すがすがしい朝だ。昨夜は少し寒いくらいで、名古屋とは比べものにならないくらい快適だ。朝は『カブコール』をおこなうよ。みんな大きな声で歌おうね。
続いてカラダを動かし、固まったスジを伸ばそう。君たちは若いから固まらないか。

p21







森の中に場所を移し、スカウツウォンを行うよ。少し、目を閉じて自然と同化しようか。静かにしているといろいろな音、匂いが感じられるね。
隊長からカブ隊のさだめの中から今日のテーマが伝えられ、それぞれ個人の目標と合わせ、今日一日活動しよう。

p22

サイトに戻ってくるとリーダー達が朝食作りに励んでいてくれる。もう少し準備に時間が掛かるようなので、松川青年の家に感謝の色紙を記入しよう。
朝食は『そば飯と特製チャーハン』だ。食事前の『ポッポちゃん』を歌って、みんなでいただきます。

p23







食後は『点検』の時間だ。予定時刻になっても報告が無い。テントサイト付近でリーダー達も待機である。
大きな声で、しっかり整列しているか?制服の乱れはないか?
この時間はリーダーもスカウトも真剣である。おふざけは一切許されない真剣勝負の一時だ。

p24 
緊張したスカウト達の顔。気持ちを切り替える大切な時間である。
一分でも早く、合格の声が欲しいよね。そのためには全神経を研ぎ澄まし、点検にあたろうね。

p25







2隊合同の朝のセレモニーはカブ隊仕切りだ。
国旗掲揚もカブ担当だ。2日目は1組組長・次長の当番だ。ホントにカッコいい動作で朝から気持ちいいね。ソングも2組組長大きな声で指揮された。さすがくまスカウトだ。

p26







4時間目は『飛行訓練』だ。本当に飛ぶわけではなく、次の野外教室までひたすらハイクをするのだ。ダムに向かう車道をひたすら歩くのだ。距離にして5km程度。目標時間1時間の体育授業だ。

p27







長い道のりの先には、透き通った清流教室に到着だ。早速、水着に着替え5時間目の『魔法生物飼育学』を受講しよう。清流にいる魔法生物を見つけ出すんだ。でも、君たちには水鉄砲を使った、水かけ遊びの方が興味があるようだね。

p28







太陽が隠れてしまって、カラダが冷えてきたね。昼食は温かいカップラーメンでお腹を満たそう。川原で食べるカップめんは美味しいものだ。トマトも塩をぶっかけてカブリつこう。やっぱり野外メシはワイルドにいこうよ。

p29 
昼食後すぐに6時間目『薬草学』だよ。魔法スイカの退治方法を学ぼうか。
マグル(人間)たちの間では、通称『スイカ割り』と呼ばれている、みんなが盛り上がるゲームだが、今回は大岩の上にあるカブ帽子をかぶった魔法スイカに向かって、石を投げつけて割るよ。

p30 
距離も離れているし、なかなかスイカに当らない。たまに当っても石が軽く、スイカが割れるほどの衝撃ではないのだ。
みんなが5投ほどしたところで、臨時教授の団委員の石が見事に命中だ。いつまで続くか分からなかった授業もこれにて終了だ。

p31







楽しかった野外教室にて、ハイポーズ!みんないい顔だ。

P32















野外授業から戻ったら、少し早いが夕食準備の前準備を行おう。今夜のディナーは焼きたてパンもある。
パン作りは時間がかかるので、生地こねを先にやっておこう。魔法料理学教授のリーダーより『魔法味のパン作り』を学ぼう。強力粉に他の材料を混ぜ、水に溶いたイースト菌を混ぜ入れこねていこう。

p33







ベトベトと手にまとわりつくパン生地をいかに丁寧に混ぜこねるのか?スカウト達も素手でねっとりとした、パンの感触をおぼえることも大切なことだ。機械任せもいいが、人の手でこねる難しさも知ろう。

p34







7時間目は『変身術』の講義だ。この授業は『信州まつかわ温泉 清流苑』まで出向き、男女別れての講義だ。
昨日からの垢を落とし、カラダを綺麗に変身させることが優先される。ただし、講義時間に余裕がないので急いで授業を進めていこう。では、後ほど綺麗に変身した姿で再集合!

p35







カブワーツの野外調理室に戻ったら、先ほど仕込んでおいたパンにみんなで魔法を掛けよう。
『エクストラル・ボン!』この魔法が効けばパンは膨らんでいるはずなんだけど・・・。見事、パンはボールいっぱいに膨らんでしまったよ。

p36







続いて、パンをよく叩きガス抜きをしたあと、小分けをして次なる発酵を行なおう。ベトベトの生地を小分けすることも、結構難しいね。見ていると簡単そうだけど・・・。なんでも実践してカラダで憶えていくことが大切だね。

p37







最後にみんなでボーイ隊に差入れをする『魔法ゼリー入りフルーツポンチ』を作ろう。カップゼリーを取り出し、フルーツを加えサイダーで割るだけのカンタンデザートだよ。
みんなで手分けをすれば、あっという間に完成だ。

p38







今夜のディナーは豪勢だ。
魔法のかぼちゃ入りシチュー、焼きたてパン、デザート、団委員長特製ローストビーフ、ボーイ隊からはお好み焼き、魔法ダマおにぎりだ。
黄色の魔法ダマは、この後、大きな声がよく出るように、緑色の魔法ダマは大きくカラダが動かせられるように、魔法が掛けられているボーイ隊長特製のおにぎりなのだ。

p39







食後は本日最後の授業、8時間目は『闇の魔術の発表会』が大庭園で行われる。名誉あるトーチ係りには、当番組長の2組長が行い、発表会の幕が切って落とされた。

p40







各組の出しものも、ディナーでいただいた魔法ダマのおかげか、遠く離れた場所でも声が聞こえ、楽しいスタンツであった。よく考えられたスタンツであり、今日の最後の授業にぴったりだった。

p41







夏期講習も2日目が終わった。
明日、最終日は起床時間も少し早いから、寄宿舎でゆっくりカラダを休めてくださいね。