2007年06月24日

Sound Horizonファンクラブイベント 「移動王国建国記念 国王陛下超聖誕祭」(後編)

6月19日、Sound HorizonのRevoの誕生日に東京ステラボールでSound Horizonファンクラブイベント「移動王国建国記念 国王陛下超聖誕祭」が開催された。平日にも関わらず参加者は多く、福岡や四国から参加したファンもいるほど。
誕生日イベントということで会場にはプレゼント受付があり、プレゼントを渡すファンが多かった。ライブ会場内のプレゼント台には多くのプレゼントが展示されていました。
イベントは最新アルバム「Roman」や「Elysion楽園幻想物語組曲」をアレンジした「ABYSSメドレー」、同人音楽時代の曲を熱唱するほか、大塚明夫、深見梨加からRevoへのお祝いビデオ上映、ケーキ入刀などで大いに盛り上がった。
 
前編はこちら 前編は開演までの様子。
 
 

私は今回かなり後ろの番号だったので、入場できたのが開演10分前の18時50分でした。
ステージにはセンターにやや大きめの階段がある。
私が入場できた頃には既に宮内庁のアナウンスは始まっていたので途中からメモ。
アナ 「恐怖政治に怯えていた町では不思議は現象が起きていた。不思議な現象が起こる毎日に領民たちはいいことが起こる前触れだと思っていた。ある日1人の農夫が領民たちに『オラの畑になにか落ちてきたよー。みんないってみっぺー』、農夫の示す場所に領民が行くと赤ん坊を持った女性がいた。驚いている領民たちに言いました。この子は将来この幻想世界の王になるでしょう。平和をもたらすのは彼しかいない。彼が努力に気づいたとき、過酷な試練に挑まなくてはならない。赤ん坊を置いて消え去りました。戸惑いながらも、未来の王に歓喜の声を上げました。これが世に言う619(ろくいちきゅう)レボ生誕です」
だいたいこんな感じでした。
アナウンスは18時59分で終了。
アナ 「間もなく、ネコ好きな人に悪い人はいないJakeと最近パーマをかけましたKen☆Kenの前説が始まります」
19時開演。
JakeとKen☆Kenが登場。
前説はハッピバースデーの歌について。
「HAPPY BIRTHDAY DEAR ●●」の部分が不揃いだとまずいということで、陛下に揃えようというお知らせ。
そして軽く会場と歌って練習した。
短い前説で、2人が「それでは皆さん来てください」と呼ぶとRevo陛下とREMI以外の出演者がステージに登場。
YUUKI、KAORI、RIKKI、楽団員、Ikeはロマンライブツアーの衣装。
じま 「陛下の誕生日ということで(アビス)呼び戻されました」
じまんぐはアビス衣装でした。
じま 「Sound Horizon Kingdom国王、Revo一世陛下!」
と呼ぶと客席の2階の左隅(ステージから見て)にスッポライトが当たる、そこには戴冠式の衣装のRevo陛下がいる。
Revo 「コスモチャオ。なんだ、3、4千人いるのか。平日に生まれてごめんね。今日は福島と四国から4人来ているらしいな。今からライオン丸に乗ってそっちにいくぞ!」
スッポライトが消えると、獅子の猛々しい咆哮と駆けるSEが流れる。
すると今度はステージセンターの階段の最上段にロマンライブツアー衣装の陛下が登場。しかも後髪はイヴェールの様に結んでいる。胸には赤い薔薇がある。
Revo 「早いなリオンは。ギターカモン!」
するとフライングVが天井から降臨。
RevoがフライングVを受け取ると、「エルの楽園[→side→E]」が流れ出す。
 
1曲目 エルの楽園 [→ side:E →][歌:Revo(vo)、YUUKI、KAORI/語り:Ike]
あらまりの語りをIkeが英語で担当。
じまんぐは歌詞に合わせ、踊ったり、最終的には死んだ。
エルとアビスのセリフではYUUKIとKAORIが担当。
KA 「ねぇ、ねぇユウちゃん」
YU 「なにカオちゃん」
KA 「今日はなんの日か知ってる?」
K、Y 「世界で一番美しい王様の誕生日!」
Revo 「ありがとう!」
 
