2016年07月07日

『七夕』


image























今年も駅に七夕の飾り付けがされていました。

近所の小中学生たちの願い事を書いた短冊

毎年秘かに楽しみにしております。

純粋な子供のたちの願望はいいですね。

「ケーキやさんになりたい」

「サッカーせんしゅになりたい 」

などの将来の職業系。

「大金持ちになりたい!金、金、金、金」

「世界中の美味しいものを食べ尽くしたい」

などの欲望系。

「魔女になって、良いことに魔法をつかいたい」

「忍者になりたい」

などのファンタジー系(なれないこともないでしょうが‥)


「少年やきゅうでヒット10本ぐらいうちたい」

「少しおこづかいを多くもらいたい」

達成しそう系。


「内藤剛志に会いたい」

会えるといいけど、福山雅治とか木村拓哉じゃなくて‥内藤剛志って渋いですね。


あと、家族や友人、世界の人々が健康で「幸せでありますように」という願い事。

いいですねぇ(´Д`)


皆様の願い事が叶うことをお祈りしておりますm(__)m












2016年06月21日

『重版出来!』

image


















久しぶりにとても秀逸な出来のドラマをみました!

「重版出来!」

同名の漫画原作で、新人編集者の物語。

ケガで柔道でのオリンピック出場を断念した主人公が

柔道で培った頑張り精神で、就職した出版社でも全力投球。

真摯に仕事に取り組む様は清々しく、見終わった後に気分もスッキリ。

この主人公のモットーに「精力善用、自他共栄」という柔道の開祖、嘉納治五郎の言葉が出てくるですが

精力善用・自他共栄‥持てるエネルギーを良い行いに使い、社会で自分と他者が
共に栄えるために働くこと。

まさに指圧師としてもピッタリの言葉です。

ドラマはもう終わりましたが、機会があれば皆様にもぜひ見ていただきたいです。

原作も読んでみます(^-^)/












2016年05月12日

『五月晴れ』

image




























今朝、家を出ましたら

澄みきった空と爽やかな空気

見事な五月晴れ!

写真を一枚撮りましたら

一筋の光りか降り注ぐように写っていました(^-^)/


私共と皆様に幸あれ!








2016年04月23日

『穀雨のころの喘息』

image














二十四節気でいう「穀雨」の時期。

穀物を潤す春雨の降るころだそうですが

この時期、気管支喘息が出て困っている患者さんが何人かいらっしゃいました。

喘息は一年を通して疲労やストレスなどで悪化しやすいのですが

気温、気圧、湿度の変化が激しい時などは特におきやすくなります。

この時期も気を付けたほうがよい季節です。

全身指圧で軽快しやすいですが

ご自身でも自己指圧を試されるとよいと思います。

【動画】慢性的な喘息に効果的な指圧法


のど風邪、呼吸が浅い方などにも効果的な指圧になります。

試されてみて下さい(^-^)/








2016年04月16日

『悪夢にうなされる』

image


先日、知人から「夜中に悪夢でうなれて眼が覚める」という相談をうけました。

「悪夢にうなされる」なんてことがあるとびっくりしますよねぇ‥何か悪いことの前兆かな?などと勘ぐったり。

私も以前に「人に追いかけられて刺される」という夢を続けてみたことがありましたので、気持ちはわかります。

その時は不安になって、色々調べてみましたら、結局はストレスが原因だったみたで、その後に深刻な事はありせんでした。

そんなエピソードをまじえながら、知人には

対処法として悪夢を見る時の体調に効果的な指圧法をおしえました。

悪夢にうなされる方は胃腸に何らかの不調をかかえている場合があるので参考にされてください。

【動画】夜寝つきが悪い、うなされる方に効果的な指圧


お困りの方はお試しください(^-^)/





2016年03月13日

『女性目線の防災book』


こんにちは。動坂指圧の小川です。


花粉症シーズンのピークを抑えていますね(^^;

おまけにここのところ気温の上下も激しいので、鼻の粘膜が敏感になっているかたも多そうです。

マスクをすることで、花粉をシャットアウトするだけでなく、鼻腔内の温度を安定させることにもなります。

しっかりマスクをして予防しましょう。

症状か出てしまう時は、以前紹介したツボを指圧してみてください(^^)



