第3回 名古屋マスメディア偏向報道周知デモ ~日本人の為の報道を取り戻せ~

東海地域で3度目となる、マスメディアの偏向報道に対するデモの公式ブログです。

報道の問題

政府が正式なTPPの交渉参加を急いでいます 目標は8月中

『TPP政府内検討「今月中に進めたい」 外務副大臣』
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120712/plc12071220480021-n1.htm
 
TPP

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)については、いまだにどんな内容のものであるかが不明瞭で、
どこの報道局も詳しく取り上げていないように思われます。
現在でも農業がマイナスの影響を受けるが、
工業ではプラスになるものという認識が主流なのではないでしょうか。
また、難しそうで興味を持てないといった方も多くいらっしゃると思います。

TPPに参加すると、農業だけではなく、食の安全性、医療、労働等
多岐に渡って大きな影響が出ると言われています。
しかしここにきてまた、内容が不明瞭なままで政府がTPPへの交渉参加に向けて
一歩を踏み出そうとしているにも拘わらず、相変わらず報道局(特にテレビ局)は
あまり報じていないように思われます。


TPPは内容が複雑で難しいため、多くの情報を探して考える必要があると思います。
情報が掲載されているサイトの一部を紹介します。
大変長いものですが、ご一読いただければと思います。

『環太平洋戦略的経済連携協定 Wikipedeia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%9A%84%E7%B5%8C%E6%B8%88%E9%80%A3%E6%90%BA%E5%8D%94%E5%AE%9A

『サルでもわかるTPP 2012.3月改訂版 (旧版: http://luna-organic.org/tpp/tpp.html)』
http://project99.jp/?page_id=75
 

医療や保険に民間の業者が参入し、費用がかさみ生活が苦しくなるのでは?といった
懸念の声がありますが、今年3月にカトラー米国USTR代表補がこのような指摘をしています。

TPPは、他国や日本に公的医療保険制度の民営化を求める協定ではない。
TPPは、民間医療機関が「混合診療」を提供することを認めるよう要求する協定ではない。
TPPは、学校教育での英語使用の義務化を求める協定ではない。
TPPは、非熟練労働者の入国を求める協定ではない。
TPPは、他国の専門職資格の承認をその他の国に求める協定でない。

参考:
『米国大使館 ウェンディ・カトラー米国通商代表補の冒頭発言
APCAC 2012米国アジア・ビジネスサミットのパネルディスカッション
「TPPとアジア太平洋地域における貿易構築の展望」』より
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20120314a.html

 

但し、この中では食品の安全性やISD条項等、触れられていない部分も多くあります。
日本国民の生活が大きく変化しかねないこのTPP、
マスメディアが賛成意見も反対意見も積極的に報道し、
多くの議論が行われるよう促すべきではないかと思われます。

もちろん、この国際協定を政府がどのように対応しようとしているかという情報も、
積極的に報道していく必要があるはずです。

『フジテレビに津波犬たちの訂正報道を求める活動』にご協力ください

https://twitter.com/tottorimiyagi/status/222495494209945600
津波犬捜索

フジテレビに対して、荒浜の2匹の津波犬たちについて、
誤った報道(救助されてないのに『救助された』と報道)の訂正を求め、
リーちゃんの目撃情報を募る活動を行います。

We demand to correct Fuji-TV's false information about Two Loyal Tsunami Dogs of Arahama.

日時:2012年7月15日(日)
13:00 集合
13:30 開始
17:00までには 終了予定
場所:お台場にある『東京テレポート駅』周辺
雨天決行 荒天中止(曇りぐらいが一番良いですね天気荒れませんように)
 
The date: (Sunday) July 15 2012 
1:00 pm: get together 
1:30 pm: start 
5:00 pm: finish 
The meeting‐place: in Odaiba Tokyo(Tokyo Teleport Station) 
No postponement for rain.

主催者:みぃ(tottorimiyagi)
 
The promoter: mii(tottorimiyagi)

ご質問は、津波犬デモ主催者tottorimiyagi(みぃ)様のメールアドレス
twodogs_tottorimiyagi_mii3328@yahoo.co.jpまでお願いいたします。
Contact to the promoter: Feel free to ask me if you have any questions. 

詳細につきましては、下記にてご確認ください。

『2dogs_demo @ ウィキ』
http://www34.atwiki.jp/2dogs_demo/
  

『フジテレビ放送の仙台市荒浜2匹の津波犬達 みぃ@Ameba』
http://ameblo.jp/poyacchio/
 

『Twitter 
みぃ
@tottorimiyagi』

https://twitter.com/tottorimiyagi 

フジテレビ関連の活動ではありますが、行方不明の津波犬:リーちゃんにテーマを絞った活動です。
活動の趣旨に沿った形でのご参加をお願いいたします。
(中国・韓国偏重等テーマ外の事柄を持込まないようご配慮ください)

 
昨日主催のみぃ様とお会いして直接お話を伺う機会を得ましたが、もう・・・何というか、ひどいの一言です。

フジテレビの山科 睦氏、取材の後助けもせず放置
フジテレビはペットフード業者「ブッチ」櫻井 健氏の救助話を受け、裏も取らずに救助報道
アメリカ等世界の報道局も裏を取らずにフジテレビの報道を流用し、救助報道拡散


つまりは「被災したかわいそうな犬を取材しました。その後救助されました。めでたしめでたし」の美談で
終わらせたい、ということのようです。 日本も世界も、マスコミはマスコミといったところでしょうか。


フジテレビスーパーニュースの社員、スタッフ全員に申し上げます。 
被災した飼い犬を撮影するだけして放置し、被災した飼い主を悲しませ、
更に「救助されました」と誤った報道をし、
世界中の善意の寄付金を支援金詐欺師に誘導してしまった。 
被災した飼い犬が1年以上行方不明になっている。この責任についてはどうお考えですか?