歌い終えると、死んでいたじまんぐお尻を振りながら復活。
じま 「お誕生日おめでとうございます」
Revo 「ありがとう。はじけちゃった」
じま 「へいけ・・・(噛む)、陛下。楽園から戻ってきました」
Revo 「アビスもこのへんで健在振り見せないとな」
じま 「今日はスペシャルな催しだ。スペシャルな曲をいくぞ!アビスメドレー!」
Revo 「アビスメドレー、歪んだ愛の物語」
 
2曲目 Ark アビスメドレー ver.[歌/語り:YUUKI、KAORI]
「2月の雪の日じまんぐの夢」「背徳のじまんぐ」など歌詞が変更されていた。
中盤にアビスは「さぁ、楽園へ帰りましょうお兄様ぁぁ」と言いながら登場し、ギターを弾いているRevoに駆け寄り、剣を刺すように腕を押し当て、ぐさり。そのままRevoを捕まえ退場していた。
 
3曲目 Baroque アビスメドレー ver.[歌:じまんぐ]
「私はあの方を殺め損ねました」「私には分からなかったのです、他人様に合わせるための笑い方が。ぶわっはっはっは(胡散臭い笑いをする)」など歌詞が変更されていた。
じまんぐは腕を合わせて女々しくお祈りしたりしていた。
「あたしと陛下を繋ぐ絆なのですから、この罪こそは神にさえ赦させはしない」とじまんぐ言うと階段の上にRIKKIが登場「ならばママ(ママン?)が赦しましょう」と言って登場していた。
 
4曲目 Yield アビスメドレー ver.[歌/語り:RIKKI(vo)、REMI]
「其れをも男は永久にできるから」など歌詞が変更されていた。
サビでじまんぐ登場、手には白い巻物を持っている。
REMIとRIKKIが「それでもじまんぐは幸せになりたいのです!」と言うと、じまんぐは白い巻物を広げる(裁判の勝訴!みたいな感じ)とそこにも同じ言葉がかかれていた。
 
5曲目 Sacrifice アビスメドレー ver.[歌:REMI(vo)、KRORI、YUUKI、RIKKI]
「無邪気な笑顔が愛らしいじまんぐは」「誰からも愛されるじまんぐが妬ましかった」など歌詞が変更されていた。
「あの子なんて死んじゃえばいいのに」でじまんぐ登場。「絶対死ぬもんかー!悪魔とはお前たちのことだ!」とコヤック風に返していた。
 
6曲目 Stardust アビスメドレー ver.[歌:Revo、じまんぐ]
Revoは赤いシャツで登場。じまんぐは薔薇の花束を持って登場。
「真っ赤なドレス 真っ赤なルージュ」の部分は、「真っ赤なドレス 真っ赤なローズ 白い頭 胡散臭いマスク〜♪」とアビスとRevoの特徴を言っていたと思います。
曲の終盤、ワインを持った歌姫4人が現れ、Revoを釣る。そのままワインに釣られて歌姫と共に退場して、ステージにはじまんぐが残される。残されたことに気づいたじまんぐは「なぜ・・・なぜなの・・・なぜなのよぉぉおぉ!バーン、バーン、バーン(エコー)」と銃を発砲していた。
 
アビスメドレーを歌い終え。
じま 「これは歓迎されているのか、いじめられているのか微妙ですな。しかし、皆で歌ったアビスメドレー、何かが足りないのでは?アビスといえば・・・・・・エルの天秤!」
 
7曲目 エルの天秤[歌:KAORI(vo)、REMI/語り:じまんぐ、Ike]
曲の出だし、「殺人 誘拐〜」の部分はじまんぐが「そう、あれは2006年のことだった。今回はアビスなし(Revo口調で)。え〜!!?私はなし!?(じまんぐ口調で)。いいフランス人見つけたんだ(Revo口調で)」みたいな感じの語りをしていました。語り終えるとじまんぐは退場。
「船頭に扮した男が〜」のあらまりの語りはIkeが担当していた。
 