ところで、いま動坂指圧にこんな雑誌が置いてあります。


『クロワッサン特別編集部 女性目線で徹底的に考えた 防災BOOK』



知人が東北の支援活動をしているのですが、震災当初の避難所では女性目線が足りない所がたくさんあるという話を聞きました。

例えば洗濯物一つを取っても、狭いロッカーに女性用下着を干して生乾きのまま着用している避難所もあれば、

「乾燥機は贅沢品じゃない。女性には必要だ。」と訴えた避難所もあったそうです。

これはほんの一例ですが、避難所のリーダー役になった人が女性に対する理解がどれほどあるかで、環境が全く変わるそうです。

なので、こういう防災ブックを読んで備えておくのも必要かもしれませんね。





2016年02月29日

『花粉症のツボ!』

こんにちは。動坂指圧の小川です。



花粉症のシーズンがやってきました。

ピークは3月上旬から中旬だそうですが、もう症状が出始めていますね。

目薬やはなの薬が手放せない方も思います。


僕も花粉症なので以前は大変でした。

鼻水・くしゃみはもちろん、ひどい時には朝起きたら目やにで目が開かない。

休日に行ったコンサートも、薬のせいで眠気に耐えるだけで終わってしまう。

評判の耳鼻科に朝8時に行ったら激混みで、順番が来たのが夜11時…。

「あるある」と思った方もいらっしゃると思いますが、できれば薬に頼らずに済ませたいですよね?

そんな花粉症にお困りの方に効果的なツボをご紹介します。


‐綫
頭の中心線上にあり、髪の生え際から親指の幅一本分上に位置します。鼻と目の不調にきくので、花粉症には最適のツボです。

【動画】花粉症の時に押したいツボ1「上星」


迎香
鼻の穴の両脇にあります。
鼻水を抑えるのに効果的です。


【動画】花粉症の時に押したいツボ2「迎香」




I池
後頭部と首の境にあり、目・鼻や自律神経の働きを整える効果があります。


【動画】花粉症の時に押したいツボ3「風池」



他にも簡単なアドバイスも動画でご紹介しています。


【動画】花粉症には〇〇しながら指圧する

2016年02月14日

『翔んで埼玉』

image



























埼玉県のことをあまりにも酷く言っているギャグ漫画とのことで読んでみました。

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」


笑ってしまうほどキャッチーな差別的セリフ

非現実的な埼玉蔑視のストーリーに、あり得ないと思いつつ

面白い(笑)


私も東京生活がながいので、東京を中心とした都会人の感覚‥

「埼玉?やっはり田舎でしょ」みたいな上から目線で読んでいましたら


私の出身県 茨城の記述が‥


「埼玉のさらに奥地にあるといわれる日本の僻地‥」

「茨城は土地が貧しく納豆しか産出しないのです!」

さらに酷い言われよう‥

茨城には納豆意外にも豊な海の幸 山の幸があると反論したくなりますが‥


そうなんです

東京に来てわかりましたが、東京圏だと一番の田舎は茨城なんですねぇ


埼玉や千葉県民にも下にみられるんですよ(笑)

その辺りの感覚を上手いことついていて面白かったです(´Д`)















2016年02月07日

『大往生したければ‥』

image
























書店で見つけて読んでみました。

『大往生したけりゃ医療とかかわるな
「自然死」のすすめ』

特別養護老人ホームにお勤めの医師 中村仁一氏が書かれた本ですが

老人ホームで沢山の人の最後を見てきた経験から「死ぬのはガンに限る。ただし、治療せずに。」という独特な見解をお持ちのお医者さんです。


日々、人々を救ってらっしゃるお医者さんたちや救われた患者さんからは反論の声もありそうですが‥

いずれやってくる、自分もしくは身内の「死」を考える時に参考になる本だとおもいます。


寿命が来て自然に死ぬ

生命にとって当たりまえのことですが

高度な医療が簡単には死ねない社会をうみだしている。


どう天寿を全うするか?

選択肢を学んでおくのは重要だとおもいます。



















2016年01月29日

『好調の要因は‥』


こんにちは。

動坂指圧スタッフの小川です。

初ブログ投稿です!

これからちょくちょく投稿させて頂きますので、宜しくお願いします!




さて、先日男子サッカー日本代表がリオ・オリンピック出場をきめました。

前評判が低かったのでどうなることかヒヤヒヤしていましたが…

無傷の5連勝で出場権獲得!!!

ホッとしました。。。




この好調の要因は何なのか?

聞かれた選手たちの答えはいろいろありますが、意外にも


「食事」


との声が多かったのです。



日本代表専属シェフの西芳照さん。

料理の味や栄養はもちろんですが、


「選手たちに食事の時間だけでも楽しんでもらいたい」


という思いを強く持たれていて、
選手たちがくつろげる空間作りを常に考えておられるとか。


慣れない異国の地で、ホテルと練習場と試合会場を行き来するだけの日々…


そんな中でも身も心も癒される食事の時間。


その貴重なリラックスタイムが、選手たちにはとても大きな助けになっていたのですね。



動坂指圧も、身も心も元気になれるリラックスタイムを提供します。

指圧をきっかけに、日々の生活が好循環になってもらえたら嬉しいです(^^)



image



Profile
Archives