オーディオというと、カートリッジやCDプレイヤーは何々を使っているに始まり、アーム、ターンテーブル、アンプ、スピーカは何々で終了となりがちですが、スピーカー(SP)から音が出て終わるのではなく、実はそこから始まると考えています。

即ち、SPが音の最終出口ではなく、その周囲とともに音の発生場所なのであると。

さて、当店のオーディオに関してそのコンセプトをお話するには、まず、個々の機器の話よりも音響環境についてお話しなくてはなりません(当店でオーディオについて一番考える必要があったのはオーディオ機器よりも、「音の発生場所」としての音響環境でありましたので)。

では、まず、

    音波形成の話から

スピーカーのユニットを箱も板も付けず裸のまま聴いたことのある方はご存知かと思いますが、振動版(コーン)の正面から出る音波と裏から出る音波が混ざって音量も音色も痩せた寂しい音になります。これは、コーンの正面から出る音波が凸のとき、裏からのは凹となり、両者がお互いに打ち消し合うことによります。

正面から出る音は正面だけ、裏から出る音は裏の方にだけ音が出るならば、どちらかの側で聞けば混ざり合わないのですが、可聴範囲にある音波はどうしても回り込んで後ろ側にも行ってしまうためそういうことが生じます、

両者の音が混ざるのを防ぐために、バッフルと言ってSPの音が出る部分をくり抜いた板を付ける方法があります。音の回り混みを少なくするにはできるだけ広い板がよく、理想的には無限大に大きい板(無限大バッフル)がよいのですが、現実的には難しく、後ろを箱で囲ってしまえば両者は混ざらないだろうということでできたのが現在の大部分のSPの箱です。

後ろの音と前に出た音が混じらないのは良いのですが、後ろに出た音が箱の中でこもって箱を振動させたり、密閉した箱内でコーンが動くには圧力がかかって動きにくくなる可能性もあります。

箱の振動が音色に厚みを持たせて良い影響を与えるという観点から箱の材質や構造を考えたり(いわゆる音響型)、圧によるコーンの動きの妨げをコーンの慣性による余分な振動を抑えるブレーキとして利用したり(密閉型)、箱の一部に低音が通って出る際に凹が凸に反転するような穴をつけて低音増強に利用したり(バスレフ=bass reflex 型)(※1)デメリットをメリットとして逆利用しているメーカーもたくさんあります。


いずれにせよ、こうした箱(それぞれ問題点もありますが)を利用しない限りは、無限大バッフルが理想的で、現実的には少なくとも片側畳
1畳ほどの広さの板が必要なようです。

さて、取りあえずは音波の回り込みという現象があること、そして、それは光の回折と同様、周波数が低いほど大きく、周波数が高いほど直進性を帯びてくることを述べて今回は終了とします。

(※1)なお、バスレフ=bass reflex 型は、位相反転ばかりでなく、実は、構造により低音の音圧自体が増強される面が重要と思われます。

続くhttp://blog.livedoor.jp/nagoyabassline/archives/22973846.html