8曲目 呪われし宝石
Romanライブと流れは同じ。最後にIkeが盗賊に扮して銃を突きつける場面では、銃がリボルバーから大きめのライフルになっていました。宝石が盗まれるときのREMIの演技がライブ時より豊かで、宝石を盗まないでと懇願したり、盗まれてムッと怒ったりしていた。
 
歌い終えると、Revo登場。
Revo 「今日は、イベール君がいないから(呪われし宝石で)頑張っちゃったな。アビスメドレーで懐かしい曲をやりました、そんなに懐かしくないか。もう一曲懐かしいのいこう、輪廻の砂時計」
 
9曲目 輪廻の砂時計[歌:RIKKI(vo)、YUUKI]
 
10曲目 <ハジマリ>のクロニクル[歌:YUUKI(vo)、KAORI]
出だしでRevoが「諸君今年もいろいろあったな。僕らの新しいクロニクルを始めよう!」といっていたのが印象的でした。
 
11曲目 黄昏の賢者
じまんぐは賢者衣装で登場。Romanライブと流れは同じ。
RomanのセリフでIkeが登場したときに、じまんぐとIkeは指相撲勝負をしていました。
 
12曲目 truemessage
 
歌い終えるとRevoが登場し、RIKKIを軽くハグしていた。
Revoは「僕を生んだときお母さんはどんな風に育って欲しかったのか、そして気づいたら王様です。平凡な人生じゃないけど僕は幸せです」とtruemessageに因んでお母さんの大切さを話していました。
 
名古屋からのメッサージュ上映
Roman DVD上映会名古屋夜の部からのメッサージュを上映。
Yeah Waveが映り、画面内のイヴェールが波の力で吹っ飛ぶリアクションを取るとRevoも吹っ飛ぶリアクションを取っていた。
Revo 「今日は来れなかったローランも多い。出会いは不思議なもので、星の数ほどあるサイコロを投げてその目が出た。それがこの出会いです。この偶然をもう一度起こそうとしてもできない、それを奇蹟と呼びます。そういう奇蹟を噛み締めながら歌おう。さぁ、イベールの分まで聞かせてくれ、ここに来ていない人の分まで歌ってくれ!」
 
13曲目 朝と夜の物語(合唱)
後で人から聞いて分かったのですが、どうやら陛下の生まれた20時ごろに曲が流れ出したようです。
出演者、会場いったいとなって合唱しました。
歌詞は「良く似たA HAPPY BIRTHDAYEAH!!」の部分が変更されていた。
Revoは「2階席もー!」と煽っていましたが、2階席は関係者席。
セリフの「さぁ、行っておいで」もRevoが言っていました。会場は「ウィームッシュ」と返したのですが、どうやら聞こえなかったようで、Revoは「ウィームッシュはどうした」と言っていました。
最後はジャンプで締める。
 
