夏季キャンプも3日目の朝を迎えた。今日も朝から天気がいい。嬉し~い!
最終日はいつもの朝より集合時間も15分ほど早いが、スカウト達もみんな元気だ。今日も大きな声で『カブコール』を行なうよ。ラジオ体操でしっかりカラダをほぐそうね。

p51







今日は朝より授業がある。9時間目は『魔法生物飼育学-2』だ。初日に作成したバードコールを使って、幻の魔法鳥をみんなで呼ぼう。
禁じられた森も朝日の当たる時間は安全だ。みんな静かにして鳥と会話をしようね。では、一人づつコールしてみよう。どうかな?魔法鳥からの返事はあるかな?単なる木とネジだけだけど、鳴らし方によっては本物の鳥の鳴き声に聞こえるよね。

p52

朝食前に青年の家に提出する、アンケートに答えよう。組員の意見をしっかりと聞き、丁寧に記入してくれよ、組長さん。
今日の朝食は特製バナナパンケーキとヨーグルト。それにガブリエル(カラーピーマン)だ。このガブリエルの味付けが最高だ。マリネ風でパクパク食べられるね。バナナ好きなスカウト達、耳から生えているスカウトもいるぞ。(右下写真(^∀^))

p53







今朝の点検は時間通りに始まるかな。2日目の点検なので昨日の反省点を生かし、目指せ一発合格!

p54







3日目朝のセレモニーには、ビーバー隊夏キャンプを終え、参加いただいた団員長より、『そなえよつねに』をいつも考えながらこのキャンプを過ごすよう、言葉をいただいた。

p55







朝から天気がいいので、プログラム時間を変更し徹営をしよう。
2日前に建てた君たちのカブワーツ寄宿舎も取り壊しの時がきた。お借りしたテントはもちろん、ペグもキレイに洗って返却するんだよ。

p56







今度はかまど周辺の清掃をしよう。『来た時よりもキレイに』することはスカウトとして当たり前のことだ。
ひと汗かいたら、水分補給も含め、スイカの種飛ばしでもするか。食べやすくカットしてあるスイカをほお張り、プッと飛ばせ!どこまで飛ばせるかな?

p57







最後の食事は、『冷やしたぬき蕎麦(温玉のせ)』だよ。関東、関西どちら出身の方が食べてもいいよう、オアゲに天かすの両方入りだ。
贅沢な蕎麦にスカウト達もお替りをしていたね。ご馳走さまでした。

p58







普段は遊ばないが、ご褒美にスカウト達に遊具で遊んでもいいよう許しがでた。ターザンロープで遊ぶスカウト達の顔を見ていると本当に楽しそうだ。

p59







『カブワーツ魔法魔術学校 夏季短期講座 in 松川』も卒業式の時間がやってきた。本当に短い3日間であった。
各組とも表彰を受け、組旗に新たなリボンが増えたね。個人表彰にはアトランタ土産のピンバッヂが渡されスカウトも大喜びだ。

p60







最後の授業は『占い学』だフォトフレームを装飾して、このカブワーツの思い出をこのフレームに残そう。

p61







卒業式ではチビッ子魔法使いの実力を見るためにみんなでチカラを合わせ魔法を掛けよう。掛け声は組長が考えた、『素敵なプレゼントが届きますように』と『素敵な夏休みが過ごせますように』だ。アラ不思議。その言葉と同時に雲に隠れていた太陽も顔を出し、みんなの卒業を祝福してくれているようだね。
このキャンプを陰で支えてくれた、団委員さんに感謝のエールを送ろう。

p62







この夏季キャンプを一緒に過ごしたカブ隊、ボーイ隊みんなで集合だ!
自然豊な松川よ、ありがとう!!

P67















バス組は時間が決まっているので、装備搬送は車組のリーダーに任せ予定時間通り出発しよう。車組リーダーの皆さんよろしくお願い致しますね。
松川バス停まで徒歩移動をするよ。みんな、車に気をつけ行くよ!

p63







帰りのバスの中ではスカウト達もグッスリだ。起床も早く、朝からたくさんカラダを動かし、しっかり太陽を浴びたからお疲れなんだね。
路線バスなので静かに過ごせ、ちょうどいいかな?

p64







予定時間を少し過ぎたが、怪我も無く無事に藤が丘団倉庫前まで帰ってきた。
スカウト達はこれで本格的な夏休みの始まりだ。事故に注意し、元気で楽しい夏休みを過ごしてくれ。本年度の活動も残すところ、あと2回になった。カブスカウトは最後まで『いつも元気』だ!

p65







この夏季キャンプを無事に終えることができ、カブ隊リーダー、ボーイ隊リーダー、団委員のみなさんに感謝いたします。
また、3日間天気もよく、久しぶりの晴れキャンプはホントいいもので、天候に感謝、感謝。

次回は藤が丘夏祭りで集合だ。