今日は千種地区くまスカウトが集まり、親睦を深める『くま合同キャンプ』だ。我ら91団からは3名のくまスカウトと2名のデンコーチが参加した。
最初は実行委員長によるカブコールだよ。みんな大きな声でコールしよう。

p01







今回は春日井市少年自然の家を利用し、2日間に渡るプログラムが展開される。総勢26名のくまスカウト達よ、元気に活動しようね。

p02 
セレモニー後は組み分けの発表だ。わかりやすいように5組分、5色のバンダナをつけようね。2日間、この仲間で活動するから、みんな組員の顔と名前を覚えようね。

p03







テント入営後は所内の配置がわかるよう、配置図を調べるプログラムが行われた。
15:00からは夕食準備に取り掛かろう。今日はみんなの得意なカレーだよ。組員全員、協力して作業しよう。組長、指示を出すようにね。

p04







火の係りはスカウト2名とDCだね。飯盒でのご飯炊きはみんな手慣れたもんだ。カレーも作るので、薪の配分には気を付けよう。

p05







食材準備係りは美味しいカレーができるよう具材をしかっり調理しよう。カレーの出来は君たちの腕にかかっているぞ。
組ごとに『隠し調味料』が2種類配られた。はたして、どんな味のカレーができるのかな?

p06







飯盒のスス磨きも重要な作業だね。この炊き上がった段階でススを落としておくと、片付けが楽なんだよね。

p07







最後はサラダを作れれば完成だね。みんなで手分けして完成させよう。手の空いているスカウトは水具の片付けも積極的に行おうね。

p08







全組、カレーが完成したようだ。審査用にご飯とカレーを2皿づつ提出してくれ。
チョコ、ジャム、はちみつ、バナナ、コーヒー、野菜ジュースなど、隠し調味料によってカレーの味も異なるようだ。どんな評価が下されるのかな?

p09







各組ともご飯の炊きあがりは、とてもいいね。美味しく炊けているよ。カレーはどうかな?コーヒー、チョコを使った組のカレーが一番人気だったね。はちみつとりんごジャムを全部使い切った組はとっても甘いカレーだったが、これも人気だった。

p10







営火は専用の営火場が使えなかったので、公園内にある広場まで移動して営火を行った。もちろん火気は使用できないので、ランタンを使ったファイヤーを囲んでの営火で、これはこれで雰囲気が違い、良かったと思う。

p11







一日の締めくくりは組長会議だ。今日の反省と明日のスケジュールが伝えられた。初めて会った仲間での活動は疲れたかな?ゆっくり寝るようにね。

p12







2日目は6:00の起床。6:30の点検から1日の活動がはじまった。朝食はパン食だ。元気が出るようしっかり食べなよ。

p13







食後は早速、荷物移動したらプログラムを始めるよ。公園内を使ったポイントラリーだよ。

p14







コミッショナーからの指令書が手渡された。暗号を解いて指令通りに行動せよ。合格した組から出発していこう。

p15







すぐに暗号文を解くことが出来た組もあれば、なかなか解けない組もあるようだね。全員で協力して考えよう。

p16







全箇所ポイントを終えた組はゴール到着の報告を行おう。蒸し暑い中での活動だったので、しっかり水分を取ろうね。ゴール組は炊事棟へ行って昼食時間まで休憩だ。

p17







昼食はサラダうどんだ。暑い日にはのど越しが良く、どんどん食べれるね。たっぷりあるから、しっかり食べようね。

p18







早いもので、閉会セレモニーの時間だ。昨日の集合から約26時間の活動もセレモニーを残すだけとなった。優秀組の表彰が行われ、表彰スカウトも嬉しそうだ。

p19







2日間指導してくれたデンコーチに感謝のエールを送ろう。君たちの指導のおかげでスムースな活動ができたよ。ありがとう。

p20







コミッショナーと実行委員長から参加記念のバッヂとプレゼントが手渡された。最後は全員で握手してお別れだ。

p21







記念のバッヂを手に笑顔の91団くまスカウト。2日間、お疲れであった。この仲間はボーイ隊に上進後も、地区で一緒に活動する同期スカウトなのでしっかり覚えておくようにね。

p22







今回のくまキャンプを楽しんだ全員で記念に1枚。みなさん、お疲れ様でした。

p23