Revo一世陛下祝宴の儀
じまんぐがRomanライブのtruemessageで使われた赤ん坊の人形を抱えて登場。
じま 「陛下が生まれた当時を再現してみました」
赤ん坊は陛下と同じサングラスをつけていた。
じま 「生まれながらにつけていた、いわば亀の甲羅ですな」
Revo 「そういえば、物心ついたときからつけてたな」
Revoはじまんぐから赤ん坊を受け取り高い高いなどして、あやして遊んだりもしました。
じま 「逸話によると陛下は稲作をもたらして、卑弥呼とも知り合いとか、同級生にはキリストもいるとか」
Revo 「(キりストより)生誕は6ヶ月前だからな」
じまんぐは、Revoと同じ誕生日の著名人を紹介し、
じま 「今日はケーキを用意してます」
Revo 「そこにマロンはあるのだろうか」
Ikeがケーキを台に乗せて引いて登場。長方形の巨大ケーキには1本の赤く大きい蝋燭が刺さっている。ケーキの画像はYUUKI公式ブログに載っています。
続けて歌姫4人も登場。
Revo 「すごいフルーツだな。マロンはないのか・・・」
じま 「よろしいでしょうか、皆さん。6月19日Revo一世陛下超聖誕祭、ここから祝宴の儀の始まりです!」
じまんぐがチャッカマンで蝋燭に火をつけると、蝋燭は花火のように火花を散らす。
そして、出演者、会場いったいとなって誕生日の歌を歌う。
「HAPPY BRTHDAY DEAR 陛下 HAPPY BRTHDAY TO YOU〜♪」
歌い終えると会場から「おめでとう」の声が多数。
Revo 「歌を聞かせてもらった代わりに、超人技を見せてやろう」
少し距離の離れたところから蝋燭を吹き消そうとするが失敗。
近づいて吹き消す。
Revo 「これは気孔というやつです」
YUUKIがローランと出演者を代表してRevoにプレゼントを渡す。
プレゼントはYUUKIが丹精込めて筆で書いた「心」色紙とスタッフがカンパしたフランス旅行券。「心」色紙はYUUKI公式ブログに載っています。
続いて、ケーキ入刀。
じま 「まっぷたつに切ってもらいましょうか」
Revo 「イヴェールは名古屋上映会で一振りの剣を残していきました」
天井より、イヴェールが残した短剣が降臨。
Revoの手元まで届き、抜きとるとSEも流れた。
Revo 「真ん中余裕な顔してるけど、この剣はすごいぞ。衝撃波で真ん中の人がまず死にます。だからちょっとだけ避けてくれ」
じま 「ケーキ入刀ぉぉぉ!」
Revoが剣を振り下ろすSEが流れる。
真ん中の人はちょいと避ける。
YUUKIは衝撃でよろめくリアクションを取るが(もしくはなにかにつまずいた?)、そのまま本当にこける。
Revoは「びっくりしたぁ。我ながら自分の力が恐ろしい」とかなり驚いていました。
YUUKIは流れを止めて「ごめんなさい」と何度も誤っていましたが、「Revoさんに斬られました」とフォローしていた。
じま 「Ikeケーキをカットしてもらってくれ」
Ikeはケーキを引いて退場する。
じま 「お召し代えの時間です陛下。本日のために特別に作った衣装があります」
Revoも退場する。
じま 「陛下が諸君とケーキを食したいそうだ。残念ながら全員をステージに上げるわけにはいかない。では抽選にしよう。チケットを捨てた方は残念だったねぇ・・・」
ステージにテーブルと椅子が用意される。テーブルの上にはケーキが7つ。
抽選箱は白い毛皮でコーティングされ、猫耳と猫口が付いている。まるで東京夜上映会のイヴェネコ風の箱。
まずREMIが喜びと悲しみの葡萄酒を口ずさみながら、抽選箱からくじを引くと「にゃー」という鳴き声が。
続けて、YUUKIが美しきものを、KAORIが見えざる腕を口ずさみながらくじを引く。
これで3名が決定。
じま 「今の人は人生の幸運を使ってしまったおめでたいけど、ある意味残念だったねぇ。まだ席が空いているなぁ。次は諸君の実力で勝ち取れ!」
ということでイントロクイズコーナー。
演奏されたのはベースとドラムだけの超難問。
数名が挙手し、ある人が選ばれ「緋色のかざぐるま」と答える。
じま 「何言ってるのかわからん」
もう一度答えを言う。
じま 「あぁ、まぁよしとしますか」
「えー」と会場からブーイング。
じま 「だってこれしか用意してないんだもん」
じま 「まだ席が(2つ)空いているな。この中に陛下と同じ誕生日の者がいます。生まれながら幸運な者がこの中に4名、宮内庁が調べました。これも抽選です」
Ikeとじまんぐがくじを引く、当選者は壇上に上がり席に着く。
そしてじまんぐがRevoを呼ぶ、
じま 「Sound Horizon Kingdom国王Revo一世陛下ー!」
Revoは階段の上から登場。
その姿は、「平日に生まれてごめんねTシャツ」の上に大きな紫の前掛けをしていた。
【平日に生まれてごめん!Tシャツ】
Revo 「これってTシャツじゃないか!?」
といきなりじまんぐに突っ込み。
Revoは7つある席の真ん中に座る。Revoの両側には当選者が座っている。
タキシード姿のスタッフがワインとシャンパンが注がれたグラスの乗った台を引いて登場。
