今日はめでたい日だ。先回仮入隊のスカウトが『りすの道』を終え、正式に入隊式が行われた。これで、小学3年生の仲間が一人増えた。
体験入隊者も1人あり、今日一日91団カブ隊活動を体験する。ホントにめでたい日だ。

p01

今回の活動は名古屋市港区にある『防災センター』で、防災に関する体験・知識を学ぶため地下鉄で移動する。
そんなスカウトたちに1通の指令書が届いた。手紙の内容は、とある場所まで行けというものだ。スカウトみんなでチカラを合わせその場所まで行ってくれ!リーダー達も君たちについていくぞ。よろしくね。

p02
藤が丘駅から地下鉄東山線に乗り、栄駅で乗り換えることはすぐに分かったようだが、その先はどうしたら良いのか?でもすぐに駅員さんを見つけ、教えてもらうあたりはさすがだ。『分からない時は、分かりそうな人を見つけ聞く。』事が良いんだよ。誰が最適者か見分けることが必要だ。

p03

名古屋港駅に着いた後も、インフォメーションセンターにより場所を確認するあたりも良いぞ。後ろから見ていても安心だ。
途中、寄り道をしながらも目的地に近づいてきたぞ。でも、最後に道案内してもらったことは反省しなければね。だって、ココの地図は君たちが持っているんだから。最後は自力で見つけよう。

p04

謎のマスクマンからの指令の場所も見つけチョッピリ休憩だ。
おオーッと赤鬼の登場だ。だって今日は節分だもの。みんなで豆を蒔いて邪気を祓おう。『おにはーそと。おにはーそと!』ちょっと豆の勢い強くネ。鬼も結構痛いんだよ。みんなで豆まきをしたあとは広場をキレイに豆を拾おう。汚しちゃダメだぞ。

p05

食後はゲームを兼ねてチョッピリ散策だ。
船の巨大スクリューの上でじゃんけんゲームかな?君たちにかかるとどこでも遊び場だね。

p06

ココからはメインプログラムの防災センターへ戻ろう。地下鉄の駅にある案内図をしっかり見れば自分たちの向かう方向も理解できるだろ。小さい駅は出口を間違えても、たいして影響はないけど、大きな駅だと大変だよ。
初めての時は案内看板を見るようにしようね。

p07

防災センター到着だ。早速、地震体験をしよう。ここでは過去の地震を模した震度を体験できるのだけど、本当の地震は突然やってくるし、どんな揺れをするか分からないから怖いよね。でも、揺れがおさまったら火の元の確認、電気のブレーカーを落とすなどの安全確認を忘れないようにしよう。

p08

今から53年前の9月に起きた、『伊勢湾台風』。甚大な被害をもたらした巨大台風の当時の様子を指導員の方から伺った。特に小学校被害の話しを聞くスカウト達の目は真剣だ。遠い昔の話ではなく、名古屋市南部をメチャクチャにした自然災害は本当に怖いね。

p09

続いて隣の部屋では当時の台風を再現した3D映像を見よう。
でも、ここは伊勢湾台風の怖さより、3D映像に盛り上がってしまう姿は、スカウト達もやっぱり子供だね。

p10

続いての煙避難体験室は、煙を噴出させた部屋で出口の扉を探して避難するのだ。煙の中での避難姿勢、避難方法を指導員の方から聞き、実際に暗闇を歩いてみる。どうだった、右手で右周り、左手で左回りかをしっかり決めて歩かないと中で迷子になってしまうよ。

p11

残りの時間は館内を自由散策だ。でも、ただ遊ぶのではなくチャレンジブックにつながるよう有効に回るんだよ。でも、最後はみんなでコスプレ記念撮影をしよう。

p12

次回はB-P祭だよ。ボーイスカウトの創立者をみんなでお祝いしよう。
では、次回!