オスと交換してくれるとのこと。

まだまだ、人見知りならぬ、鳥見知りしている。
明日には、3羽仲良く巣に入っているだろうか。

お散歩コースなのか?!

image
このへたくそな絵をみてもなんだかわからないだろうが、
これは、たぬき。

毛はまだら、あらわになった皮膚はよれよれで、貧相なその姿は、イラストでよく見る可愛らしいたぬきとは程遠い。

先日のブログでも写真を載っけたこのたぬき、昨日も今日も我が家に登場。
玄関ドアを開けてたら、うちの中にも入って来そうな感じである。

家の中にこんなのいたら、
ぎゃ〜って叫びそうだ。

たぬぬ〜

imageうちのまわりをたぬきが、ウロウロしてました。

カミキリムシだ!

画像1

わかるかな?!

画像1


今朝、見つけたんだ。

いつもいるのです

画像1

我が家には、虫がいろいろやってくる。

最近、毎日のように風呂場でお見かけするのが、絵…といえるか?…に描いた、虫。

わらじ虫を小さくして、いっぱいある足をちょいと短くしたような、黒いやつだ。

今日なんか、4匹もいた。

気持ち悪いんだけど、アマゾンの魚を見るときと同じ感じで、ざわざわしつつも、みたいような…。

大抵、お湯で流しちゃうんだけど、
いったいどこからはいってくるのか?
どっかにうじゃうじゃ大量にいるのか?
と、気になる。

余計なお世話だったのかも

画像1

十姉妹の幸男(左)は、ずっと一羽だったので、可哀想だ。
ってことで、仲間を作ってあげた。
ペットショップをまわったけれど、メスはいなくて、結局オス(右)。

二羽一緒に巣に入っていたけど、新入りが、幸男をいじめるので、巣をはずしてみた。

「一羽では寂しかろう…。」
ってのは、おせっかいだったかと、少々後悔していたのだけど、
今みたら、ひっついて並んでいた。

仲良しになれるかなあ。

画像1


郡山市美術館で、小磯良平展を観た。
よかった。

仲良く2匹(^_^;)

チョロチョロ
洗濯機の排水が流れ込む水溜め?みたいなところ付近で、
体長5センチくらいのねずみを発見。

すると、そのねずみを追っかけるように、もう一匹・・・。

屋外で、2匹一緒にねずみを見たのは初めてだ(>_<)

魚が二匹いるのです


夜、歩いて出かけたら、まだ外は、生暖かい空気で満ちていた。
帰りも。

だけど、アスファルトの道路から、ジャングル化した我が家にはいると、すこーし、ひんやりした空気になった。

人が開発したものって、本当に、人にとって、地球にとって、いいものなのか、わからないこのごろ。

写真は、沼津の、深海水族館のとある水槽。
岩のように見えるけど、魚だったりするのよ。

残念ながら


7月29日、
出会いのコンサートの日に出会ってしまった猫が、息絶えた。

猫も頑張って生き、私も家族も精一杯世話をした。
残念だけど、これが現実ね。

短い時間だけど、この猫との暮らしは、大変だったけど、とてもたのしいものだった。

ありがとうね。にゃあ。



体重は80g

グレムリンみたいな顔。

ミーミー、鳴き声が!・・・ねずみ大の猫じゃんか!

「そろそろ時間だから。」って、
出会いのコンサートの会場に向かおう。と外に出たら
聞きなれない鳴き声が聞こえた。

声のする植え込みのあたりを見たら、
な〜んと!
猫がいるじゃないか!

BlogPaint*クリックすると大きくなるよ。

しかも、へその緒つき、目もあいていない、
手のひらにすっぽりおさまる、赤ちゃん猫だ。
親猫はどこ?

とりあえず、3号に世話を頼んで、わたしはコンサートへ。

野良猫がいたら、捕獲しちゃおうとは思っていたけど、
こんなちっこいのは、想定外。

コンサート会場で猫に詳しい方に聞くと、
この小ささだと、育てるのはかなり難しいし、
親猫が迎えに来るかもしれないということで、
とりあえず、いた場所にしばし、置くように、うちに連絡した。

で、コンサート終了後、

猫はまだいたのだった。
かなり衰弱しているせいか、ハエやありんこがたかっていた。

これは、いちかばちか育てるしかないだろう!
ってことで、猫ミルクとミルクを上げるための注射器みたいなのを買ってきて、
世話は、2号に頼んで、
私は、コンサートの打ち上げへ。

打ち上げから帰宅すると、
猫は、ちょいと元気になっていた。

なにやら3時間ごとにミルクをあげなくてはならないらしい。
そーいえば、人間のあかんぼも、生まれたてはそうだったな。
すっかり忘れてたわ。

この猫、元気に育つだろうか。
家族みんなで世話するしかないな。

ところで、コンサートの方はと言えば、
楽しく歌えたし、打ち上げもおもしろかった。

今日は思いがけない猫の出現で、
変化に富んだ一日となった。



あやうく・・・

外出帰り、東北道を運転していたら、
ちょろちょろと、でぶっちょのたぬきが道を横断するではないか!
そのまま、反対車線へ行くと思いきや、
こちらを見て、
なんと、ひきかえした!

適当によけたら、
運良く、ひかずに済んだよ。

よかったぁ。

うちには似合わない・・・白ネコちゃん

ミーが家出して数か月、その後音沙汰なし。

そんなとき、
白い子ネコどう?

って話がきた。

さっそく、出かけている1号に
どう?って写メ付きのメールを送ったら、
即座に却下された。

神様のお使いだからとかなんとか・・・・。

確かに、
しろねこちゃん

こんな雰囲気とは程遠い、
高貴そうな白ネコちゃんなのであったよ。

新入り

3133118d.jpg幸男にお嫁さんがきた。
まだよそよそしいの。

名前は、幸子にしようかな。





名刺用 筆文字氏名 お書きします!
筆文字名刺のご案内はこちら

蝉の穴が今年は少ないが

PA0_0000今朝は、なでしこの優勝に感動し、外に出たら、
羽化してそれほどたっていないであろう、蝉を発見。

シロがやってきた

が、ミーは帰ってこない。

シロに
「ミーちゃん知らない?」と、言ってみた。

相変わらず、ずうずうしいシロだけど、
かわいくみえた。

健康のバロメータ

ミーの健康のバロメータは、

自然界の動物を捕まえてくるかどうかだ。


ちょっと前、寝てばっかりで元気がないように見えたミーだけど、
この間は、「すずめ」を仕留め、あっという間に完食した。
…合掌。




で、私の健康のバロメータは、
コーヒーをおいしく飲めることと、

クリームべっちょりのケーキを
おいしい〜。って食べられることさ。
110528_2143~01





やっぱ、これはおいしいねぇ〜。
サンキュ。


livedoor プロフィール

筆文字承ります。個人レッスンも&#8252;
お気軽にメールでお問い合わせください。

Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