テーブルに配り、楽団員と歌姫にも配る。
じま 「シャンパンで乾杯などを。乾杯はSound Horizon Kingdomでするぞ。Revo一世陛下移動王国Sound Horizonの永遠の進化を祈りまして、Sound Horizon Kingdom!!」
乾杯し祝杯を交わす。
じま 「どうですか(陛下)」
Revo 「当然セボンですよ」
楽団員は特別衣装に着替えるということで一旦退場する。
Revo 「残念だった方、ごめんね」
じま 「会食の始まりです。せっかくなんで椅子を斜めにして」
真ん中の陛下の方に椅子を向ける当選者。
じま 「陛下おいしいというリアクションを」
Revo 「おいしさを伝えないとな。ん〜〜、これはすごいですな」
などコメントをしてケーキを食べる。
当選者一人一人からRevoにお祝い(?)のコメント。
1人目の男性は「陛下一生付いていきます」。
2人目の女性は「お嫁にしてください」とコメント。
Revo 「真顔で言われると照れるな」
じま 「側室の席ならまだ空いていますが」
Revo 「後宮でも作るか」
3人目の男性は「陛下愛してます」。
4人目の女性は「これからもがんばってください」。
5人目の男性は「陛下大好きです」。
6人目の女性は「世界で一番愛してます」、Revoは「嬉しいけど家族も大事にしてください」と応える。
コメントを終えると、じまんぐは「暑いですな」とタキシードとシャツを脱ぎだす。脱ぐと平日に生まれてごめんねTシャツを着ていた。
じま 「残念ながら、参加できなかった国民が是非とも祝いたいと。陛下にゆかりのある2人からビデオのメッサージュが届いている」
照明が落とされ、スクリーンには「大塚明夫・ローラン」の文字が。
大塚さんがグラスを片手に厳粛な物言いで祝いの言葉を述べる。最後に「陛下に幸多からんことを」と乾杯する。
Revoは映像を見ながらかなり驚いていました。
Revo 「びっくりしたな」
じま 「陛下、うちのスッタフなめてもらっては困りますよ」
Revo 「明夫さんはギャラがすごいんだよ。大丈夫かな宮内庁」
続いてスクリーンに「深見梨加・ローラン」の文字が。
深見さんは「またいつかご一緒したい」「陛下のコスプレ姿を見たい」「妖しく美しくお仕事してください」などと延べ、最後に呪われし宝石の高笑いをして締める。
Revo 「いい人なんです2人とも」
じま 「なにがあっても事務所に来るなという日があったでしょう」
Revo 「・・・あったー!」
Revoは事務所によく来るから、撮影するのが難しかったとか撮影話をした。
じ 「どうでしょうか陛下、思い出など」
R 「ホントに2人とも、すごいよ生で聞くと。ブラウン管通してしか聞かないから、そこで言ってんのかと感動しました。私がダメだしするようなことはないんですけど、ダメだしするけど。活舌が悪いとかじゃなくて、じまんぐにはよく言ってるけど、ないんだ。そのくらい完成された声で、彼もある意味完成されてますが」
みたいな感じで2人とじまんぐを比べて褒めていた。
Revo 「(みんな)食が進んでないな」
すると楽団員と歌姫が紺色のジーパンに平日に生まれてごめんねTシャツで登場。
じま 「ここで記念撮影を撮ろうか」
Revo 「おおっ!?やってしまった。クリームがマイクに・・・」
じま 「誕生日だからって流れを止めないでください」
会場側からとステージ側から撮影をする。この写真は会報に載るとのこと。
じま 「Revo一世陛下祝宴の儀、最後に締めの一言を」
Revo 「君たちにはすまんな。でもケーキはいつでも食べれます。買えばいいんだから。ここで座って食べられることがいいんです。その幸せを噛み締めつつ明日から走って下さい」
じ 「これにて祝宴の儀を終了します!」
当選者は1人ずつ席を立ち、陛下に一言いい、握手をしていた。
Revo 「残ったの(ケーキ)はじまんぐがおいしく頂きます」
Revoは次の準備に向けて、前掛けを外そうとするのだがなかなか外すことができず、KAORIとYUUKIが手助けして外していた。
じま 「今日はスペシャル、スペシャル、スペシャルです!新曲なんてものを」
Revo 「・・・。新曲には違いないんだが・・・」
歌姫、じまんぐ、Ike退場。
Revo 「みんなは休んでてくれ。みんながいなくても出来るんだ。すごいのを見せてやる。ちょっとタイムスリップしてみようか。ここは2015年、8年後の世界だ。みんなは最先端を知っているか?超重力です」
超重力とはRevo個人サイトのエイプリルフールネタである。
Revo 「2015年は町を歩けば超重力」
など2015年のことを少し語る。
Revo 「超重力ジャンプを教えよう」
「超」で右の拳を左に突き出し、「重」で右手を戻し脇を締め、「力」で右拳を突き上げジャンプする。
チラシの裏のはみーやさんに超重力イラストが載っているので、そちらを見たほうが分かりやすいかもしれません。それを数回練習する。
Revo 「これは2015年でバカウケです。僕が流行らせたんですけど。そのときは全宇宙で売れてます。今日はマーベラス超宇宙の世界に招待しよう」
 
