今回の活動は、いつかできるキャンプに備えて、役立つグッズを作るプログラムだよ。
身近にある新聞紙を使った便利グッズを何個か作ってみよう。
 
p01







まずは、新聞紙を使ったゴミ箱作りだよ。簡単に言えば新聞紙を使った折り紙だ。折り方さえ覚えれば簡単にできるから何個か作ってみようか。

p02

しっかり折れ線とカドをつければキレイにできるよね。誰だ、ゴミ箱を帽子みたいにかぶっているのは。まるでイカ大王だな。

p03







次は新聞紙を使ったゲームだよ。新聞紙1ページ分を長く裂いていく「かつらむきゲーム」だ。まずは個人戦からだよ。新聞紙には裂けやすい方向と裂けにくい方向があるんだよ。誰が途中で破れることなく、1番長く裂くことができるかな。

p04







おーっ。みんなよくがんばったね。いち早く新聞紙の裂けやすい方向に気づいたスカウトが長くできたようだね。

p05







次は組対抗のゲームだよ。1人30秒間で新聞紙を裂いて、次の人に渡していこう。時間に焦って、ちぎれてしまったら、それまでの苦労が無駄になるから慎重にね。

p06







ちょっぴり苦手で新聞紙をちぎってしまいそうなら、あまり無理せず次の人に回すのも戦略かな。

p07







アンカーは両デンリーだ。タイムアップまでどれだけ長く裂くことができるのかな。シューりょー!時間です、では、みんなで判定しよう。

p08







新聞の破り方はもうわかったね。ここからが便利グッズ作る工程に移るよ。

p09







準備したバケツの中に花吹雪ぐらいにちぎった新聞紙を入れていこう。新聞紙の量は朝刊1日分の大判7〜8枚だよ。結構あるから頑張って千切っていこうね。

p10







最後の工程は、新聞紙を硬く棒状に巻きつけてテープで止めたら、その上にラップを巻いて心棒作りをしておこう。
 
p11







一旦、便利グッズの工作は休憩だ。昨日、雨で濡れてしまったテントの徹営をしよう。今日は朝から天気が良かったので、リーダーで干しておいたのでみんなで片付けてね。

p12







テントのたたみ方は出入口の湯アックを少し開け、空気が抜ける方向を考えて折りたたみ、収納袋に入るよう大きさも考えて折りたたんでいくんだよ。

p13







特にポールの取り扱いについては、伸ばす時より、折りたたむときの方のが重要なんだよ。
まずは、ポールの真ん中あたりで折りたたんで、半分半分と順番に折りたたんでいくと中に使われているコードが痛みにくいんだよ。みんなで協力して、キレイに収納できましたね。

p14







さあ、工作の再開だ。水につけておいた新聞紙を先ほど作った心棒にぎゅっと握って固めていくと、新聞紙の薪ができるんだよ。

p15







不格好だけど、1週間ほど風通しの良い所で乾かせば、新聞紙で作った薪の完成だ。次のキャンプで火起こしに使おうね。

p16







午前中の活動はあっという間に終了の時間が来るね。組対抗ゲームの組表彰をしよう。おめでとう!

p17







次の活動は「団合同のお茶会」だよ。2年ぶりのお茶会はお楽しみいっぱいだ。
では、次回!