あれから1年以上経ちます。批判を恐れて真実を報道しないつもりならば、
それは報道番組としてあり得ない事ではありませんか? 
即刻、訂正と謝罪の報道をしていただきますよう強くお願いします。 

(『2dogs_demo @ ウィキ 誤報道をした世界中のメディア 
 http://www18.atwiki.jp/2dogs/pages/34.html』より抜粋)


もし、行方不明のリーちゃんの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
主催のtottorimiyagi(みぃ)様のメールアドレス:twodogs_tottorimiyagi_mii3328@yahoo.co.jp
情報をお寄せください。

また、櫻井 健氏に誤って寄付金を送金された方がいらっしゃいましたら、
警察へ被害届を出していただけませんでしょうか。
これを放置しますと、「美談」に共感した世界中の方々が
櫻井 健氏へ寄付金を送金し続けることになってしまいます。 この流れは必ず止めなければいけません。

皆さまのご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 

『新しい在留管理制度』が7月9日から開始されます

『法務省 入国管理局 新しい在留管理制度がスタート!』
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
 

「グローバル化」「少子化対策」「差別の無い社会」といった言葉が多く聞かれる中、
7月9日から『新しい在留管理制度』が開始されます。大きな特徴は下記の4点です。


 「在留カード」が交付されます
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/point_1-2.html 
 在留期間が最長5年になります
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/point_1-2.html#anchor-point2 
 再入国許可制度が変わります
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/point_3-4.html 
 外国人登録制度が廃止されます
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/point_3-4.html#anchor-point4
 


外国人に対して、かなり規制を緩めた制度ですね。
マスメディアはこれを報道していたでしょうか。

「在留カード」はカードリーダーが普及していないことから、偽造しやすいのではないかという声があります。
在留期間の最短が3ヶ月であることを利用して、税金の支払い無しに医療保険等が無尽蔵に
利用されるのではないかという懸念もあります。
外国人の犯罪率が高いことが現実問題としてある中で、
このような開放的な制度を日本国民に何の相談も無しに開始するのは、異常ではないでしょうか。

ブータン王国の遺産が火災でほぼ焼失してしまいました

東北地方太平洋沖地震後に日本に義援金を寄付し、
東北地方をお見舞い下さったブータン国王のお姿を覚えていらっしゃる方は多いと思います。
国会の演説では日本の友人であると明言なさった上で、温かい励ましのお言葉を賜りました。

しかし現在、ブータン王国では国の遺産である「ウォンディ・フォダン・ゾン」が焼け落ちてしまい、
ブータン王国の方々が悲嘆に暮れています。

『【恩返し】ブータン王国へ緊急支援』
 

ご恩にはお返しをするのが私たち日本人の常識であり礼儀です。
情報の拡散や寄付等、可能な範囲でお返しをしていければと思います。


ブータン国王について思い出されることがもうひとつあります。
ブータン国王夫妻に対する、マスメディアの不適切な扱いです。

『フジテレビ「笑っていいとも」ブータン国王夫妻の物まねに、非難殺到』
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1229&f=entertainment_1229_011.shtml
 
ブータン国王

そのままの情報を流さず、あまつさえ、笑い種として扱うなどもってのほかです。
この恥ずべきマスメディアを正すためにも、より一層の抗議・拡散を行わなければいけません。

日本人が被害にあっても、加害者の出自によっては情報を隠蔽されます

フィリピンで、日本人女性が韓国人男性に襲われる、痛ましい事件がありました。

『韓国人男性がセブ島で、日本人女性に性的暴行を加え逮捕』
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0626&f=national_0626_054.shtml
 
セブ島強姦

情報を探した限り、テレビでは報道を一切行っていないようです。
なぜ一斉にだんまりを決め込むのでしょうか。
きちんと報道をし、国際社会の危険さを伝えるべきではないでしょうか。

日本国内でも地域によって習慣や常識が違っていたり、
そこに住む方々の性格に穏やか、賑やか等の一定の傾向が見られるように、
遠く離れた国ごとであればなおさら習慣・常識・性格に違いが生じます。
中には攻撃的な民族で構成される国も存在します。
そのような情報をほとんど流さず、ただ流行という形で明るいイメージを発し続けた結果、
このような事件が起こってしまったという可能性は否定できません。

日本人の身がどうなろうとも、加害者によっては一斉に情報を閉ざす報道の在り方に、恐ろしさを感じます。

ブログ内記事『シリーズ:初めて偏向報道の問題へ触れる方へ ③韓国関連の報道を考える』
http://blog.livedoor.jp/nagoyademo3/archives/7667788.html