14曲目 即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力[歌:Revo]
今までのSH楽曲の中で一番メタルな曲でかなりテンポも速い。
歌詞は半分以上は「んふふふ〜♪」とか鼻歌交じりで超重力の振りが3回ほどあった。1分ほどの短い曲。
 
Revo 「僅か1分で1曲分の力を消費してしまった」
完成までは8年かかり、フル演奏するとドラムのKen☆Kenの足とバイオリンの亀ちゃんの指が吊るとのこと。それほど早い曲調。 
 
15曲目  澪音の世界(Revo†Jimangの世界)[歌:Revo、じまんぐ] & R.E.V.O.[歌:Revo]
1番はRevoが2番はじまんぐが歌っていた。Revo、じまんぐ共に歌詞がとんでいました。
「死とは〜」の語り部分で、秀樹のヤングマンに曲変更。
歌姫たちが銀のボンボンを持って登場。どうやら「8時だよ全員集合」のパロっぽい。
ヤングマンでは普段あまり踊らないREMIとRIKKIがYUUKIやKAORI並にボンボン振ってノリノリで踊っていました。
歌詞は「誕生日は 好きなこと 何でもできるのさ♪」など変更されていた。
「Y・M・C・A」のポーズも「R・E・V・O」になっていた。
じま 「陛下ちょっと待ったー!実は秀樹先生に曲の使用を訊いてなくて・・・」
Revo 「それはまずいぞ」
じま 「では戻しましょうか」
Revo 「戻れるかな、空気的に難しいぞ・・・。これは美の女神亀様しかいないな。亀様ー!」
亀ちゃんのバイオリンの力でレインの世界に戻す。
終盤はじまんぐが「サーンホラーイ」と煽り、会場も返していた。
最後に「平日に生まれてごめんね、いい意味で!」と言いジャンプをして締める。歌姫は会場にボンボンを投げる。
 
メンバー紹介
Revo 「楽器隊とメンバーの紹介をしようかな。マニュピレーター、坂ローラン」
坂ローランは2月の誕生日のときに陛下からプレゼントされたジャグリング用の棍棒でジャグリングをするが失敗。
練習したかったけど、イベリアの収録で練習する暇がなかったとのこと。
坂 「では次の聖誕祭までに」
Revo 「でも次の2月に新しいのプレゼントするよ」
坂 「・・・・・・」
 
Revo 「肺炎から復活したベース、不死鳥のあっちゃん」
あっちゃんは、Sound Horizonライブのお陰で肺炎が治って痩せたとのこと。
ロマンDVDに咳き込んでいる映像が映っていたことについても話していました。
 
Revo 「マスコットを紹介しよう、Ken☆Ken!素敵です。これからは素敵ングと呼んでください。ありがとうドラ息子Ken☆Ken」
ドラムだけにドラ息子ということですね。
 
