くまスカウト最後の活動、千種地区くまお別れキャンプだ。
同学年の地区スカウトたちとの友情を育む毎年恒例の活動である。
大輪で集合したら、大きな声でカブコールを行おう。

p01







今回、我が91団からはくまスカウト2名参加に対し、ボーイ隊の精鋭デンコーチ2名+リーダー、団委員4名のサポートで行われる。参加のくまスカウトの2名は感謝の心を忘れず、安心して楽しく活動してくれたまえ。デンコーチ諸君。指導よろしく頼むよ!

p02

最初のプログラムは『ロープワーク』だよ。
指導担当のリーダーの話をよく聞き、今まで覚えてきたロープワークを復習しよう。みんな、ちゃんと覚えているかな?

p03







柱に結んだ『もやい結び』は丈夫かな?目をつぶっても手の感覚だけで結ぶことができるかな?

p04







続いてのプログラムは『手旗』だ。
右手に赤旗、左手には白旗を持ち、手旗を振ろう。キビキビとした動きをするとカッコいいぞ。一画ごとにピシッと止めよう。一文字打ったら原画に戻ろう。

p05







しばらく習ってきたら、姿勢も良くなってきたね。この調子でどんどん覚えていこう。ボーイ隊に上がれば手旗はもっと身近になるからね。

p06







早いもので、もう夕食の時間だね。今日の夕食はリーダー達が用意してくれたものだよ。キャンプで食事を作らないってホントありがたいね。感謝。感謝。

p07







みんな食事を前にいい顔しているよ。
タップリあるからたくさん食べてよ。では、いただきます。

p08







今日の夕食は特製チーズカレーにスパサラ。フルーツポンチまであるよ。

p09







どうだい?美味しいかい?同じ釜の飯をたべた仲間だ。みんなで食べるカレーは美味しいな。

p10







今日の営火の点火方法はたいまつを営火長より各班長が分けてもらい揃って点火する幻想的な方法だ。
メラメラと燃え上がる営火。これから楽しい時間のはじまりだ。

p11







各班のスタンツ。芝居あり、アクションソングあり、火を囲む者達を楽しませてくれた。やっぱりキャンプの夜は営火がいいね!

p12







早朝より降りだした雨。今日の天気予報は昼過ぎまであまりよくない。これもまた自然だ。自然を楽しみながら活動しよう。雨のおかげで暑くない。これもまた自然の恵みだ。

p21







朝食はサンドウィッチに差し入れにいただいた梨だ。季節のフルーツは嬉しいね。みんなでしっかり食べよう!

p22







午前中のメインプログラムは『ポイントラリー』だ。雨の加減で多少内容を変更してのプログラムになるが、スカウト達は元気ありありだ。
配布された指令文を解き明かし、合格した班から出発しよう。答えはカブスカウトなら簡単だよね。これが解けなきゃ『りすの道』からやり直しだよ。

p23







スタート後、雨も止んだようだね。デンコーチに先導されながら班員全員で協力しながら目的地まで移動だ。みなん元気に歩け!

p24







最初のポイントは『キムスゲーム』のようだ。さあ、時間内にどれだけのモノを覚えることができるかな?全員で協力すれば全部覚えることも不可能ではないぞ。ではヨーイ、スタート!

p25







どこから覚えるか?一人ひとり覚えて答えを出し合うのか?さあ、どのようにするか楽しみだ。

p26







左の写真が問題のアイテムだよ。
1分間であなたはどれだけ覚えることができましたか?記憶力は年々衰えていきますね。頭をフル回転させて記憶しましょう。

p27







お昼は『冷やしぶっかけうどん』とオレンジだよ。晴れた暑い太陽の下で食べられるともっと良かったけれど、ツルツルのうどんはのどをすり抜けて胃袋まで直行だね。よく噛んでゆっくりと食べてくれ。

p28







閉会セレモニーの時間には再び雨が降りだした。でも、君たちはくまスカウトだ。雨具があれば何てコトは無いね。最後までカッコよく決めようぜ。

p29







優秀班表彰では素敵な表彰グッズが配られた。スカウト達も少し誇らしげな顔をしているね。表彰はスカウトにとって名誉あることだもんね。

p30







セレモニー後は一人ひとり握手をして分かれよう。名残惜しいが、またボーイに上進すれば地区で顔を合わせることができるよ。その時はお互いに大きな声で挨拶しようね。
今年の参加賞は何かな?今後のスカウト活動にきっと役に立つと思うよ。

p31







今回のくまお別れキャンプに参加した面々です。
2日目は雨に見舞われたが、暑くなく過ごしやすい気温の中で活動できたことは感謝だね。
君たちみんなボーイ隊で輝いて活動してくれたまえ。お疲れ様!!

p32