毎年恒例の団合同餅つきだ。今年はコロナ禍で開催も危ぶまれたが、何度も会議を行い最終的には、感染防止対策をしっかりとって活動することになった。飲食を伴う活動だから、全員気を引き締めて行動するようにね。特にリーダーが両手を上げた時は『静かにしよう』というサインだから、しゃべらないよう注意しよう。

p01







ローバープログラムが始まるよ。来年3月で東日本大震災から10年の節目を迎える。『震災から学ぶ防災・減災』をテーマにローバーの先輩たちから防災に関する話を聞いて、ポイントラリーをしよう。BVS~BSまで縦割りに3グループに分かれスタートするよ。
このポイントは『すぐに役立つ!新聞紙工作』。新聞紙を使った便利グッズを作るブースだね。

p02 
新聞紙で便利な食器や、室内で使えるスリッパをリーダーの説明をよく聞き、作っていこう。折り紙の得意な人には簡単かな?

p03







このポイントは『ほぼ100円ショップ』防災グッズを当てる、キムスゲームだね。1分間でこのシートの上にある防災グッズを見て、クイズに答えよう。

p04







どれどれっ?どんなものがあるのかな?100円では売っていない高額なものを見つけ、チーム全員で相談して答えよう。答えは、何かな?

p05







ここのポイントは日当たりがイイ高台だね。ここは、『いのりをカタチに』。牛乳パック灯ろうを作っているんだね。この灯ろうがどんなものなのか先輩の話をしっかり聞こう。

p06







牛乳パックに祈りの言葉を書いてお思いを込めた灯ろう作りをしよう。今回も岩手県盛岡市の鎮魂イベントに送るんだよ。ローバー隊は毎年現地に出向き、何らかのボランティアを行ってきたんだけど、来年はどうなるのかな?

p07







お待たせ!準備が整ったようだよ。メインイベントの餅つきだ。今年は待機場所も離れて、餅つきする人だけ指定の場所に行き、ひとり10回だけお餅をつこう。

p08







今年のカブスカウトは全員、大人用の杵でお餅をつくよ。

p09







軽々と餅つきするスカウトもいるけど、小さなスカウトには重いよね。腰を入れてしっかり振り下ろそう。

p10







さあ、お餅をいただこうか。今年は全てパックに入って用意されているし、豚汁もプラカップに注いであるよ。密にならないように組ごと分かれてもらいに行こう。

p11







テーブル同士の距離も取って配膳しよう。もちろん食べてる間はおしゃべり無しだよ。お餅のお替りもあるようだから、食べたいスカウトは新しいパックをもらいに行こうね。つきたてのお餅は柔らかいね~。

p12







午後のプログラムは年代に分かれて活動するよ。うさぎスカウトは野外活動の履修をしよう。自然のモノを使って工作するよ。

p13







これは葉っぱを使ったお面作りだね。葉っぱに穴を開けて顔を作るんだ。ドングリを目玉にするなんて良いアイディアだね。心休まる葉っぱのお面だよ。

p14







くまスカウト達は月の輪集会の説明が終われば、しばし自由時間だ。落ち葉をまき散らして遊ぶなんて、この季節ならではだな。めっちゃ楽しそうじゃん。

p15







隊の閉会セレモニーでは今年最初のカブブック完修者が出たよ。シーズン内の完修には賞状の授与もあるよ。

p16







次回、クリスマス発表会で2020年の活動も終了だ。 発表会の出し物、楽しみしているからね。最後は元気に全員集合だよ。では、次回。