Revo 「ニューフェイス、キーボードえいちゃん」
英 「初めましてキーボード河合英史です。陛下は何歳なんですか?」
Revo 「2007歳です」
 
Revo 「美の女神降臨、亀様ー!」
お祝いの言葉を述べるのだが、なんだか天然キャラの亀ちゃんでした。
Revo 「コンマス。ネコ大好きJake!」
Jake 「私陛下のためにクッキー焼いてきました」
Revo 「Jake料理上手いんだよ」
Jakeから袋に入ったクッキーをもらい、袋から写真を取り出す。
Revo 「うわっ(驚く)。Jakeの写真だ」
Jake 「作ってる証拠写真です」
クッキーにはSHの文字が入ったものとREVOの文字が入ったものと2種類あった。
Jakeは生まれて初めてクッキーを焼いたけど、以外と上手くいったとのこと。
Revo 「幻想楽団コンマス&パティシエJakeでした」
 
Revo 「Ikeカモン」
パーカッションをしながらIke登場。そしてハッピーバースデーっぽい歌を歌っていた。
Revo 「サンキュー。Ikeは王宮の地下から封印を解いた伝説の巨人です」
 
Revo 「次は歌姫を呼ぼう。リハと呼ぶ順番を変えてハラハラさせてやる――皆のお母さんRIKKI!」
RIKKIはお祝いの言葉を述べる。
Revo 「お母さんTシャツに似合ってるじゃないか。平日に呼んでごめんね」
 
Revo 「次は誰にしようかな――REMI!」
ちょっと息切れしながら陛下に祝いの言葉を述べていた。
REMI 「ちょっと澪音で息が切れてます」
Revo 「REMIも似合ってるじゃないか」
Revoは「出してくれよ、ひろしー」と某カエルTシャツアニメのモノマネもしていました。
 
Revo 「こうなったら身長の順に行くぞ。KAORI!」
KA 「お誕生日おめでとうございます。私もこれ着て帰ろうかなってYUUKIちゃんと話してました」
Revo 「KAORIの家族はその辺ゆるいから大丈夫か。PV撮影のときお団子持ってきたんだ。ありがとう。そんなKAORIです」
KAORIは家族とお団子の話をされたとき照れてました。
 
次はYUUKIが呼ばれる。
回って、お辞儀をする。
YU 「王様のナイフの破壊力すごかったです。着て帰ろうかKAORIちゃん」
Revo 「欲しい人は今日買って帰りなさい。作ったスタッフも喜びます。最初ここ(文字を指して)赤字だったんだよ」
 
Revo 「そしてあの男を呼ぼうか、じまんぐ!」
ちゃんちゃんら〜♪と昭和っぽいリズムを口ずさみながら登場。がそのまま声が小さくなっていく・・・。
Revo 「なにも考えてなかったのか(突っ込み」
じま 「私には昭和歌謡の知恵がなかったようです。まぁ、健康第一に。健康を祈ってます、がんばってください」
 
じま 「それでは我らがRevo一世陛下です!」
Revo 「今日は私の誕生日に大勢来てくれてありがとう。皆のために一曲歌おうかな、名古屋からメッサージュを飛ばしてくれた彼(イヴェール)のためにも」
じま 「私たちは陛下の後ろでバックストリートガールズ&ボーイズみたいに座ってます」
歌姫4人、Ike、じまんぐは階段に座る。
 
16曲目 AL○NE
ステージセンターの椅子に座ってRevoはギターでビーズのAL○NEを弾き語りをする。後に座っている、じまんぐ達は手拍子をしていた。
 
Revo 「ビーズのAL○NEという曲です。僕たちはそれぞれ花を抱いて生まれてくる。これがなんで僕の曲じゃないのか」
すると会場から「ビーズを超えればいいんだよ」みたいな声が。
じま 「いや陛下は既に超えていますよ」
そしてRevoの耳元でさらに「超えてます、超えてますよ、超えてますよ」と耳打ちしていました。

K 「びっくりしたー」
じ 「リハでチェリーをやってまさかバラードで手拍子。最悪でしたね」
すると陛下ギターを片付けながらチェリーを口ずさみだす。次は座ってた椅子を片付ける。Revo自ら片付けるのでメンバー(誰だったかな?)が代わり、片付る。
Revoはキリのいいところまで歌うと「しまった。こっちのほうが合ってたなー」と悔やんでいました。
 
じま 「悲しいですが楽しかったというわけで最後の曲だ」
Revo 「みんなでやろうかBaroqueとかさ」
じま 「首切りロングトーンで陛下と勝負!」
Revo 「抜き打ちイエーウエーブもいくぞ」
じま 「せーの」
観客・出演者 「YEAHld!!」
 
17曲目 YEAHld(合唱)
間奏では前後左右にイエーウエーブをしていた。
首切りロングトーン勝負ではREMIがかなり長かったです。そしてやりすぎてコロンとこけていました。

Revo 「最後はコレ(SHKのポーズをして)で締めようか」
会場から「超重力!」の声が。
Revo 「今回は超重力で締めたいのか。仕方ないなぁ。Sound Horizon(いつものSHKコールの構え)〜〜〜超・重・力!」
Revo 「どうでしたか?僕の誕生日を君たちが喜んでくれたことが最高のプレゼントです。名残惜しいけど今回はここでまでです。この次は領土遠征で会おう。東京、大阪、仙台、福岡、名古屋、京都はごめんね。Sound Horizonはがんばります。君たちも頑張ってください。この情熱と思いやりをもって生きてください。じゃぁ、次は領拡で会おう」
BGMが流れ、天井から台座に乗ったリオンが降臨。
だがリオンの余りにもゆっくりな降臨に音楽が終わる。
Revo 「リオン早く来い。音楽終わっちゃったよ〜」
リオンが陛下の元にたどり着き、陛下がリオンに触る。
Revo 「次は領拡で会おう!」
照明が落とされる。
獅子の猛々しい咆哮と駆けるSEが流れる。
明かりがつくとRevoは消えていた。
21時45分終演。
終演後のBGMはヤングマンでした。

終演後の物販には長蛇の列が出来ていて、平日に生まれてごめんねTシャツが完売した。
 
 
 
【関連記事】
Birthday Cake(吉田有希公式ブログ)
聖誕祭!(吉田有希公式ブログ)
明日!(吉田有希公式ブログ)
夏すぎる…(織田かおり公式ブログ)
まだスッピンだからこの画像で…汗(織田かおり公式ブログ)
聖誕祭レポ(1.2.3)(お日さまさん)
移動王国建国記念 国王陛下超聖誕祭(c(゜□゜;c)三(っ;゜□゜)っさん)
即ち、0619超聖誕祭ライブレポ☆(チラシの裏はみーやさん)
猫も杓子も超重力(チラシの裏のはみーやさん)
超聖誕祭レポ(独り言さん)
 
 
【関連リンク】
 
 
【管理人から】
・本レポートはあくまで著者のメモに基づいたものであり、聞き間違いや勘違い等は補足して頂けたらありがたいです

nagoya_repo at 03:07│Comments(3)TrackBack(0)イベントレポ | Sound Horizon

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 風神鯨波   2007年06月24日 08:39
5 はじめまして、こんにちは。
トラックバック有難うございました!!
レポートの内容がとても詳しいので、感激し、記憶が鮮明になりました。
一緒に陛下をお祝いした方のブログを読めて良かったです。
ライブは、名古屋方面にも出没予定なので、もしかすると、また同じ時を過ごせるかもしれませんね。
2. Posted by 杢燐   2007年06月28日 13:57
詳細レポ乙です!!
Revo降誕は何度聞いても笑え...いや感動するお話でございます。

>短い前説で、2人が「それでは皆さん来てください」と呼ぶとRevo陛下とREMI以外の出演者がステージに登場。

これREMIさんじゃなくてRIKKIさんでねーだか?
RIKKIさん初登場は「ママンが赦そう...」だったような気がががが…
違っていたらごめんなさい。

ごめんねTシャツの画像は貰って行きます…もうすぐ本物が手に入るけどっ!(笑)
3. Posted by 管理人@くろね   2007年06月28日 16:48
>風神鯨波さん
初めまして。
お褒めの言葉ありがとうございます。
私も第二次領拡も東京、名古屋に参加するのでまた一緒に盛り上がりましょう。

>杢燐さん
降誕アナの農夫声は何度思い出しても笑えますね。

レポ補足ありがとうございます。参考になりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
テーマ別カテゴリー
バックナンバー
携帯からでも閲覧できます
QRコード
応援中